« 大河ドラマ 「愛とアレの戦士」 第三話 | Main | 大河ドラマ 「愛とアレの戦士」 第5話 »

January 26, 2009

大河ドラマ 「愛とアレの戦士」 第4話

【史実的ツッコミ】

春日山城は海沿いにはありません。

広義の春日山城となると沖見砦が岩戸の津(謙信時代の軍港)の

監視・防衛のために築かれているのですが

本城地域から明らかに離れております。

それから越後の府内ってあの時代人口7万もいたんかいな・・・

春日山城下とも合わせて1~2万くらいが妥当だと思うんですが。

あと景虎はとうにガキ作ってたんじゃなかったっけ?

まあこれは些事だからいいけどさ(笑)

それと織田家と上杉家はまだ同盟関係にあります。

別に信玄が亡くなったからといって武田家が即弱体化したわけじゃないため

挟み撃ちにしようぜ、などと書状のやり取りをしているくらいですから。

                                                           

で、本題ですが兼続が未だに知恵者に見えないんですが・・・

金屏風の件も景虎は既に気づいてた感じだし(たぶん景勝も)

                                                           

【酒飲みお船】

あの・・・未成年の飲酒はいかんぞ!(爆)

お船さん確か17か18歳でしょ?

なんつう飲みっぷりなんでしょうね。

彼女と合コンなんぞやったらきっと男性陣の屍が・・・(笑)

残念ながら兼続君とはアレなことは起きませんでした。

しかし年上なだけで別にそこまでお船さんも人生経験豊富だとは

到底思えんのだが・・・

                                                         

【薄幸フラグ立ちまくりなお悠さん】

吉瀬美智子さんのお美しいこと(*^^*)

もう今回は彼女の憂いを帯びた表情が見れただけで満足です(爆)

謙信の飲むお酒にブラッディXを混ぜたりしてw

                                                         

【景虎とお華】

景虎!あんまお華さんにイチャつくな!

後で長瀬に怒られても知らんぞ!(爆)

しかし景虎が越中の陣で活躍したらしいけど

柿崎あたりが与力として付けられてたんですかね?

彼一人で刀を振り回してもたいした戦力にはならないだろうし。。。

ひとつ気になったのは北条家の扱い。

北条家との同盟が切れたのは上杉側にも問題があったわけですよ。

武田家にあれだけ攻めまくられたのに

謙信が信濃へ攻め込むことすらしなかったわけです。

なんか一方的に北条家が悪者にされてるのはどうか、と思うんですわ。

氏政などは泣く泣く妻との離縁をさせられたりしているわけだし

よっぽどか武田のほうが冷徹だと思いますけどねぇ。

                                                          

【吉川信長】

なんつうか段々板についてきたって言うか、なんか生き生きしてない?

確かに彼は隠れ歴史マニアだし(三国志はメチャクチャ好きらしい)

初の大河でいきなり織田信長という大役をもらって

やる気満々なのがよくわかります。

阿部謙信に負けず劣らず吉川信長もかっこいいですね。

まあご先祖さま(毛利元就)が見て何と言うか気になりますが(^^;

                                                          

というわけで今回はあまりネタっぽい感想は書けませんでした。

そういえば怪しい女性(初音)が出てましたが

年齢考えるとおかしくないか?

真田幸村の妹っていう設定に無理があるわ。

三楽さんはブログで姉に変更しろ(原作では姉です)と書いてますが

いっそのこと真田昌幸の妹にすればいいのに。

|

« 大河ドラマ 「愛とアレの戦士」 第三話 | Main | 大河ドラマ 「愛とアレの戦士」 第5話 »

Comments

 天地人の理解できないところを強引に解釈する会(架空団体)会長の車懸です。

>あと景虎はとうにガキ作ってたんじゃなかったっけ?
 道満丸は遠山氏との子という新説を提唱するつもりなのです!

> で、本題ですが兼続が未だに知恵者に見えないんですが・・・
 数えで十三歳なら今で言う十二歳か十一歳ですから、小学生あがり程度であの頭脳と肉体と行動力は神童の領域に入ります!

>武田家にあれだけ攻めまくられたのに
>謙信が信濃へ攻め込むことすらしなかったわけです。

 御屋形様からすれば「吾と同盟し、毘の旗に慄える日々から逃れられただけでもありがたく思え!」なのです!

>【吉川信長】
>まあご先祖さま(毛利元就)が見て何と言うか気になりますが(^^;
 聞こえる! 元就公の声が聞こえまする!
「我が子孫は優れておる。豊臣の時代を終わらせ、天下人の徳川をも倒した。……そして今では織田家をも乗っ取っておるわ、かっかっかっ!」

>真田幸村の妹っていう設定に無理があるわ。
 幸村=源二郎信繁とは限りますまい……と弁護しようと思ったけれどさすがに無理がございました。きっと母親が下女か何か身分の低い年上の妹なんでしょう!

 なんでこんなに見る側の脳みそが疲れるんだろう、この大河は……w でも毎回愉しみにしておりまする!

Posted by: 車懸 | January 26, 2009 at 04:03 PM

>春日山城は海沿いにはありません。
毎回気になってしょうがないんだよね、これ~。
ついでに毘沙門堂が洞窟になってるのも下船、いや解せんが、上越市観光協会が地元が春日山城にレプリカ作ったりせんだろうな?

>お悠さん
やっぱ最後は出家するのか?

Posted by: 鶴居村 | January 26, 2009 at 10:48 PM

ツッコミどころ満載のドラマですね。

>年上なだけで別にそこまでお船さんも人生経験豊富だとは
到底思えんのだが・・・

現代の感覚で物を言ってはいけないかもしれませんが、あのくらい(10代後半)の年頃の女の子にとって、3つも年下の男の子は、恋の対象というよりは、弟のような存在にしか見えないもの。決してお船さんが人生経験豊富というのではなく、兼続に対する「お子ちゃま」的発言も、姉さん風を吹かせているだけ、と思います。
史実抜きにしたら、景勝を含めたラブコメ的なやり取りは、さすが女性の脚本家という気がします。あくまで「史実抜き」ですが(笑)

Posted by: よーぜん | January 27, 2009 at 12:20 AM

>車懸さん

>道満丸は遠山氏との子という新説を提唱するつもりなのです!

このコメントを読んで思い浮かんだのは
昔夜中にWOWOWで見た「くの一忍法帖」でした。
女忍たちが胎児を人から人へと移しまくるという
なんともシュールな忍法(^^;

>小学生あがり程度であの頭脳と肉体と行動力は神童の領域に入ります!

16歳で安土城下で大暴れするわ
娼婦の扱いは大人顔負け、と
神童どころじゃない活躍をされてますから
この程度は当たり前ってことなんですね(^^;
(義風堂々とごっちゃになってます)

>御屋形様からすれば・・・

なんというジャイアンw
とても義の人には見えません。
ああそうか、越後の人にとっては義の人なんですねw

つうわけで初音はめでたく“年上の女”となりましたw


Posted by: トラマ | January 28, 2009 at 12:46 PM

>お鶴どの

どうも2年前の風林火山と比べて
今回の大河は史実公証がいいかげんすぎるのよね。
春日山城なんて風林火山のときに使ったCGを
そのまま使えばいいのに。
毘沙門堂にしてもそう。
「堂」じゃなしに「洞」にしたかったのか?>犬HK

で、お悠さんは次回で尼への道へ進むようです(泣)

Posted by: トラマ | January 28, 2009 at 12:49 PM

>よーぜんさん

ちょんまげつけたトレンディドラマという恐怖が
段々と強くなってきた感があります。
正直言って織田信長や羽柴秀吉を出すくらいなら
上条政繁や上杉景信、河田長親、斉藤朝信あたりが
出ないとおかしいんですが
っていうか彼らが今の時点から出てこないと
最初の山場である御館の乱を描ききることは
難しいと思うんですがねぇ。
メジャーどころを出すのはずっと後でもいいと思うんだが・・・

Posted by: トラマ | January 28, 2009 at 12:53 PM

>上条政繁や上杉景信、河田長親、斉藤朝信あたりが
出ないとおかしいんですが

なぜかリストラされちゃってるっていう設定だったりして(笑)

Posted by: よーぜん | January 28, 2009 at 11:44 PM

Thanks for finally talking about >大河ドラマ 「愛とアレの戦士」 第4話: 自記公開書

Posted by: trenchless sewer line replacement | February 29, 2016 at 03:53 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96812/43862053

Listed below are links to weblogs that reference 大河ドラマ 「愛とアレの戦士」 第4話:

» 第四回「年上の女(ひと)」2009.1.25 [鎧袖初雁雑事記]
ラブコメ路線、驀進中です。サブタイトル、年上の女(おせん)でいいのか、年下の女(初音)にしたがよかったのか、迷うような内容でした。おせん(常盤貴子)、一気呑みやらっぱ呑みは絵的には楽しいのですが、あんまりです。しかも、酒乱・・・・・・ 兼続(妻夫木聡)もきっと両者の間で迷いはじめたのかもしれませんが、ドラマでは兼続と初音(長澤まさみ)が男女の関係を持つことは今のところなさそうですね。原作でもっとも批判されていた設定でありますし、真田幸村の姉から妹へ変更されておりますから、ドラマオリジナル...... [Read More]

Tracked on January 26, 2009 at 08:06 PM

« 大河ドラマ 「愛とアレの戦士」 第三話 | Main | 大河ドラマ 「愛とアレの戦士」 第5話 »