« ドーピング | Main | これが最強(?)の広島サッカーだ! »

April 28, 2007

攻撃サッカーの理想と現実 vs磐田

サンフレッチェ広島は磐田に2-4で破れました。

この試合前半は磐田ペース、後半は広島ペースでしたが

両チームのリスク管理能力の差がこのスコアに出たと解釈してます。

決して強力とも思えない(弱体ではないが)磐田の攻撃陣に4失点を

食らったという事実、これを重く受け止めるべきだろう。

青山がいなかったから、とかそういうレベルの話ではないのだ。

青山がいたときでも失点する試合は多かった(例:G大阪戦や横浜戦)

確かにこの試合の前半は青山不在の影響でプレスがかからず

磐田にいいようにパスを回されていた。

最初のカレンのゴールなどはその典型である。

じゃあそれを倍返ししてやればいいじゃないか、ということになるが

事はそう簡単にはいかない。

2トップのマークは厳しいし、前線へ飛び出す中盤の選手も少ない。

結局頼りになるのは駒野の個人技

そんな前半だったんじゃないか。

後半はさすがに目が覚めたのかチーム全体の動き出しも良くなり

寿人のゴールを皮切りに次々と磐田ゴールへ襲いかかる。

この日先発の一誠も後半はアグレッシブだ。

代わって入った桑田も悪くはない。

だがここぞ、というときに失点してしまう。

後半の2失点は前懸りになったのを突かれた失点ともいえるが

DF陣ではね返せないゴールだったのか?というと疑問が残る。

特に4点目の守備は・・・・・

                                                            

攻撃サッカー、確かに見るものを興奮させる。

だがそれで勝てればいいのだが勝てないのはなぜか?

方向性は素晴しいのかもしれない、だが現実が追いついていない。

というか

ペトロヴィッチは理想を追い求めるあまり

足元を見てないんじゃないのか?

という疑念が沸々と湧いてきている(去年からね)。

なぜ最終ラインは踏ん張ることができないのだろう?

なぜ中盤のプレスが利かない時間が生まれるのだろう?

守備力軽視としか思えない選手起用について皆はどう思っているのか?

もちろん単純に人を代えてどうこうなる問題ではないことは前述した。

美しいサッカーを追及するあまりに

結果を残せなかったオランダや80年代のブラジルの姿と

今の広島がダブるのは僕だけなんだろうか?

ペトロヴィッチはチームはまだ完成していないから

というコメントを時々発している。

だがこのチームが本当に完成するのか?

修正を加える時期に入ってきているんじゃないのか?

あまりにもリスク管理を軽視した今のやり方に俺は賛同できない。

                                                            

PS:今週の携帯サイトでのペトロヴィッチの言葉について思うところがあるので

後ほど考えがまとまったら書こうと思う。

たぶんサンフレファンを敵に回すような記事になるだろうが・・・

|

« ドーピング | Main | これが最強(?)の広島サッカーだ! »

Comments

いやっ!いやいやいやいやっ、こりゃどないやっちゅ―ねん!磐田に好き放題やられてしかも4失点?怒るデしかし!選手交代せぇよしかしホンマ勝てんデっちゅ―に、怒る~デ!しかしビッグア―チ満員にせぇよ。
天国から〇っさんの怒りの台詞が……

Posted by: 升さん | April 30, 2007 at 12:31 PM

>升さん

カープが満員でしたからねぇ・・・
しかしサンフのザル守備(呆)

Posted by: トラマ | April 30, 2007 at 09:45 PM

今年のサンフレがそうなるかは疑問ですが。私は別に74年のオランダや82年のブラジルくらい美しく印象に残れば私は優勝とかできなくてもいいですけど。

Posted by: sw | May 01, 2007 at 08:59 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96812/14876799

Listed below are links to weblogs that reference 攻撃サッカーの理想と現実 vs磐田:

» ジュビロ磐田−サンフレッチェ広島 [鴎3矢]
大型連休による連戦の初戦、アウェイでのジュビロ戦は2−4で敗れました。 後半サンフレは押し気味にゲームを進め一時は1点差まで追い上げるも、前半の2失点が重く圧し掛かってしまいました。 前半は中盤で圧倒的に支配され運動量も足りず今シーズン最悪と言っても過....... [Read More]

Tracked on April 29, 2007 at 12:00 AM

» 第8節ガンバ大阪は大勝&他チームの結果 [スポーツ瓦版]
J第8節ガンバ大阪VS大分トリニータは4対0でガンバ勝利し ガンバは山口・播戸が1点でマグノ2点の4点を取って連勝だ 横浜F1ー1清水・大宮1ー2甲府・柏2ー0名古屋の3試合や 神戸0ー0東京・新潟0ー6横浜・磐田4ー2広島の3試合だね ガンバは首位....... [Read More]

Tracked on April 29, 2007 at 08:06 AM

» 鴎+3とガンバ大勝と時効と喰い2 [別館ヒガシ日記]
7時半前に起床しでブログのコメ&TB返しやネット検索してて 10時過ぎまで過ごし11時前から背中の消毒でに行った に帰ってからは週刊少年マガジンを読んだりして過ごしていて 13時から吉本新喜劇とした時効警察を見たりして過ごしていて 15時からで&ガンバの... [Read More]

Tracked on April 29, 2007 at 09:42 AM

» ジュビロ磐田vsサンフレッチェ広島 [サンフレッチェ広島世界最強!!!]
ジュビロ磐田 4-2 サンフレッチェ広島@ヤマハスタジアム 【得点者】寿人、ウェズレイ 得点ランキング上位に名前が載るほどのエース2人が得点してるのに、 DFのザルっぷりで負けた・・・。 何年か前のセレッソを見てるようだ。。。 寿人とウェズレイに依存しすぎだし、彼らのゴールのほぼ半数は駒野のアシスト。 2トップ以外の得点はDF戸田のみ。 MFの得点能力の低さが顕著に表れています。 監督はMFの得点はいらないと思ってるんだろうか? 試合を見ているとそう思えて仕方がない。 ... [Read More]

Tracked on April 29, 2007 at 11:59 PM

» [J1第8節]アルビレックス新潟,ホームで今季初黒星も4月は大健闘 [オレメデア]
J1第8節で,アルビレックス新潟が横浜Fマリノスと対戦. 0-6という大敗に終わってしまった. しかし,J1開幕から4月末までを見ると,3勝2敗3分. ヤマザキナビスコ杯も含めたホームグラウンドでの勝敗だと4勝1敗1分と,かなりの大健闘だと言える ----(PR)-------...... [Read More]

Tracked on April 30, 2007 at 10:57 AM

» ボチボチお仕事 [お仕事しましょう]
真面目に在宅ワーク ただむやみに飛びつくビジネスは卒業して堅実に見極めたい。時々ブログ。 [Read More]

Tracked on April 30, 2007 at 08:46 PM

« ドーピング | Main | これが最強(?)の広島サッカーだ! »