« 陽介にはZONOになってほしくない | Main | 千葉戦を普通に振り返る »

May 19, 2007

マリナーズに見る指揮官の重要性

昨日の昼にBSハイビジョンでMLBを見てた。

イチロー・城島の所属するシアトルマリナーズの試合を中継していて

ちょうどイチローの盗塁失敗の場面も見ていた。

イチローのインタビューで語っているがあの投球フォームでは

盗塁は難しいだろうな、と思ってた。

おそろしく速いクイックモーションなんだもんね。

それでも走ったイチローの姿に違和感を感じていたんだが

試合後のインタビューなどを見て納得。

監督のサインじゃどうしようもねぇよな

ムチャな任務を遂行しようとイチローには同情を禁じ得ない。

彼が言うようにこの場面はランナーを貯める場面であった。

イチローの足を警戒するあまりに

ボール先行のカウントになっていたのだから

イチローの足をダミーに使うくらいのことを考えるべきだろう。

ところが・・・・・・

ハーグローブ監督ってバカですか?

だいたいこの監督は自分のチームの戦力をまるで生かしきっていない。

チーム打率はアメリカンリーグで6番目と悪くはない。

ところが打点は14チーム中12番目の数字なのだ。

これが何を意味するかというと

打線のつながりがムチャクチャ悪い

ということですね。

その象徴が4番打者のセクソン

おととい・昨日と肝心の場面で外野フライすら打てない・・・orz。

ちなみに打率は・・・167・・・もうアホかと。

で、そんな打者を4番に据え続ける監督はもっとアホですね

ニューヨークヤンキースみたいなスター軍団でも

少しでも調子が悪いと打順を代えたりするのに・・・

さらに輪をかけてひどいのがピッチャーの使い方。

去年からそうだったんですが

負けが込んでいるベテランピッチャーをなかなか切らずに

使い続けてさらにチームの成績を悪くさせてしまうという決断力の悪さ。

この象徴が今期新加入のウィーバー投手

防御率14点台で1勝もできておりません(6敗)。

投げるたびに炎上するという始末。

それでいて有望な若手が3Aにいるのになかなか引き上げずに

ズルズルと引っ張り続ける次第・・・・

リードしている城島が可哀想だよ

ようやく韓国出身のベク投手を引き上げて

先発ローテーションに組み込んだけど無駄な敗戦が多すぎ。

(ちなみにベクは既に1勝あげている)

                                                           

この監督は前に率いてたチーム(インディアンズ)の野球を

シアトルでやろうとしているのか

それとも単に人種差別主義者なのか(東洋人を軽視してるのか?)

その辺がよくわからんが

長打力で勝負するんではなくヒットをこつこつつないでいく野球のほうが

球場の広さを考えるとフィットするというのがわからんのかね?

それとマイナーで実績を残している若手選手をもっと使うべきじゃないのか?

特に先発ピッチャーは人選の見直しをしないとヤバイよ。

つうか

今の監督を早急にクビにしてベンチコーチを監督にしろ!

|

« 陽介にはZONOになってほしくない | Main | 千葉戦を普通に振り返る »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96812/15122459

Listed below are links to weblogs that reference マリナーズに見る指揮官の重要性:

« 陽介にはZONOになってほしくない | Main | 千葉戦を普通に振り返る »