« 温暖化に関連して | Main | 大宮戦 »

September 22, 2006

大宮戦について考える

大宮は勝たないといけない相手ではあるが

決して楽に勝てる相手ではない。

というか世界的にも稀なくらい戦力が均衡している

今のJ1で楽に勝てる相手などいないのである

実は今手元で某携帯サイトの記事を目にしながら書いてるのだが

果たして大宮が守りを固めてカウンターを狙うようなチームなんだろうか?

去年までの大宮は間違いなくカウンター型のチームであった。

しかし降格した緑や黄色のチームから大量補強した今期は

必ずしもその見方は正しいとは思えない。

多少ラインを低めに設定してくるとは思うが

決してカウンター一本槍のチームではなく

むしろW小林を中心としたポゼッション型のチームではないかと思う。

ポイントとなるのは当然のごとく青山と小林大吾の対決だ。

大吾がリスクをかけて攻め上がる青山の対応に奔走するようだと

広島にグっと勝利の女神が微笑むかもしれない。

確かに吉原(彼にはよくやられたよなァ)や桜井のように

カウンター攻撃の中心となりそうな快速系のFWがいるが

彼らにパスを供給する選手をしっかりマークすることで

脅威はかなり減ってくると思われる。

1対1になったときの対応の仕方と、DFラインからのパスミスさえ

ちゃんとやっていればセットプレー以外ではそんなに

失点しないでいけそうにも思えるのだが・・・

ただセットプレーは重要だし危険でもある。

相手には優秀なキッカー(小林)がいる上にそこそこ高さもあるため

しっかり守りたい。

浦和戦前のレビューにも書いたが前半を少なくともイーブンで行けば

後半になれば運動量で圧倒できる展開もあるかもしれない。

そこできっちり決めれば勝てるだろう。

広島の勝利を期待するとともに以前から好きだった選手(小林大吾)を

目の前で見れるまたとないチャンスだ。

ユース代表で×熊に不当な扱いを受けていた彼と坂田の姿を見て

「×熊!てめェぬっころしちゃるわ!」

などと怒りを憶えたサッカーファンも大勢いたことだろう。

まさかとは思うがオシム体制になって大吾や山瀬・長谷部といった

技術もあって動ける攻撃的MFをベンチに眠らせてるのは

×熊が絡んでいるからじゃないのか?

などと邪推したくなる(笑)

仕事も休みなのでリラックスしてこの試合を楽しみたいと思う。

|

« 温暖化に関連して | Main | 大宮戦 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96812/11997371

Listed below are links to weblogs that reference 大宮戦について考える:

« 温暖化に関連して | Main | 大宮戦 »