« 今頃ヤプール最終作(?)を振り返る | Main | ちょっと先の話ですが »

October 06, 2006

甲府戦に向けて

明日はアウェーで甲府戦です。

広島から行くには非常に遠く感じる甲府ですが(実際遠いけど)

選手も応援に行かれるサポのみなさんもくれぐれも

元気な姿を見せて頑張ってほしいものです。

さて試合の展望ですがホーム・アウェー問わず甲府は攻めにきます。

攻めの度合いはホームでの方が高いのは間違いないです。

ということで勝負となるのは前後半始めの10分間でしょう。

この10分間を凌げば付け入る隙は出てくると思います。

残念ながら広島はG大阪や浦和のような強豪チームではありません。

だからこそそこに付け入る隙があるのではないかと思うのです。

ダバツの負傷が気になりますが

それ以外は前節と同じメンバーで臨むことになるでしょう。

前回ビッグアーチで対戦したときはチームがまだ

固まっていなかったこともありますが(MPV監督の自爆采配もあった)

完敗に近い内容でした。

特に決定機で自信の無いプレーをさらけだしてしまった柏木あたりは

内心期するものがあると思います。

しっかりリベンジして欲しいと切に願います。

ポイントは相手の3トップをいかにして抑えるか。

バレー以上にやっかいなのが最前線のボランチ(笑)茂原。

何で彼を契約延長しなかったのか未だに理解に苦しむところですが

彼の前線でのプレッシングの動きと意外と正確なポストプレーが

バレーや山崎(or長谷川)にスペースと時間を作っています。

それから中盤から上がってくる藤田も要注意。

彼のプレースキックも危険です。

ただ中盤から前のプレッシングをかわせばバックラインは

それほど強固な感じではありません。

ウェズレイに頼りすぎる状況はあまり好ましいとは思いませんが

彼が前線でいかにキープできるかが広島の攻撃のバロメーターとなるでしょう。

MPV監督に希望するのは相手のDFラインを下げさせるためにも

時と場合によっては3トップ布陣も見せてほしい。

甲府の攻撃は嵩にかかるとSBまでガンガン上がってきます。

そのSBを自陣にくぎ付けにするためにも

前線の選手の投入も考えて欲しいと思います。

まあ前みたいに滑るピッチじゃないだろうから

うまくやれば・・・・・

|

« 今頃ヤプール最終作(?)を振り返る | Main | ちょっと先の話ですが »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96812/12175518

Listed below are links to weblogs that reference 甲府戦に向けて:

« 今頃ヤプール最終作(?)を振り返る | Main | ちょっと先の話ですが »