« ウルトラマンメビウス30話を簡単に振り返る? | Main | 優秀なボランチがいれば(アジアユース関連) »

October 29, 2006

U-19 北朝鮮戦

2-0で見事勝ち抜きました。

事前情報で3名下痢(ハーフナー・内田・森重→内田はスタメン出場)

さらにこのチームのエースと目された梅崎が発熱だったそうなので

かなり不安であったのですが(事実立ち上がりは硬かった)

代わりに出た選手(山本や田中)らがまずまずの働きぶりを見せ

同じ時刻に放映してたスペインvsアルゼンチンに比べると

甚だエンタメ性には欠ける試合ではありましたが

求めうる最高の結果を残してくれました。

既にA代表で視聴者は経験済みですが

とにかく劣悪なピッチ(ボコボコの上に滑りやすい)なので

パスサッカーは難しいとチーム(特に福元あたりが)で判断して

ロングボール主体の攻撃となりましたが

そういった中でセカンドボールを拾ってチャンスを広げていったのは

日本のほうが多かったように思います。

河原の先制ゴールは本当に見事の一言。

中盤でボールを奪ってからのチーム全体の動き出しが素晴しく

田中か山本がパスを出したんでしょうけど

その後の河原の判断+個人技は素晴しかった。

影のアシストは陽介。

彼がシュートコースを作るために前へ走りこんでましたね。

とにかくこのゴールで日本は落ち着きました。

後半も序盤は北朝鮮にやや押し込まれる場面もありましたが

その後はほぼ日本ペース。

我慢比べという様相となってきたこの試合で

劣悪なピッチに先に悲鳴をあげたのは北朝鮮のほうでした。

足をつる選手や思うようなプレーができず苛立つ選手が出てきて

よっぽどの大チョンボでもない限りは大丈夫かな

と思っていたときに陽介の追加点(後半38分)。

前半から見せていたタイミングの良い積極的な前線への飛び出しが

このゴールを生みました。

この後は交代カードを巧みに使って(代わって入った青木や柳沢もGJ!)

そのまま押し切りましたね。

この試合のMONは文句なしに河原でしょう。

先制ゴール・追加点のアシストだけでなく

彼が巧みな動き出しで前線の起点となったり

守備では時として最終ライン近くまでもどってカバーするなど

己の特徴を存分に発揮した選手だったと思います。

それから陽介もいい仕事をしました。

サンフレッチェの試合を見慣れているファンにとっては

あれくらいは彼ならば簡単にできる、と思っているでしょうが

(俺はもっとできると思っているが・・・)

国際大会の大事な緒戦で普段どおりのプレーを

こなせるというのは並大抵のことではありません。

しかも彼の場合、他の選手が劣悪なピッチでパスミスや

トラップミスをしでかす中で

ほとんどミスすることなく、つなぐところはつなぎ

キープすべき時はちゃんとキープして

さらに効果的なサイドチェンジやスルーパスを通して見せました。

ジュビロのサポや名波ギャルに怒られるかもしれませんが

今日の陽介を見て2000年のアジアカップでの名波の姿を思い出しました。

もしかしたら彼の大会となるかもしれませんよ。

大事な初戦で最高の結果を出せたこと。

警告・故障者が出なかったこと。

エース格である梅崎を温存できたこと。

代わりに入った選手(田中や青木・柳沢ら)が

十分戦力として使えることがわかったこと。

そして何よりもこのチームの一番のストロングポイントでもある

福元・槙野を中心とした守備の堅さを改めて確認できたこと。

これらが今日の試合の収穫でしょう。

中一日という大変厳しいスケジュールではありますが

次も勝ってまずはグループリーグの突破を早々に決めて欲しいですね。

                                                             

というわけでトラマ流選手採点

GK 林 6.0  唯一の大学生プレーヤーだが完璧な出来。 

          日本の大学リーグもレベルが高いことを改めて証明。

DF 内田 6.0  体調が良くなさそうではあったが守備面で貢献した。

  槙野 6.5  福元・林とともに堅守を演出。コーチングも良かった

  福元 6.5  ピッチの状態を見てロングボール主体にしたのは

           賢明な判断。守備面でも的確なカバーリングを披露

  堤  6.0  攻撃面では物足りないが守備ではカバーと

           1対1の対応で強さを見せた。

MF 青山 5.5 よく走っていたがパスミスが多く1対1の対応でも

           やや不安定な感があり、しばしば味方をピンチに。

           ただ柏木の代わりに悪質なファウルを食らっていたので

           DFだけでなく柏木にとってもフィルターだったのかw

  柏木 7.0  普段どおりのプレーを披露。

           組み立て・攻撃陣のサポート・守備のカバーと

           ほぼ完璧な内容だった。

  山本 6.0  梅崎に代わって左サイドを担当。 

          効果的なパスやシュート、ドリブルも見せたが

          もっとできる選手なはず(と期待しております)

  田中 6.0  普段どおりのプレー。Jで見せている機動力を披露。

          攻撃陣のサポートやボランチのカバーに奮闘

FW 森嶋 6.0  高さと強さで相手の脅威にはなっていたが

           前線の起点にはなりきれていなかった。

  河原  7.5  先制点に1アシストという結果を残しただけでなく  

           素晴しい動き出しの良さで前線の起点にもなり

           守備面でも走り回っていた。文句なしにMVP

ハーフナー 5.5 体調が悪いのか競り合いに勝てず 

           ボールも持てなかったのは残念。

柳沢  5.5  田中とは異なる持ち味(ドリブルなど)を披露。

          今後に期待か?

青木  6.0  好調ぶりを伝えられていたがそのとおりであって

         短い時間のなかで己の役割+個性を発揮した。

|

« ウルトラマンメビウス30話を簡単に振り返る? | Main | 優秀なボランチがいれば(アジアユース関連) »

Comments

訂正!河原にパスだしたのデカモリシだったのね。
だったら6.0くらいはあげてもいいかな

Posted by: トラマ | October 29, 2006 at 11:08 PM

寝起き観戦につき詳細が虚ろだったんで、Blogの方にはアップしませんが、完勝でしたよね!

Jで経験積んだ選手が多かったのも良かったんでしょう。

しかし、北の国相手で大きなケガをしなかったのは色んな意味で何よりです・・・。

Posted by: hbk_boshoot | October 29, 2006 at 11:10 PM

>hbkさん

勝ったということもあったので多少甘めの採点です。
しかし某携帯サイトではえらくキツイ採点となってました。
槙野や福元の点数が予想以上に低かったのは
ちょっと初戦の緊張感と劣悪なピッチを
よく理解していない人がつけたのではないかと・・・

Posted by: トラマ | October 30, 2006 at 09:42 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96812/12480175

Listed below are links to weblogs that reference U-19 北朝鮮戦:

» U-19ニッポン、北朝鮮に快勝!! [キングのオキラク蹴球記]
そうだ、今日はこの試合があったんですよね。 NHKのサンデースポーツを見て思い出した次第です。 知ってても見れなかったけど。 再放送はきっと寝ているだろうなぁ。 この大会は20歳以下ワールドカップへの出場権をかけたアジアユース選手権。 7大会連続の...... [Read More]

Tracked on October 30, 2006 at 11:27 PM

» AFC U-19選手権・日本vs北朝鮮 [藤沢雄二の“うまとと日記♪”]
BS朝日でアジアユース選手権の予選をやっていたので何気なく見てみた。録画かと思っていたら生放送だということで態勢を整えて見ることにした。 日本は予選C組。北朝鮮と [Read More]

Tracked on October 30, 2006 at 11:33 PM

» U-19アジア選手権開幕!! [ふぉるてブログ〜小田急線梅ヶ丘駅の不動産会社フォルテの徒然〜]
ウッカリしてましたが、今日からU-19アジア選手権がスタートです。場所はインド。 この大会は19歳以下の選手によって2年毎に行われ、FIFA U-20ワールドカップへのアジア予選も兼ねています。 このAFCユース選手権の上位4チームが、来年6月30日からカナダで開催されるFIFA...... [Read More]

Tracked on October 30, 2006 at 11:34 PM

» U-19日本代表勝利!vs北朝鮮 [hime-blueサッカー日本代表観戦メモ]
よっしゃ〜〜!!2−0で勝利! AFCアジアユース選手権(inインド)が始まりました! グループCは日本、北朝鮮、イラン、タジキスタンの強豪が集う死のグループ?! 今日はその初戦の北朝鮮戦。 インドのこのスタジアムは、A代表がアジアカップ予選で戦った、あのピッチの悪〜いスタジアムです。 北朝鮮は主力と思われていた選手がなぜか皆ベンチに。 日本のシステムは4−4−2。なんだけど、4人ともディフェンスラインにいて本当に4バック。 ほとんどの選手が現役Jリーガーなんだね。 今日... [Read More]

Tracked on October 31, 2006 at 12:25 AM

» 石井ふく子も橋田寿賀子も予想外の大活躍だよ 河原! [アルビ東京在住サポーター]
昨日、10月30日付の日刊スポーツ新聞の9面を、永久保存版にすること決定だってさあ、うちの河原〝えなり〟和寿がシュートを打った場面の写真が、デカデカと掲載されてるんだもん              9面の上半分が             上半分がですよ河原が右足を振りぬいている写真で占められているんですよw( ▼o▼ )wどんな写真かつーっと、J's GOALにも、全く同じ写真がUPされて... [Read More]

Tracked on October 31, 2006 at 02:28 AM

» AFC ユース選手権 2006 [Half Time]
AFC ユース選手権 2006が開幕! っと、言っても、 関西では、あまり関係ない話になりそう。 放送は、BS朝日・テレビ朝日だけってぇ・・・。 頑張っても決勝Tに進出してからかなぁ・・・。 伊藤翔のプレー見たいぞ!>テレビ朝日・朝日放送 ... [Read More]

Tracked on October 31, 2006 at 06:10 AM

» U−19日本代表vsU−19北朝鮮代表 [俺的蹴球趣向主義!]
日本 2−0 北朝鮮 えなりキタ――!!! [Read More]

Tracked on October 31, 2006 at 09:18 AM

» AFC ユース選手権 2006 U-19 日本代表 Vs U-19 タジキスタン代表戦 [Half Time]
U-19 日本代表が、4-0で快勝!したらしい。 まぁ、前回も書きましたが、 BS朝日が見れないのと、関西では放送がないので観戦していないので、 ネットで文章を見ただけなんですがぁ・・・。 森島康仁が2発で活躍したそうな、 後半からは、伊藤翔も出場したらしい。 あくまで、ネットで文章を見ただけなんですがぁ・・・。 これで、8強入りに当確ですなぁ。 決勝Tからは、放送して下さい。>テレビ朝日・朝日放送 伊藤翔のプレー見たいぞ! ... [Read More]

Tracked on November 01, 2006 at 06:05 PM

« ウルトラマンメビウス30話を簡単に振り返る? | Main | 優秀なボランチがいれば(アジアユース関連) »