« メビウス38話 | Main | メビウス39話 感想 »

January 08, 2007

高校サッカー決勝

盛岡商業の初優勝で幕切れとなりました。

去年の野洲が見せたほどのインパクトはありませんが

高校サッカーがいよいよ群雄割拠の時代に入ったという象徴的な

出来事と言っても過言ではありません。

盛岡商業は武南、八千代など

一方の作陽も静岡学園、室蘭大谷といった全国的に

名前が通ったチームを破っていますから

その実力どおりのサッカーを披露してくれたと思います。

派手さは無かったですが基本技術が正確な上に

仕掛ける姿勢を終始持ち続けたこと。

その上に組織的かつフィジカル面でも整備された守備を持ち合わせていた点は

この両チームはファイナルにふさわしい実力を備えたものと評価できます。

細かい技術で作陽、運動量で盛岡商業が上回ると思ってましたが

勝負を分けたのはその運動量の部分だったと思います。

後半半ば過ぎくらいから明らかに連戦の疲労で

作陽の動きが落ちてきたのに対して

盛岡商業の選手の運動量はなんとか走りぬいたという感じですね。

ただこの両チームは決して縦ポンの放り込みサッカーをせずに

出来る限りつないでつないで攻めるという姿勢を最後まで貫きました。

その部分をちゃんと見ておかないとへそ曲がりなサッカー通が

体力重視のサッカーへの回帰じゃねえのか?

などと揶揄しかねませんからねぇ(苦笑)

そういう意味では昨年の野洲の優勝から生まれた新たな流れというのは

今年の大会でも継続しているものと思われます。

地方の哀しさで地元チーム(皆実)以外ではほとんど見ることができず

好チームと評判の高かった武南や静岡学園、室蘭大谷といったところを

見ることができなかったので

ベスト4へ進んだチームのサッカーの質でしか判断材料が無いので

断言はできないんですけどね(苦笑)

技術と運動量の質を高めて組織力を突き詰めていくスタイル

これが今後の日本サッカーの目指すべき方向性だと思うので

その流れに沿ったチームが今後も益々増えていくことでしょう。

ファイナルに進んだ2チームだけでなく

初出場でベスト4まで進んだ神村学園はその象徴ですね。

                                                             

最後に

ファイナルの舞台で大観衆を前に

力いっぱい戦った両チームの選手に拍手!

|

« メビウス38話 | Main | メビウス39話 感想 »

Comments

盛岡商業の選手で目に付いたのは
前線の4人の1対1での仕掛けの速さ。
特に9番のスピードは素晴しかった。
11番くんの技術と判断の速さもすばらしい。

一方作陽は後半投入された「テーピング王子」以上に
ゴールを決めたサイドバックの13番くんが気になります。
というのは作陽は前の5人のレベルが非常に高いんだけど
両サイドバックの攻撃参加というのが
準決勝ではあまり見られなかったので
余計に目立ったんでしょうね。

どちらのチームも守備意識も高く技術レベルも高い
いいチームであったと思います

Posted by: トラマ | January 08, 2007 at 05:13 PM

Youtubeで野洲と八千代のダイジェストを見ました。
やっぱり野洲は野洲ですね。
ベースとなる個人技術の高さは健在でした。
それから静岡学園も部分部分ではありますが
ダイジェストを見させていただきました。
この両校に続く技術を大事にしていたチームが
八千代であり作陽であったと思います
武南とか見たいんですが・・・動画無いですかね

Posted by: トラマ | January 08, 2007 at 07:37 PM

 はじめまして。こばゆうと申します。
 誠に勝手ながらトラックバックさせていただきました。たいした内容でもございませんけれど、ご笑覧いただきましたら幸甚に存じます。
 もし不愉快でございましたらコメントともども消去くださいませ。

Posted by: KOBAYOU | January 08, 2007 at 09:44 PM

こんばんはです。今年も宜しくお願い致します!

で、ファイナルはまだ見てません・・・。ので触れませんw。
しかしながら「皆実基準」で見ていただけに(苦笑)、どのチームもよく見えましたorz。HTVが悪いわけではないんですけど、ダイジェストくらいは流して欲しいかったですよね。

これからは群雄割拠になっていくのを感じました。

Posted by: hbk_boshoot | January 08, 2007 at 10:51 PM

>こばゆうさん

TB&コメントありがとうございます。
こちらもTBさせていただきました。
そちらで書かれていること至極そのとおりだと思います。
市船や国見サッカーが無敵だったころとは異なり
各地域のトレセン制度が充実してきて
一人ひとりの技術(単に足元だけでなく体の使い方など)が
ものすごく上がっていることを実感させられました。
まあそんな中でも野洲や静岡学園の個人技は
高校サッカーレベルでは抜けている感がありましたが・・・

>hbk氏

あけおめです。
そうなのよ皆実基準で見ちゃうと他所が
みーんな良いサッカーに見えてしまう^^;
ダイジェストくらい流してくれればいいんだけど
さすがカープマンセーな放送局です>HTV

Posted by: トラマ | January 09, 2007 at 10:18 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96812/13388695

Listed below are links to weblogs that reference 高校サッカー決勝:

» 高校サッカー決勝!盛岡商vs作陽 [O塚政晴と愉快な仲間達]
選手権は20年くらい前から観ていて、今まで一番好きだったのは帝京の松波(兄のほう。元ガンバ大阪)です。 毎年、選手達の技術や戦術などは飛躍的に向上してる。 幼い頃からW杯やJリーグを観て育った世代だからね。 それと同時に、全国の指導者のレベルも上がり、今大会のような岩手県や岡山県といった地域が決勝まで勝ち進んでいるんだと思います。 とても良い事です。 決して、市船や国見や帝京が弱い訳ではないと思います(監督が変わったりいろいろありますが)。 常連校が勝ち進... [Read More]

Tracked on January 08, 2007 at 04:51 PM

» ジャンクSPORTS 新春スペシャル ビーチバレー 浅尾美和(お宝画像あり) [ジャンクSPORTS 新春スペシャル ビーチバレー 浅尾美和(お宝画像あり)]
ジャンクSPORTS 新春スペシャルでダウンタウンの浜田雅功チーム(ジャンクチーム)と女子ビーチバレーの浅尾美和・西堀健実組が対決!!(浅尾美和 お宝画像大公開!!) 浜田雅功率いるジャンクチームと、浅尾美和&西堀健実がビーチバレーボール対決を行った!! [Read More]

Tracked on January 08, 2007 at 05:29 PM

» 結果としてセクシィ。 [www.kobayou.com]
高校選手権サッカーの決勝を観ましたが…。 [Read More]

Tracked on January 08, 2007 at 09:42 PM

» 全国高校サッカー選手権、盛岡商が初優勝 [鴎3矢]
1月8日成人の日に行われた全国高校サッカー選手権、盛岡商が作陽を下し初優勝しました。 共に始めて決勝戦に進出した同士の対戦は、どちらが勝ってもおかしくない熱戦となりました。 ただこういう大事なゲームで主審が家本氏であったのは疑問。 荒れたゲームにならな....... [Read More]

Tracked on January 08, 2007 at 10:41 PM

» 高校サッカー決勝戦。 [yskのブログーb]
盛岡商業(岩手)2-1作陽(岡山) 盛岡商業が後半40分に逆転ゴールで初の全国制覇です。 岩手県勢でも初めての全国制覇!!! 代表者なし、J内定者なしの無名軍団が頂点に輝きました。 いやぁ今大会は波乱でした。 盛岡商業が優勝すると予想した人は相当凄いです。 優... [Read More]

Tracked on January 09, 2007 at 12:08 AM

» 高校サッカー 盛岡商初優勝! [【日々の未来】徒然なるままに・・・]
盛岡商、東北勢40大会ぶりの全国制覇! 高校サッカー 第85回全国高校サッカー選手権最終日は8日、東京・国立競技場で約3万6000人の観客を集めて45分ハーフの決勝を行い、盛岡商(岩手)が2-1で作陽(岡山)に逆転勝ちし、15度目の出場で初優勝を果たした。岩... [Read More]

Tracked on January 09, 2007 at 12:11 AM

» 神村学園 応援歌 [神村学園 サッカー 野球 頑張れ 神村学園 応援歌]
神村学園は親戚の子供がいっています。その子がこの神村学園で大きく成長しました。 ありがとう神村学園! [Read More]

Tracked on January 10, 2007 at 03:39 AM

« メビウス38話 | Main | メビウス39話 感想 »