« December 2006 | Main | February 2007 »

January 31, 2007

青森から帰ってきましたが・・・

疲労困憊のため更新できず申し訳ないです。

っていうほど疲れてはいないのだが(笑)

| | Comments (10) | TrackBack (0)

January 27, 2007

泣けた・・・メビウス41話

もう冒頭から泣ける展開でした。

今回の実質主人公である塚本先生はウルトラマン80こと矢的猛の教え子。

そして猛の教えを今も胸に生徒の指導に励んでおられます。

あの逆立ちのシーンでまずウルっと来ました。

そしていきなり円盤生物とウルトラマン80のバトルシーン。

マニアックな点で評価したいのは当時のSEを忠実に再現していること。

80が構える際の「シュッ(フォッかな?)」という音と

光線技を出す際の音、これは80を実際に見た人でないと

わからないところだと思いますが・・・

そして劇中で80自身によって語られる教師を辞めた理由。

怪獣との戦いに追われて教師を全うできなかったことを

今も後悔している80。

もうこのあたりで涙が出始めました。

そうとは知らず桜ヶ岡中学が廃校になる前にと

クラス会をなんと屋上で開催する1年E組の面々。

スーパー、真一、ファッション、博士、落語・・・・ect

懐かしい面々です。

そんなところへ現れた怪獣ホー。

意味不明に暴れるホーに困惑するメビウスの元に現れたのは・・・

そう遠くの星から来た男です。

生徒たちの

あれは・・・」

「ウルトラマン・・・」

「80!」

「俺たちの・・・」

「ウルトラマン!」

そして塚本の

「矢的先生!」

これは80をリアルタイムで見たファン全員の思いを

彼らが代弁しているように思いました。

で、なぜかうれしそうな怪獣ホー。

なぜならホーの出現した理由が学校にあったから。。。

生徒たちと矢的猛を今一度会わせてやりたい

ホーを生み出したのはマイナスエネルギーなどではなく

学校の精霊もしくは霊魂のような気がするのですが・・・

ま、それはともかくホーを昇天させたあとに

生徒たちが80に向かって現況報告、そして

仰げば尊し

もうこのあたりになってくると号泣モードでありました。

そしてファンが待ち望んだ矢的猛登場!

もう感動の嵐であります。

レオのオゝトリゲンの熱き魂にも感動しましたが

80と生徒たちの絆の物語にも感動であります。

スタッフ・出演者のみなさん(特に塚本先生)ありがとう!

そして短い時間ではあったけどメビウスの出演してくれた

長谷川初範さん!ありがとう!

165109784_190

165109784_65

| | Comments (64) | TrackBack (10)

January 25, 2007

カノッサの屈辱一晩限定で復活

2月5日の深夜にカノッサの屈辱が一晩だけ復活だそうです

これは大変興味深いですね。

問題は広島のフジ系列で見れるかどうかなんですが・・・

ちなみにお題目は携帯電話のようですね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

軍事肥大化する国

中国が宇宙にゴミを撒き散らしたことを公式発表

どう考えても軍事利用にしか見えないんだが・・・

軍事・外交関係に造詣の深い方々のサイトを見てみると

余計にそう実感できるわな。

社民や共産だけでなく民主や自民のセンセイの中に

中共に尻尾をふる人はいても噛み付く人はほとんどおらんじゃろう。

外務省についても同様。

北朝鮮の問題に目が行きがちだけども

もっとおっかない国家が背後にいることを認識すべき。

つうか

マグロを買いあさるな!中国人!>ってそっちかよw

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 24, 2007

君らに資格はあるのか?

朝○新聞のあるある報道に関するコラム

声を大にして彼らに言ってやりたい

お前らにそんなことを言う資格はねえ!

戦前は日本の大本営発表の片棒をかつぎ

戦後は中国共産党の大本営発表をかつぐ。

やらせ関連で言えばこの系列の局のほうが

よっぽど悪質だと思うんだがな。

過去に沖縄の珊瑚に傷をつけた件とかどうなったんだ?

| | Comments (0) | TrackBack (1)

January 22, 2007

磯貝・・・・

もう何も言うまい。

昔彼に期待していたんだが・・・・・・

え?なんのことかって?

これを見てくれ

| | Comments (4) | TrackBack (0)

January 21, 2007

安部礼司の短かった春;;

あ、安部礼司公式サイト

あ、安部礼司資料室

毎週楽しみに聞いている「あ、安部礼司 Beyond the Average」ですが

先週から安部くんの恋人岩月加奈さんが謎の失踪をしております。

相思相愛の仲だった二人のはずなのに

いったい加奈さんに何があったんでしょうか?

このままでは安部くんの仕事にも支障が出るでしょうし

というか 

ご当地ナビ間に合うのか?

                                                 

さて幾分ご都合主義的な感のある加奈さんの失踪ですが

理由を想像してみるのも結構楽しいものです。

ヒントとなるのは加奈さんがバイト(?)として勤めていたドラッグストアに

やってきた若い男性の素性。

これがわかれば理由もおのずと解けてくることでしょう。

実は当初加奈パパもしくは加奈さん本人が不治の病で

どうしようもなくなったんじゃないかと思ってたんですが

彼の登場でどうもそういう話じゃなさそうで・・・

私が一番可能性が高いと思うのは加奈さんのお兄さん。

ただ現時点で決め付ける材料に非常に乏しい。

というわけでトラマの想像(妄想)をあれこれ

                                                            

1.加奈さんのお兄さんが実はとんでもない借金をこさえていて

岩月家は夜逃げ状態だった。安部君への電話も当然仙台からではない

まあこういう理由であるなら加奈さんが唐突に身を引くのも納得。

もしかしたらドラッグストアに来たのは借金取りとか?

似たようなパターンで

2.上記同様加奈さんのお兄さんの借金の返済のため

彼女は夜の仕事(飲み屋or風俗)をせざるを得ない状況となった

あるいは借金返済のためにお金持ちに嫁がないといけなくなった

というパターンも考えられますね。

どちらにしても切ない話です。

番組の性格上こういう展開は考えにくいので

3.実は加奈さんの父上が加奈さんには内緒で勝手に親同士で

婚約を決めていた相手がいた。

ドラッグストアへやってきたのは許婚である。

何年か前にNHKの朝の連ドラで仙台を舞台にしたやつで

こういう話であったのを憶えているのですが・・・

仙台つながりでこういうのもありかな、と(笑)

あとありえない展開としては

4.実は加奈さんは某国のスパイであって安部礼司が進めている

ご当地ナビを利用して日本の情報をさぐろうとしていた

加奈パパが木登り名人であったのは実は本業がスパイだった

というのなら納得です。

というか本当の親子じゃないのかもしれませんね(笑)

某国についてはご想像にお任せします^^;

もっとも探る相手を根本的に間違っているような・・・

別に国じゃなくて企業スパイでもいいですね>いいのか?

さらにありえない展開としては

5.実は加奈さんの正体は宇宙じ(以下略)

                                                            

まあ私の想像した中に答えはないでしょうね(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

フジTVのあるある捏造問題に思う

一応業界に関わりのある人間として触れなくてはいけないだろう。

騙された消費者の怒りはもっともだと思う。
でも作られた納豆には罪はありません。
というかダイエット効果についてはともかく
納豆自体は非常に健康に良いものです。
あの番組が煽ったほど食べなくてもいいから
自分の健康維持のために見直してほしいと思う。

というかここ数年の健康ブームを牽引してきた番組だけに
そこまでしてネタを拾わないといけないのか?
などと思った。
お昼のみのさんの番組もそうなんだけど
正直言ってこの手の番組のネタはもうあまり新鮮な
ものは無いんじゃないかと思う。

去年(おととし?)のTBSの豆騒動に続き
今回の納豆。
放映するたびに何十億という金が動いているんだろう。
だがその金を得るために金では買えない信用という
もっとも大事な資産を失った。
皮肉なものだ

| | Comments (4) | TrackBack (1)

January 20, 2007

メビウス40話

朱川脚本ラストはホラーテイストなお話でした。

平成ウルトラの隠れテーマともいうべき人の心の強さ・弱さを

ストレートに表現したお話でした。

ティガのイルドとギジェラの回を思い出したファンも多いのではないでしょうか。

ウルトラは世相を反映した話が意外と多いのですが

今回のストーリーも文明の利器は発達したけれども

大事な何かを失いつつある現代人を風刺しているように思いました。

人間は弱い生き物でもあるのです。

誰だって淋しいのは嫌です、楽な方楽な方に行きたいのです。

だけどそんな気持ちに負けては何も残らない

生きている意味すら無い。

だからこそ前を向いて行かないといけないのです

前々作ネクサスで姫矢が溝呂木の罠で

闇に囚われそうになった弧門に対して言っています。

そんなんじゃ生きている意味が無い!

                                                 

人の心は弱い、でも強い気持ちを持てばいつか道は拓ける。

そんなことを感じ取ったのですがみなさんはいかがでしょうか?

                                                            

さて次週は・・・・っまぁいいでしょう(と無理やり自分の気持ちを抑える^^;)

え、え、え

エイティ!(叫)

| | Comments (0) | TrackBack (6)

January 17, 2007

治ったの?

メンテナンスで更新もTBもコメントもできない状態でした。

治ったんですかね?>ココログ

| | Comments (3) | TrackBack (0)

January 15, 2007

北京五輪代表応援企画(?)

今さらながらブログのほうでは新年のあいさつをしておりませんでした。

と、いうわけで

あけましておめでとうございます(遅)

さて新年早々色々と取り上げたい物件が色々あるわけですが

まずはサッカーファンでもあるのでサッカーネタから。

実はずっと前からやりたかった企画があったのです。

それは

平山相太再生プロジェクト

オランダから帰ってきて以降、

プレーよりもネタ要員と化している彼の姿に

心を痛めたサッカーファンもいるかと思われます。

ところがマスコミなどで報じられる彼の態度を見ると

一向に復調しそうな気配が感じられません。

むしろ苛立ちすらおぼえる有様です。

正直代表の青いユニフォームを着る資格すら疑うのですが

五輪代表監督の反町さんは彼をずっとレギュラーで使い続けました。

国見時代のまさに怪物と呼ばれた頃の平山を忘れられないのでしょう。

もちろん反町さんが電柱系を好むというのもあるが・・・

しかし生半可なことでは平山は成長どころか

復活すらできないのではないかと思うのです。

個人的には

佐山聡さんに臨時コーチに就任していただき

ムチャクチャしごいていただきたいのですが

怪物を復活させ成長させるには

人間を超越した方がコーチとして相応しいかと思われ・・・・

というわけで日本サッカー界の危機にあの男が立ち上がった

その男の名は・・・

_020_1  モロボシ・ダン隊長

                                                 

                                                 

いやこの顔じゃダン隊長らしくありませんね。

_025_1 

                                                           

                                                           

こっちのほうがいいかなw

                                                           

そう、ただのモロボシ・ダンではありません。

あくまでもモロボシ・ダン隊長でないといけないのです。

Wikiやグーグルで検索してもらえればわかりますが

ウルトラマンレオことおゝとりゲンを凄まじい特訓で鍛え上げた

防衛チームの鬼隊長(兼ウルトラセブン)であります。

鬼隊長ぶりがよくわかる動画1(ウルトラマンレオ4話)

鬼隊長ぶりがよくわかる動画2(上の続き)

きっと彼ならば平山くんを猛烈に鍛え上げて

日本サッカーの救世主に仕立てあげてくれることでしょう

たぶんそのときはこのようなやりとりがあったものと・・・

                                                             

アジア大会でふがいないプレーぶりに終始した平山の前に

松葉杖を使い右足をひきずりながら歩く一人の男が現れた。

_024_1                      

  反町君が言っていた期待のFW平山というのは君か?

                                                             

Hirayama6               

  誰っすか?今俺食事で忙しいんすけど

                                                              

                                                              

まるでやる気の無いその態度にキレたモロボシダン隊長

 _015_1 

 貴様!何だその口の利き方は!

                                                           

                                                           

_016                               

   な、何するんすか!

                                                              

                                                              

_025_2  オランダに1年間いたって言ってたよな?

 お前はいったい一年間何やってきたんだ!(怒)

                                                              

                                                              

Hirayama3 

  その勘違いな髪の毛は何だ!

                                                

                                                

                                            

Hirayama5

                                                     

   その空気を読まない態度は何だ!

                                                 

                                                  

                                                  

Hirayama1  

  そのハナクソは何だぁぁぁぁ!

                                                  

                                                  

                                                  

お前のハナクソでシュートを決めることができるのか?

結果を残すことができるのか?

俺について来い!お前の性根を叩きなおしてやる!

                                                 

で、平山相太が連れて行かれたのは

仮面ライダーや戦隊ヒーロー、さらにモロボシダン隊長の愛弟子が

血と汗と涙を流した伝説の採石場跡地であった。

そしてもはや特訓とは呼べぬ惨劇がはじまろうとしていた。

 _018                              

  ジープで平山を追い掛け回すモロボシダン隊長

                                                             

                                                              

_019  逃げるなぁぁぁぁぁ相太ぁぁぁ!

  逃げるんじゃない!

                                                 

Hirayama2  

  いやぁぁぁぁぁぁ離してぇぇぇ

                                              

                                              

_026  逃げるなぁぁぁぁ!

 逃げずに立ち向かって行くんだ!

                                                

Hirayama4  し、死ぬゥゥゥゥゥ

 誰か助けてぇぇぇぇぇ

                                                

_017  何度言えばわかる!

 逃げずに立ち向かって行くんだ!

                                                 

と、次の瞬間

                                                             

_023  

   ボコッ!

                                               

Hirayama7_1

                                                             

  ・・・・・・・・・・・

                                                           

                                                             

車に乗り上げる平山相太

だが、彼の強靭な肉体はその衝撃にも耐え抜いてみせたのだ。

                                                            

_020_2  そうだ!相太。それでいいんだ!

 お前は誰よりも強靭な肉体を持っている

                                                             

Hirayama7  

  ・・・・・・・・・・・・・

                                                             

                                                             

_022_1  だがお前はそのことに気づかず逃げ回ってばかりいた。

  たいして足も速くないくせに・・・

                                                             

Hirayama11_1    

  ・・・・・・・・・・・

                                                             

_024_2  FWの仕事はゴール前に突っ立っていることではない。

 時として体を張ることも大事だということを忘れるな!

                                                              

Hirayama8  そうか・・・それで僕を・・・・

 ありがとうございます!モロボシさん!

                                                             

_025_3  モロボシさんではない!

 隊長と呼べ!

                                               

                                              

                                               

結局マイペースな部分は最後まで変わらなかったものの

FWとは何か?というものを掴んだ平山は

その後五輪代表で大活躍・・・・するかどうかわかりません(笑)

というかその前に

ワンチョペからスタメン奪ってからにしてくれ

| | Comments (9) | TrackBack (0)

January 14, 2007

高校サッカーを復習する

第二日本テレビ というサイトがあるそうです。

ここで今年行われた高校選手権の全試合のハイライト映像(ベスト8からはフル)

さらには地方大会の決勝ハイライトまであるようです。

見れなかった試合はここでチェックしてみると良いかも。

室蘭大谷の宮澤くんがものすごく印象に残ってます。

ちゃんとFWにタレントいるじゃん

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 13, 2007

メビウス39話 感想

完全にギャグ編ですな、これは。

肝っ玉母ちゃんが宇宙人に体を乗っ取られそうになるけど

家族への愛が宇宙人の意識を上回り

逆転の勝利(?)に貢献する、というおおまかなストーリーですが

序盤のサユリさんとサーペント星人の合体は

サーペント星人のセリフを含めて誰がどう見ても

郷秀樹と帰りマンのオマージュだし

サーペント星人のフォルムは脚本の朱川さんが好きだという

ボーグ星人もどき でしたね。

まあリュウの

「塩なんて積んでねぇぞ!」

の絡みとか(ZATだったら・・・^^;)

サユリさんのキャストオフにクロックアップについては

他所のサイトやブログで感想UPされると思うので触れません(面白かったけど)

個人的に一番ツボだったのは勝利後に

トリピーを知らずのうちにボコってるサユリさんなんですが^^;

スタッフ、そして演じている美保さんも楽しんで作っているなぁ

というのが非常によくわかるお話であったと思います。

ラストに子供たちへの「車に気をつけるんだよ」というセリフ

あれは脚本には無かったんじゃないかと思うんですが

実際のところどうなんでしょうね。

美保さんのブログあたりでネタバレしてないかな。

まあ前作マックスではこのような話が頻繁にありましたが

メビウスはエビスさん以来じゃないですか?

意外とコメディー編は少ないのね。

もしかしたらコメディー編は最後になるかもしれないけど・・・

最後にゲスト出演(今回の主人公)の美保純さん

最高でした!

最終回とかにまた出てこないですかね。

宇宙人パワーで市民救助に活躍するサユリ母ちゃんとか

| | Comments (1) | TrackBack (14)

January 08, 2007

高校サッカー決勝

盛岡商業の初優勝で幕切れとなりました。

去年の野洲が見せたほどのインパクトはありませんが

高校サッカーがいよいよ群雄割拠の時代に入ったという象徴的な

出来事と言っても過言ではありません。

盛岡商業は武南、八千代など

一方の作陽も静岡学園、室蘭大谷といった全国的に

名前が通ったチームを破っていますから

その実力どおりのサッカーを披露してくれたと思います。

派手さは無かったですが基本技術が正確な上に

仕掛ける姿勢を終始持ち続けたこと。

その上に組織的かつフィジカル面でも整備された守備を持ち合わせていた点は

この両チームはファイナルにふさわしい実力を備えたものと評価できます。

細かい技術で作陽、運動量で盛岡商業が上回ると思ってましたが

勝負を分けたのはその運動量の部分だったと思います。

後半半ば過ぎくらいから明らかに連戦の疲労で

作陽の動きが落ちてきたのに対して

盛岡商業の選手の運動量はなんとか走りぬいたという感じですね。

ただこの両チームは決して縦ポンの放り込みサッカーをせずに

出来る限りつないでつないで攻めるという姿勢を最後まで貫きました。

その部分をちゃんと見ておかないとへそ曲がりなサッカー通が

体力重視のサッカーへの回帰じゃねえのか?

などと揶揄しかねませんからねぇ(苦笑)

そういう意味では昨年の野洲の優勝から生まれた新たな流れというのは

今年の大会でも継続しているものと思われます。

地方の哀しさで地元チーム(皆実)以外ではほとんど見ることができず

好チームと評判の高かった武南や静岡学園、室蘭大谷といったところを

見ることができなかったので

ベスト4へ進んだチームのサッカーの質でしか判断材料が無いので

断言はできないんですけどね(苦笑)

技術と運動量の質を高めて組織力を突き詰めていくスタイル

これが今後の日本サッカーの目指すべき方向性だと思うので

その流れに沿ったチームが今後も益々増えていくことでしょう。

ファイナルに進んだ2チームだけでなく

初出場でベスト4まで進んだ神村学園はその象徴ですね。

                                                             

最後に

ファイナルの舞台で大観衆を前に

力いっぱい戦った両チームの選手に拍手!

| | Comments (5) | TrackBack (7)

January 07, 2007

メビウス38話

例によってYoutubeで見ましたが・・・

勇魚隊長かっこえええええええ!

ええ、いつカイザに変身してくれるのか待っていたんですが^^;

最後の最後まで魅せてくれました。

実は前回のウルトラのパパ降臨際よりも

今回のストーリーのほうが興奮しました。

ドラマパート、特撮パートそれぞれで魅せられるものがあったので。

それにしても1整備士からオーシャンの隊長にまで出世したのは

陰で相当努力したことでしょうね。

もちろん本人の資質もありますが・・・

今後もまた勇魚隊長にはご出演願いたいものです

| | Comments (1) | TrackBack (8)

January 06, 2007

うーん・・・地味だw

高校サッカーの決勝は作陽vs盛岡商業ですか・・・

うーん・・・誰も予想できなかったでしょうねぇ。

万馬券を当てるよりもこのカードを当てるほうが難しいかも

結果しか知りませんが(八千代はGKのオウンゴールらしいが)

後ほど録画を確認しようと思います。

ただ言えるのはもう名前だけで勝てる時代じゃないということですね。

地域間の格差があきらかに減少しているし

少し前まで弱小地域でもあった中国地方のチームが

ベスト8に2チームも残り、そのうち1チームがファイナルですからねぇ。

Jの恩恵(?)をもっとも受けた地域と言っても過言ではないかも。

決勝戦へ勝ち残った両チームの選手は

とにかく風邪ひかんようにしてできるだけ万全の体調で

試合に臨んで欲しいと思います。

それから負けた神村学園・八千代の選手のみなさん。

結果は残念だったけどよくここまで勝ち上がった。

ちょっと今日のピッチコンディションは連戦で疲れた身には

大変堪えたと思う。

とにかくゆっくり休んでくださいね。

| | Comments (0) | TrackBack (4)

January 05, 2007

高校サッカー準々決勝(ブログ版)

皆実は結局無得点のまま破れてしまいました。
原因はいろいろあるとは思いますが
今日の試合はたぶん今大会で一番内容が良かった。
勝つチャンスはこれまでのどの試合よりもあったけども
決めることができなかった・・・
また批判的な意見がネットを中心に氾濫するとは思うが
胸を張って堂々と広島へ帰って欲しい。
他のカードに目を向けると
作陽が静岡学園を下して堂々のベスト4入り。
2ch情報でしかわからないのだが
試合内容でも圧倒していたらしいのだが・・・
(5-2でもおかしくなかったとか)
今大会の作陽はかなり攻撃的なチームなので
次もまた楽しみ。
楽しみといえばセクシーフットボール(野洲)に圧勝した
八千代が順当に勝ち進んだ。
決勝はできれば八千代vs作陽を期待したいが
こればっかりはなんとも・・・

| | Comments (0) | TrackBack (4)

« December 2006 | Main | February 2007 »