« 大宮戦 | Main | 女子大生ブログ »

September 24, 2006

最高にかっこいいヒーローとは

仮面ライダーや戦隊もの、あるいはウルトラなどで

いわゆるイケメンヒーローが世の奥様方の暑い、

もとい熱い視線を集めております。

確かに彼ははホストみたいなイケメンが多いし

(実際その後ホスト扱ったドラマに出演してるし)

かっこいい人たちだなァ、と僕も思います。

でも僕の中で“ヒーロー”として最高にカッコよくて

強い人で真っ先に思い浮かぶのは

快傑ズバットです。

最近の特撮ヒーローは主人公の成長ドラマが多いです。

今の仮面ライダーにしても戦隊にしてもウルトラにしても

基本的には戦いのなかで主人公(と仲間たち)が強くなっていき

強大な敵を最後には打ち破る、という流れになってます。

ところがこのズバットさんは

はじめっから主人公は最強なのです。

とにかく強い、ムチャクチャ強くてカッコいいのであります。

そのズバットこと早川健の魅力について適当に熱く語ろうと思います(笑)

                                                              

1.何気にのけぞりそうなオープニング

プロペラ機のフライトから始まるオープニングなのですが

その後悪党どもと戦うときに拳銃ぶっ放してる早川健。

お前銃刀法違反じゃないのか!

で、このあと問題のシーン

早川の友人飛鳥五郎の銃殺シーンが流れます。

毎回何十発も撃たれる映像を見せ付けられるのは

正直欝なのでありますが・・・(^^;

ズバットOP動画

                                                              

2.ドラマ冒頭の見せ場 用心棒との対決

さすらいの私立探偵早川健が行くところ(といっても復讐の旅だが)

必ず事件が起きます。

で、毎回各地域の暴力団みたいなのが出てきて

そこの用心棒と早川が凄腕対決をする。

これがズバットのドラマの毎回の基本的な流れとなってます。

ある意味ここを楽しみに見ていた人が多かったのではないかと思います。

毎回毎回凄腕(?)の用心棒が出てきてトンデモな技を披露するのですが

それを上回る日本一の腕前を披露する早川。

もっとも凄腕のところに(?)と入れたのは

皿投げとかペット吹きとか

おおよそ用心棒稼業とは思えない技だったりするのであって^^;。

用心棒との対決動画(3話と5話)

用心棒との対決動画(皿投げ編)

                                                             

ちなみに早川さんは自前のアコースティックギターで

エレキの音を出しながらアコースティックの音も出すという

ギターの腕前も素晴らしい方のようです。

残念ながら歌唱力は日本一では無いようですが^^;;;;;

今放映中の仮面ライダーカブトにもあらゆる世界で頂点に立とうという

トンデモキャラがいますが

一度早川さんの元へ修行に行ったらいいと思うのは僕だけでしょうか?^^;

それにしても何でも日本一の腕前を持つ早川さんですから

普通のスポーツの腕前も日本一であった可能性はありますね。

そういえばサッカー日本代表の前監督であったジーコさんも

「早川が5人いればワールドカップで優勝できた」

と残念そうに語っていたとか(嘘です)

                                                  

3.キザでかっこいい早川健

服装もさることながらとにかくキザでカッコいい早川

これは演じた宮内洋さんに負うところが大きいです。

ズバットをドラマ化する際に主人公を選ぶときに

原作者の石の森章太郎さんが

「宮内じゃないとダメだ!」

とおっしゃっていたそうですが納得ですね。

こんなキザでかっこよくてアクションもできる主人公は

宮内さんでないとできません。

私以上にズバットを熱く語っていらっしゃる方もいますので

そちらもご参照くださいませ。

                                                              

4.ムチャクチャ強いズバット

早川が常に離さず持っているギター

この中にズバットスーツが入ってます。

不思議なのはちゃんとギターの音が出ていることなんですよ^^;

かなりぎゅうぎゅう詰めに入っているように見えるのですが・・・

で、さすがの早川もピンチとなって相手に捕らえられます。

ところが一瞬目を離したスキに

ズバッカーに乗って颯爽と登場するズバット・・・・

いったいどうやって脱出したんだ?>早川

これは実際に見てもらわないとわからないシーンなんですけどね。

で、ズバットに変身してからも

やっぱりキザな早川健(笑) あの名セリフ(?)とともに登場します。

                                                              

『ズバット参上!ズバット解決!

人呼んでさすらいのヒーロー!

快傑ズバァァァァット!』

                                                             

名乗りを上げるときに自分のことをヒーローと言い切っちゃうのは

後にも先にもズバットしかないんじゃないでしょうか?

で、このズバットですが変身する前からして

改造人間としか思えない強さを発揮していた早川さんなので

もう無敵としか言いようが無いほど強いです。

ムチが主要武器なんですがピストルの銃弾も叩き落とすほどで

正直苦戦したのは終盤のダッカーとの直接対決のときくらいでしょうか。

そして戦い終わった後のお決まりのセリフ・・・

「飛鳥五郎を殺したのは貴様かァァ!」

フラフラの敵は自分じゃない、と否定するのですが

何話か忘れましたが

「お、俺はそのころ地中海のレストランで地中海料理を食ってたんだ!」

なんてのもありましたな(笑)

                                                              

最後にズバットは

「この者○○犯人」

と記したカードを残して去っていきます。

ちなみに最後のカードを引き取るのは早川の友人の刑事(東条)なんですが

毎回この刑事さん出てくるけど

あんた管轄外なんじゃないのか?^^;

                                                              

と、まあ適当にズバットについて書いてみましたが

もう一つズバットの特徴というか魅力なんですが

番組のサブタイトルがまるで演歌の曲名みたいなことですね。

快傑ズバットについて(タイトルも掲載されてます)

                                                             

とにかく面白い作品であることは間違いないので(笑えるかも)

一度ご覧いただくことをお勧めします。

|

« 大宮戦 | Main | 女子大生ブログ »

Comments

私はズバット知らないんで、今のところ自分の中では、一番かっこいいヒーローは「牙狼-GARO-」なんです。
変身する前から強いし、かっこいいし、物語も濃いし。
なんでも、生身のスタントは俳優さんや女優さんが、自分自身でこなしたとか・・・
「牙狼」のレビューも途中ですが、またレビューしたいと思います。
まあ、雨宮監督の美学があって、嫌いな人は嫌いかもしれませんが・・・
駄文すいません・・・

Posted by: マキシ | September 25, 2006 at 12:47 AM

私もズバットは見たこと無いですね。
その代わり「怪傑のーてんき」は見たことがあります。

ブログの説明を見ていると「ズバット」を「のーてんき」と
変えても通用するんじゃないかと思えるほど忠実に作ってあった
気がします。

ズバットを見てからのーてんきを見たほうがもっと楽しめた
かもしれません。

Posted by: HAMAN(R.N.うどん男) | September 25, 2006 at 05:27 AM

>マキシさん

「かっこいいヒーロー」の前に「昭和の」をつけるべきでした。
というか現在のヒーロー像に影響を与えた作品で
あったと思います。
GAROは未見ですがいつか見たいと思います。
日経流通新聞にも取り上げられたほどの作品ですからね。
テレビ東京は何気にマニア受けしそうな特撮作品を
次々に放映してますね。
ズバット、シャンゼリオン、GARO・・・ect

>HAMANさん

ズバットは実は全国ネットで放映されてないらしいんですよ。
僕もビデオでしか見てませんし・・・
ただ演じた宮内洋さんの代表作というべき作品でしょう。

Posted by: トラマ | September 25, 2006 at 08:16 AM

私の好きなサッカーネタで早川さんに
登場していただくとなると

「中村スン輔、日本が誇る左利きのファンタジスタ
だがその足技は日本じゃ2番目だ!」

「日本で2番目?この俺よりサッカーの上手い奴が
どこにいるっていうんだ!」

・・・・・・・・・

そこらじゅうに俺はいると思うぞ(爆)

Posted by: トラマ | September 25, 2006 at 06:23 PM

石ノ森先生ご自身が宮内氏を推していらっしゃったとは
知りませんでした。

何をやっても「お前さんは日本じゃぁ二番目だ」の早川さんは
ズバットスーツがなくとも充分強いんじゃないか……
って話は、よく出ますね。
そういえばズバットスーツって、使用に制限時間があるって
設定じゃありませんでしたっけ?
制限時間内にスイッチを切らないと爆発してしまう。
スイッチを切ると鉛のように重くなってしまう、
ということだったような。
(ずいぶん前に観たっきりなので
 正確な記憶じゃありませんが)

「あれは強化服なんかじゃないわ!
 早川の強すぎるパワーを押さえ込むための
 拘束具なのよ!」
みたいな。

GAROは観てなかったんですが、CATVで再放送が始まったので
録画してます。
録画しただけで「積読」状態。
時間ができたら、ぶっ通しで観ようと思ってるんですけど。

Posted by: 2のワンペア | September 25, 2006 at 10:10 PM

>2のワンペアさん

おお!さっそくのご訪問ありがとうございます。
ウルトラ会議室でだどさんがダイナを取り上げたときに
ズバットネタが炸裂していたのを思い出しました(笑)
宮内さん起用の経緯は何かの本で見た記憶があります。
まあ結果としてハマり役だったわけですが・・・

ズバットスーツは制限時間が確か5分だったかな?
最終回2部作で一度制限時間が来てしまったことが
あったようです。
まあ早川さんのリミッターみたいなもんですね(笑)

Posted by: トラマ | September 26, 2006 at 08:10 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96812/12027099

Listed below are links to weblogs that reference 最高にかっこいいヒーローとは:

« 大宮戦 | Main | 女子大生ブログ »