May 03, 2008

相棒三昧

ちと夜更かししてヘトヘトです(笑)

おかげで今日はサッカーを見に行けませんでした。

結果だけは知ってますけど戦力差を考えたら妥当なものでしょう。

山形も豊田を筆頭にレギュラーが何人か欠けていたみたいですしねぇ。

まあそんな話はさておき

午前中はソレイユへオカンと共に映画版相棒を鑑賞に行きました。

早い時間帯に行かないと渋滞など難儀しそうだったので

朝一番の上映に間に合わせるために家を出たのですが

みんな考えること一緒みたいで

お客さん、とりわけ30歳以上の大人が多かったですわ。

TVドラマ化されてからはほぼ欠かさず見ている刑事ドラマだったので

映画化されたのは喜ばしいことではあるのですが

年始のテレビスペシャルが映画級に凄いドラマを見せてくれてただけに

(おととしの『バベルの塔』はスケール・ストーリー共に映画級だった)

どれだけのものができるのか楽しみでもあり不安でもあったのです。

で、結論ですが“相棒らしさ”満載の面白い映画でした。

推理有り、アクション有り、社会問題への提議有り・・・ect

ネタバレになるので詳しくは書きませんが

ネタ元はイラク問題であったようですね。

この辺の話はまた時間が経過してから書こうと思います。

面白かった映画ではあるのですがただ一つだけ不満が・・・

それは

テレビ朝日(と東映)が制作だということ(爆)

いやどうもあの局が作る番組って勘ぐっちゃうんですよ

これもまさか中共の洗脳政策の一環じゃねぇのか、と。

もっとも他の局で制作したからって疑いが晴れるわけでもないんですが(^^;

                                                           

そうそう、夜また相棒のプレシーズンの編集バージョンを放映してましたが

袴田さん演じるウィルス研究者が次期シリーズのラスボスですかねぇ。

なんかそういう空気を醸し出してましたし

脱獄してあの二人に挑戦状でも叩きつけるんでしょうかねぇ。

ま、視聴者にそういう風に思わせておいて

意表をつく展開を見せるのが相棒というドラマでもあるのですが

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 15, 2008

ドロンボー一味

実写版ヤッターマンの悪役メンバーが発表になりました

ボヤッキーの生瀬さんにトンズラーのケンコバはハマり役だと思うが

フカキョンのドロンジョってどうよ?

もうちょっと長身でスラっとしつつもグラマラスで

なおかつ悪女っぽさをもった女性のほうがねぇ・・・

うーん・・・小沢真珠あたりがいいと思ったんだが

まあ見てみなけりゃわからんな、これは。

それと越中芸人筆頭のケンコバさんには

是非ともヤッターマン相手にヒップアタックを決めてほしいw

| | Comments (2) | TrackBack (0)

December 06, 2007

風の果て~♪

NHKの木曜時代劇は比較的良質なものが多いので

当たり外れの多い大河ドラマ以上によく見ます。

で、風の果てが終わりました。

五人のいろんな形での友情の描写という終わり方だったかな。

特にツボだったのは杉山と桑山の子供のケンカみたいな

意地の張り合いでの別れでしょうか(笑)

気が弱くなったかのように見えた桑山を励まそうとしたら

「てめーにだけは言われたくないわい!」

とばかりに大人げも無くやり返す桑山。

そんな桑山に対してムキになって怒る杉山。

先週の放送で杉山の奥方も見抜いていたけれども

内心この二人はこういうやりとりができることに

喜びを感じているんでしょうね。

そして最後は鮮やかな引き際を見せた首席家老桑山。

まさかお食事券じゃなくて汚職事件を繰り返す政治家や官僚を

皮肉ったんじゃないでしょうけど・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 08, 2007

必殺仕事人2007の新聞での紹介について

番組の感想は某所で書いた。

まあそれなりに楽しめたとは思うんだが

やっぱり昔のほうがドラマに深みもあったし

なによりも“仕事”がCG化した部分があってこれがねぇ・・・

                                                           

話は置いておいてちょっと気になったのが

この番組の新聞のテレビ欄での紹介文。

「必殺仕事人2007~世の中は年金、裏金、格差社会・・・」

これってさ

テレビ番組に名を借りた政治批判じゃね?

いや別に現政権を擁護するつもりなんて無いけど

大好きなシリーズ番組が政治で汚されたような気がしてならんのよ。

作っている局が局なだけにね。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

July 05, 2007

夏雲あがれ 最終回

なんか無理やり詰め込んだ感のある最終回でした。

安富との最後のバトルはなかなか迫力があったんだけど

あまりにもストーリーが急過ぎて埋没してしまった感じがします。

いわゆる数字が確実に取れる俳優ではなく

若いメンバーで固めたこの時代劇ですが

もう少し話数が欲しかったですね。

新吾、太郎左、仙之介の三人のキャラ分けが

イマイチ徹底していなかった部分もあったように思いますが

それもこれも短すぎるクールが原因のように思います。

もう2・3話あればもっとよかったんじゃないかと。

ただNHKにはめずらしく冒険的な試みだったと思います。

若き俳優陣の奮闘ぶりと併せて評価したいと思いますね。

                                                           

最後に

蟠竜公の姿を見てしまうと

背後から御館様の

「あ~ま~り~!」

の声が聞こえたのは俺だけ?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 28, 2007

おゝとりゲン死す(違)

ええっと今週の「夏雲あがれ」のことです(笑)

おおとりゲンじゃなくて白楽先生が主人公一味に

酒と色香の罠でつかまってしまいましたね。

主人公に敵の手口を言え、っと脅されますが

さすがはウルトラマンレオです、口を割るはずがありません(違)

にも関わらず口封じで殺されてしまいました。

きっとゲンさんを殺しに来たのはモロボシ隊長なんですよ。

その(色香に惑わされた)マヌケな面は何だ!

その縄は!その(恥かしい)姿は何だ!

っと言われてきっとウルトラ念力で呪い殺されたんですよ。

残念ながらジープに追い掛け回されることも

滝の水に打たれることもなくおおとりさんは亡くなってしまいました。

謹んでご冥福をお祈り・・・しません(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 22, 2007

急展開すぎて・・・

あ、昨日の「夏雲あがれ」のことです。

本来1クール(12話)でやるようなストーリーを無理やり5話で

やろうとしているので話の展開が速い速い(笑)

いつのまにか江戸へ出てきている鉢谷先生と志保さん。

関屋の悲恋物語などものすごいペースで進んでいるので

ちょっと流れがつかめないっていうか

役者さんの演技を楽しむ余裕もないまま終焉に近づき・・・(汗)

ところで

彼らの藩ってどこの地域なんでしょう?

なんか距離感がまるで無いのと季節感も感じられないので・・・

新吾が東海道を歩いて江戸へやってきた、ということを

鉢谷先生のセリフで確認取れたので東海道筋の大名家っぽいが。

で、次週は甘利さんがいよいよ蜂起するわけだね(違)

しかし風林火山と同じ時期に退場するとは

何か因縁めいたものがあるんですかねぇ。

単に番組スケジュールがかち合っただけなんだけど(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 18, 2007

馬場民部誕生

ええっとサッカーネタは取り上げません。

というのは試合を全く見てない(スポーツニュースなども含む)のに

あれこれ分析などできはしないからです。

まあ携帯サイトなどから想像はできますが

監督のコメントはともかくアウェーでじゃんじゃん勝てるほどのチームじゃないし

鹿島も意地を見せた、というところでしょう。

それから友人からクロマティを取り上げてくれ

という要請を受けたのですが

これこそ全くわかりません(苦笑)

まあスポナビでの詳細な解説を見たりするだけでも笑えますが

フィニッシュ名がいいですねぇ

ビバ!!ジャイアンツ

いわゆるスライディングキックのことらしいんですが

まあ空中元彌チョップよりはフィニッシュ技として

説得力がありそうですねwww

しかしクロマティのスライディングってあんまり記憶にないのだが・・・

                                                          

さて話は変わって昨日の大河ドラマでついに謙信登場。

まあ謙信についてはどうせ色んなサイトで熱く(?)語られるでしょうから

他のネタを少々(笑)

祝!馬場民部誕生!

まあ信玄から譜代の重臣へ格上げされた、ということなんですが

武田四重臣の筆頭格とも言える馬場信春が名実ともに誕生いたしました。

えっとこれからの馬場さんの活躍なんですが噂によると

邪新居豆衆なるイケメン集団を組織し

その中の精鋭部隊である男闘呼組なる部隊を率いて

信玄の天下取りに大いに貢献するとかしないとか

表においては常に合戦で先頭に立って闘い

裏ではそのイケメンぶりを生かして女性を惹きつけ

彼女たちを僕として調略に利用する、とか・・・

ちなみにこの邪新居豆衆ですが噂によると

須磨府組、朱鷺尾組、部位六組などがあるらしい。

この邪新居豆衆は各地の大名にも多大な影響を与えたらしく

謙信が三郎景虎や直江兼続らを集めて対抗しようとしたのは有名な話ですし

織田信長は後に安土にて全く同名の組織を作ったとか。

織田家の邪新居豆衆は信玄のものと区別するために一般には

関西邪新居豆衆

と呼称されておるようです。

なおこの関西邪新居豆衆には近畿小僧組などの

組織が確認されているが詳細は不明とのことです。

                                                            

さあ面白くなってきた風林火山

来週も楽しみだ(^^;;;

なお今回の記事はあくまでネタです。

本気にしないようにwww

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 07, 2007

「夏雲あがれ」を見て思ったこと

まず最初に

なんかヒーロー率高くねw

レギュラーがウルトラマンマックスに初代孫悟空

影で主人公を救った忍者はフブキ隊員だし。

さらに付け加えるなら崎本くんや芽衣ちゃんは特撮出演経験者だし

確かに若い俳優が多いようだけれども

皆立ち回りもそれなりにこなせるし演技力もしっかりしている。

こういう若い俳優を起用していく姿勢には賛成です。

あと気になるのが吉原の男衆役の平山くん

彼の風貌雰囲気ならば

再来年の大河ドラマの主役に

抜擢してもいいんじゃね?

僕のイメージする直江兼続に現時点で一番近いように思う。

どうですか?NHKさん

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 25, 2007

カノッサの屈辱一晩限定で復活

2月5日の深夜にカノッサの屈辱が一晩だけ復活だそうです

これは大変興味深いですね。

問題は広島のフジ系列で見れるかどうかなんですが・・・

ちなみにお題目は携帯電話のようですね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)