October 21, 2008

セリーグのCSシリーズ

BS1で密かに放送していたのを見てました。

一言でいうなら

新井(笑)

って笑っちゃいかんのでしょうけど

なんであそこまで状態の悪い選手を使い続けなければいかんのかな?

まあこのシリーズに合わせてウッズら主力打者の調整ができた竜と

巨人とのペナントレースに力を注ぎまくった虎とでは

短期決戦へ向けての準備の度合いが異なっていたんでしょうかね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 23, 2008

やきう

野球五輪代表はメダル無しに終わっちゃいましたね。

素人がアレコレ言うのもナニですけど

選手選考の時点で大丈夫かいな、と思ってましたが

まさかこういうことになるとはねぇ・・・・

国際試合では攻撃力以上に守備力が重要だ、と思ってたんですが

何故か守備に不安のある村田をずっと使い続け

その村田が守りで足を引っ張り、攻撃でも役立たず・・・

村田には是非この五輪の経験を生かしていただき

NPBのカープ戦ではずっと木偶の棒でいて欲しいものです(笑)

G・G佐藤のアレについてはもう何も言うことはありません。

猛省していただきクライマックスシリーズで取り返してください。

                                                             

門戸を開いているように見えて予選の経験者と

監督と個人的に関係深い竜と虎のメンバー中心で臨んだ野球。

門戸を開きまくって結局チームの軸すら見いだせなかった男子サッカー。

女子のソフトやサッカーが全力を出し切った爽快感があるのに

この男子陣のふがいなさは一体何なんだろう、と。

ソフトが上野さん、なでしこが澤さんといった軸がいたけど

野球も男子サッカーも該当する選手がいなかった、ということなのか?

つうか星野が宮本を冷遇しているとしか思えん起用をしてるのが

未だにわけがわかりません。

緻密な試合運びで戦うつもりだったのか?

それとも打撃力に期待していたのか?

その辺の割り切り方がすごい中途半端な印象ですね。

                                                         

次のWBCは宮本を監督にしてみてはどうかね?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 11, 2008

舞台は東京にて

ハンドボールの予選は東京で開催されると報道がありました

が、アジアハンドボール連盟が文句をたれているみたいなので

まだまだ予断を許さない状況かと思われ・・・

下手すると今度は中東側が予選ボイコットって挙にでる可能性もあるわけで。

しかし今回韓国も抗議していなかったら

日本だけだとこういうことにならなかった可能性もあるんだな。

いずれにせよ選手・スタッフはしっかりと準備して全力を尽くしてほしいと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 16, 2007

ビバ!ロッキーズ

えええ久しぶりのブログ更新です(汗)

この間青森やら東京やら出張に出てましてバタバタしとりました。

で久しぶりのネタですが・・・

松井カズオリーグチャンプおめ!

サッカーネタでなくてすんまそん。

つうかコロラドロッキーズ、

ここ22試合で21勝1敗って・・・

ムチャクチャすごい勝率であります。

地味な印象があるチームではありますが

打線はナショナルリーグでトップクラスだし

ピッチャーも決して派手さはないけれども先発・ブルペンとも

しっかりゲームを作ってるしねぇ。

いいチームですよ>ロッキーズ

で、そんな日本人プレーヤーがMVP級の働きをしているチームを

見向きをしようとしないN○Kにも乾杯!(冷笑)

一応深夜に録画中継やるらしいが・・・アホ・・・ですな。

これでアメリカンリーグのチャンプがインディアンズだったらどうするんですかねぇ。

個人的に金満クラブが大嫌いなトラマとしては

ビッグクラブマンセーなCLへのアンチテーゼとして

是非とも実現していただきたいカードです

まあCLでファイナルが

リヨンvsセビリア

くらいのカードになったら狂喜するでしょうけどw

| | Comments (2) | TrackBack (0)

September 09, 2007

マリナーズ終戦

数字上は可能性が無いことはないが

さすがにもう お・し・ま・い だろう(4連敗しました)

結果を求めるあまりにベテランばかり使い、

せっかく下から上がってきた若手の出番を奪い

投手起用も学習能力無しのアホ継投の繰り返し。

特に打率2割のセクソンを故障明けだから、ということで

また使うのはおかしいでしょ?

GMだか前監督の意向なんだかよくわからんが

こんなことやってて選手はよく付いてこれるな。

逆に感心するわw

もうプレーオフの可能性は限りなく低くなってきたので

使えないベテラン(セクソン)やミスばっかりするヤツ(ロペス)は

ベンチに置いて若手を使うべきだろう。

チームを引っ張ってきたギーエンやイバネスらにしても同様。

どうせ連戦でくたびれてるんだから思い切ってやっちまえよ>マック

ま、どうせ無理だろうけどな。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

September 06, 2007

シアトルマリナーズ監督へ贈る言葉

マック(マクラーレン監督の愛称)よ

もっとピッチャーを信じろ!

特に先発ピッチャーを信頼しろ!

そして腹をくくれ!

ちょっと流れが悪くなると動くのは下策だ!

あまりにも神経質すぎないか?

それが失敗すれば言わずもがな。

指揮官ならもっと堂々と構えていろ!

あとロペスをいい加減に切れ!

あいつのせいで何試合落とした?

もう9月だから控え選手にはこと欠かん。

だからセカンドはブルクイを使え!

守りを固めなけりゃ勝てる試合も勝てん!

それからセクソンは復帰しても代打以外は使うな!

以上

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 04, 2007

岡島のテーマwww

なんじゃこの曲は!www

今日のMLBハイライト初めて聞いたが

笑いが止まらんで困ったぞ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 01, 2007

祝!前田2000本安打達成!

広島に住むものとしてこれは祝福すべき大記録だ!

度重なるケガに悩まされながらも

ここまで打ち続けてきたバットの職人に乾杯!

ブラウンが監督やってる間はコンディションを気にせずプレーできそう

だから意外と前田自身の選手生命は延びる可能性はあるな

というわけで

次は3000本安打目指して頑張れ

| | Comments (3) | TrackBack (4)

August 30, 2007

ビバ!バ監督

いやはや昼間と夜に揃って思い出すに腹立たしくなる

ネタ試合を見させてもらいましたわ。

このムカツク気持ちをぶつける所が己のブログしかない、というのが

また大変哀しいところではあるんですが・・・

                                                              

【シアトルマリナーズ首位攻防戦2連敗】

はっきり言って残念という言葉しか思い浮かびません。

特に今日の試合は勝つチャンスは十分あっただけに・・・

ネタ度は実は今日よりも昨日のほうが満載だったんですけどね。

初回のイチローの打席での審判の誤審(バットに当たっているのに三振)

とそれに抗議したマクラーレン監督をいきなり退場させた

3塁審判の空気の読めなさ。

まるでJリーグの審判みたいですねwww

それとイチローも激怒したという2塁手ロペスの緩慢プレー。

結局のところこういうことが重なっては昨日の試合は

ノーチャンスに等しかったのかもしれません(相手はエースPだし)

で、今日の試合は初回にいきなり5点を入れてリードしますが

残念ながら投手陣がふんばりきれませんでした。

特に先発のウィーバーはこのところ実質エース格と言っていいくらい

安定していただけに残念。

つうかマリナーズのピッチャーは揃いも揃って

一発病にかかってるんじゃね?

8月の試合は確かに勝ち越してるんだけど

あまりにもホームランを打たれすぎな印象があるのは俺だけか?

しかも先発Pだけでなく、これまでチームを支え続けてきたブルペン陣にも

それが飛び火しているのよ。

先週末のテキサス・レンジャーズ戦なんかいい例だよね。

第3戦のラミレス、第4戦のウォッシュバーンと揃って一発を浴び

結局それが敗戦につながっている。

今日のウィーバーも2連発を食らっちゃったよね(しかも2アウトから)

監督・コーチ・キャッチャー陣で話し合いをしているんだろうけど

正直今後の戦いを考えていく上で改善していかないとヤバイよね。

ってここまで書くと「別に監督悪くないんじゃ?」などと思われるかもしれない。

ここからが本番。

マリナーズのマクラーレン監督っていうのが

選手交代(特にピッチャー)が恐ろしくヘタクソな方なんですわ。

MLBは試合数も多くスケジュールもハンパ無いため

分業制がどうしても欠かせない。

特にピッチャーに関しては先発Pが100球、6回くらいを目安に投げ

そのあとを複数のセットアップPやクローザーでつないでいくんですわ。

マリナーズは先発Pが弱いので

特にこのブルペンPの役割が重要なはず・・・なんだけど・・・・

ピッチャー心理を理解してないかのような起用が多すぎるんです。

例えば先発ピッチャーが6回を投げ切った時点で

既にブルペンでは次のピッチャーを用意しているのに

回の頭から交代させず先発Pを続投させて

その先発Pがボコボコ打たれて塁が埋まってから次のピッチャーに交代(汗)

こんな交代するんなら初めから代えろよ!

って思うのは俺だけか?

ランナーがいるだけでブルペンPにプレッシャーがかかるし

しかもそのランナーが自分の責任じゃないとなると

違う意味でもストレスが溜まるわけですよ。

それが1試合2試合ならいいんですが

この監督さんはここのところこういうドタバタ采配を連発してますわ。

ちなみにNHKの野球解説の武田一浩氏も

マクラーレンの投手交代を放送中におおっぴらに批判してたなァ。

まあ今日の試合に関しては仕方がない面もあったことは否定しません。

出したピッチャーがことごとく踏ん張れなかったわけですから。

特に8回投げたモローが打たれたのは誤算だったと思う。

ただね・・・敬遠策を取ったのにピッチャーを交代させるってのはどうなのよ?

しかもそこで投入したピッチャーが

今シーズン全く実績の無いヤツっていうのが納得できん!

百歩譲って別のピッチャーを投入するにしても

あそこは実績のある(防御率1点台の)シェリルだろ?

変に原則論(右打者には右P、左打者には左P)に捉われ過ぎじゃね?

なんでベテランとはいえ今期上がってきたばっかのホワイトなんかを・・・

さらにこの監督は代打の使い方が全くなってません(断言)

試合には必ず勝負時っていうのがあるはずです。

そこで代打なり代走なりを使って勝負をかけないといけないのに

決断をためらって勝負時に何もできず失った試合が何試合あったことか・・・

今日の試合で言えば8回の攻撃でしょうか。

4点差あったとはいえ1点でも返して望みをつなげたい状況で

2アウト3塁という状況で

この日(というかこのところ)当たっていないセクソンを

そのまま打席に送ったシーンは正直萎えました。

ここでこそ勝負を賭けないといけない場面なのに何もしなかったのは

本当に腹が立ちましたわ。

次の打者の城島が当たっていただけにあそこで代打策がうまくいけば

もっと競った展開に持ち込めたかもしれないのに・・・

で、9回2アウトになってから代打を使うなんて訳わかんないですよ。

選手には人望があるらしいですが

もう少し選手起用をきっちり整理しないと勝ち抜けませんよ>マクラーレン氏

エンゼルスとは戦力面で劣るわけだから

それだけに監督の判断にミスは許されないんですぞ。

まあ、夜に見た惨劇に比べればマクラーレンのアホっぷりなんて

まだ児戯に等しいと思い知ったわけですが・・・

                                                             

【サンフレッチェ・・・】

いやァ今季最高のネタ度の高い試合でしたわ。

ここまでぶっ壊れた試合を見せ付けられると

ある意味爽快というか豪快というか・・・・orz

試合前に某ナカノン氏はファンクラサロンで

「今日はウチ(広島)が主導権を握って戦える(勝てる)でしょう」

などと言ったらしいが(観戦仲間から聞いた)

守備面の課題も克服しきっていないのに

随分ノー天気な言い草だな、と思った。

MPV氏のご乱心を見るのは今期何回目ですかね?

まあ先発メンバー表にM78(ウルトラマンの故郷ではありません)

の名前を見るたびに軽い失望を憶えて

それが試合になると不安に変わり、そして絶望・怒りへと変わっていく。

もうこの繰り返しですよね。

しかも今回はめったにやらない選手交代でも

MPV氏は明らかな判断ミスをしたわけだから

もうどうしようもないですよ。

おそらく広島のスポーツマスコミや優しいサポの方々は

リスクを負って攻めたんだから仕方ない、という意見が出ると思うけど

それでもリスクをできるだけ抑えることを前提に選手交代を考える

これが監督の仕事だと思うわけですよ。

この試合で一番の疑問なのは

もっとも守備で健闘していた槙野を何故外したのか?

ということなんです。

ストヤンの投入は理解はできるんだけど何で槙野なんだ?

他に代えられて然るべきヤツなんていくらでもいるだろ?

                                                              

戸田・・・ミスパス連発に危ない守備もありで木寺と並ぶ今日の戦犯だろ?

M8・・・こいつこそ守備で何もできないことは何度も実証済みじゃないか!

M7・・・コンディション悪いんだろ?しかも足も止まってたじゃないか!

陽介・・・ヘタレ五輪代表の試合で疲れがたまっとるぞ!

                                                             

この4人の中から交代するんであれば納得いったんだが・・・・

加えて悪しき解釈をすればピチブーが復帰以降に

弾かれる選手も大よそ予測がついてしまったわな。

返す返す槙野が不憫でならない

さらに輪をかけて酷かったのがGK木寺。

前節からその危なっかしいプレーに危惧していたわけですが

ものの見事に的中してしまいましたorz

足元の技術がおぼつかないためか味方へのパスをミスるわ

相変わらず前への飛び出しはワンテンポ遅いわ

パンチングを空振りしゴールを許すわ・・・

さらに言うならば最初の梶山のゴールも木寺のミスでしょ?

彼のFKは強烈なものがあるっていう情報くらい掴んでたでしょ?

それなのにあの壁の枚数(3枚)は何よ?

下田の復帰がまだ時間がかかりそうなだけに・・・・orz

終盤平山が投入されたときはジンギスカンのリズムで

                                                             

『オー!オー!ハナクソ!ゴール!ゴール!ゴール!ゴール!』

                                                             

とヤケッパチに歌っていたら

ハナクソ王子にまで2連発も食らうとは・・・orz

試合終了まで見なかったけど

試合後ブーイングくらい浴びせたのか?>広島サポ

ホームでこんなみっともない試合を見せられて怒らないようじゃ

チーム(特にMPV氏)が危機感を持って取り組まないぞ!

ちゃんと批判すべき事は批判すべきじゃないのか?>マスコミ

この試合を見て中国新聞の小西記者なら

どういう風に記事をまとめるかなァ

まあ俺が記者なら

戦力として微妙なM78を何故に重用するのか

追求するけどな

                                                             

【追記】

今日もマリナーズは完敗でした・・・orz

しかしシーズンはまだまだ続く

| | Comments (4) | TrackBack (8)

June 22, 2007

野球ファン必見!イチローvs桑田

今日のマリナーズvsパイレーツでついにイチローvs桑田が実現しました。

昼休みの時間を延長して見てましたが

桑田さんのコントロールと変化球のキレの良さに

ただでさえ扇風機みたく振り回すマリナーズ打線が

きりきり舞いという感じでした(4三振)。

時速150キロの剛速球でなくともメジャーのバッターを打ち取れることを

証明した素晴しいピッチングでしたね。

その桑田さんのピッチングに敬意を表したのか

イチローも空振り三振してしまいましたね。

たぶん今日のスポーツニュースでこの対決は映像が流れると思うので

しっかりご覧いただくことを勧めます。

                                                         

それにしても大艦巨砲主義的な球だけは速いけどノーコンな

ピッチャーばっかりを好むマリナーズの首脳陣は

桑田さんのピッチングをどう思ったんですかねぇ。

いっそプレイングピッチングコーチャーで桑田さん雇いません?

| | Comments (0) | TrackBack (7)