« 左利きの有無 | Main | 吉川元春館跡 »

March 01, 2008

ゼロックス杯の感想

鹿島とのゼロックス杯はPK戦で広島が勝ちました。
0-2となったときはいつものパターンかと思いましたが
流れが変わったのは久保の投入とあのPK。
あれで一気に流れが広島に来たと思ったんですが
槙野や森崎弟の自陣でのバックパスプレーに
こいつら勝つ気あるのか?
などと画面に罵声を浴びせてたら寿人のゴール。
わからないものですね。
仕事もあったので試合全部を見てませんが
気のついたところをいくつか。
ちなみに前半の20分過ぎまでと失点シーンは見てませんので
ちょっとツッコミが入るかもしれないけどw

・守備での寄せの甘さはまだ改善されていない(特に後半)

・守備に追われてるから仕方ない面もあるが攻守の切り替えが遅い

・7番をボランチに下げるのはやっぱりおかしい。
彼が生きるポジションはトップ下くらい(イラネ)

・久保とユキッチは十分使える。
ただシーズン通してあのパフォーマンスを維持できるかが課題。

・森脇は愛媛で成長していた。
右DFとしては微妙だが右SBとしてなら十分な戦力。

・ハンジェの退場には大いに失望させられた(開幕戦出場停止)

・槙野はフィードに自信が無いのかどうか知らんが
リードを許している状態でGKへバックパスするなど消極的。
しっかりやらんかい!

・昨季批判の対象でもあった服部が復活。
今期は左サイドからの攻撃が中心か?

と、まあこんなところでしょうか。
広島的には久保の復活は大きいけれども
攻撃も守備も個人能力頼みに今期もなりそうな感じで
抑えられたときにどう打開するのか?
ストヤンがリタイヤした場合守備はどうなんのか?
この辺りがやっぱり不安です。
甲府あたりとの比較すると組織力でやっぱり不安であり不満。
まあシーズンはじまってから少しずつチームにしていくのであれば
そこまで心配しなくてもいいのでしょうけど・・・

|

« 左利きの有無 | Main | 吉川元春館跡 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96812/40325495

Listed below are links to weblogs that reference ゼロックス杯の感想:

» メインキャスト@スーペルコパ・ゼロックス [Foot Days]
今日行われた、ゼロックススーパーカップはJ2降格の広島がJ1覇者にして、天皇杯覇者の鹿島を2−2からのPK戦の末破るというアップセットを演じました。広島はこれで久々(94年の1stステージ)以来のタイトルらしいタイトルを獲得したことになります。と言えば聞こえは....... [Read More]

Tracked on March 02, 2008 at 01:09 AM

» ゼロックス杯は広島がPK勝利で制覇 [スポーツ瓦版]
ゼロックススーパーカップ鹿島VS広島で天皇杯と同カードだけど 広島が2対2からPK4対3で勝利してゼロックスを制覇したね 試合は前半から両チーム1人の退場者を出して0対0で終了して 後半に鹿島が2点を取って広島が2点を取り返し2対2で終了して PKで勝....... [Read More]

Tracked on March 02, 2008 at 07:21 AM

» 2008ゼロックススーパーカップ 鹿島アントラーズ戦感想 [「violet soul」]
昨日、サンフレッチェ広島は1994年ファーストステージ優勝以来の公式戦の優勝を飾りました。 目標を達成するには基本的には2つの方法があります。 一つは目標を決めてそれを目指して達成する。 もう一つは目標を自分に引きつけることによって達成する。 昨日のタイトル奪取は審判の判定などの幸運と思われる「たまたま」だとか「偶発的」というようなどちらかといえば後者の「タイトルの方がサンフレッチェに来てくれた」パターンのように思われます。 こんな感じで書くと昨日のタイトルをバカにしているよう... [Read More]

Tracked on March 02, 2008 at 08:36 AM

» 疾風伝&ロスタイムライフ&ゼロックス杯は広島が制覇 [別館ヒガシ日記]
ロス:タイム:ライフは伊藤が漫画家でガス爆発に巻き込まれロスタイム入り 幼馴染の美波と再会し互い愛を確かめ合うも美波もガス爆発でロスタイムで 前回までと違ってロスタイムが主人公だけじゃなく複数も居て新鮮だったが 内容は美波が伊藤のロスタイム見えた時は驚いたが切... [Read More]

Tracked on March 02, 2008 at 08:48 PM

« 左利きの有無 | Main | 吉川元春館跡 »