« November 2007 | Main | January 2008 »

December 30, 2007

天皇杯と契約更改

年の瀬で本日仕事納めです。

っていうか実質昨日だったんですがまだ若干仕事が残ってたので・・・

昨日は途中仕事をサボってこちらで天皇杯準決勝を観戦。

後半後ろの席でイヤミ節(?)を連発してたのが私です(^^;

加地さんが柏木に三沢光晴ばりの顔面エルボーを叩き込んだとき

「柏木は顔が命なんじゃい!」

っていうヤジは大変面白かったわ。

ってな話はどうでもよくって

勝ったことは喜ばしいことなんですが

正直今さらっていう思いがまだまだ拭えませんな。

実はP監督は短期決戦&使える戦力が限られた状況では

そこそこいい仕事をしてるのよ。

去年の天皇杯然り、今年のお菓子杯の予選リーグ然り。

問題は使える戦力がふんだんにある状況で

一つのやり方しかできない視野狭窄症なとこなんだが・・・

それと実況&解説の人たちが頻繁に言っていた

「高さでは広島のDF陣が勝りますからねぇ」

このセリフをリーグ戦で聞けていたら今頃は・・・・・

ちなみに広島広報ライターさんの記事ですが・・・

相変わらず8番贔屓ですか(呆)

この試合で一番奮闘したのは3DFでありエース寿人でしょう。

彼らこそ真っ先に記事にすべきなのに・・・・

P監督もですがこのライターさんも少しは学習してほしいものです(悪)

まあこの試合で意外と驚きだったことは

西野!髪の毛をキープしろ!w

ってことでしょうか(笑)

                                                             

それと気になるのは選手の契約更改。

どうやらツインズの残留が確定したようなんだが

チームを降格させておいて年俸が上がるってのはおかしくね?

特に双子とか17番が給料そのままか上がっているってのは納得できん。

つうか赤字体質の財務状況なのにこんなのでいいのか?

J1復帰は至上命題なのかもしれないけど

借金もちゃんと返そうよ

若手を解雇するくらいなら軸になる選手(寿人や槙野、ストヤンなど)は残して

移籍金が取れる選手は何人かは放出したほうが・・・(ただし吉弘は残すべき)

それで少しでも財務状況を改善させないと

横浜フリューゲルスの二の舞だぜ

J2降格よりもチーム消失のほうがよっぽど怖ろしい。

あまりにも目の前のことにばかり気が向いていて

球団の将来像とかが描けていないような気がする。

別にいいじゃん育成型クラブでさ。

広島の誰もが誇れる地域密着型のクラブにしてください

| | Comments (3) | TrackBack (0)

December 28, 2007

ポーツマスvsアーセナルを見て

BS1でアーセナルvsポーツマスを見ているのだが

いったいどこの国のリーグなんでしょうか?

英国系の選手がほとんど見当たりません。

強ければそれでいいのか?

と思わずにはいられない。

これじゃイングランド代表が弱体化するのも当然か

| | Comments (16) | TrackBack (0)

December 27, 2007

年末は雪の気配?

気象協会のサイトを見てみたら30日は広島でも雪が降るかもしれない

うーん・・・スタッドレスタイヤに履き替える時期が来たんでしょうか。

でも手持ちのスタッドレスタイヤはちと古いし・・・悩む。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 26, 2007

ふーん・・・

森崎カズの残留が決定したようです

まあ彼に関してはP監督のヘンテコ采配の象徴でもあり

『スポンサー枠出場選手』などと揶揄されていたわけですが

ここ数試合本来のポジション(ボランチ)で本領を発揮しており

少し前ほどは彼に対する怒りの心は収まってきてはおります。

彼の望むことはただ一つ

自分がどこのポジションでやりたいか自己主張しろ!

彼の全く無駄とも思える自己犠牲精神がチームをここまで叩き落したことを

肝に銘じてほしい。

自分の適性がどこにあるのか、っていうことを主張しないと

また同じことの繰り返しとなりそうな・・・

| | Comments (2) | TrackBack (0)

December 25, 2007

来年の目標

わき腹の贅肉を落とすこと

今書いているアレを完成させること

この二つにしよう。

ここで宣言すればモチベーションも上がろうて

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 24, 2007

武田・上杉書簡について

先日長野で山田邦明氏の武田・上杉氏の書簡に関する講演があったそうですが

ご覧になった方いらっしゃったらコメント欄で解説いただけないでしょうか?

個人的にすごい興味のある演題なので

| | Comments (5) | TrackBack (0)

猛烈に眠いです

本来は今日は休みなはずなんだけど

取引先が小売業だし年末に近いということで出勤となりました。

つうか泊まりで休むつもりだったのに

上からの出勤命令でほとんど寝ずに・・・・(泣)

プリーズ!ギブ・ミー・スリーピングタイム!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 22, 2007

再来年の大河ドラマの話

主人公直江兼続役が決まったようだが

その主君たる上杉景勝や後半出てくるであろう前田慶次を

誰が演じるか?に興味がある。

景勝はおそろしいほど寡黙だったらしいし

相方の妻夫木くんがなんとなく癒し系キャラになりそうなんで

まあこの際アレだ

沢尻エリカにやらせてみたらどうかね

後藤久美子が北畠顕家を演じたことがあったから

Gackt謙信を押し切った犬HKならできるだろw

例えば前半の山場でもある御館の乱の一場面

                                                           

謙信危篤という知らせを上条や斉藤といった重臣から受け

実城(本丸)へと急ぐ景勝一行。

そのとき門番が景勝の進入を抑えようと立ちふさがった。

門番 「これは御中城様(景勝)。実城へ一体何用で参られるのか?」

景勝 「御館様(謙信)の見舞いに行くだけですが何か?・・・」

門番 「・・・・・・」

尻ごむ門番を無視して実城へやってきた景勝。

そんな景勝を重臣の斉藤朝信が出迎えた。

朝信 「御中城様、こたびのご決断朝信感服いたしました!」

景勝 「別に・・・・・」

朝信 「・・・・・・」

                                                           

どう?こんな景勝見たいと思わないか?>思いません

                                                              

前田慶次は浅倉威しかトラマには思いつきません(^^;

つうか浅倉みたいに暴れる慶次が見てみたい。

「出羽守(最上義光)!俺と戦え!俺をもっと楽しませろ!」

と突進していく蛇皮の陣羽織に茶髪の前田慶次(^^;;;

| | Comments (2) | TrackBack (0)

December 19, 2007

もし猪木が・・・

アントニオ猪木が平安末期に生まれていたら

「みなさーん!源氏ですかー!」

「源氏であれば幕府が開ける!」

「イーチ!ニー!サン!夜討ちダー!」

す、すいませんm(__)m

| | Comments (1) | TrackBack (0)

December 18, 2007

うれしいような悲しいような・・・

前甲府監督の大木武氏が代表コーチに就任するとのこと

日本代表の今後のことを考えると喜ばしいことなんですが

大木氏に広島の監督を、などとトラマが考えていたので

正直複雑な思いです。

まあ就任要請をかけたにしてもJ2に落ちちゃったから

たぶん断られてたでしょうけど・・・・

                                                           

それからファンクラブですが継続することにしました。

来期はガマンして見よう、と。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

December 16, 2007

世界最高のフットボーラー

昔クライフ、今カカー

まさにそういう感じでしょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 14, 2007

やる気満々ですなァ(苦笑)

P監督は来期も監督を続ける気満々のようです

こういう記事を見てるといよいよ

ファンクラブ解約に走ろうか

っていう気分になっちゃうんですけどねぇ。

まあ期限まであまり時間は無いんですが・・・

2007年の総括は週末の天皇杯終わってからUPしますわ

| | Comments (4) | TrackBack (0)

December 13, 2007

当分名前では呼ばん!

契約更改の席で

柏木はPV監督退任なら移籍する、と言ってたらしい(ネタ元中国新聞

お前には大変失望させられた

クラブ側の情報戦略の可能性もあるが、

この期に及んで中国新聞も大本営発表的記事など書くまい。

気持ちはわからんでもない

だがな義理人情を感じているのであれば

広島というクラブが先に来るんじゃないのか?

特にユースのゴリさんの指導がなければプロ選手にすらなれなかったって

お前自身が一番わかってるんじゃないのか?

クラブへの愛着の話が先にきて

その後PV監督への思いっていうのなら話はわかるが

何故に監督の名前だけしか出てこない!

自分のことをとんでもない大物と勘違いしとるんか?

PV監督は解任されても仕方のない状況なのはプロなんだからわかるやろうが!

くだらん契約の駆け引きに使うんだったら

とっとと移籍しちまえ!(怒)

まだ素直に『J1でプレーしたいです』って言うほうが可愛げがあるわ。

                                                           

もっとも球団の現状維持派が保身のために

柏木の発言を利用した可能性もあるわな。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

昨日見た夢

人懐っこいように見える熊に追い掛け回される夢を見ました。

これって何かの暗示なんだろうか?

まあ紫熊には裏切られて襲われた気分だが・・・

| | Comments (2) | TrackBack (0)

December 09, 2007

入れ替え戦 第二ラウンド感想

なんでこのサッカーをシーズン中にできなかったのだ?

試合後の感想はこの一言に尽きます。

攻撃では後ろから次々に上がっていく波状攻撃

守備ではファウルも辞さない激しさと情熱。

我々が見たかったサッカーというのはこういうのだったんだよ>P監督

美しいサッカーではなく泥臭いけれども熱く戦う姿を求めていたんだよ

当ブログで何かと批判の対象となっている森崎兄ですが

彼はDFとしては3流以下だが

MFとしては1流の選手だということをこの試合で示しました。

終盤駒野へ通してみせた鬼のようなライナー性のサイドチェンジや

陽介や寿人へ通しまくったスルーパスなどを見るにつけ

P監督が確かにエクセレントな選手と評すのもなんとなく理解できた。

DF経験したことでボール奪取能力が上がり

敵をチャージで容赦なく吹っ飛ばす姿を見るに付け

P監督の選手起用がいかにいびつでおかしな物であったのかを

立証する戦いになったのは皮肉な結果ですが。

それから3DF、特に槙野と盛田の攻守両面での頑張りは

結果に結びつかなかったとはいえ感動ものでした。

槙野の鬼気迫る表情でゲキを飛ばす姿に

未来の広島のリーダーを彼に、と思ったファンは多かろう。

頑張っていたのは彼らだけではありませんが

とりわけ目に付いたのは上記3人です。

もっとも若干名試合に入りきれてないヤツがいましたな。

特にウェズレイは前半はまだしも後半は目も当てられない状態で

京都が押し返したのは

加藤監督の冷静な判断によるシステム変更もありますが

ウェズレイが自分の仕事を果たせない状態になってしまったことも

一因であったかと思います。

それだけにこのシリーズで何かを掴んだ感のある平繁を

もっと早く投入してほしかった。

後半15分くらいから彼を投入していれば・・・・・。

                                                           

残念ながら結果はJ1陥落。

勝負事だからこれは仕方のないことです。

最後の最後になってようやく見たいサッカーが見れたことを

喜ぶべきなのかどうなのか判断に悩むところではありますが

少なくとも広島が日本のトップリーグでやってこれたチームである

ということを僅かばかりでも示せたことを慰めとするしかないようです。

まだ天皇杯があるけれども選手の皆さん、応援したファンの皆さん

お疲れ様でした!

| | Comments (5) | TrackBack (2)

地に堕ちた広島の誇り

壮絶な試合の末にJ1昇格を決めた京都の選手・ファンの皆さん

おめでとうございます。

残念ながら降格が決まって失意に暮れる広島の選手・ファンの皆様

ショックでくれぐれも風邪など召されることのないよう

お気をつけくださいませ。

                                                            

って社交辞令はどうでもよくて

本当は今日はもうサッサと寝るつもりだったのだが

試合後に行なわれたサポカンで球団幹部がとんでもない発言を

したということに聞き捨てならぬ思いでブログを更新します。

久保社長がP監督の続投を明言されたそうです

別に球団がこういう決断をされるのは構いません。

私自身はP監督についてもO強化部長についても

既に見限ってましたから

彼らが続投するのであれば試合を見に行く意欲が

損なわれること大なので、場合によってはファンクラブも年パスも

買うのを辞めりゃいいだけの話です。

ですが

こういう事態に陥った原因を究明しないかぎり

チームは前に進まないんじゃないですか?

そして現在の監督および強化部に

そういう作業を遂行できる能力があるとお考えなのでしょうか?

能力があればJ2降格なんて結果は招かなかったんじゃないですかね。

B6サポが試合終了後あのダンマクを掲げたのは

降格の原因がほとんど自滅だった、ということを認識していたからでしょう。

ある程度サッカーに通じている人であれば誰もがそう思うはずです。

それをクラブだけでなく地元メディア、さらには一部サポーターまで

巻き込んで現実逃避を図っていたとしか思えない行動に終始・・・

みっともないことだと思わないか?

そんな無責任さが今回の結果の遠因であるように思えてならない。

                                                            

私自身は単にサッカーを見るのが好きで

80年代の日本リーグ時代からずっとサッカーを見続けてきた人間です。

そして地元に日本のトップレベルのクラブチームがあることを

大変誇りに思っています。

いまや伝説と化した「ドーハの悲劇」に比べれば

今回の降格なんてまだ可愛いものなのかもしれません。

だって1年頑張れば戻ってこれる可能性があるんですから・・・

ですのでサッカーファンとして個人的に尊敬しているこの方のように

たとえチームが降格するようなことがあっても

可能な限りスタジアムに足を運ぼうと思っていました。

しかし球団がこのような無責任な対応をするというのであれば

そんな気持ちも萎んでしまいそうです。

まあ久保社長は引責辞任という身の処し方を示されたので

責任を痛感されているのはよくわかりますが(といっても会長になるだけだが)

私と同じような思いの方は多いのではないでしょうか?

今シーズンの総括もしないうちから

来期の話を進めないでいただきたい

反省・検証してこそ前に進めるということを

久保社長ともあろう御方が失念しているとは

実に情けないかぎりであります。

それを顧客に向かって逆ギレとは

流通業界のトップに君臨する方の態度とは思えません

もちろん本業のほうが大変なのはよくわかります(昨日コジマが新店出したし)

だけどもそういう立場の方だからこそ冷静に考えて欲しいのです。

私のような小市民など同じ立場に立ちたくても立てないのですから・・・

                                                            

試合については改めて感想をUP予定です

| | Comments (10) | TrackBack (4)

December 07, 2007

明日の決戦へ向けて

携帯サイトの記事内容にムカついたので解約したため

詳しい情報は全くわかりません。

まああそこのレポートよりも個人のブログでの練習レポートのほうが

遥かに真実を伝えている場合が多いのだが(苦笑)

そういえば8番氏がこういうことを言っているが

そんな言い訳を聞きたいヤツなんて

彼限定のファンくらいじゃないのか?

まあ彼もMPVのトンチキ采配の犠牲者と言えなくも無いので

気持ちはわからんでもないが・・・

ただよっぽどのことが無い限り明日の先発はないだろう。

だって穴なのは変わりが無いんだから。

って普通は思うんだがあの監督だからなァ。

ポイントはただ一つ、相手よりも先に点を取ること。

PKでもオウンゴールでも何でもいい。

とにかく先に点を取って相手にプレッシャーをかける。

ただしリスクを賭けてまで取りに行くのは危険。

つうわけで3バックはガンバ戦の面々にせめてしてくれないものかなァ。

それから2トップだけど平繁は途中交代の切り札でとっておきたいから

7番を上げて寿人と組ます、あるいは寿人の1トップ気味にして

ボランチに一誠もしくは高萩を入れるか・・・

ああ、渡邊大剛に突破されまくった17番はベンチからも除外してください。

彼のこれまでの貢献は認めんわけではないが

実績ではなく戦える面々が今必要なんでね

こういうプレッシャーは代表戦では再々あるだけに

そういう経験を持つU-20世代や五輪世代の選手の活躍に期待したい。

って陽介と槙野だけじゃん!(爆)

まあそれはともかく初戦を落としているだけに不利な状況ではある。

おそらくテレビ中継でも実況が

「初戦を勝っているチームがJ1へ行っている」

ってなことを言うんだろうが

たかだか4試合しかやってないんだから

データとしてあてになるものなのかね?

そういうことを気にする輩がいるのであれば言っておく

入れ替え戦で初めて逆転したチームと

Jリーグの歴史に名が残るかもしれんじゃないか!

| | Comments (3) | TrackBack (0)

December 06, 2007

風の果て~♪

NHKの木曜時代劇は比較的良質なものが多いので

当たり外れの多い大河ドラマ以上によく見ます。

で、風の果てが終わりました。

五人のいろんな形での友情の描写という終わり方だったかな。

特にツボだったのは杉山と桑山の子供のケンカみたいな

意地の張り合いでの別れでしょうか(笑)

気が弱くなったかのように見えた桑山を励まそうとしたら

「てめーにだけは言われたくないわい!」

とばかりに大人げも無くやり返す桑山。

そんな桑山に対してムキになって怒る杉山。

先週の放送で杉山の奥方も見抜いていたけれども

内心この二人はこういうやりとりができることに

喜びを感じているんでしょうね。

そして最後は鮮やかな引き際を見せた首席家老桑山。

まさかお食事券じゃなくて汚職事件を繰り返す政治家や官僚を

皮肉ったんじゃないでしょうけど・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 05, 2007

次はこれで行け

            寿人   田村(平繁)

                      

   駒野    高萩      陽介     北のベッカム

                        

             戸田(一誠)

                                                             

   槙野(盛田)  ストヤン(槙野)    吉弘

                        

              下田

                                                             

このメンツで戦って結果が出ないなら納得する。

寿人の1トップで一誠をボランチに入れることも考えたのだが

1トップはきつい、やっぱり2トップでないと陽介が生きない。

勝たないといけない試合だから一誠・戸田のダブルボランチで

陽介一人でトップ下を担わすほうがバランス的にはいいが・・・・

しかしウチのバ監督はそういう発想は全く無いだろう。

またいつものスタメンで同じ失敗を繰り返すんじゃないかと覚悟している。

まあここまで学習能力の無い監督ってこいんぶら以来だな

久保社長が直々に叱責しなきゃどうしようもないんじゃない?

叱責して変わるとも思えんが・・・

| | Comments (10) | TrackBack (0)

入れ替え戦第1戦 後半終了

平繁のゴールでかろうじて希望が残ったわけだが・・・・

いつものやり方じゃダメだってわかったかね?>MPV監督

なんで穴になっている8番、17番を初めっから外さなかったのだ?

なんでコンディションの悪い10番をスタートで使ったんだ?

明らかにナメてたろ?

当たり前のことをやらないからこういう結果になるんだよ。

もうあいつらをスタートで使うんじゃねぇぞ!

戦えるヤツ、走れるヤツを使え!

                                                

最後に

現地まで赴かれたサポーターのみなさん

お寒い中ご苦労さまでした。

風邪など召されぬようお気をつけてくださいませ

| | Comments (2) | TrackBack (3)

入れ替え戦第1戦 前半終了

ざけんなよ!MPV!

いつものやり方で勝てるほどJは甘くないって

レギュラーシーズンで散々味わってきたろうが!

弱点を放置すりゃ敵につかれるって

小学生でもわかることじゃねぇか!

なんでスタメンにこだわる?

なんでツインズを出す?

なんで状態の悪いウェズレイを

ベンチスタートにしないんだ?

クソボケが!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

この期に及んで

四の五の言ってもはじまらない。

とにかく勝て  

以上

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 03, 2007

試合前・試合後のアレやコレや

土曜日の試合前に実はスタジアム周囲の出店が

どういう風になっているのかが気になってグルグル回ってました。

実は画像を付けて説明したかったのだが

なぜかデジカメからデータが消失してた(汗)

つうわけで改めて証拠写真も交えて説明しようと思うが

はっきり言って

季節感を感じない店と売り場だよな。

冬なのにホットドリンクがほとんど無い飲料水店ってどうよ?

あんなクソ寒い中で冷たいスポーツドリンク飲んで

試合中に漏れそうになったらどうすんのよ?

買ったお客さんの中にはそういうことで球団を訴える輩だって

出てこないとは限らないわけだろ?

そういう責任問題って話はジョークだけど、冷たい飲料水を減らして

コーヒー・紅茶などのホットドリンクを充実させるのは

スーパー・コンビニが最低限やってることだと思うんだが・・・

あとさ、これは俺の個人的好みでもあるんだけど

なんで焼きいも屋さんがテナントで無いの?

この時期、しかも広島市内よりも確実に寒い広島ビッグアーチに

おあつらえ向きの商品だと思うんだけどなァ。

まあ俺が見つけられなかっただけ、という可能性もあるので

もし焼き芋売ってたよ、って方がいらっしゃったらコメントよろしく。

                                                             

さて試合後だがブログ仲間兼mixiでやりとりしているhumeさんから

「試合後どこかへ集まって飲みませんか?」

と誘いのメールが以前あったので

A1観戦軍団(と勝手に命名^^;)のsw氏とM君を誘って参加した。

humeさんの紹介でサッカースタジアムを色々と研究されている

HiroshimaKOPさんに引き会わせていただいた。

ビッグアーチ近くのお好み焼屋でオフ会をしたわけだが

これが非常に盛り上がった。

今年のPV監督のダメダメぶりにはじまり

フロントの一貫性の無さや

地域密着とは言葉ばかりでミーハー路線に走り

客商売を根本的に理解してないとしか思えん対応をする球団などなどを

2chネタを交えながら盛り上がっておりましたわ。

ちなみにマスコミ関係の方々(誰とは言わんが)への

批判と同情の意見もあったのう(苦笑)

あんま書くと怒られるんで書かないけど。

もちろん批判ばかりでなくガンバ戦で頑張った選手への賞賛もあったけど

監督が監督だからねぇ(ため息)

その後明らかに出来上がっているhumeさん(笑)とトラマは

なぜかプロレス談義と田舎話で盛り上がり

傍目には酔っ払いのアホ談義状態(爆)

しっかしこういう語り合える場が広島って少なくなってるよねぇ。

やっぱビッグフラッグとファンタジスタが無くなったのは痛い。

広島ってなかなかスポーツ文化が定着しにくい地域なんかなァ。

いずれにせよ

参加された皆さんまた飲みに行きましょう!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jリーグ最終戦 G大阪戦

デジカメの映像が消えまくってた・・・orz

石見銀山の映像とかあったのに・・・(涙)

なぜじゃァァァァ!

って話はさておき、土曜日は午後から仕事を休んで

ビッグアーチに行ってきましたよ。

試合以外の部分でも気になることがあったので

スタジアムに到着後出店をちょろちょろ回ってきたんですが

この件についてはまた改めて記事にしたいと思います。

さて試合ですが出場停止の選手もいたりして

普段試合にヘタレ監督のせいで出られない選手がスタメンを張りました。

高萩・ハンジェ・平繁・吉弘です。

特にトラマが注目したのは

MPV氏がスタメンと目す選手二人が出場できないDFライン。

左から 盛田・槙野・吉弘 の並びだったわけですが

彼らがJ屈指の攻撃力を誇るガンバ相手にどこまでできるのか?

と、いうことでした。

結論から言うと

彼らこそ広島のベストDFだろ?(特に槙野と吉弘は)

ただ単に高さ・速さ・1対1が強いだけでなく

広島の選手に一番欠けている試合中のコーチングができる

数少ない選手が彼ら(槙野と吉弘)なのです。

試合中にゲキを飛ばす槙野と吉弘の姿にいつもと違う広島の姿を

期待したファンも多いと思う。

事実彼らのおかげで失点を防いだ場面は多々あった。

吉弘が振り切られ槙野が吹っ飛ばされた

バレーの同点ゴールくらいでしょうDFの責任と言えるのは。

アレ以降はDFラインはよく体を張って頑張ってたよ。

その象徴的シーンが後半30分過ぎの

中盤でパスをカットされバレーに独走を許した場面です。

盛田だけでなく槙野までも前掛かりとなっていて

バレーがGKと1対1となりかけたのですが

一人のDFが猛スピードでバレーに追いすがりました。

そう吉弘です。

そして彼がバレーに追いつきシュートコースを絞り

結局バレーのシュートはサイドネットへ。

この場面を見たとき彼(吉弘)がルーキーイヤーのとき

当時浦和のエメルソンを完封した男だったことを

思い出したのは俺だけだろうか?

そして同じ場面で

MPVスタメンだったらトドメを刺されてただろうなァ

特に8番だったらナーンもできんかったろうねぇw

二川のスーパーショットは仕方ないよね。

その二川のゴールに関連してだけども

MPV監督の珍采配、入れ替え戦対策なんだろうけど

結局7番と高萩の役割分担がはっきりしないのと

走らない守らないキープできないの

無い無い尽くしの平繁なんかを

むりやり1トップに据えるから余計に酷いことになりました。

7番については・・・・・言うまいかと思ったがやっぱり言おう

                                                         

マジ7番8番イラネ

                                                        

あ、8番もついでに言っちゃったねw

結局誰がマークにつくのかはっきりさせないから

バイタルが空いてシュート撃たれるんだよ。

なんつう被弾率の多い守備をやらせているのかねぇ。

しかも練習でもやってない形になってるんだろ?

でも高萩は良かったよねぇ

下田が伝説を作りかけたヘナチョコクリア以外は

はっきり言って7番よりも上じゃね?

広島随一の展開力と前線への飛び込む動き

それに弱い弱いと言われた守備時でも体を張ってたよね。

こういう伏線があってこそ槙野の同点ゴールは生まれたって

俺は思うんだけどね。

まあMPV監督はあれだけ頑張った彼らを

登用しようなんてこれっぽっちも無いだろうがな(冷笑)

この試合のメンバーをベースに陽介や戸田・ピチブーを

加えれば京都に負ける心配どころか

こんな順位に落ちたりしないだろ。

結局今年のサンフレッチェ広島と言うチームが

フロントのチーム編成の失敗と監督の愚行に振り回された1年だ

ということが如実に表れた一戦だったと思うんだがよね。

そしてそれをまともに糾弾しようとしない地元マスコミにも・・・・・

せめて入れ替え戦くらい

まともな選手起用をしてくれよ>MPV

| | Comments (3) | TrackBack (1)

« November 2007 | Main | January 2008 »