« 史跡めぐり 熊本編 | Main | J1 第三節 vsガンバ大阪 »

March 18, 2007

最終章はじまる メビウス48話

昨日夜中に帰ってきてからずっとYoutubeで見ておりました。

内容については触れるのめんどくさいし

他の方がバリバリにやってるので触れません。

また感動したシーン(サコミズ“総監”の演説、トリピーの硬骨ぶりなど)は

おそらく視聴した皆さん同じ思いだったと思います。

またエキストラとして頑張った優咲くんレフさんのご家族は

ばっちり映っていたらしいので

テレビ出演おめでとうございます

と祝福しておきます(笑)

さてここではちと気になることをいくつか。

実はあの話を見終わった後にどこか釈然としない部分もあったのです。

それがどこなんだろう?っと悩んでいたら矢的さんが

mixiや自サイトで僕の琴線に触れる意見をUPしているではないか

それをせっかくなんで一部引用させていただくと

皇帝の見え見えな口車に乗っかり、メビウスとGUYSに矛先を向け、サコミズの説得と子どもたちの言葉でメビウスの支持に回る地球人たちの描写は、その意図は分かるのですが、もう少し一般市民の心情に厚みを感じさせて欲しかったと思います。(デスレム戦のときよりはマシですが)

そうなんですよ。

この世界は40年前の初代ウルトラマンから延々と連なる設定です。

特にデスレムやグローザムとの戦いで市民への脅しのシーンがあったりで

それなりに侵略宇宙人に対して学習しているんじゃないのか

彼らの脅しの向こうには何が待っているのか?

ということを経験則でわかっている市民が多いんじゃないのか?

尺の都合もあったんだろうけど

この辺の描写の甘さが気に入らない。

それから

FAXやネット掲示板による市民の支持表明の演出(漫画『沈黙の艦隊』のラスト近くであった展開の実写化でしょうか?)には心揺さぶられるものがありましたが、ここで政府当局者が「GUYSだけに任せておけない。防衛軍も全軍インペライザーに向かわせよう」と発言したり、市民が自主的に避難を開始したりと、“地球人も戦っている”という演出がないために、メディアによる市民の支持表明が“ステージショーにおける着ぐるみのウルトラマンへの声援”の域を出ていないように思えたのです

これも同感。

特に皇帝の要求には屈しないという方針を決めたのであれば

犠牲者を最小限に抑えるための描写

せめて市民の避難誘導とかくらいは描いて欲しかった。

ちなみにこの部分をきちんと描いていたのは

TV版ではウルトラマンティガくらいしか記憶がない・・・

あと矢的さんはヒルカワの「声援だけで勝てるか!」のセリフにも

一定の理解をしめしてます。

これもよくよく考えたら当たり前のことで

ウルトラマンも苦戦するような相手にどう立ち向かうのか

方針も対策も示されないまま戦闘に移行していった印象があります。

もちろん正体不明の相手なのでテッペイらの分析が

まだ追いついていない状況では仕方ないのかもしれませんが・・・

                                                             

でも・・・・でも・・・トラマが一番気になったのは・・・

斉藤陽介さん、渇舌悪くなってね?^^;

いや顔の血色見てなんか悪い病気でもかかってるんじゃないかと(汗)

|

« 史跡めぐり 熊本編 | Main | J1 第三節 vsガンバ大阪 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96812/14300853

Listed below are links to weblogs that reference 最終章はじまる メビウス48話:

» 「地球は我々人類、自らの手で守り抜かなければならないんだ!」 Part1 [ば○こう○ちの納得いかないコーナー]
***************************** ミライ(五十嵐隼士氏)がウルトラマンメビウスで在る事を知った記者のヒルカワ(加藤厚成氏)は、遂にメビウスの正体を週刊誌で暴露してしまう。GUYSが卑怯なヒルカワの遣り方に憤慨している頃、”無双鉄神”インペライザー13体が地球に飛来、世界主要国の首都に降り立つ。 そして天空からは、自らを「皇帝」と称する者の声が響き渡り、「人間に扮して潜伏しているメビウスを、地球人自らの手で差し出せ。�... [Read More]

Tracked on March 18, 2007 at 01:44 PM

» 『アジエンス』の2007年新CMキャラクター [ミス・ユニバース知花くらら、参戦!]
大躍進を遂げている「知花くらら」は新たにアジアンビューティーとして歩く、今後の「知花くらら」の可能性に目が離せない。 [Read More]

Tracked on March 18, 2007 at 02:34 PM

» ウルトラマンメビウス 48話 最終三部作Ⅰ 皇帝の降臨 [医療特撮部LOG]
リアルタイムでみた直後じゃないと、感想のテンションも下がってしまう・・・ と、普通ならそうなのだが最終3部作のしょっぱなを飾るにふさわしい盛り上がりだったため興奮冷めやらぬ状態! トリヤマ補佐官、これまでが嘘のようなカッコよさだ。 GUYS総監として、人類... [Read More]

Tracked on March 19, 2007 at 12:22 PM

» いい歳こいてメビウス好き 48話 [【非公式】世界日本ハムの哀れblog@非公式]
ヒーローは!平等ではない。 生まれつき身体の赤い者、青い者、巨大な者、等身大の体を持つ者、 生まれも育ちも才能も、ヒーローは皆、違っておるのだ。 そう、ヒーローは、差別されるためにある。 だからこそヒーロ... [Read More]

Tracked on March 19, 2007 at 08:12 PM

» ウルトラマンメビウス第48話 [よろずな独り言]
 御陰様で二女のじんましんも治まってきたみたいです。いやぁ,よかった,よかった。その二女も,今日で年少さんは終わり。本当に1年が早く感じます。 [Read More]

Tracked on March 20, 2007 at 11:39 PM

» メビウス採集三部作「皇帝の降臨」 [ぽじてぃぶろぐ]
慌てて騒いでるトリピーがギザカワユス(笑) 何より驚いたのは、サコミズさんが総監だったこと、 は、 想像ついてたので(笑) エンペラ星人が「内海賢二」さんだったことだな!(笑) 演技プランはもう一段階重厚な「ラオウ」「カイオウ」タイプであってほしかったけ... [Read More]

Tracked on March 25, 2007 at 11:40 PM

« 史跡めぐり 熊本編 | Main | J1 第三節 vsガンバ大阪 »