« June 2008 | Main | August 2008 »

July 20, 2008

アレーがアレした

セレッソ大阪戦を某所で見ておりました。

明日が早いので試合内容には詳しく触れませんが

より詳細に知りたい方はブログ仲間のhbk氏cfr氏のサイト

あるいは大御所のkasaさんのとこやダイアリーをご参照ください。

題名が題名ではありますが

アレーがアレしたのがポイントだった 

わけではありません(笑)

とにかく相手GKのファインプレー連発もあったけれども

寿人ら攻撃陣の決定機外しっぷりこそガチです。

後半そんな彼らが挽回してくれた点は

オモシロおじさんが言うところの“天賦の才能”なんでしょう。

2点ともスーパーなゴールでしたからねぇ。

それにしても

高柳一誠はいつ佐山道場へ修行に出すんでしょう?

これだけが気がかりです。

さて明日の準備があるのでこの辺で

| | Comments (2) | TrackBack (1)

July 15, 2008

ロボットアニメとJリーグ

横浜マリノスの監督が解任ですか?

まああの成績では当然といえば当然でしょう。

山瀬や中澤がいてあのサッカーじゃあねぇ・・・

ヒロシがいた去年のほうがまだマシだったんじゃないのかい。

ま、そんなことはさておき

某巨大掲示板ではジェフ千葉のことを

『チヴァンゲリオン』とか言ってネタにしている輩もいるし

マリノスも今現在放映中のロボットアニメに絡めて

『超蹴球要塞マリノス』

なんてネタを画像付きでやってみたかったんだけどねぇ。

マリノスの選手および監督の画像とか簡単に入手できるとこ

どこか無いですかね?

それにしても桑原さんはグローバル艦長に匹敵するくらい

失策の多かった指揮官だったってことになるのかなァ。

スタッフに早瀬さんやクローディアさんみたいな優秀な部下が

もしかしていなかった?

まあロイ・フォッカーみたいな司令塔(山瀬)や

一条輝みたいにそこそこ優秀なFW(大島)などはいたけど

さすがにマクシミリアン・ジーナスみたいな天才はいないみたいだね。

柿崎みたいに外しまくるFW(坂田など)はいるみたいだけどww。

もっともロイ・フォッカーの邪魔をしそうなタイプの選手はいるんだが

どうにも中途半端な印象が強いですな。

ちなみに中澤は主砲ですw

                                                           

他のJクラブでこういうネタできるとこないかなァ。

『超時空蹴球団 サガントス』

『超蹴球マシーン ヴォルティスV徳島』

こんぐらいしか思いつかん・・・・

| | Comments (10) | TrackBack (0)

July 14, 2008

こんなんで勝てるのか?

北京五輪サッカー日本代表のメンバーが発表されました。

                                                          

GK:
山本海人(清水)
西川周作(大分)

DF:
水本裕貴(京都)
長友佑都(FC東京)
森重真人(大分)
安田理大(G大阪)
内田篤人(鹿島)
吉田麻也(名古屋)

MF:
本田拓也(清水)
谷口博之(川崎)
梶山陽平(FC東京)
細貝萌(浦和)
本田圭佑(VVV/オランダ)
香川真司(C大阪)

FW:
豊田陽平(山形)
李忠成(柏)
岡崎慎司(清水)
森本貴幸(カターニア/イタリア)

                       

土壇場での前俊の逆転選考とかあったら

少しは反町を見直す気にもなったんだが

率直に言ってどんなサッカーがやりたいのか見えません。

サイド攻撃しようにもSB以外はドリブラーいないし

運動量と連動性を生かそうにも

走りこめそうな選手って谷口と細貝、岡崎くらいでしょ?

オシムの指導も受けてたにも関わらず

連動性という点において害悪になりそうなMFが約2名。

ったく少し有名でちっとばっかし上手いやつ並べたって

全くチームに役に立っていないってことを

これまでの試合で学ばなかったようだな。

それからCBとしてこれまで貢献してきた青山直を外すのはどういうことだ?

両SBが攻撃バカになりそうなのにCBが非力に見えるのは俺だけか?

もっともどこかのJ2クラブはストッパーにまで攻撃参加を強要する

アホ采配をやらかしているんだがw

まあJ2降格の危機に晒されている清水サポはホッとしとるだろうな。

っていうか清水から本田拓と岡崎が選ばれているから

もしかしたらバランスを取ったのかもしれん>それは無い!

つうか日本代表に選ばれたから呼んだっていう感じの選考に見えるんだが

こんなんで勝てるのか?

つうかチームとして成り立つのか?

特に中盤はどうするつもりなんだ?

俺が監督なら細貝と谷口でダブルボランチ組ませるけど

たぶん梶山と本田拓がファーストチョイスだろうな。

だがこんなんでいいのか?

梶山?キープ力とミドルシュート以外役に立たんだろ?

本田圭?FKとビッグマウスだけの選手だってA代表で立証されたじゃん。

香川?五輪代表で実績0じゃん。今まで呼んだ選手とたいして変わらん。

本田拓?潰す能力は認めるが展開力0じゃん。

水野の落選は納得いくが青山敏と梅崎が呼ばれなかったことが

どうにも理解しがたい。

ま、広島的にはJ1昇格争いの真っ只中で

主力選手を引っこ抜かれなくて良かった。

つうか反町のせいでJ2に降格したと思っている

広島サポもたくさんいるだろう。

そういう連中にとっては

反町○ね!

だろうがな。

| | Comments (7) | TrackBack (8)

July 12, 2008

山本モナといえば・・・

完全に二岡食っちゃったなw

一方的にモナに悪者扱いされてる二岡がいささか可哀想になってくる。

それもこれも広島カープを裏切った罰だろう(まだ言うか!)

ところで巷を騒がせているモナさんですが

ついにこの方が動き出したようです

いやまあ確かにネタ系プロレス団体ですし、インリンの抜けた穴を埋めるには

ある意味最適な人材なのかもしれないが

問題は彼女がそこまでバカできるかどうか・・・ですね

| | Comments (1) | TrackBack (1)

July 09, 2008

誰のためのプロサッカーか?

こういうニュースが持ち上がっていますが

当ブログをご覧いただいている方はどう思われますか?

私自身はこの意見については大反対です。

日本サッカーのレベルアップだけでなく

地域に密着した総合的スポーツクラブというのが

Jの理念でしょう?

なにゆえ自前で育てた選手の出場枠を減らすようなことを

日本サッカー界のトップ連中はしでかすのでしょう?

Jのクラブの中でユースから上がってきた選手が

多数を占めているチームは多いとは言い難いです。

自分のチームのアイデンティティを確立した所ってどれだけありますか?

っていうか日本サッカーのスタイルって何よ?

アジアサッカー界のレベルアップという大義名分のもとに

日本サッカーが犠牲になる理由を誰か教えてください。

何でこういうおバカな決断だけは早くやろうとするんでしょうね?

バ会長の退任とか、協会組織の透明化とかやらなきゃならんことは

いっぱいあるだろうに・・・

| | Comments (4) | TrackBack (0)

July 08, 2008

今年もあの人が・・・

今年の8月に上越市で行なわれる謙信公祭りですが

昨年に引き続きアノ人が謙信を演じるそうです

見かけによらず義理堅いことを昨年実証してくれた彼の謙信が

今年も上越市民および観光客を魅了することでしょう。

時間があれば俺も見に行きたいんだけどなァ

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 06, 2008

おのれ熊本(笑)

前日800キロ以上におよぶドライブでヘトヘトなのに

またビッグアーチに行ってきましたよ。

今日の相手熊本にはなんとかフルボッコして欲しかった。

つうのは個人的に熊本絡みでいや~な記憶が現在進行形で続いており

せめてサッカーでそんな思いを払拭したかったんだけど・・・

                                                           

試合前に一緒に観戦した仲間に対して

「木島が危険。特に森崎現場監督と一対一なんてシーンを作られたら・・・」

って半分ジョークのつもりで言ったんだけど

まさか現実に起こるとは・・・(滝汗)

ストヤンの穴を現場監督が務めたんですが

まずリベロ森崎っていうのがいい記憶が無いんだよね。

小野時代に浦和相手にいきなりやって田中達也にチンチンにされたり

おととしの天皇杯でガンバに延長戦で切り崩されてしまったり、とか。

で、今日の試合では前半からいい具合にパスも回っていて

ストヤンの代わりのQBを青山や一誠が務めてて

サイドから何度かチャンスも作れてて

さあこれからガンガン点が取れるかな、っていうときに・・・

吉幾三風に言うと

「グール・グル!グール・グル!森崎自陣でグール・グル!」

ってな感じでパスコースを探してたらボールを奪われ

木島にゴールを許してしまいます。

まあその後寿人のキレキレなプレーのおかげで帳消しになるんだけどね。

それとストヤンがいない割にショットガン戦法が成功し

チャンスは何度か作ったんだけどねぇ。

ハンジェの意味不明なクロス(笑)とか

この日ツキが無さすぎた2シャドー(浩司&高萩)の決定力と

相手GKのナイスセーブ連発のおかげで1-1。

後半はさすがにスペースを消してきて

ショットガンが不発気味だったけれども(にも関わらず両サイドが上がり気味)

時々凡ミスもあったがシュート以外のプレーは高水準だった高萩や

ゴール前で抜群の切れを見せていた寿人を中心に押し込む。

PKで勝ち越した後に

相手を攻めさせて逆カウンターをしかけるという

矢吹ジョー顔負けのカウンターで高萩が決められなかったのが惜しかった。

「ベルカンプならループだよな」

とか

「クライフならGKも抜いてたよね」

とか思ったんだが、これがペ監督の言う『天賦の才能』なんだろうか?

っていうか比較対象が根本的に間違ってる?(笑)

で、ショットガンの弊害である両サイドのスペースにパスを通され

結城が釣り出されたところをやられてしまいました。

今の広島の戦術は両アウトサイドがメチャクチャ高いだけでなく

両ストッパーの攻撃参加まで織り込み済みなだけに

相当リスキーなわけですよ。

3人のDF、特に槙野の負担が大きすぎる。

ほとんどウィングばりに上がりまくるけれども

一対一に非力な両アウトサイドのフォローに加えて

背番号5の前任者ばりの攻撃力まで要求されてるんですから。

それでいてペ監督はこのやり方に修正を施す意志がほとんど無い。

ま、盛田を交代で起用したのは修正の意志だったのかもしれんけどね。

この試合の収穫は寿人が点を取ったことと盛田の復帰くらいかなァ。

右サイドのマルセロ化している人とか

後半空気と化した一誠とか腹が立つこと多過ぎですよ。

特に一誠君

君は佐山聡に精神面を鍛えてもらったほうがいいんじゃね?

ま、山形もC大阪も仙台もこけたからいいけどw

うーん・・・でも・・・やっぱり・・・・

悔しいのう

| | Comments (3) | TrackBack (1)

July 04, 2008

本来は喜ぶべきなんだろうが

来年の大河へ向けて色々と直江関連グッズを発売しているようですが

なんかそういう記事を見ると妙に冷めてしまうというか

ムカつくというか、腹立たしいというか・・・・

なんでなんでしょうね?

いや、彼が世間に認知されることについては

喜ばしいことではあると思っていないわけじゃないのですが・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

もはや過去の話か・・・

シャンパンサッカーの復活は当分先となりそうです

責任をとる立場の人間がそのまま居残るっていうのは

どこかで見た光景ですね

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2008 | Main | August 2008 »