« おゝとりゲン死す(違) | Main | 今回のU-20日本代表 »

June 30, 2007

BS1にて浜vs鳥を見る

最近どうもサッカーに対する熱というか愛というか

そういったものが冷めてきているような状態です。

去年まであった集会場所が無くなって仲間とワイワイしながら

観戦を楽しむ、ということが無くなったのが一番の要因かな。

やっぱりある種のストレスの発散の場だったんですよ。

それがなくなって観戦仲間と議論をする場が

それこそ試合会場しかないわけでして・・・

後は下積み時代(ユース時代)から応援していた子が

だんだんとメジャーに上がっていってキャーキャー騒がれる状況に

少々頭にきているのかもしれませんが(笑)

まあ皮肉れたファンが一人抜けたくらいどうってことないよな

こういうことを書くとB6行けよ、とか言われそうなんですが

僕自身のサッカーの楽しみ方というのは

試合全体を見る、ということが前提条件なので

ゴール裏なんていうのは限られたシーンしか見れないんで

ものすごくつまんないエリアなんです。

チームを応援するのは大いに結構なことですが

サッカーの試合を楽しむという姿勢も失って欲しくないと思う今日この頃。

さて地元蹴球団のゲームについては数字しか知らないので

僕にはプレビューする資格など無いと思いますのでとりあえず

MPV監督が戸田と森崎兄の穴(出場停止)をどうするのか?

という次節の楽しみができたということと

エース(寿人)が点を取ってくれたことで少しでも自信を回復できたかな?

と、前向きに考えることにいたします。

サッカーへの熱が冷めつつある一因はMPV監督の選手起用に

頭にきてるっていうのもあるんだよな(それを批判しないマスコミにもな)

                                                            

で、夜に大分と横浜Mの試合があったのでこっちを観戦。

広島にも同じことが言えるんですが

U-20代表の選手のチームにおける比重の違い

が内容・結果に現れたんじゃないかと。

大分はオーソドックスな3-5-2なんですが

怪我人続出な上にU-20で梅崎・福元らが抜けてしまい

非常に苦しいチーム編成でした。

一方で横浜はでくの棒ハーフナー・マイク一人だけ抜けただけで

チーム編成にはほとんど影響ありませんでした(大島の交代要員が不足しただけ)

まあレギュラー揃っていたとしても大分が勝てたように見えなかったんですが。

この日先発のセルジーニョと前俊にまるでボールが収まらないのと

トップ下の金崎と2トップの距離が遠い上にお互い何をやりたいのか

理解していないようなコンビネーションの欠如と2トップの運動量不足で

全くと言っていいほど大分は攻撃できませんでした。

一方で横浜は序盤こそやや大分に押し込まれますが

時間がたつにつれ2トップ(坂田&大島)がプレスをかける位置が高くなり

さらに中澤・松田の強力CBを中心にラインを高い位置に保ったため

途中からセカンドボールを拾いまくり

さらに2列目3列目の飛び出しで幅の広い攻撃を見せるようになりました。

得点こそセットプレーからのものが2点ですが完勝と言っていい内容でしたね。

当ブログでも再三激賞している山瀬兄のキレキレぶりは

非常に素晴しいものがありましたね。

もちろん飛び出すプレーだけならば吉田とかもいいのですが

ここ一番でブレのない技術の高さと判断力の素晴しさにおいて

山瀬のほうが一枚も二枚も上という感じです。

返す返す彼がオシム体制下の日本代表のメンバーに

選ばれていないことが残念でなりません。

                                                             

大分はタレントの差で劣る部分を他でカバーしないといけなかったんですが

あらゆる点で今日の試合に関しては劣っていたと言わざるを得ないでしょう。

組織も体力も残念ながら・・・・

それからスタメンで出ていた元24番君ですが

組まされたパートナーにも問題がありますが

もう少し仕事の量を増やせないものかと・・・

いくらファンタジスタ系のアタッカーとはいってもあれだけ仕事量が

少なかったらそりゃ代えられるだろうよ。

まあコンディションの問題もあるんでしょうけど

高松あたりと組ませてみたら面白いと思うのですが・・・

|

« おゝとりゲン死す(違) | Main | 今回のU-20日本代表 »

Comments

ゴル裏は試合の状況を把握できないことが多々あります。というか、大部分で何が起きているのかわからないと言った方がいいですよね。慣れた人はよく観てらっしゃいますけど、所詮ゴル裏からのバードビューは偏ってますからボールの落下地点すらわかりません。8割がた、GKの気分ですw

B6は試合を観るというより、一喜一憂する場所ですよね。それなりに楽しめます。

楽しめるんですが、楽しめるんですが・・・

自分も皮肉れてるのか、正直、特定の選手のコールとかしたくないんですよね・・・。っていうか、してないんですが!(爆)
なので皮肉れた人向きではないですw

でもあの声援が終了間際に相手チームにプレッシャーを感じさせる要因になったりするわけで、そういう部分では意味のある場所・楽しみ方だと思います。

まあそんなどこで観るかより、ここまでサッカー熱を冷めさせる原因をなんとかせねばいけませんよ!

Posted by: jetaime_sanfrecce | July 01, 2007 at 01:07 AM

私も同じ理由で結構冷めてきてます…

あと、オシムがアジアカップの代表選出で前田遼一を落選させたり結局残っているのはある程度想定されたいつものメンバー的になってきてますね。サンフも最初は入船使ったり中里使ったりしたけど今はほとんど序列に従った固定的メンバー選考でよく似ているなぁなんて考えてしまいます。

Posted by: sw | July 01, 2007 at 04:49 AM

>じゅてどん

なんつうかなァ、強制的に応援コールに付き合わされる
っていうかみんなで一緒に声を出せ!
っていう雰囲気が今の自分に合っていないのかも。
まあ人それぞれなんでB6にいる方々のことを
嫌っているわけではありませんので。

>sw氏

前田の落選はガッカリしました。
はっきりいって寿人招集しないで彼を連れて行ってほしかった。
確かにテストマッチを1試合も経験していない中で
彼の選出はある種の賭けだったのかもしれませんが
オシムの目指しているであろう

「人もボールも有機的に動くサッカー」

で、彼こそが一番求められるFWに必要なプレーが
できる選手だ、と確信していただけにね。
これでそこそこ結果が出ればいいけど
そうならなかったら千葉枠云々などと揶揄されるかも。
MPV監督に関しては次節のDFラインをどうするのか
それから代表メンバーが抜けた中でお菓子杯を
どう戦うのか、という部分に興味があります。
そこまでアイディアがあるのかどうか、ですが

Posted by: トラマ | July 01, 2007 at 10:22 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96812/15605988

Listed below are links to weblogs that reference BS1にて浜vs鳥を見る:

» 18節ガンバ大阪は勝利&他チームの結果 [スポーツ瓦版]
J第18節ガンバ大阪ー大宮アルティージャは3対0ガンバ勝利し ガンバが家永・二川・マグノがゴールしガンバは勝点15になった 名古屋1ー1甲府・横浜F0ー1千葉・鹿島1ー2東京の3試合や 柏1ー3清水・新潟2ー1広島・川崎2ー1神戸の3試合などや 磐田0....... [Read More]

Tracked on June 30, 2007 at 10:36 PM

» 鴎+&黒田さん8勝目&ガンバ大勝 [別館ヒガシ日記]
黒田さんは6回4失点も8勝目で打線が8点を取る援護で鯉は連敗脱出で ガンバは大宮アルティージャに3対0で勝利して勝点41になり負けないし は 6時半に起床し7時過ぎからでTB返しやネット検索などして 10時前から漫画を棚からに入れ替える作業をして過ごして 1... [Read More]

Tracked on June 30, 2007 at 10:37 PM

» [J1第18節]アルビレックス新潟,2007年シーズン前半を3位で折り返し [オレメデア]
J1第18節が6月30日(土)に行われ,アルビレックス新潟はサンフレッチェ広島と対戦し,2-1で勝利した 3連勝で,鹿島アントラーズを抜いて3位に浮上 アルビレックス新潟は,2004年のJ1昇格以降の最高順位タイでシーズン前半戦を折り返した. ----(PR)---------- リン....... [Read More]

Tracked on July 01, 2007 at 01:27 PM

« おゝとりゲン死す(違) | Main | 今回のU-20日本代表 »