October 22, 2008

ぎゃああああああ   今週のキン肉マン二世を読んで

ウォーズマン死亡確定じゃねぇか!(涙)

こりゃマスクどころか下手すりゃクビチョンパ(大泣)

獣性開放されて気分爽快(?)なマンモスマンに

ビッグタスクとノーズフェンシングでずたボロにされたあげく

放り出されるウォーズマンの姿が・・・・(号泣)

                                                           

なんとなくマンモスマン裏切りの予感はあったのよ。

今回のウォーズマンがあまりにも“正義超人過ぎる”のとか

試合中にウォーズマンの流した血を美味しそうに舐めていたのとか

ネプチューンマンの出番が少なすぎるとかあったけど

それぞれのパートナーへの接し方の違いがこういうことになったのかな?

ネプチューンマンはセイウチンに対して

理性を押し潰して獣性を開放させてましたが

ウォーズマンは全く逆でマンモスマンの獣性を理性で押さえつけてた。

それがこういうドンデン返しに・・・・・

いやまあストーリー的には

ウォーズ死亡 → 正義超人魂にキン肉マンが燃える → 悪行超人許さん

ってな感じになるし

あと画的にもネプチューンマンとマンモスのほうが迫力があるのは確か。

しかし・・・・ゆでのこの扱いは毎度のことながら・・・orz

| | Comments (6) | TrackBack (0)