« 出超疲れ | Main | 甲府のゲーフラ »

April 20, 2008

三本の矢vs風林火山 2008

たとえ内容が良くてもホームで勝ち点を取れないようでは

20080420161629_2

 

  監督の顔をこんな風にいじりたくなるものです。

                                                            

                                                            

                                                             

                                                             

ある場所で力説したことがあったんですが

J1昇格の最大のライバルになりそうなのは甲府だと思っています。

それが今日の試合で確信に変わりました。

このチームは第一次大木政権以降チームとしてのスタイルを

全く変えておりません。

大木 → 松永 → 大木 → 安間  

と、監督は代わってきておりますが

やろうとしているサッカーは一貫しております。

プレッシング&ショートパスサッカーをJ1だろうがJ2だろうが

そして選手が入れ替わろうが関係なく貫きとおしてます。

監督・コーチの方針もあるでしょうが

それをバックアップする海野社長以下のフロントの姿勢に感服いたします。

なにかあればコロコロ変わるどこかのチームのフロントとは大違いですね。

JリーグというのはJ1にしてもJ2にしても実はそれほど戦力差が無いリーグです。

もちろん日本代表、あるいは世代別代表に選ばれるような選手は

能力は高いけれども

欧米・アフリカ人選手などと比べて絶望的に能力差があるわけではない。

戦術面で鍛えれば跳ね返せる程度の差でしかないわけです。

だから今期J1で首位に立っている名古屋などは

「誰がプレーするかではなく、いかにプレーするかだ」(byストイコビッチ)

ということをチーム全体で徹底してやっているから強い。

そしてこのことをJ2でもっとも徹底してやっているのが甲府。

確かに前節まで勝ちきれていないゲームが多かったけど

ちょっとしたきっかけさえあればすぐに勝ちがついてくる。

なにせ今日の試合ではチームの柱である藤田健がいなかったのに

敵地でものの見事に勝利を得たわけですからね。

今日の試合内容ならば甲府は早い段階で首位戦線に浮上してくる。

                                                             

逆にそういった組織力を徹底していないように見えるのが広島

というかペトロヴィッチ氏のサッカー。

「誰がプレーするか」ということを重視しているとしか思えん。

それはそれで仕方のないことなのかもしれないが

スタメンだから、という理由で調子の出ない選手を使うの止めてくれないか?

青山やハンジェよりも一誠のほうが状態良くないか?

ライバルだと認識してるんだったら何故久保をベンチに入れない?

平繁には申し訳ないが、交代要員としてなら久保のほうが遥かに怖い。

運動量の落ちた柏木を残して

前線にポイントを作る働きをしてた高萩をなぜ下げる?

そんなに左利きが好きなのか?>MPV

それと盛田の穴はダバツじゃ埋まらんのか?

森脇には申し訳ないがやっぱり槙野じゃないと厳しいシーンがいくつも・・。

それだけに彼が左DFでプレーする姿がもどかしくて仕方がなかった。

まあハンジェの1対1の弱さとポジショニングの悪さにも怒りが沸いたが(苦笑)

後半ハンジェを下げて4バック(というより2バックか?)にして

森脇が右サイドバックになってからのほうがサイド攻撃に迫力があった。

彼はやっぱりサイドバックであり駒野の正統な後継者だろう。

もちろん駒野ほどのクロス・突破力は現時点では無いが

終盤見せたあの強引な突破はハンジェには無いものだ。

綺麗にパスをつなぐプレーよりも

ああいう強引さが広島に欠けてたものじゃないのか?

当ブログで何かと批判の対象とされていた森崎浩司だが

今日も悪くは無かった。

相方の青山が酷かったから良いように見えただけかもしれないが

バックパス癖はかなり減っていた上、守備でも体を張っていた。

何よりも自分で仕掛けるプレーを意識しているように見えた。

これを継続してやっていけば大丈夫だろう。

森脇・槙野の闘志あふれるプレーとともに数少ない収穫と言えるかもしれない。

                                                            

それにしてもやっかいなチームに勝利を献上したものだ。

昇格争いのライバル甲府に勢いを与えてしまいかねない。

相性が悪いというよりも監督が相手を研究しなさ過ぎるのが

甲府に対して勝てない原因だろう。

セットプレーでの失点はともかくピンチの形は去年と全く一緒。

左サイドから放り込まれて右のDFとFWを競らせるパターン。

うーん・・・学習機能ってのが無いんですかねぇ(悩)

今期はとにかく結果が求められるシーズンなだけに

こんなことではますます先が思いやられるんですが・・・・

|

« 出超疲れ | Main | 甲府のゲーフラ »

Comments

甲府は新興チームながら「伝統」といえるものを作ろうとしてますね。これが根付くと揺るぎない強さに変わるでしょう、きっと。やることは決まってますし交代選手の役割も明確ですから。監督が変わろうが主力が移籍しようが藤田が不在であろうが、甲府は甲府。同じ降格チームでもこんなに違うものか・・・。烏合の衆もほどほどにして欲しい・・・とだけ。

ペトロビッチの穴についてはもういいです・・・。
放送では某大学サッカー部の監督が酷評されてましたけど。
ボクハソレニ、タダタダ、ウナヅクダケデ・・・。OTL

Posted by: じゅて(guest) | April 21, 2008 at 11:08 AM

>じゅてどん

甲府はフロントも監督もブレがないよね。
やっぱり球団消滅しかけた、という厳しい経験と
地域に密着し愛されるチームにするには
何が必要なのかってことをフロントが理解している。
やっているサッカーも含めてJで実は一番好きな球団だったりするわけです。
それだけに一緒にJ2落ちちゃったのは残念だったんだけど
まあ今年も甲府のサッカーを拝めると思うと
悪くはないのかな、と(笑)

翻って地元蹴球団は・・・まあ今年は色々と頑張っているみたいだから悪くは言うまい。
でも監督はガチでヘボw

Posted by: トラマ | April 22, 2008 at 07:31 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96812/40941417

Listed below are links to weblogs that reference 三本の矢vs風林火山 2008:

» 初黒星 [Foot Days]
何となく今節あたりにやってくるのでは・・・と薄々察していましたが、やはり苦手意識のある甲府相手に喫する事となりました。広島の初黒星です。ということで、今日行われた広島vs甲府は服部の開始早々の先制点を全く活かすことなく、すぐに追いつかれ、知らない内に逆転....... [Read More]

Tracked on April 20, 2008 at 10:30 PM

« 出超疲れ | Main | 甲府のゲーフラ »