« 本当はすぐにでも | Main | オシムとジーコの違いとは »

August 27, 2006

元日産同僚対決

京都vs横浜Mのことです。

久保の1トップは無能代表監督が今年何度か試しましたが

久保自身のコンディションを無視した選手起用のためにうまくいきませんでした。

しかし水沼監督はあえて久保を1トップに起用したということは

それだけ久保の状態もいいということなんでしょう。

こちらで久保にいかに点を取らせるかということを

水沼監督が考えていた、という意見は納得いくものですが

私はむしろ後ろの二人、特に山瀬を生かすことも

隠れたテーマであったのではないかと思います。

そしてこの二人の活躍で横浜は快勝しました。

結果的に山瀬は4点すべてに絡む大活躍をしましたが

久保の動き出しの良さ(特に逃げる動きが秀逸)や

両サイド(ドゥトラ&田中)やボランチ(特に河合)の後方支援もあって

水沼監督がやろうとしてたサッカーをほぼできたんじゃないでしょうか?

山瀬自身も非常にキレがあり運動量も豊富で

日本代表に呼ばれたことで自信を持ってプレーしていたように思います。

今後のJ1で台風の目になるかもしれません。

もともと戦力的には十分優勝候補なんですからねェ(苦笑)

                                                             

一方の京都ですが不運な面があったのは否めませんが(3点目のPKなど)

個々の1対1での対応やマークの受け渡しなど守備面で

かなり不安を抱えているチームであることを実感しました。

4試合で16失点ですからねェ・・・

ま、ウチ的にはありがたいことなんですが(苦笑)

とりあえず元日産同僚対決は戦力を生かしきった水沼氏の勝利ということで

|

« 本当はすぐにでも | Main | オシムとジーコの違いとは »

Comments

当方のおふざけ企画にお付き合いいただき、ありがとうございます。

しかし、見事に外れましたね~♪

好きな監督はカペッロとも答えていたので、そちらの線も考慮に入れておけばよかったのでしょうが、正直カペッロに興味はなかったので軽く無視してしまいました(笑)

ただ4-0で完勝したわけですが、戦術面はある程度整理されたものの、問題が一向に改善されていなかったことが気になるところ。

久保がポストとして機能していたのも、相手がディフェンス崩壊中の京都だったからであって、中位以上が相手でも同じように機能するかは疑問が残ります。

Posted by: hume | August 28, 2006 at 10:27 PM

>humeさん

コメントいただき恐縮です。
選手起用およびフォーメーションは
ドンピシャじゃないですか(笑)
トッティ=山瀬、カッサーノ=奥 
って感じですかね。

横浜の場合は相手云々よりもまず勝つことで
自信を回復させることが必要だったと思うので
そういう意味では今の京都と当たったのは
水沼監督にとってラッキーだったのかもしれません。
ウチの青山みたいな運動量豊富なボランチでもいれば
横浜は劇的に変化すると思うのですが
河合はフィジカルはともかくMFとしての技術面で
不満が残るし、上野はそういうダイナモタイプの選手では
ないので難しいところですね。
いっそ田中隼をボランチにしたらどうか
とも思ってしまいますが(^^;

Posted by: トラマ | August 29, 2006 at 08:29 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96812/11634185

Listed below are links to weblogs that reference 元日産同僚対決:

« 本当はすぐにでも | Main | オシムとジーコの違いとは »