« Jリーグ秋春制移行問題 | Main | 劇場だな、これは »

November 20, 2008

誇りを取りもどす勝利(ドーハのアレ)

岡ちゃん体制になって1・2を争う内容で完勝じゃないっすか。

眠い目をこすりながら見たかいがありましたわい。

不安要素は色々あったけどもそれを乗り越えたチームに拍手。

カタールの帰化選手が怖いとは思ってましたが

相手の守備があそこまで崩壊するとは思ってもみませんでした。

オシム体制のときにアジアカップで対戦してますが

そのときも内容的には日本が圧倒してたので

決定機できちんと決めれるかどうか?

仮に決められなかった場合どこまで守備がガマンできるのか?

この辺がポイントだと思ってましたが

二つの命題を見事にクリアしてましたねぇ。

田中達也の先制点も大きかったけど(素晴しい妙技でした!)

相手の戦意を喪失させる意味においては玉田の2点目も大きかった。

私は当然のようにBSでこの試合を見ていたが

解説の人間力山本氏が

「後半玉田にもっと仕事をして欲しい」

って言ってたら5分もしないうちにゴール。

GJ人間力!(違)

とにかくチーム全員がよく走っていたしチャレンジしてた。

玉田や田中、大久保はどんどん仕掛けていたし

内田・長友の両SBも守備重視の姿勢を示しつつも

チャンスがあればガンガン攻め上がってました。

さすがに闘莉王は自重してたがw

MONは評価が分かれると思うけど

個人的には長谷部に上げたい。

彼と遠藤のダブルボランチは攻撃はともかく守備では非力なんじゃないかと

懸念していたんですが

彼のあらゆる面での成長で少なくともアジアレベルでは

無問題と化した感があります。

守備面ではSBの上がったスペースを遠藤とともに消し

また大久保・中村やDF陣と連携しながらボール奪取に奔走。

攻撃面でも1点目のさりげないアシスト(彼の飛び出しが結果的に囮となった)

2点目の玉田への丁寧なアシスト(あれは玉田も気持ちよくシュートできただろう)

中村や遠藤がいなくなっても彼がいれば

まだまだ日本代表のMFはアジアのトップレベルを維持できるんじゃないかと・・・

                                                           

素早い攻守の切り替えと運動量が日本チームの生命線だと言うことを

まざまざと示してくれたと思います。

弟分(五輪やU-19)が不甲斐無い戦いを続けてて

ここでA代表がコケたら日本サッカーどうなるの?

って思いましたが

安心してJ1残留争いを楽しむことができますw

本当は広島はJ1にいなきゃいかんのにねぇ・・・つうわけで

おのれペトロヴィッチ!

来年、寿人だけでなく柏木、槙野、青山、森脇、高萩が日本代表候補に

選ばれるくらい成長できなかったら許さんぞ!

ついでに一誠、クワシン、横竹も候補になるくらいに育てろ!

そしたら広島で100年監督することを認めちゃるわ!>ヲイヲイ(^^;;;

|

« Jリーグ秋春制移行問題 | Main | 劇場だな、これは »

Comments

Google's Gmail helps it be simple to import your contacts from another email account. The Web-based email platform fails like other email platforms.

Posted by: sign in gmail email | August 04, 2015 at 08:15 PM

Subtitles are available in most games in the audio menu. This game was released exclusively for select i - OS devices and are available in Japanese App - Store. Click Here to know more about astuce clash of clans.

Posted by: clash of clans hack apk | August 05, 2015 at 06:24 PM

) allow for live streaming like Snapchat's Here, the move is an indication that Facebook aims to stay relevant in the messaging space. Keep everything - there is no good or bad here. The Neck-Down Selfie: That's the only polite term I could possibly think than call it the "X rated" selfie.

Posted by: pirater un snapchat | August 07, 2015 at 04:43 AM

There are so many possible causes and you'll need to keep persevering until you find the proper treatment.

Posted by: academia | August 12, 2015 at 10:06 PM

It is also a standard interface for all embedded systems including FPGAs, microcontrolelrs and various memories. Laddertray is most widely used in the construction of commercial construction projects and light industrial applications. If we used that signal to drive a speaker to run in the same 1000hz frequency with the same amplitude, we would hear that sound through the speaker.

Posted by: Seilzug | September 02, 2015 at 10:55 AM

Follow the instructions inside pop-up that appears to make the group's name and details. Your News Feed has different methods of filtering content, that allow you to manage the sorts of stories you see on the Wall.

Posted by: Facebook Login | October 16, 2015 at 08:59 PM

AOL is definitely an Internet service agency that bundles Internet access with a unique software, commonly often known as the All-in-One software, or perhaps.

Posted by: my aol email | October 17, 2015 at 02:08 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96812/43170232

Listed below are links to weblogs that reference 誇りを取りもどす勝利(ドーハのアレ):

» 2010年ワールドカップ・アジア最終予選 対カタール戦(アウェー) [FOOTBALL語り場]
0-3で勝ちました。 実は時間が時間なのでこの時間は寝ていて、朝確認しようかと思いきや先に結果を知っていました。 日本代表戦の情報遮断って本当に至難の業かも・・・・・。#63916; よって時系列確認で・・・・。 (今晩は夜11時から翌朝6時まで断水&にごり水なの..... [Read More]

Tracked on November 20, 2008 at 09:42 AM

» 2010FIFAワールドカップ・アジア最終予選 日本VSカタール [日刊魔胃蹴]
最終予選を2試合終えて1勝1分けで勝ち点4。前回のウズベキスタン戦では、ホームで痛いドローを喫しました。サッカー日本代表の3戦目はアウェーでカタールと対戦です。カタール代表は3試合を終えて勝ち点4、この日本戦が4試合目となります。この試合は本当に負けられない戦い、とにかく勝ち点3を獲らなければなりません!岡田ジャパンにとっては今年最後の試合。最高の形で2008年を締めくくれるか?さあ岡田ジャパンよ、日本サッカー鬼門の地・ドーハで勝利を掴み取れ! 日本代表のスタメン。 GK 1 川口能活 DF... [Read More]

Tracked on November 20, 2008 at 01:41 PM

» W杯アジア最終カタール大勝も深夜で見てない [スポーツ瓦版]
W杯アジア最終予選3戦の日本VSカタールがドーハで行われ 日本がアウェーで3対0の大勝で3戦2勝1分の勝点7となり オーストラリアに続いて日本がグループ2位を維持してるね 試合は前半に田中達&玉田ゴールで後半に闘莉王ゴールし ディフェンスはカタールを完....... [Read More]

Tracked on November 20, 2008 at 01:42 PM

» W杯アジア最終予選 [   た わ ご と   ]
勝ち点7 [Read More]

Tracked on November 20, 2008 at 03:22 PM

» ドーハの何?-最終予選カタール戦 [O塚政晴と愉快な仲間達]
おはよーございます。 今年最後の代表戦INドーハでございます。 絶対に負けられないテレ朝中継で、角澤アナは不在でございます(深夜にアノ実況はやめて正解)。 スタメンは、2人のチョンマゲがセンターバックでございます。 GK 川口 DF 内田・寺田・闘莉王・長友 MF 長谷部・遠藤・中村俊輔 FW 大久保・田中達也・玉田 午前1時30分にホイッスルで戦(いくさ)の始まりでございます。 序盤から押し合い蹴り合い潰し合い。 そんな中、前半19分、胸... [Read More]

Tracked on November 20, 2008 at 04:46 PM

» ドーハの悪夢を払拭か?!・・・カタール 0-3 日本 [ゆぐどらしる えくすぷれす]
やればできるじゃないの・・・先週とは段違 [Read More]

Tracked on November 20, 2008 at 07:22 PM

» ドーハの喜劇 [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ]
前半19分、田中達也が内田のパスを胸トラップして、GKの股抜き先制ゴール!後半早々、左サイドの玉田のミドルが決まり2点目!後半23分、右CKのショートコーナーから俊輔のクロスを闘莉王駄目押しヘッド!日本は退化してると語るが、3−0でやられてメツ監督ダメ...... [Read More]

Tracked on November 20, 2008 at 07:35 PM

» カタールvs日本 [続・アーセナルvsバルサのCLファイナルを願う!]
W杯アジア最終予選、暫定ながら勝点で並ぶカタールと対戦します。 舞台はドーハ。サッカー専用のモダンなスタジアムです。             玉田      嘉人    達也    俊輔           遠藤  長谷部      長友    ... [Read More]

Tracked on November 20, 2008 at 09:23 PM

» W杯最終予選  日本3−0、鮮やか勝利!!《対カタール戦》 [ケン・タッキー日記]
日本は19日、敵地でカタールに3―0で快勝した。通算2勝1分けの勝ち点7とし、W杯本大会出場権獲得圏内の2位を守った。日本チームは素晴らしい試合を展開した、全員よく動き、よく攻め、よく守り、見ていて全く危な気が無かった!!!。シュート数も多く、全員サッカ....... [Read More]

Tracked on November 20, 2008 at 10:05 PM

» 「これで安心して年を越せます。」 by 日本代表関係者&日本サッカー協会関係者 【サッカー W杯アジア最終予選】 [不定期更新のスポーツニュース]
サッカーの2010年W杯アジア最終予選が19日、各地で行われグループAの日本は、田中や玉田などがゴールを決め3-0でカタールを下し勝ち点を7に伸ばした。グループAのもう一試合、オーストラリア×バーレーンは後半のロスタイムに得点を上げたオーストラリアが..... [Read More]

Tracked on November 20, 2008 at 11:15 PM

» W杯アジア最終予選 日本vsカタール アウェーで快勝! [スイーパー日記]
こんなにすっきり勝てるとは… やはり決定力があれば、これだけしっかりしたサッカーができるということ。 ポゼッションも良かったし、な... [Read More]

Tracked on November 20, 2008 at 11:34 PM

» ドーハの悪夢を払拭か?!・・・カタール 0-3 日本 [ゆぐどらしる えくすぷれす]
やればできるじゃないの・・・先週とは段違 [Read More]

Tracked on November 21, 2008 at 09:40 AM

» 大きな1勝。 [キングのオキラク蹴球記]
☆南アフリカW杯アジア最終予選第3節☆ カタール 0−3 日本 【日本】 田中(前19)、玉田(後2)、闘莉王(後23) 順位表 グループ1 1.オーストラリア(9/3/6) 2.日本(7/3/4) 3.カタール(4/4/-4) 4.バーレーン(1/3/-2) 5.ウズベキスタン(1/3/-4) ...... [Read More]

Tracked on November 21, 2008 at 08:18 PM

« Jリーグ秋春制移行問題 | Main | 劇場だな、これは »