« 千葉が本気になった? | Main | 偉大なるマエストロの引退 »

May 14, 2008

ちょっとマジメな話

mixi日記や某SNSで連日のように仕事面での愚痴日記を

つらつら書いているのだが

実際問題として今ニンニクの市況がどういう状態なのかを

紹介できる範囲で書いてみようと思う。

まず生産地に近い南部町の町営市場の相場表

一番新しい情報(5月13日)で高値がキロ単価で4000円を越えている

サイズ等が不明なので断定はできないのだが

仮にこの値段でニンニクを仕入れると量販店がまともに販売しようとすると

原価の時点で270円(Lサイズで計算)。

さらに包装・ロス・店の粗利益・消費税などを換算すると

一個400円でなんとか販売できるかどうか、ってところ。

一個400円って・・・売れるか!こげな高値で!(怒)

ちなみに中値はやや格落ち品、安値はいわゆるC品でして

例年でしたら品薄の時期でもこの半分の値段でないとおかしい。

特にC品は業務用で使われるものなのですが

この値段でレストランなどが仕入れて採算取れるの?って思う。

次になんと言っても日本で一番の東京市場の中で

一番大きい青果関連会社である東京青果さんの市況なんだが・・・

あれ?青森産ニンニクが無い!

そうなんですあまりの品薄のため上記の南部市場を越える高値をつけたらしく

他の産地にシフトチェンジした模様。

ただ香川のニンニクは青森のものとは品種が違う上に

おそらく半生に近い状態なので日持ちという点で不安があるわけです。

そして何よりも価格が高い(ただし実際はもう少し安い可能性が高い)。

もう少し時間があればより水分の抜けた商品が出回った可能性もある。

が、香川県は青森県ほど生産量は多くないため(青森の三割以下か?)

時間が経てば経つほどニンニクの奪い合いになって

さらなる価格高騰を招く危険性もある。

うーん・・・・・・・・・・・・

ちなみに大阪市場では徳島県で作っているニンニクが出ているらしいが

ここは香川以上に生産量が少ないので5月下旬から6月初めを過ぎたくらいに

相場がどうなっているのか注意しないといかん状況かと。

                                                             

結局1月下旬の中国産ギョーザ事件の影響で消費者の

国産農産物の需要の高さについていけていない農産物が

ここにも存在するわけですな。

ちなみにニンニクは年一回の収穫なので

売れてるからもっとよこせ!ってお店から言われても

すぐには対応できないんですわ。

しかも産地も今の時点では限られているし。

その辺を理解してない、あるいは理解していても無茶を言う

バイヤーや消費者がいるので

今私自身は胃の痛い日々を送っているわけです。

もうちょっと待てば九州産で多少水分の抜けた商品が手配できるんだけどねぇ

|

« 千葉が本気になった? | Main | 偉大なるマエストロの引退 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96812/41203992

Listed below are links to weblogs that reference ちょっとマジメな話:

« 千葉が本気になった? | Main | 偉大なるマエストロの引退 »