« July 2008 | Main | September 2008 »

August 27, 2008

「蘇る越後福嶋城」を読む

先週月曜日から木曜日まで北陸出張に出てました。

で、そのときにGETしたのが↓の本。

http://www.free-style.biz/book/archives/2007/09/post_302.html

越後福島城は上越市の直江津地区にあった城ですが

わずか7年で廃城になりました。

その原因はいろいろとあるようですが

一番の理由は洪水が発生しやすくなっていたからだ

ということをわかりやすく説明してくれているのがうれしい。

この城は関川と保倉川に囲まれた島のような土地に作られ

築城の際に排水を良くするために保倉川の流れを変えて

直接日本海に流れ込むように河口を掘削したのですが

日本海の荒波によって土砂が押し戻されて土砂が溜まり

さらに関川の水量が減少したことでこちらの土砂まで溜まり

水害が頻発するようになったようです。

松平忠輝が高田へ城を移したのは幕府の方針もありますが

それ以上に自然条件というものの方が大きかったものと思われます。

堀家がなぜこのような築城をしたのか?ということについては

織田・豊臣流の築城術へのこだわりというか過信があったように思います。

秀吉の伏見城が好例ですが

織豊流の築城技術は地形まで変えるような高度かつ大掛かりなもので

それが彼らの富や権力の大きさを示すものであったように思います。

そして堀家の場合も前領主の上杉家のカラーを打ち消す意味でも

自然を改変するくらいの規模の土木工事を行ない

越後の民に権威を示す必要があったのでしょう。

加えて海上交通を重視する意味でも福島の地に城を建設したのです。

ただ北国の荒波の凄まじさを計算していなかった。

彼らがこれまで活動してきた琵琶湖や瀬戸内海とは違うのです。

北陸以北の日本海側の近世城郭で海に面して築かれた城は

少ないんじゃないでしょうか?

私が記憶している限りでは小浜城、宮津城くらいですね。

それにこの二つの城は湾内にあるため

直江津に比べると日本海の荒波が緩和されやすい条件であるようです。

まさかとは思いますが堀秀治が若死にしたのは

福島城築城が思い通りにはかどらずに悶死した

とかだったりして(笑)

| | Comments (4) | TrackBack (0)

August 23, 2008

前田の代表復帰希望

浦和と磐田の試合を見てるんですが

前田遼一はもうコンディションは万全ですね。

この前の川崎戦、今日の浦和戦とで良い働きをしました。

チームはなかなか勝てず厳しい状況ではありますが

彼のボールキープ、フィジカルの強さ、そして得点感覚・・・・

対戦相手の浦和のタークハルがゴールを決めたとはいえ

まだまだ本調子とは言い難いだけに

彼のような前線で起点になれるFWは今の日本代表には

絶対必要だと思うんですがねぇ。

玉田や寿人に無理やりポストプレーやらすよりかは

よっぽど彼を使うほうが攻撃の流れもスムーズになると思います。

岡ちゃんがちゃんとチェックしてくれてればいいんだが・・・

| | Comments (507) | TrackBack (0)

やきう

野球五輪代表はメダル無しに終わっちゃいましたね。

素人がアレコレ言うのもナニですけど

選手選考の時点で大丈夫かいな、と思ってましたが

まさかこういうことになるとはねぇ・・・・

国際試合では攻撃力以上に守備力が重要だ、と思ってたんですが

何故か守備に不安のある村田をずっと使い続け

その村田が守りで足を引っ張り、攻撃でも役立たず・・・

村田には是非この五輪の経験を生かしていただき

NPBのカープ戦ではずっと木偶の棒でいて欲しいものです(笑)

G・G佐藤のアレについてはもう何も言うことはありません。

猛省していただきクライマックスシリーズで取り返してください。

                                                             

門戸を開いているように見えて予選の経験者と

監督と個人的に関係深い竜と虎のメンバー中心で臨んだ野球。

門戸を開きまくって結局チームの軸すら見いだせなかった男子サッカー。

女子のソフトやサッカーが全力を出し切った爽快感があるのに

この男子陣のふがいなさは一体何なんだろう、と。

ソフトが上野さん、なでしこが澤さんといった軸がいたけど

野球も男子サッカーも該当する選手がいなかった、ということなのか?

つうか星野が宮本を冷遇しているとしか思えん起用をしてるのが

未だにわけがわかりません。

緻密な試合運びで戦うつもりだったのか?

それとも打撃力に期待していたのか?

その辺の割り切り方がすごい中途半端な印象ですね。

                                                         

次のWBCは宮本を監督にしてみてはどうかね?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

蜂の襲撃

人間が住むエリアが広がりまくったおかげで

住む場を失いつつある生物が多々あるわけですが

そのおかげで良くも悪くも共生状態の生き物も出てきてますな。

ウチの近所だとイノシシの出没は当たり前。

この前はサルにも出くわしたし、もしかしたら熊もいるかも・・・

そういうデカイヤツも(人間側からすると)厄介なんですが

日常化していないだけまだマシなんです。

ところがスズメバチさんをはじめとするハチさんの場合はシャレにならんです。

我が家は今年はまだ蜂の巣を屋根に作られていませんが

ご近所さんは2つも巣を作られて大変難儀されてるようです。

ちょっと写真を・・・と思ったのですが怖いので断念しましたw

もっとも改装前にとんでもなくデカイ巣を作られて(しかも俺の部屋の窓の側)

最終的に駆除専門の業者さんに来てもらったことがあったけど・・・

| | Comments (2) | TrackBack (0)

August 22, 2008

疲労困憊

昨日の晩帰ってきました。

出張中に五輪のアレとか相撲界のアレとか

いろいろあったみたいですが

もう触れるのも面倒なんでやりません(苦笑)

新潟へ出張に行った際に長岡と上越に泊まったんですが

来年の大河の幟を見ていささかムカつきました(苦笑)

いや、上越はいいんですよ上越は、メインの舞台だしねぇ。

だけど長岡や新潟でアレをやるのは・・・・

特に長岡では“地元ゆかりの”なんて言葉まで入ってましたが

草葉の陰で上杉景信が泣いている姿が目に浮かびそうです(^^;;;

※上杉景信ってわからんヤツはwikiなりググルなりしてちょ。

                                                         

つうか大河期間だけしか盛り上げんのでしょ?

なめんな!新潟県!

こっちは20年以上景勝・兼続主従を応援してきたんだぞ。

お前らとは年季が違うんだよ年季が!>誰もそんなこと聞いてません(^^;;;;

                                                        

まあそれはそれとして直江津で見た来年の大河宣伝ノボリですが

謙信・兼続とあって景勝が抜けとるのが納得いかんのですが(怒)

来年の北村一輝さんに期待しましょう。

                                                            

ところで織田信長役が吉川晃司に決まったらしいですが

信長が全部で20話も出るってマジですか?

あの・・・NHKさん?兼続と信長って全く接点が無いんですが・・・・

| | Comments (4) | TrackBack (0)

August 18, 2008

今晩から

高速バス&電車で北陸遠征に行ってきます。

もうちっと早ければ上越のアレも見れたんだろうが

こればっかりはどうしようもありません。

ちなみに20日に上越で一泊予定ですが

春日山城へ行く気力と体力があるかどうかはわかりません(笑)

ノートPC持参で行くので

明日泊まる予定の長岡のホテルでメールなどの確認をしようかと。。。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

August 14, 2008

たらればシリーズ 堀秀政が長生きしてたら

久々の戦国ネタで適度に思うところを書いてみます。

第一弾は「堀秀政が長生きしてたら」です。

堀秀政は織田信長の近習からスタートして

後に豊臣秀吉の天下統一の重要な合戦で功を上げ

最終的には越前18万石の大名に出世していきました。

元々信長の近習を務めていただけあって非常に能力が高く

何をやってもそつなくこなすことから

名人久太郎と呼ばれていました。

年齢的にも加藤清正や石田三成ら、

いわゆる秀吉子飼いの武将よりもひと世代上で

もっと長生きしていれば間違いなく五大老級の扱いを受けたものと思われます。

残念ながら小田原の攻めの真っ最中に陣没してしまうんですがね。

で、彼が小田原以後も生きていたら・・・・・どこに転封されてたんでしょうね?

一説には家康ではなく秀政に関東をまかせるなんて話もあったみたいですが

徳川家が当時東国の取次ぎをやっていたという事情を考えると

秀政が江戸で200万石の大大名に、っていう展開は難しいかと。

徳川家がなんだかんだで関東の旗頭となると思うのですが

その徳川を抑える役割を秀政に期待されるんじゃないでしょうか?

個人的に一番可能性が高いんじゃないかと思うのは

上野(群馬県)一国かなァ(真田領は除く)。

上野は50万石ほどある大国ですし

同世代の蒲生氏郷が会津に42万石で転封されてることからも

石高的には妥当だと思うんですよ。

問題は秀政に上野で何をやらせるか、ってことなんですが

1.佐竹家・宇都宮家ら北関東および信濃の大名の統制

2.徳川家の監視

以上2点が中心となりますかね。

監視の対象は越後上杉家も含まれるものと思われます。

1についてはこれを元々やっていたのは上杉家でした。

小田原の陣直前までいわゆる反北条側の大名への取次ぎを

上杉景勝がやっていたのです。

それを引き継ぐことで関東を南北に分断することができます。

関東における勢力の境界線は利根川になるでしょう。

当時の利根川は今とは流れが全然異なってますし

今と違って橋もかかっていないですからね。

徳川家は西は箱根山脈、北は利根川などの河川で封じ込まれる。

しかも北の堀家は上野だけでなく信濃の大名も組下にしてるから

実質的には70~80万石級の大名に等しい。

だから家康も身動きが取れなくなるだろう・・・

ってなことを豊臣家の首脳は考えるんじゃないかと思うんですが・・・

じゃあ秀政は豊臣家の期待に応えて徳川を抑えにかかるかどうかは

なんとも言えないところではあるのですが

秀政が生きている間は家康は動きづらいだろうな、とは思います。

堀直政ら優秀な家臣もいたので

徳川家にとっては鬼門となりそうな存在であったろうと。

| | Comments (38) | TrackBack (0)

August 13, 2008

サッカー北京五輪代表名実ともに終了

予選敗退がすでに決まっていたにも関わらず

彼らの最後の悪あがきが見たくて見てしまいました(笑)

っていうか広島の選手が選ばれていない分

思い入れなんてほとんど無いから気楽に(笑)

誰かさんのせいでJ2に落ちなければ何人か呼ばれてたんだろうなァ

などと恨み言もぼやいてましたけど。

ひとおもいにマカーイにボコボコにしてほしいわ

などと悪魔な心がささやくのですが

明らかにコンディション調整に失敗したと思われる

オランダ代表のグダグダぶりに対する怒りも沸々と(笑)

試合内容についてはとやくどうこう言うつもりはありません。

それなりにやれる部分はあったとは思います。

荒れたピッチに悩まされた部分はあっただろうけど

そういう中でこそ技術力が試されるわけですが

この点に関してはまだまだだな、と。

それよりも反町監督のチーム作りについて色々と言いたいねぇ。

ま、反町だけじゃなく4年前の人間力のときもそうだったんだけど

結局このチームの軸って誰よ?

梶山? 

日本人の中じゃ上手い部類だろうが肝心な部分でミス連発。

おまけに走れてないじゃん。

水本?

彼個人はDFとして頑張ってたんだろうがリーダーシップあったか?

本田圭?

彼のビッグマウスはある意味爽快ではあったが

あれは強いメンタリティと自信過剰を履き違えてるようにしか見えない。

DFの内田もナイジェリア戦の後に語っていたが

結局軸になる選手が反町の選んだ中にはいなかったってことだな。

っていうか軸となる選手の人選が間違ってるように思うんだが。

ここ最近の各世代の日本代表チームで

結果はともかく内容がともなっていたのは去年のU-20くらいですよね。

あのチームは予選突破も危ぶまれたわけですが

当時の吉田監督は微調整はしたけれども

結局最後までチームとしての戦い方を変えませんでした。

守備は福元・槙野、攻撃は柏木・梅崎といった軸がおり

精神面では福元・槙野がチームの中心となり引っ張っていました。

今回の五輪代表にもあのときのメンバーが何人かいますけど

そのうちの一人である内田の上記の発言は

表向きは鹿島のことを指しているみたいだけど

あのチームを予選から見てきたものからすると

同世代で構成するチームなのになんでこうも違うのか、と

思ってた部分もあるんじゃないかなァ。

うーん・・・やっぱり槙野のような

強いリーダーシップとメンタリティを発揮してくれそうな選手が

選ばれていたらもっと楽しめたかもしれない。

というわけで北京五輪がつまんなかったのは

ペトロヴィッチがやっぱり悪い>結局そっちかよw

| | Comments (2) | TrackBack (0)

August 05, 2008

はっきり言って夏バテ

肉体面よりも精神面が疲れているっていうか

まあ色々と悩んでいるわけですよ。

というわけで今まで以上に更新ペースが遅れるかもしれません

ってことを今のうちに言っときますw

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 04, 2008

高萩は広島のルイ・コスタ?(鳥栖戦)

見に行ってきました。

っていうか最近サッカーネタでコレっていうネタが無いのと

筆者の気力が夏バテ気味ということもあって

更新ペースが著しく遅れております。

で、昨日の試合なんですが

高萩がこのチームの攻撃側の選手の中で一番だ、ということを

間近で見て改めて思いましたわ。

普通に上手い選手ならどこにでもいますけど

彼の場合、ことパスに関しては間違いなくJ2ではNO1

J1でも五指とは言いませんが十指には入っているでしょう。

それくらいのものがあります。

昨日の試合でも

「お前はルイ・コスタか!」

などと叫びたくなるシーンが何回もあったわけですよ。

前半のバイタルでの柏木へのグラウンダーのパスとか

後半の寿人や桑田へ針の穴を通すようなパスをやってのけたシーンとかね。

その上彼の凄みすら感じる技術を引き立たせているのは

量質ともに優れたランニングと判断力。

同じトップ下にいた柏木なんかと比べるとその違いがよくわかる。

二人ともよく走るテクニシャンなんだけども

周りを生かし生かされるプレーをどちらがやっているのか

って聞かれたら間違いなく高萩と答える。

オフ・ザ・ボールのときの動き出しの質が違いすぎるのよ。

ただ決定力がいま少しな点もルイ・コスタに似とるがな(苦笑)

まあフィーゴ(柏木)とルイ・コスタ(高萩)みたいな関係になればいいかもね。

で、ストヤンが復帰したら誰が弾かれるんだい?>オモシロおじさん

| | Comments (2) | TrackBack (0)

August 02, 2008

サッカーのオールスター戦に対する懸念

Kリーグ選抜がゴールを決めたあとに

「竹島は韓国のものだ!」

などというフレーズが書かれたシャツなりをアピールするという

馬鹿げた行動をしたりしないか心配なんですが(^^;

そしてそれをテロ朝が堂々と放映したりするんじゃないか?

などという心配もあるんですけどね

| | Comments (2) | TrackBack (0)

トス上げた

バレーボールかよ!

ってのは冗談でして明日S広島は鳥栖と試合をするわけですが

ラジオやブログなどのプレビューを見たり読んだりして

気になる点がある。

鳥栖って攻撃的チームか?

前回の対戦とか視聴していない人間が言うのもなんだが

あそこは山形あたりとも似ているのだが

攻守に頑張るチームではあると思うし

カウンター攻撃もなかなか鋭い(らしい)

が、それって攻撃的チームっていうよりも

リアクション型のチームという証左とならないか?

二ヶ月くらい前に鳥栖とセレッソの試合を見たのだが

7割方セレッソが攻めていて鳥栖がカウンター攻撃一発で沈めたという内容だった。

たぶん明日の試合もこれと似たような展開となるんじゃなかろうか。

ポゼッションで圧倒する広島に対して

ナイフのような切れ味(?)のカウンターで対抗する鳥栖。

だから双方の攻め合いっていう展開にはならないと思うのだが・・・

まあそうは言っても広島の逆カウンター狙いっていう可能性もあるので

どうなるかはフタを開けてみないことには・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2008 | Main | September 2008 »