« 大河ドラマ 「愛とアレの戦士」 第10話 | Main | 近衛龍春氏 »

March 15, 2009

大河ドラマ 「愛とアレの戦士」 第11話

ふーむ・・・ようやくそれらしくなってきたか。

よーぜんさんと先日お会いしたときに

あの春日山城のCGだと

春日山駅のすぐ側に直江津駅があるようなものだ、とお話したのだが

かなり密集した地域でバトルということになるな。

あれじゃ市街地を放火しないと合戦できるスペースないような・・・

ところで初音って信長の愛人なのか?

だとしたらえらく織田家の防諜対策はユルユルだのう。

                                                           

【イッテル景虎】

景勝に従うって言っておきながら何日も経たないうちに

反旗の兵を出すっていうこと事態が謙信の遺志から外れるんじゃないのか?

っていうか心の奥底では俺のほうが上じゃ、などと思ってたんだろね。

本気で景勝に従うつもりであれば己の家臣を正すのが正論だと思うのだが

やっぱり家督に色気があったのか、ただ単に乗せられやすい人なのか・・・

って山から落とされた独眼の御仁は生きてたのかい(驚)

いつの間にか本庄秀綱と神余親綱がその他大勢とともに出演。

彼らが大きく画面に出る日が来るのでしょうか?

                                                          

【今週の泣き虫大将】

そりゃ奥さんがあんなことやってりゃ涙目になるよな。

何で俺じゃなくて兼続に話かけに行くんだよ、と。

この辺も後で兼続とくっつくから、などという

史実の誤った使い方なんだと思うんだよ。

確か原作ではお船はこの時点ではあまり登場しとらんかったはず。

ちなみに史実上ではお船は御館の乱のときにも

既に直江家においては重要な役目を担っていたようです。

それは与板衆に送った書状で信綱とお船の連名で発給したものがあり

この時点で直江家中における存在感の大きさを伺わせます。

景勝からの指示を受けて采配をふるうあたりは

このドラマでの信綱は既に景勝にとって重要な存在となっているようですが・・・

信綱さんの扱いは不満が残りますがアレはきっと

「兼続!俺は今お前を殴る!」

っていうセリフを入れるための布石なんですよ。

ネタ系大河に走っている今年の制作陣です。

きっとやってくれると期待しましょう。

                                                           

【今週の景勝】

出陣時の精悍な表情を見ると私のイメージした景勝に近いものがあり

これからのさらなる活躍を期待、と言いたいところですが

取り巻きに知恵者がいないせいなのかなんとも言えませんが

もう少し主導的に動いて欲しいかなァ、と。

北村さんの演技に救われている部分が非常に大きいのですが

あれじゃ家臣の上にただ乗っかってるだけ、という風にしか見えない。

小説などでは景勝は「決断の人」という風に描かれてることが多いので

今回もそういう人物設定にしようとしているのかもしれんが・・・

                                                           

【明智さん】

秀吉の陣中で何やってんだwww

あんた丹波征伐でのんきにお茶入れてる場合じゃねぇだろ!

っていうツッコミはともかくとして

いわゆる古典的な教養と常識を備えた人物という描き方か?

だがこれも史実を適当に利用した後追いジャンケンっぽいんだよなァ。

ぶっちゃけ明智を出すのはもうちょっと後でも全然問題ないのにねぇ。

黒田官兵衛を出したほうがよっぽどか・・・

|

« 大河ドラマ 「愛とアレの戦士」 第10話 | Main | 近衛龍春氏 »

Comments

> 本庄秀綱と神余親綱
 字幕つけてくれ! 誰が誰やらわからんぞ!!

Posted by: 車懸 | March 16, 2009 at 02:07 AM

>車懸さん

まったくその通りw
ついでに番組終了後には毎回

「この物語はフィクション・・・」

の字幕画面も用意していただきたい

Posted by: トラマ | March 17, 2009 at 08:25 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96812/44357595

Listed below are links to weblogs that reference 大河ドラマ 「愛とアレの戦士」 第11話:

» 第十一回「御館(おたて)の乱」2009.3.15 [鎧袖初雁雑事記]
「なんてったって本丸」はいいですが、もう少し緊張感ある争奪劇にして欲しかったですね。それと、上田衆五人組は先頭きって太刀打ちなどしないで、景勝の左右に侍っていて欲しいです。そして、遠山康光(蛍雪次郎)。「見せかけの虎」って言葉があるんですか?「見かけだおし」あるいは「張り子の虎」って言いたかったんでしょうか。... [Read More]

Tracked on March 16, 2009 at 12:51 AM

» 『天地人』 第11回「御館の乱」 [備忘録]
ついに御館の乱勃発です。相変わらず緩慢とした戦ですが。仙桃院さんのもとに事態の収拾を求めに行った兼続くん。景虎さまに斬られそうになり、あわやのところを仙桃院さんによって助けられました。「春日山城に赴き、我が殿の配下になるように」とあからさまには言わなかったですが、それに近いことを言い、景虎さまをますます怒らせてしまった兼続くん。戦が始まろうとしているのは自分のせいとして、何とかしなければ、とそのあたりの責任感は認めてあげたいですが、すべて人頼みにして解決しようとするのはいただけません。再度仙桃院さま... [Read More]

Tracked on March 16, 2009 at 10:59 PM

« 大河ドラマ 「愛とアレの戦士」 第10話 | Main | 近衛龍春氏 »