« 義風堂々のほうが天地人よりもまともに見える件 | Main | 完全に見逃してました;; »

February 08, 2009

大河ドラマ 「愛とアレの戦士」 第6話

根本的に時代劇っていうのを勘違いしているんじゃなかろうか?

ある程度ドラマが盛り上がって面白いのであれば

時代考証を横に置いておいて演出していくのもわからんでもないが

やたらと「義」だのセリフで連発するもんだから言葉に全く深みがない。

「義」の概念というのは言葉よりも行動で示すほうが

視聴者にとってもわかりやすいのではないか?

軽々しく口に出すから却ってドラマが軽くなるってことを

彼ら(演出&脚本)はわかっているのか?

それともビジュアル路線で押し切ろうとでもしているのか?

こんな内容が続くようでは去年篤姫でついたにわか大河ファンも

再びそっぽを向くんじゃなかろうか?

                                                          

【やっぱりおかしい上杉軍】

うーん・・・織田の旗印の軍勢と上杉軍がかち合ったのは

手取川が最初だったと思うんだけど。

越中では神保ら国人衆を相手してたはずなんだが・・・

それからやっぱ「兼続!」って呼び合うのは違和感があるよなァ。

与六や又五郎でいいんじゃないかと・・・

それと小姓って大将を守る役割だよね?

なんで一々前線に出てるんだ?

もしかしたら番組最後の天地人紀行で

上田衆は常に最前線で戦い続けた

ってあったのでそれに連動してたのか?

「景虎様のご活躍で!」って何かと言われておったけど

景虎って軍勢をもようせるほど家臣いたのかよ!

ってツッコミをしたくなるんだがねぇ。

小田原北条家からそんなにいっぱい付いてきたのかい?

まあ柿崎・山本寺・北条あたりが補佐にあたっていたのなら

わからんでもないが

だとしたらあの軍中のものが景虎を賞賛するのも

いささかおかしな気もするんだが・・・

しかし雪の中をあの薄着で大丈夫なのか?

もしかしたら謙信が強かったのは

初音が言うところの「神の軍」(これはこれで誤解を生みそう^^;)ではなく

寒さでも風邪をひかない免疫力の高さ

なんじゃないかと

インフルエンザでダウンした経験のあるトラマは思うのであります(^^;

                                                         

【余裕綽綽?織田信長】

こっちもこっちでおかしいんだよなァ。

領内中枢とも言える地域には石山本願寺が健在だし

西の毛利も三道併進策を進めようかっていう時期だったし

確かに元亀の頃の織田包囲網のころに比べりゃ

多少は織田の勢力も強くなってきているとはいえ

のんきに安土城で洋酒飲める状況には・・・

っつうか安土城できてないって(笑)

となるとあれは安土の仮陣屋でのシーンなんだろうな。

長篠の合戦の勝敗を分けたのは鉄砲の数じゃないってことを

脚本家は無視しているようです。

つうか武田勝頼は鉄砲を軽視したから長篠で負けたんじゃないのに。

またコアな武田ファンを敵に回したな>脚本&演出

3500丁の鉄砲を用意しとるって話があったけど

鉄砲隊を大々的に組織運用するようになったのは

もう少し後の時代だったと思うんだけど。

                                                           

まあ前回であまりにもツッコミどころが多くて

ある意味慣れが生じたので今回はガマンして見れたかも。

まあ・・・あの・・・セットは・・・アレだし

土下座土下座って・・・戦国時代をなめとんのか>脚本家&演出

今回良かったところは

陣中で騒ぎをおこした兼続を叱りつけつつも

責任を己でかぶる景勝の姿でしょうか。

これは後の関ヶ原での景勝の姿勢につながるものがありますね。

度量の大きい上司という役どころに景勝は落ち着くのでしょうか?

北村さんの眉間に皺を寄せながらの厳しい表情は良かったです(*^^*)

こういう厳しい表情こそ

全国の景勝ファンが北村一輝に求めるモノ

であったとトラマは思う次第であります。

あれ?兼続は???

|

« 義風堂々のほうが天地人よりもまともに見える件 | Main | 完全に見逃してました;; »

Comments

Hey there just wanted to give you a quick heads up. The words in your post seem to be running off the screen in Safari. I'm not sure if this is a format issue or something to do with web browser compatibility but I thought I'd post to let you know. The design and style look great though! Hope you get the issue fixed soon. Thanks

Posted by: booking hotel murah | December 29, 2014 at 01:40 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96812/43998557

Listed below are links to weblogs that reference 大河ドラマ 「愛とアレの戦士」 第6話:

» 大河ドラマ『天地人』第6回:いざ初陣…真っ暗なスタジオで [子育ちP's 航生L(気分は冥王星)SQ]
大河ドラマ『天地人』第6回:いざ初陣 【気持ちが冷めつつ・・・】  基本的に小生は『篤姫』の勢いというか流れのまま『天地人』を見ている不真面目な視聴者なので、ぼちぼち『天地人』への気持ちが冷めつつあります。  可愛かった子役も忘却の彼方だし・・・・。  子役ではない妻夫木聡は可愛すぎる気がするし(あの髪の分け目も・・・)  多少なりともチャンネルを合わせる気になるのは、好きな戦国武将の一人である上杉謙信=阿部寛の格好良さに惹かれるかなぁ・・・。  今回は、兼続(妻夫木聡)... [Read More]

Tracked on February 09, 2009 at 11:04 AM

» 「天地人」第6回 [日々“是”精進!]
   第六回「いざ、初陣」信長討伐のために越中に侵攻した謙信率いる上杉軍は、圧倒的な強さで敵の山城を攻め落とす。ようやく初陣がかなった兼続も張り切るが、命ごいをする若い兵士を切ることができず落ち込む。景勝から戦に涙は無用だと叱咤された兼続は、戦の厳しさ...... [Read More]

Tracked on February 09, 2009 at 12:32 PM

» 天地人 第6話 [SOLILOQUY]
天地人 第6話「いざ、初陣」いよいよ念願の兼続の初陣兼続の活躍は?※ 毎回書き記しておりますが、こちらのレビューは「炎の蜃気楼」ファンがファン目線で見た思いっきり脱線レビューとなっております。「炎の蜃気楼」がわからない&だったら読みたくないという方はわ...... [Read More]

Tracked on February 09, 2009 at 04:39 PM

» 『天地人』 第6回「いざ、初陣」 [備忘録]
JUGEMテーマ:天地人信長を討つべく西上を開始する上杉軍。兼続はその軍への同行を許され、いよいよ初陣を飾ることに。ところが、命乞いする敵を斬ることができず、陣中で、景虎の家臣と抜刀の喧嘩沙汰となり、兼続は謙信から戦線離脱を言い渡されます。兼続の初陣がいつだったか、また、御館の乱以前の兼続の戦歴がどのようなものであったか、記録に残されてはいないので、このあたりはどうとでも描けるところです。初陣はもう少し早かったかな、という気がしないではないですが、越中・加賀攻めに兼続が参戦していたというのは大いにあ... [Read More]

Tracked on February 09, 2009 at 11:51 PM

» 第六回「いざ、初陣」2009.2.8 [鎧袖初雁雑事記]
巷でも毎回番組に対して史実と違うとか喧しいblogが多くなってきましたが、要はドラマとして面白いか否かです。史実云々は添え物に過ぎません。 「犬の喜平次」、やっぱり出てきましたね。原作でも陳腐なエピソードのひとつですが、こういう部分は思い切って削ってはいかがかと思います。小・中学生の作文のように思えてしまうのですよ(しかも、あの演出はなんですか。学芸会並みです)。刈安兵庫(三池崇史)、訳わかんねー。どうせなら、景虎の家臣のうち記録に残っている平野甚右衛門とか篠窪出羽守とかいろいろいる中か...... [Read More]

Tracked on February 10, 2009 at 10:16 PM

« 義風堂々のほうが天地人よりもまともに見える件 | Main | 完全に見逃してました;; »