« 大河ドラマ 「愛とアレの戦士」 もうどうでもいい回 | Main | 大河ドラマ「愛とアレの戦士」 第17話だったっけ?  »

April 19, 2009

大河ドラマ 「愛とアレの戦士」 嗚呼泣き虫侍大将

お菊さんが上杉家へ嫁いできたお話でしたが

意味不明な徳川家康登場とか(あの頭のコブは何?)

安土でくつろいでいる妙なご一党が出てこなければ

まあまあ楽しめる回であったのにねぇ。

つうか戦乱じゃなければ幾分まともな脚本・演出できるのか?

だったらやっぱり合戦絡みの回は脚本家を変えたほうが・・・・

家康の謀臣として本多正信が登場しました。

後に彼は兼続とは切っても切れない関係となりますが

このドラマがそこまできちんと描けるのかどうか不安ですね。

それにしても与六君はどうしてこう出しゃばりなんだか。。。。

夫婦間の取り持ちはお船さんのほうが適任だと思うんだが

まあ・・・・いいでしょう(苦笑)

                                                          

【今週の景勝さん】

御館の乱の傷を一生背負っていく決意の表情は見て痺れました(笑)

その一方で初夜の床での微妙なうろたえぶりは(微笑)

で、決して誇大・誇張なことは言わない景勝さん。

「何があってもお前の実家を守る!」

って言わない(言えない)景勝さんは律儀・剛毅の人という演出なんでしょう。

しかしこの方は今後も家臣の暴走(?)の尻拭い役になっちゃうんでしょうか。

なんせ御館の乱も家臣やお母さんが原因だったのに

自分でその宿命を背負っていくって宣言しちゃったわけだし。

しかしお菊さんの“実力行使”はいろんな意味で逆効果だったようです。

色んな意味でね(謎)

                                                           

【嗚呼泣き虫侍大将】

兼続の家老抜擢にものすごく協力的かつ好意的だった信綱さん。

残念ながら兼続を殴るシーンはなかったのですが(笑)

景勝と並ぶ今回の陰の主役格でしょう。

景勝の婚姻の席では吉江老と並んで兼続を批判しておりましたが

内乱を鎮圧するための時間を武田との同盟で稼げた

という面もあったのでしょうねぇ。

それを実感できたのであの二人も兼続を認めるようになったんでしょうね。

一緒に上杉家を支えていこうな、と言ったときの表情を見たとき

滝沢先生の影を見たのは俺だけではあるまい。

そんな信綱さんが凶刃に(泣)

もしかしたら信綱さんは凶刃をふるった毛利秀広に対して

殴りかかろうとしたんじゃないのか?

そりゃ素手で武器持った相手に対してなんて無茶だよ(涙)

                                                           

【アンチ兼続?】

上条さんや山崎さんが兼続批判をしておりました。

山崎さんは凶刃に倒れましたが

上条さんは今後アンチ兼続として活躍(?)していくのでしょうかね。

しっかり敵役として活躍してほしいところでありますが

史実では景勝もある時期までは上条をかなり信頼していたみたいだし

もう少しそういう描写もあってもいいと思うんですが・・・

っていうか上条さんが上杉家を退散した理由っていうのがイマイチ掴めません。

上杉家の京都支店的なニュアンスで秀吉の下へ行ったとも

取れなくはないと思うのですが・・・

                                                          

ところで・・・

新発田の乱はちゃんと紹介するのか?

|

« 大河ドラマ 「愛とアレの戦士」 もうどうでもいい回 | Main | 大河ドラマ「愛とアレの戦士」 第17話だったっけ?  »

Comments

直江「いいか、俺は今からお前を殴る」
毛利「左の頬を殴られたら、右の頬から斬りつけてやるわ!」
 こんなやり取りがあったんじゃないでしょうかw

 新発田の乱はばっさり省略の予感です。前提となる御館の乱での新発田の活躍は樋口さんがかっさらっていますし、山崎・直江さんも兼続が原因で襲撃されたことになっていますし……。

Posted by: 車懸 | April 20, 2009 at 07:11 AM

ばっさり省略に一票。
越後勢の同士討ちは地元協賛大河としちゃマズいしょっcoldsweats01
(逆に下越で新発田ブームが起こったらおもしろいけどなぁ)

Posted by: 鶴居村 | April 20, 2009 at 11:29 AM

>車懸殿

スニーカー刑事とは異なり殉職と相成ったようで
大変残念であります。
つうか彼をまともにフィーチャーしてないくせに
今さらって感じですよね。
滝沢センセイには涙涙であります


>お鶴殿

宮本信子のナレでおしまいなのがいいのか
全く無かったことにされるほうがいいのか
悩ましいところではありますが・・・

Posted by: トラマ | April 20, 2009 at 01:48 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96812/44722209

Listed below are links to weblogs that reference 大河ドラマ 「愛とアレの戦士」 嗚呼泣き虫侍大将:

» 第十六回「信玄の娘」2009.4.19 [鎧袖初雁雑事記]
各地で三郎景虎勢力がなおも健在ですが、ひとまず御館の乱が終結。 甲越同盟の条件として、武田勝頼(市川笑也)の異母妹菊姫(比嘉愛未)が景勝(北村一輝)のもとへ嫁いできました。 しかし、大河ドラマの「床入り」では布団の下から取り出す短刀はお約束ですか(笑)!? 菊姫の懇願は逆効果ですね。足元を見られるばかりか、「約束はできん」という景勝の回答で絶望を背負い込んだようなものです。... [Read More]

Tracked on April 19, 2009 at 11:13 PM

« 大河ドラマ 「愛とアレの戦士」 もうどうでもいい回 | Main | 大河ドラマ「愛とアレの戦士」 第17話だったっけ?  »