« April 2008 | Main | June 2008 »

May 29, 2008

ところで・・・

川淵三郎氏はいつ辞めるおつもりなんでしょうねぇ。

噂では院政を狙っているらしいですし・・

老害が蔓延しておりますなァ>日本サカー協会

この前のビール杯の不入りの原因だとは思わんが

よっぽどサッカー協会ってオイシイところなんだろうねぇ

| | Comments (3) | TrackBack (0)

May 27, 2008

キリンカップを見て・・・

パラグアイと引き分けですか。

まああんなもんでしょう。

所詮テストマッチです。

2月下旬のバーレーン戦の頃より多少内容が良くなってきたということと

何人か新しいメンバーをテストできたという具合に

前向きに考えていきましょう。

僕はオシムさんを世間ほど評価していない反面

岡ちゃんをネット上ほど低くは見ておりません。

オシム氏のサッカーはそれなりに評価できるものの

メンバーが硬直気味であった点は前任者とそれほど変わりがなく

また層の薄いポジション(例:CB)をあれこれ嘆きながらも

結局なんら手を打ってこなかった点に失望しているからです。

彼の思想・哲学・仕事ぶり、そしてコーチ能力は認めますが

公平な目線で選手を選考する、という部分で物足りなかった。

川口をずっとスタメンで使い続けたり、

自分の子飼ということで千葉および千葉出身者を優遇してきたことに

いささか憤りを感じていたわけです。

まあ彼の弟子にJ2へ落とされた恨みもありますけど(^^;

一方岡ちゃんですが戦術的な部分では評価に値しませんが

こと選手選考に関しては割合に公平な目線(+将来性)で

選んでいるのが読み取れるので

それほど不満をおぼえないんですな。

それに岡ちゃんは決断の人ですよ。

いくつもの選択肢を用意してくれる人が補佐役にいれば

問題は無いんじゃないですかね。

その点では戦術的な部分では大木さんという

ある意味オシムの後継者と言えなくも無い人がいるんで

大丈夫だと思いますけどね。

今日の試合見た限りでは松井の使い方が難しいかな、と。

遠藤をサイドに置くのも微妙でしたけど

代わりに出た松井が良かったかというと

無駄に持ちすぎてリズムを悪くするようなプレーが多々あり

後半の攻撃面で停滞させた一因であったように思います。

山瀬をサイドにして大久保か玉田を入れての2トップのほうが

まだ良かったんじゃないかと思うんですが・・・・

収穫は長友が使えることと(時々守備面で視野狭窄になる点は気になるが)

初代表の寺田がまずまず良かったこと。

それと4バックも問題なくこなせたことも重要でしょう。

攻撃面でしっかりポストをこなせるFWが

現時点ではいないだけに(前田の欠場は痛い)

大久保&玉田の2トップで機動力勝負という形のほうが

いいんじゃないかと思います。

さあ次はガチで勝負だぞ岡ちゃん!

| | Comments (4) | TrackBack (7)

May 26, 2008

理論と現実と・・・

ウチの社長は俗に言う健康ヲタクでして

日々健康に関する本を読んで勉強しています。

で、そこで学んだ理論に基づいた健康食品を愛用している。

確かに健康に良いものではあると思うのだが

必ずしも理論どおりに現実は推移しないということが

この業界でも結構あるようだ。

人それぞれ健康状態とか異なるわけだし

至極当然のことだと思う。

それを理解してこういった商品を案内して欲しいということを

かなりキツイい言い方で具申してみた。

完璧な商品なんてありえないんだよなァ・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 23, 2008

若干修正しました

リンクとかゴチャゴチャした状態になっていたので

若干修正しました。

これから増やすかもしれませんが・・・・

| | Comments (5) | TrackBack (0)

May 22, 2008

昨日の広島

現地広島ビッグアーチへ頭痛をおして観戦に行きました。

私が観戦した試合の中では一番内容が良かったように思います。

唯一のゴールをあげたのは平繁だけども

彼は点を決めたこと以外は評価に値しません。

ドリブルで仕掛けるにしてもキープするにしても

判断が悪すぎるのとワンタッチプレーが雑。

それと若いんだからもっとガムシャラに走り回ってほしい。

そういうイキの良さをアピールしなきゃ来年はチームに残れないよ。

むしろムチャなまでに攻撃参加をしまくりながらも

守備もおろそかにしなかった森脇や槙野こそMONでしょう。

彼らのイキのいいプレーはチームに活力を与えてくれます。

もちろん森崎新現場監督のフォローあってこそなんだけどね(笑)

監督!去年から散々バカにしてすいませんでした!

あなたがいなければ後ろの二人(ストヤンも入れれば三人?)の

攻撃参加は全く意味の無いものとなるところでした。

これからも我々にネタにされないようしっかり番を頼みます!

ちなみに影の功労者は高萩。

ツインズボランチにシフトチェンジしたときに

仙台戦の恐怖が頭をよぎったのですが

あの試合と違うのは前に後ろに良質な動き出しのできる

高萩の存在でした。

得点に絡むロングパスも素晴しかったが

それ以上に前半は攻撃面で、終盤は守備面で質の高い走りを見せ

後ろ(3DFプラス現場監督)の負担を減らす働きを見せた点を

トラマとしては評価したいのであります。

最後に右サイドの人は・・・・

ほんまクロスだけだねぇ(ため息)

| | Comments (2) | TrackBack (3)

May 19, 2008

上条政繁の扱い

戦国上杉家に興味があってトラマのブログの戦国関連記事を

何度か目を通している方だけお読みください。

                                                             

密かに書き進めようとしている文物で扱いに厄介な武将が何人かいる。

その中の筆頭が上条政繁。

彼をどう生かそうか、否、どこでお亡くなりになっていただくか(笑)

を思案しているのである。

上杉景勝と正室お菊の方との間には

ついに世継ぎが生まれなかった(後継者である定勝は側室の子)

つうわけで一族から養子を取らないといけない立場なのであるが

数少ない血縁者が一門衆である上条政繁の息子たち。

政繁が景勝の姉と結婚したのか、妹と結婚したのか

いささか不明な点があるのだが

年齢的に考えて景勝の姉ではないかと私は推測しているので

姉婿ということにする。

で、三人の息子も景勝の姉との間の子供ということにする。

問題なのは上条政繁が歴史上では上杉家を出奔していることなのだ

上条の出奔の理由は諸説あって、どれもうなずけるものばかりなのだが

そうなると三人の子供の扱いはどうなる?って感じなんですわ。

で、トラマが考えたのは

上条政繁さんにどこかで戦死していただく

ってことなんですけど。。。

いやそのほうが景勝側にとってはメリットが大きいと思うんですよ。

謙信が景勝を引き取った史実を思い浮かべていただければ

トラマが何を言いたいのかわかると思います。

政繁が戦死したとすると後に残された姉と子供たちは当然景勝が引き取ります。

そうなると彼らはいずれ景勝の養子となるわけでして

まず後継者ができる(しかもスペアが二人)。

それから一門衆の再編ができる(政繁と景勝は円滑な関係とは言い難かった)。

まあ毛利三兄弟みたいに優秀であればなおいいのですが

そういう話は聞いたことがないので(笑)

ただ上記の謙信が景勝を引き取ったときとは異なり

政繁の死が息子たちに疑念を抱かせるようなものではあってはならない

ここがミソだと思うんです。

当初は政繁が北信濃の郡代をやっているときに

真田の調略にひっかかった国衆に殺されるって展開を考えてたんですが

その後のストーリー展開上で真田はキーパーソンになるので

いらぬ疑いを真田(と景勝&兼続)に抱かせるのはマズイって思って

じゃあどのシチュエーションがいいのか考えたんですが・・・

景勝が新発田重家に破れる法正橋の合戦で

景勝を逃がすために犠牲になって・・・・

って展開のほうがいいのかなァ。。。

佐々成政や徳川家康との戦いで戦死っていうのは

あまりイメージが沸いてこないんでねぇ。

うーん・・・・・

| | Comments (17) | TrackBack (0)

ハイライトばっかだけど

便利な世の中になったものですね。

有名なブログらしいのですが

ハイライト動画を集めたサイトがあったなんて知りませんでした。

ちょくちょく利用させてもらおっと♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 15, 2008

偉大なるマエストロの引退

ポルトガルの偉大なゲームメーカールイ・コスタが引退した

彼のプレーをはじめて見たのはヴィオラのユニフォームをまとって

バティストゥータへラストパスを送りまくっていた頃だ。

その後ユーロ1996でフィーゴやジョアン・ピントとともに

非常にテクニカルなサッカーを見せてくれていた。

ただセンターフォワードに恵まれず

1998年のワールドカップに出場できなかったのだが・・・

個人的にルイ・コスタのプレーで印象に残るのは

2000年のユーロの初戦(イングランド戦)。

あの試合では両チームの7番(フィーゴとベッカム)の対決に

注目が集まっていたし、事実彼らは活躍したのだが

ルイ・コスタの冴えまくったゲームメークも忘れられない。

フィーゴ以上にイングランドの選手を中盤で翻弄しまくっていた。

たぶんあの頃が彼の全盛期だったように思う。

2002年で彼を間近に見るチャンスはあったのだが

某国のインチキと当時の代表監督のチキン采配のせいで・・・(涙)

彼が不運な点があるとすれば

クラブレベルではミラン以外ででは大きな成功を手に出来なかったこと。

代表レベルでいえばジダンと同世代であったということと

良いCFWになかなかめぐり合わせなかったことか。

しかし私も決してあの針の穴に糸を通すようなパスは忘れないだろう。

稀代のゲームメーカーの今後の幸福を願ってやまない。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

May 14, 2008

ちょっとマジメな話

mixi日記や某SNSで連日のように仕事面での愚痴日記を

つらつら書いているのだが

実際問題として今ニンニクの市況がどういう状態なのかを

紹介できる範囲で書いてみようと思う。

まず生産地に近い南部町の町営市場の相場表

一番新しい情報(5月13日)で高値がキロ単価で4000円を越えている

サイズ等が不明なので断定はできないのだが

仮にこの値段でニンニクを仕入れると量販店がまともに販売しようとすると

原価の時点で270円(Lサイズで計算)。

さらに包装・ロス・店の粗利益・消費税などを換算すると

一個400円でなんとか販売できるかどうか、ってところ。

一個400円って・・・売れるか!こげな高値で!(怒)

ちなみに中値はやや格落ち品、安値はいわゆるC品でして

例年でしたら品薄の時期でもこの半分の値段でないとおかしい。

特にC品は業務用で使われるものなのですが

この値段でレストランなどが仕入れて採算取れるの?って思う。

次になんと言っても日本で一番の東京市場の中で

一番大きい青果関連会社である東京青果さんの市況なんだが・・・

あれ?青森産ニンニクが無い!

そうなんですあまりの品薄のため上記の南部市場を越える高値をつけたらしく

他の産地にシフトチェンジした模様。

ただ香川のニンニクは青森のものとは品種が違う上に

おそらく半生に近い状態なので日持ちという点で不安があるわけです。

そして何よりも価格が高い(ただし実際はもう少し安い可能性が高い)。

もう少し時間があればより水分の抜けた商品が出回った可能性もある。

が、香川県は青森県ほど生産量は多くないため(青森の三割以下か?)

時間が経てば経つほどニンニクの奪い合いになって

さらなる価格高騰を招く危険性もある。

うーん・・・・・・・・・・・・

ちなみに大阪市場では徳島県で作っているニンニクが出ているらしいが

ここは香川以上に生産量が少ないので5月下旬から6月初めを過ぎたくらいに

相場がどうなっているのか注意しないといかん状況かと。

                                                             

結局1月下旬の中国産ギョーザ事件の影響で消費者の

国産農産物の需要の高さについていけていない農産物が

ここにも存在するわけですな。

ちなみにニンニクは年一回の収穫なので

売れてるからもっとよこせ!ってお店から言われても

すぐには対応できないんですわ。

しかも産地も今の時点では限られているし。

その辺を理解してない、あるいは理解していても無茶を言う

バイヤーや消費者がいるので

今私自身は胃の痛い日々を送っているわけです。

もうちょっと待てば九州産で多少水分の抜けた商品が手配できるんだけどねぇ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 13, 2008

千葉が本気になった?

この夏にオーウェンの獲得を狙っているそうです。

そりゃまあ日本でオーウェン見れるんなら集客の面でも大きいだろうし

実戦力でも役立つだろうが・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 12, 2008

マンUがリーグ戦を制したが・・・

昨日山陰方面に行っておりまして

帰宅したら前半終わってました。

ルーニーへのあのタックルでPKっていうのも微妙だし

ファーディナントの疑惑のハンドもあって

レフェリー!お前いくら懐に入れたんだよ!

などとウィガンのサポーターも怒ったことでしょう(笑)

で、後半は途中まで目をあけて見てましたが・・・

疲労困憊したためラスト5分は見ておりません。

ギグスの2点目が生まれるまではあきらかにウィガンのペースで

おまけにチェルシーがリードしている、って情報が入ると

マンUサポーターの眉間に皺が寄る始末。

まあチェルシーはボルトンに追いつかれちゃうわけなんで

勝ち点の上でもマンUが勝ったということなんだけどね。

今期のマンUはベッカムらが在籍していたころの

サイドからクロスを入れてFWが飛び込む、というスタイルから脱却し

前4人が入れ替わり立ち代わりながら攻撃していくというスタイルへと

変貌したように見えました。

だからこそロナウドが光ったんでしょうけどね。

ちなみに僕はロナウドのあのシザースは大嫌いです(笑)

だって無駄というか自己満足プレーにしか見えないんだもん。

逆にスコールズのようなタイプが一番好きですね。

高い技術を持ちながらチームプレーにいかに還元できるか

って姿勢が彼から垣間見れるので。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

May 10, 2008

寒い

北海道は雪が降ったとこもあるみたいね。

今も外は冷たい雨が降っております。

明日は中国山地を越えて行くのに・・・(泣)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

三沢さん風に本業の現状について語る

はっきり言って原料が無いんだよね。

今さら国産!国産!って言うなって感じだよね。

食料自給率4割以下の中で全部やれっていうのって無茶だよね、うん。

そういう無理を言うから悪いことするヤツが出てくるっていう現状を

わかってるのかわかっていないのか、って言ったら

たぶんわかってると思うんだよな。

まあ俺的には新物が出るまでもう少し待てよ、と。

                                                             

以上、定番・定番ってやかましい量販店に対する愚痴でした

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 06, 2008

怠慢と油断

久々にビッグアーチへ行きました。

で、負けました、以上!

                                                          

                                                          

で、終わっちゃだめですね。

この試合を見て感じたのは

監督の怠慢と選手の油断

っていうことでしょうか。

後者に関してはストヤノフの異常なまでの攻撃参加。

そりゃ森崎カズユキ氏が復帰して彼がうまくフォローしてくれてるのが

あるってこともあるんだろうけど

バランス崩してまで攻撃参加する意味ってあるのか、と。

まあ前線に投入された選手がことごとくハズレだったという事情があるにせよ

最低限のリスク管理は彼ぐらいの選手なら考えて欲しい。

これは槙野や森脇についても同じ事が言える。

そういう点では今日の森崎カズユキ氏のプレーはバランサーという意味では

評価に値すると思う(ゲームメーカーとしては微妙だが・・・)

が、そういう選手たちの攻め急ぎすぎる姿勢よりもムカついたのが

相も変わらぬMPV氏の怠慢 である。

森崎コウジ氏の体調が悪いのなら

スタートからユキッチという選択肢は無かったのか?

なぜ攻撃面でポイントとなっていた高萩を真っ先に代えた?

なぜあんなに走れない柏木を投入した?

なぜフィルターにもなれないツインズボランチなどというアホな真似をした?

ストヤンの無茶な攻撃参加を少しは止めようとしないのか?

あんなのやってたら失点するに決まってるだろうが(怒)

そして何よりも

なぜ久保を使わない!(激怒)

あそこでこそ久保を投入すべきだろ?

くだらない序列に惑わされているのか、オキニしか興味がないのか知らんが

ハンジェと服部を残すんなら何故久保の高さを使わないのだ?

このオッサンは思考がマヒしとるんとちゃうか?

しかも腹立たしいのは出てきた連中がことごとく走らねぇ(怒)

柏木にしても平繁にしても何なんだあのプレーは!

柏木よ、コンディション上がらねえんなら試合に出るな!

今のお前よりも高萩のほうが数倍役に立つわ!

平繁よ!おまえのチンタラ走る姿見て俺は激怒したぞ!

ゴリさんに鍛えなおしてもらったほうがいいんじゃないのか!

で、そんな連中を何の考えもなしに使うバ監督

マジでなんとかなんないですかねぇ。

千葉さん、戸田さんではなくウチの監督引き取ってくれませんか?

| | Comments (2) | TrackBack (1)

May 03, 2008

相棒三昧

ちと夜更かししてヘトヘトです(笑)

おかげで今日はサッカーを見に行けませんでした。

結果だけは知ってますけど戦力差を考えたら妥当なものでしょう。

山形も豊田を筆頭にレギュラーが何人か欠けていたみたいですしねぇ。

まあそんな話はさておき

午前中はソレイユへオカンと共に映画版相棒を鑑賞に行きました。

早い時間帯に行かないと渋滞など難儀しそうだったので

朝一番の上映に間に合わせるために家を出たのですが

みんな考えること一緒みたいで

お客さん、とりわけ30歳以上の大人が多かったですわ。

TVドラマ化されてからはほぼ欠かさず見ている刑事ドラマだったので

映画化されたのは喜ばしいことではあるのですが

年始のテレビスペシャルが映画級に凄いドラマを見せてくれてただけに

(おととしの『バベルの塔』はスケール・ストーリー共に映画級だった)

どれだけのものができるのか楽しみでもあり不安でもあったのです。

で、結論ですが“相棒らしさ”満載の面白い映画でした。

推理有り、アクション有り、社会問題への提議有り・・・ect

ネタバレになるので詳しくは書きませんが

ネタ元はイラク問題であったようですね。

この辺の話はまた時間が経過してから書こうと思います。

面白かった映画ではあるのですがただ一つだけ不満が・・・

それは

テレビ朝日(と東映)が制作だということ(爆)

いやどうもあの局が作る番組って勘ぐっちゃうんですよ

これもまさか中共の洗脳政策の一環じゃねぇのか、と。

もっとも他の局で制作したからって疑いが晴れるわけでもないんですが(^^;

                                                           

そうそう、夜また相棒のプレシーズンの編集バージョンを放映してましたが

袴田さん演じるウィルス研究者が次期シリーズのラスボスですかねぇ。

なんかそういう空気を醸し出してましたし

脱獄してあの二人に挑戦状でも叩きつけるんでしょうかねぇ。

ま、視聴者にそういう風に思わせておいて

意表をつく展開を見せるのが相棒というドラマでもあるのですが

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2008 | Main | June 2008 »