« July 2006 | Main | September 2006 »

August 31, 2006

昨日は

博多に出張に出ておりました。

某チェーングループの本部が博多駅前に移動してましたので

様子見も兼ねて挨拶に行って来ました。

その前に大宰府方面とかにも商談に行っていたのですが

帰りの高速に乗る時間が遅れてしまって

サンフレッチェの試合に間に合いませんでした。

というか前半途中からの観戦となりました(下田の神セーブは未見)

試合終了後某所で改めて映像で見た印象などをふまえた上で

改めて感想をUPしたいと思います。

なるべく感情論には走らないように書こうと思いますが

昨日の試合に関しては結果が出たこと以外は喜べる内容では・・・

まあいいや、仕事!仕事!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 28, 2006

オシムとジーコの違いとは

海老沢泰久さんのコラムでオシムとジーコの違いについて

いろいろと考えさせられるという内容のものがあった。

なるほど監督のコメントを表面だけで捉えるならば

ほとんど一緒だろうね。

でもそこに至るまでのアプローチの仕方がまるで違うんだよ>海老沢氏

ジーコの場合自由に必ずついて周る『責任』というものに

まるで言及してなかったんじゃない?

それから自主的な判断力を養うための具体的なトレーニング法などまるで無し。

さらに一番の問題はレギュラーを固定してしまいチーム内の

競争意識というものを著しく減退させたこと。

もちろん陰に陽に異論反論を封じた川淵氏のバックアップもあって

ジーコ氏が監督時代には表面上では問題視されなかったけどね。

というわけで間違っても

オシムとジーコを同列で論じることは

無意味だし止めてもらいたい

少なくとも論じるのであれば

ジーコ時代はどうだった、オシムに代わってどうなった

という具体的な検証も添えて記事を書くように

でないと

川淵の太鼓持ちなどと揶揄されても知らんぞ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 27, 2006

元日産同僚対決

京都vs横浜Mのことです。

久保の1トップは無能代表監督が今年何度か試しましたが

久保自身のコンディションを無視した選手起用のためにうまくいきませんでした。

しかし水沼監督はあえて久保を1トップに起用したということは

それだけ久保の状態もいいということなんでしょう。

こちらで久保にいかに点を取らせるかということを

水沼監督が考えていた、という意見は納得いくものですが

私はむしろ後ろの二人、特に山瀬を生かすことも

隠れたテーマであったのではないかと思います。

そしてこの二人の活躍で横浜は快勝しました。

結果的に山瀬は4点すべてに絡む大活躍をしましたが

久保の動き出しの良さ(特に逃げる動きが秀逸)や

両サイド(ドゥトラ&田中)やボランチ(特に河合)の後方支援もあって

水沼監督がやろうとしてたサッカーをほぼできたんじゃないでしょうか?

山瀬自身も非常にキレがあり運動量も豊富で

日本代表に呼ばれたことで自信を持ってプレーしていたように思います。

今後のJ1で台風の目になるかもしれません。

もともと戦力的には十分優勝候補なんですからねェ(苦笑)

                                                             

一方の京都ですが不運な面があったのは否めませんが(3点目のPKなど)

個々の1対1での対応やマークの受け渡しなど守備面で

かなり不安を抱えているチームであることを実感しました。

4試合で16失点ですからねェ・・・

ま、ウチ的にはありがたいことなんですが(苦笑)

とりあえず元日産同僚対決は戦力を生かしきった水沼氏の勝利ということで

| | Comments (2) | TrackBack (0)

本当はすぐにでも

昨日の鹿島戦を取り上げたいのですが

本人が疲弊しているのと

情報がネットだけで観戦したわけではないので

次の磐田戦も合わせて取り上げたいと思います。

ただ一言言えるのは

中盤より前に関してはようやく戦える陣容が揃ってきたな

ということでしょうか。

僕自身はまだカズの右DF起用については否定的です。

1対1にも不安はあるし、それ以上に

セットプレーでの高さ不足が深刻だからです。

残留争いで多少なりとも余裕が出てくる前に

槙野なり西河なりを使ってほしいんですが・・・

ここ2試合に関しては2トップ以外の選手が得点をしているのも重要です。

トップグループを走る川崎と広島との決定的な差は

2トップ以外の選手の得点力であるわけですから。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

新潟遠征記 新発田城編

アルビレッジを訪問後国道7号線をひたすら北上、新発田市へ入る。

コモタウンを見た後にどうしても見に行きたかった新発田城へ。

_257   _258

 _259

 _261

                                                              

                                                              

                                                              

編集が面倒なので画像を適当に貼り付けてみました。

算木積みの美しい石垣と堀、そして櫓となかなか壮観でした。

ちかくに堀部安兵衛にちなんで「安兵衛茶屋」なる休憩所もあります。

現在新発田城は自衛隊の駐屯地にもなっているため

復元された三階櫓には入れません。

このことが新発田城を観光資源として売り込みにくい原因となってます。

実際新発田城の観光ボランティアの方や安兵衛茶屋のオバチャンに

話を聞いても揃って残念がってましたからね。

歴史ファンの立場でいえば新潟県内は広い敷地はいくらでもあるんだから

移転しても何ら問題ないと思うんですが・・・

ちなみに新発田重家時代の本丸、いわゆる古丸はもろに自衛隊駐屯地内です。

在りし日の新発田氏の栄華をしのびたかったんですが・・・

時間も押してたので五十野や赤谷は行きませんでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

新潟遠征記 アルビレッジ編

仕事関係の日記はmixiにまとめております。

見たいという方は(いないと思うが)

コメントをいただければこちらでも公開いたします。

                                                              

_252_1  聖籠町まで来たのでせっかくなんでアルビレックス新潟の

 クラブハウスをおがんでまいりました。

                                                             

_253  全部で何面あるのかわかりませんがなかなか広いピッチ。

 素晴らしいトレーニング施設だと思います。

                                                             

_254  アルビレックス新潟のクラブハウス。

 試合前日ということもあって誰もいなかったので敷地内へ侵入

                                                             

_255  で、建物の写真なんかを撮ってました。

 もうちょっと近づこうと思ったら職員さんが出てきました

                                                             

「ここは勝手に入ったらいけませんよ!」

と注意されてしまいましたのでスゴスゴと退散。

すぐ側にあるオレンジカフェなる建物へ行き一服しようと思ったんですが

「ごめんなさい!2時半でおしまいなんです!」

と言われちゃいました。

だったら入り口にそういう建て看板でも置いとけ!(怒)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 24, 2006

サカダイ編集長辞任?

こちらこちらのコメントの内容を見た限り

あまりにも不自然な辞任ではないのか?

サカダイがようやく川淵氏とその取り巻きへの批判記事を

書くようになったかと思ったらこの始末・・・

もし次の編集長が川淵率いるサッカー協会の太鼓持ち記事ばかり

書き連ねるようならば

サカダイはファンから見捨てられるだろうな

それ以上に気になるのが

4コマ漫画「スーパーさぶ」である。

この漫画ほど痛烈にジーコおよび川淵氏を皮肉ったものは無いだろう。

山内氏が辞任(退任?)したあとでは

マジでスーパーさぶが強制終了させられそうでイヤだ!(泣

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ただいま新潟出張中

新潟市内のホテルから無線LANなるものを使って書いております。

実は無線LANなるものは初めて使ったのでありますが

正直快適なネット通信とはいい難く・・・・

昨日のG大阪vs広島はばっちり見てました。

見終わったあとに大阪行きの高速バスに乗りましたので

かなり慌しかったですけどね。

昨日の試合の感想は

まあ段々と内容は良くなっているのかな

でしょうかね。

結果が出なかったのは残念だし厳しい意見が出るのは当然だと思うけど

ホームでの甲府戦や清水戦のような

ウ○コみたいな内容ではなかったので

ヨシとします>何様(^^;;;

ガンバ戦のアウェーというと去年のハンジュのありえないスーパーゴールで

2点先制しながらその後虐殺された試合を思い出すのですが

今回は相手のキーマン(遠藤)が途中で退いたとはいえ

最後の最後まで追い詰めたわけですから

その反発力に対しては素直に賞賛したいと思います。

この試合でいいプレーをした柏木については以前から

広島のデコになれる選手

と言ってきているので本人さえその気になってなおかつ

監督・コーチ陣のサポートさえあればあれくらいできる子だと思ってました。

というわけで広島に帰ってから改めて彼に対する期待を

アップしたいと思います。

一度本人と話をしてみたいとは思うのですが

どなたかセッティングできる方いらっしゃいませんかね?

直接彼に向かって

「お前は広島どころか日本のデコになれるんじゃ!」

と言ってやりたいのですが(^^;

さて新潟の飲み屋さんを探そうか・・・

| | Comments (0) | TrackBack (1)

August 22, 2006

今さらながらメビウス19話感想(^^;

もうリアルタイムに放映されてる地域ではウルトラに遅い感想ですね(^^;

録画してあったのを憶えていたのですが

いろいろと所用があって見れませんでした。

ストーリーなどは詳しい部分については

タイガーさんのブログツバサさんのサイトを参照ください(手抜き)

ジョージをフィーチャーしたストーリーでしたが

彼の常人とは異なる能力を持つが故の苦悩と

人間的優しさがうまく描かれていたと思います。

リュウの「個人で競う競技をやればいいんじゃないのか?」

という発言には至極納得いくものがありましたが

やっぱりみんなで楽しむスポーツが彼は大好きなんでしょう。

というか仲間で一緒に力を合わせて成し遂げるということを

サッカーを通じて幼き頃から自然に学んでいたんだけど

あまりに突出していた能力があった故に

大人になって彼自身忘れかけていたものであったことを

GUYSのメンバーと一緒に戦ううちに思い出していったんだと思います。

                                                             

さてもう一つさりげなく注目していたのがサコミズの対応。

リュウへ諭すシーンももちろん大事でありますが

序盤のメテオールショットをジョージが使おうとした際の

「焦るな!ジョージ!まだ分析が済んでいない!」

このセリフも今回のストーリーにおいて重要だったんではないかと。

というかGUYSというチームの有り方において大事なセリフですね。

ああいった緊急の場面でもサコミズは隊員各々の役割について

重要視していたということを示していたことです。

仮にあの場面でジョージの進言を受け入れてメテオール解禁したとしたら

分析官のテッペイの立場が無くなります。

これまでに有益な分析・戦術を提案していくことで

チームに無くてはならないテッペイの存在(分析)を

今後隊員全員が軽くみてしまいかねない事態となり

結果としてチーム瓦解につながりかねない。

まあここまでサコミズがあの場面で考えていたかはわかりませんが(笑)

ジョージがメテオールショットでの攻撃を成功させたけれども

1体となった怪獣に襲撃されて負傷したシーンというのは

「テッペイの分析があってこそ自分の攻撃がうまくいったんだ」

ということを彼に認識させたことでしょう(もちろんリュウとの絆の再確認も)

ラストのジョージの発言はテッペイへの信頼を

改めて意思表示したという風にとらえるべきでしょうね。

さて次はアーストロン復活編か・・・

北陸へ出張に出ますので帰ってから見ることになるか

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 21, 2006

youtubeで

昔サポティスタで紹介されてた「更迭ジーコ」(鋼鉄ジーグのパロ)の

動画を探してるんですが見つかりません。

既に消去されたんですかねェ。

アレはけっこう力作で面白かったのに

| | Comments (2) | TrackBack (0)

August 20, 2006

ダバダバダバダバ~♪

いやぁ痺れるほどの攻め合い凌ぎ合い感動した。

この後も是非とも頑張ってくれい!

あの大観衆が見守る中ですばらしいゲームでしたね。

ええ、もちろん早稲田実業と駒大苫小牧のことです

                                                            

                                                            

あ、そうかカテゴリーがサッカーになっているのでサッカーのことにも

触れないといけませんね。

_030  一丸となって応援する大分サポのみなさま

 遠路はるばるお疲れ様です。

                                                             

広島~大分って近いようでいて結構遠いのよ。

去年何度も出張に行ってるからわかるんだけど

高速道路は天候の変化にすこぶる弱い道路(すぐ霧で通行止めになる)

北九州~大分の間が有料道路が途切れ途切れとなってるので

かなり不便。

しかしそういう中でも500人以上の熱心なサポの皆さんがいらっしゃいました。

まあ中には

_031  バックスタンドで応援しようとして警備員に追い返された

 数名の大分サポの方々もいらっしゃったようですが・・・。

                                                             

しかし席が空いてるのなら別に大分側に無理やり追い返す必要もないと

俺は思うのだが・・・・・

去年なんか広島のファンが多い席の中で

堂々と対戦チームを応援しているツワモノがいましたからねェ

と、思っていたのだがどうも乱闘騒ぎだったようです。

原因は大分サポが挑発的なゲーフラを張り出してたことらしい

                                                             

で、生で見た大分の選手の印象ですが

まずGKの西川くん、わかっていたことではありますが

すばらしいGKですね。

今日の試合に関してはパーフェクトでした

ええもちろん彼一人で無失点に抑えたわけではありませんが

ポジショニング・キャッチング、そしてキックと

ほぼ完璧に近いプレーだったのではありませんか?

A代表のスタメンGKが昨日大チョンボをやらかしましたから

五輪代表だけで彼を独占するのはもったいないですね

この際代表にも呼んであげましょうよ>反町さん。

そうそうA代表といえば左サイドの根本くん、彼もいいですね。

まあ今日の試合は味方が一人退場しましたから

後半は守備専門って感じでしたが

対面のウリナラマンセー元代表の16番をほぼ抑えてましたね。

さらに付け加えるなら前半あった数少ない攻撃参加で

上記の16番の選手を簡単に振り切ってましたよ

A代表のレギュラー左SBが故障中ですから彼も推薦してくださいね>反町さん

それから1対1にめっぽう強かった守備陣

特に11番と10番を流れの中で前を向かせることのなかった

深谷選手もがんばってましたね。

ただペナ近くでファウルで止めるシーンが多かったのはいただけません。

イエメン戦の遠藤選手や三渡州選手も真っ青なくらいに

相手がFKを外してくれたから良かったものの

今後の反省材料とすべきでしょうね。

個人的にはU-19代表の福元くんを見たかったんですが

彼は外れてましたね。

まあ若い選手はちょっとスタメンで使い続けると慢心する場合が

結構ありますのでそのあたりのケアをシャムスカさんは考えたのでしょう。

それから中盤で相手の攻撃を潰しまくったトゥーリオ&エジミウソン両選手

彼らこそシャムスカマジックを具現化している選手でしょう。

今日の試合では27番の技巧・機動力にやや戸惑う場面はありましたが

もっとも恐ろしいと思われた7番のバイタルエリアへの侵入を阻止し

ゴールへの意欲を失わせることに成功しました。

おかげで7番は中盤で浮遊しているだけの存在と化してしまいました。

彼らは隠れたMVPであったと思われます。

最後にゴールを決めた松橋選手、ナイスゴールです。

相手のDFがそろいもそろってスピードに欠ける選手ばかり

とはいえ

ほぼ唯一の決定機であのスピードプレーはたいしたものです。

きっと草葉の陰で小嶺先生も喜んでいらっしゃることでしょう

>死んでないって(^^;

                                                              

                                                              

もう一方のチームの分析ですか?

気が向かないので他のサイトで確認お願いします

まあ一つ言えるのは

いい加減に現実に目をむけしょうや>PVさん

ということでしょうね。

走るサッカーを目指すと言っておきながら

走れない守れない選手を重用するのは

おかしいんじゃありませんか?>PVさん

おまけにスピードのまるで無い両DF

真ん中で頑張ってる戸田が不憫でなりません

スポンサー枠だかポテンシャルだかよくわかりませんが

一向に調子の上がらない8番にこだわり続けるのと

不安定な右DFに本職をおかず

アルバイトみたいな選手を置くのは

いい加減やめてもらいたい!

それができなければ

いくらチーム作りに時間がかかるからといっても

見ているお客さんに何の説得力も持たないのですよ

| | Comments (8) | TrackBack (5)

August 19, 2006

現状考えうるベスト布陣?

某所で明日の大分戦の予想布陣が出ていたが・・・

カズの右DFって何考えとるんじゃ!(呆)

いやこれが実は情報工作なんだよトラマ君、っていうのなら納得できるんだけど

っていうか前にも言ったけども

守れない走れない選手はピッチから追い出せ!>ミーシャ

というわけで当面カズは俺の脳内布陣からは消去。

彼は試合中にゲームを落ち着かせるためのカードとして

ベンチに置いておくしか使いようがないと思うのだが・・・

それからダバツさんにしてもまだ調整が必要なんじゃないのか?

この前の清水戦は来日直後ということもあったけど

お世辞にもいいDFとはいい難いものがあった。

正直盛田と彼を交代した意図が今もって見えてこない。

で、トラマが現状考えうるサンフのベスト布陣は

                                                            

               寿人   ウェズレイ

                                                 

         公太  浩司  柏木  ハンジュ

                                                             

                   一誠

                                                             

             盛田  戸田  八田(西河)

                                                             

                   下田 

                                                 

青山や駒野が復帰するまではこれで行ったほうが無難だと思うんだが・・・

ミーシャはやらないんだろうなァ。

DFの選手に関しては適性というものを少しは考えてほしい。

その点大分ははっきりしているからわかりやすい。

DFはまず人に強いしっかり守れることが前提条件(例:深谷)

それでいて攻撃面で絡める能力があればなおよし(例:福元のフィード)

というわけで

攻めることばっか考えてないで守りも大事にして!>ミーシャ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 18, 2006

これから週末の楽しみが・・・

ビッグフラッグに続いてファンタジスタも閉店ですか・・・

今朝このニュースを知ったのですが

大変残念であります。

広島で最初のサッカーバーで私もサンフがJ2に落ちたシーズンから

行くようになったからもう2年以上になるのかなァ。

あそこで週末サッカーネタとプロレスネタと時事ネタを

勝手におっちゃべる怪しいオジサングループもできましたし(苦笑)

まだ閉店まで日数はあるので何回かは顔を出そうと思いますが

何はともあれマスターお疲れ様でした(まだ閉店しとらんのに)

それにしてもこれから欧州リーグも開幕するのだし

今後はどこへ見に行ったらいいのだろう

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 17, 2006

昨日久々に

力仕事をして腰に痛みが走りました。

たしかにお盆休みの間運動らしい運動は何一つやってませんでしたから

こういう状況は予想できたわけですが・・・

つうわけで昨日の晩は横になりながらオシムジャパンの試合を見てました。

まあ不満はありますがいいんじゃないですか?勝ったんだし。

監督は少なくとも満足してないことがよくわかったので。

広島的に言うならば駒野の出来は多いに不満です

スペースが空いてるにも関わらず自分で仕掛けず

バックパスをするシーンも目に付いたので

コンディションの問題もあったのでしょうけど

消極的姿勢と監督の目に映っても仕方がないかな、と。

逆に寿人はよくやりました、あの短い時間の中で。

スタメンで使われないのは残念なことではありますが・・・・・

というわけで二人とも

Jリーグでもっとがんばってくださいね

昨日の代表戦についてはまた後ほど

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 16, 2006

次にやるんだが・・・大分と

広島の次の相手は苦手のホームで大分なんですけど

武藤御大のブログや実際前節の試合をご覧になった方の感想

読む限りでは

また昨年の惨劇が繰り返される可能性が高い

と悲観的な思考に陥ってしまいます。

大分がすごいのはある意味千葉とも似ているのですが

自分たちがやっているサッカーにまるで迷いがないことでしょう。

とにかく今の自分たちのサッカーをやり抜けば

結果は絶対についてくる、と確信すらしているような感じです。

広島の選手にとって今節は今後を占う意味で重要な試合になるかもしれません。

自分たちのサッカーを信じることができるのか?

そしてその姿をホームのお客さんの前で堂々とみせることができるのか?

前提となるのは

走れない守れないヤツはピッチから追い出せ!

でしょうな。

昨年の惨劇の原因はつまるところそこなわけですから・・・

というわけで

ベットの代わりに柏木、カズの代わりに一誠を熱烈希望

青山はまだ無理してほしくないので次節以降にお願いします。

右DFは・・・八田?ダバツ?西河?

ってカズかよ!(呆)

| | Comments (1) | TrackBack (0)

August 15, 2006

SBS杯

BS-iで中継がありましたので

日本U-19vsメキシコU-19のゲームを見てたのですが

日本の消極的なプレーにがっかりしました。

確かにベストメンバーじゃないしスケジュールもきついのは

わかるんですが

出場した選手に覇気が無いというか

もっと自分をアピールするんだ、という気概が感じられませんでした。

槙野は声を出して頑張っていたようですが

本来主力で頑張らないといけない山本や

当落線上にあると思われる安田&横谷のガンバ勢が

あまりにも消極的な姿勢で攻撃がまるでできない。

さらに疲れが影響してるのか青山の守備時での鈍さにもガッカリ。

途中出場の佐野も攻守ともども消極的プレー。

こんなんでアジアユース勝ち抜けるんですかねェ。

3失点くらってからようやくエンジンがかかる始末。

吉田監督はしまいにはFWを5人も投入しましたが

結局PKのみの得点で内容的には完敗でした。

個人的に山本と横谷に期待をかけて見てただけに

この二人の積極性の無さには大変失望しております。

彼らがトップチームでベンチにも入れないのがなんとなくわかりました。

まあ良かったのは平繁くらいかなァ。

ドリブルで積極的に仕掛けてましたからね(PKは彼のドリブルから生まれた)

それと伊藤とか噂で聞くほどよかったとは思えないんですが・・・

まだ本番まで二ヶ月以上ありますから

もしかしたらJで劇的に成長、なんてこともあるかもしれませんが

今日出場したU-19の選手たちは猛省してほしいです。

アジアユース選手権は甘くないぞ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 13, 2006

イエメン戦メンバー

15日に行なわれるアジアカップ予選イエメン戦でのメンバーが発表されました。

スポナビより

CBが少ないとか中盤が多いとかそんなことはどうでもいい。

僕が希望することはただ一つ

佐藤兄弟はスカイラブハリケーンと

ツインシュートを練習するように!

| | Comments (2) | TrackBack (11)

August 12, 2006

水を運べなければ・・・(清水戦)

実は今日の試合はいつも以上に醒めた目線で見てました。

スタメン・ベンチメンバーに不安と諦観を感じてたのもありますが

色々ありまして素直にサンフを応援する気になれなかったからです。

応援を盛り上げようとする企画もあってTBなどで参加しましたが

当日スタジアムに来てからどうにも盛り下がる一方でした。

                                                             

ところで相変わらずの分裂応援ですがなんとかならんのでしょうか?

アウェーの清水の一体化した応援と比べても

寂しいのと腹立たしい気がしてなりません。

分裂応援がホームで勝てない直接の原因とは思いませんが

アウェーでの関東サポの一体感ある応援と比較すると・・・

                                                             

で、バックスタンドで前半は見てましたが退屈で眠くなりました(笑)

周りのオヤジが

「走れ!走らんかい!(怒)」

と罵声をあげてましたが全くその通りでした。

インサイドの中盤の3人(カズ・浩司・ベット)がことごとく不調

ベットの視野狭窄症にカズの消極的プレーのオンパレード

さらに前節あれだけ走り回っていた浩司が兄貴にお付き合いする始末。

こんなんでチャンスを作れってのが無理な話です

さすがに三人のうち誰か一人は後半代わっているだろう、

と思ってたらそのまま・・・・

で、後半開始早々に失点食らってから目が覚める始末。

なんではじめっからそれができないのかねェ

監督もさすがにベットの

「ウェズレイしか見えない」>もしかしてウェズレイにお熱?

というプレーにマズイと思い代えたのだが・・・・・

なんでハンジュやねん(呆)

ここは一誠か柏木だと俺は思うんですけどねェ。

若い選手に過度なプレッシャーを与えたくない親心なのかもしれませんが

J2降格線上に留まることのほうがよっぽどプレッシャーだと思うぞ

案の定ハンジュはサイドだか真ん中だかよくわからないポジションで

フラフラしております(苦笑)

まあベットよりは自爆パスも無いし走っている感じだから

無害な感じでマシなのかな、と

駒野が突破しようとするサイドのスペースへハンジュが

動いてしまうシーンがあったんですが

これにはさすがに苦笑いしてしまいました。

まあ駒野はオシムジャパンの左サイドバックですから

もしかしたら左足で蹴りやすいように動いたんかもしれませんね

それからダバツさんを投入した意図がよくわかりません。

盛田ってそんなに悪かったですか?

セットプレーですぐフリーな選手を作る(簡単に振り切られる)

他の選手のほうがよっぽど酷かったと思いますけどね。

ダバツさんがそんなに良かったとも思えないし

結果論になりますが中里の退場とかあったりしたんで

無理してダバツを使う必要は全く無かったと思うんですけどね。

そんなこんなで枝村に二点叩き込まれます。

さすが反町ジャパンの精鋭です。

そういえば広島にも反町ジャパンの精鋭がいましたが・・・怪我でした(涙)

今日の試合を見て思ったことは

水を運ぶ人材がいなけりゃ試合にならん

ということでしょうかね。

青山選手の早期復帰を待ちたいと思います。

それまでは下の3チームの連敗に期待するしかないようです。

                                                             

                                                              

あ、そうそう、ウェズレイのゴールは

チチヤスヨーグルト一年分の価値がありましたよ

| | Comments (0) | TrackBack (4)

August 11, 2006

マジで監督代えてくれ!

シアトルマリナーズ・・・・なんでここぞというときいつも勝てないのよ。

先発ピッチャーを除けばそこそこの戦力を持ってるのに・・・

休養もらえず酷使されているイチローやイバネスが

可哀想に思えてくるわ。

選手交代も選手起用もヘタクソな監督

ポンコツばかり補強してくるフロント

こいつら全員クビじゃああああああ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

赤い大国との付き合い方

江沢民氏はこういう指示を出しているそうです

これってようは

未来永劫日本にたかれ

ってことなんじゃないでしょうか?

日本のマスゴミが何かというと靖国だのアジアで孤立だの

騒ぎ立てますがこれって

かの国の謀略なんじゃないか?

日本はアジアでは孤立なんかしてませんよ。

少なくとも東南アジアや南アジアの国々とは良好な関係を

築けているわけだし

中東ともそんなに悪い関係とは思わない。

むしろ彼らにとって今の日本は立派なお得意様でしょう。

結局のところ東アジアのヤ○ザ国家どもがワーワー騒いでるだけ

もっともコリアは現政権が権力維持のためのダシにしてるだけだし

シナについては体制維持のためのスケープゴートでしょう。

なんだかんだで日本にそっぽを向かれたら

一番困るのは自分たちだってことをわかってんのかねェ(冷笑)

だから彼ら(マスゴミも含む)がいくらワーワー騒ごうが

無視してほっとけばよろしい

| | Comments (4) | TrackBack (0)

August 09, 2006

井戸は掘られた

相手は国内組だけの2軍といってもよいメンバー。

でもまあそれを差し引いてもオシムジャパンは快勝と言っていいでしょう。

まあ後半、特にFWの選手に点を取って欲しかったのと

セットプレーがイマイチな点を除けば

短い期間で準備したチームにしては上々の滑り出しと言っても良いでしょう。

この試合ではっきりわかったことは

いかに前監督が無能であったか

ということでしょうか。

前監督時代にはピッチ上の通訳とか

いつもボロカスに貶していたサントスが今日は文句なしのMONです

とにかく足を止めなかったことと

無駄なボールタッチが無かったこと。

これが彼を高く評価できるポイントでしょう(もちろん点を取ったことも)

彼(サントス)の使い方ひとつを見ても

オシム監督の賢さを表わしております。

というよりも前監督の使い方がいかにおかしかったというほうが正確か。

ベンチメンバーもGKと前日帰国したばかりの青山くんを除けば

ほぼ起用されましたし(今野は負傷している)

初代表の選手のハツラツとしたプレーぶりを見れば

今後に期待を抱かせるに十分な内容だったと思います。

試合中に鈴木啓太あるいは駒野が下がって3バックになって

うまく最終ラインの守備をまとめてましたし

田中達也がうまくボールを引き出す動きを見せたり(これは秀逸だった)

我那覇がフィジカルの強さを見せてポストプレーをこなし

山瀬の巧みな飛び出しがあったかと思えば

後半登場した小林が絶妙なスルーパスを見せるなど

見たいプレーを出た選手がちゃんと見せてくれたのはうれしい。

おとといの反町ジャパンに続いて

素晴らしい船出となったことと思います

                                                             

ところで川淵氏は今日は来てたのか?

いくら新生日本代表がいい試合をしたからといって

ヤツを批判することを止める気はない

                                                             

追記

オシム語録連発です(笑)

それにしても終了間際にベンチを離れた件で誰も突っ込まなかったのは

ちと残念だったりする(^^;

どういう切り返し方をするのか想像するだけでも楽しい

| | Comments (2) | TrackBack (19)

広島のサッカーを愛する皆さんへ

こちらの企画にご賛同くださるよう

よろしくお願いいたします。

トラマは仕事帰りに観戦しますので

できることは限られておりますが手拍子くらいはやりますよ

| | Comments (4) | TrackBack (2)

August 07, 2006

急遽遠距離ドライブ決定ねェ

名古屋のお客さんから明日の朝一で

荷物が欲しいということになり

どうしようもないので今日車に積んで

持っていくことになりました。

はあ・・・何時間かかるんやろ?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

めぞん一刻復活?

伊東美咲主演でめぞん一刻を放映するそうです

個人的に好きな漫画だったので興味はありますが

                                                            

音無響子を伊東美咲が演じることには

大いに不同意であります

                                                            

っていうかまた伊東美咲?正直うんざりですわ。

視聴率が取れる女優だから

ということで彼女が選ばれたんでしょうが

響子さんにしてはスレンダーすぎやしませんか?

というか線が細いという印象があるんですよ。

正直美咲嬢での音無響子はイメージが沸きません。

というか電車男であれだけ顔売ったんだから

もういいでしょ?>伊東美咲さん

かといって

グラマーな響子さんというのも想像できんし(それは六本木さんだよ)

20代半ばから後半の女優さんで響子さんを演じられそうなのは

井川遥、吉岡美穂、奥菜恵・・・・他にも探せばいるだろ(笑)

個人的には結婚経験もある奥菜恵がいいような気がするのだが・・・

                                                              

それと個性的すぎる一刻館の面々の配役が気になりますな。

特に怪しさ度ではずば抜けてる四谷さんを誰が演じるのか?

六本木さんはグラビアアイドル使ったりしてw

| | Comments (3) | TrackBack (0)

August 06, 2006

忌野清志郎回復祈願

友人から「清志郎さん回復祈願メールじゃぁ!」

とばかりにオモシロ動画(ちょっとヤバイ系)を紹介してくれました。

                                                             

ライブで北○鮮について熱唱する清志郎さん

                                                             

ちなみにこのライブが行われた時期は

拉致された方々が帰国されてそれほど日が経っていないそうです。

                                                             

夜もヒッパレで某FM局に八つ当たりする清志郎さん^^;

                                                              

歌詞がメチャクチャだ・・・(^^;;;;

しかし歌詞のFM○京のところを

川○三郎とか○BS(朝○でもOK)とかに

変えて歌ってくれないですかねェ

                                                             

いや最近のこういう国辱もののニュースを見るにつけ腹が立って仕方がないので

| | Comments (2) | TrackBack (0)

August 05, 2006

くたばれTB○

TB○社の抗議対応マニュアル?

いや別にこういうマニュアルがあるからってどうこう言うつもりはないが

この放送局はあまりにも日本国民を苛むようなことを

平気でしでかしている。

以下mixiからのコピペ

都知事発言 テロップ捏造】
「朝鮮半島支配を100%正当化するつもりはない」という発言に
「100%正当化するつもりだ」というテロップ(字幕)をつける。

【アーミテージ米国務副長官発言 曲解報道】
「経済制裁は、北朝鮮に裏をかかれないように工夫すべき」を「制裁は慎重にすべき」と報道。


【ハイド上院議員発言 日本語訳意図的誤訳】
「日本の首相が靖国に参拝すべきでないと強く思っているわけではない」を
「参拝すべきでないと強く思っている」と翻訳した字幕をつける。

【大家族番組で家族関係を操作】
大家族ノンフィクション番組の主役級の長女が実は次女。ほかにも様々な疑惑。


【白インゲンマメダイエットで中毒者続出】(これに対し総務省から次は停波すると含みの有る発言)
T○Sで放送した白インゲンマメダイエットを実践した150余名の中毒者を出す。

【731部隊報道で無関係の安部官房長官のパネルを出す】
731部隊報道において取材映像冒頭に安部長官の写真パネルを
部屋のセット的に紛れ込ませる。写真の角度は明らかにカメラを向いている。


                                             

TB○よ、あんたら一体どこの国の放送局や?

まあこういう売国マスコミはここだけじゃないんだが・・・

| | Comments (4) | TrackBack (0)

たのむから

槙野はともかく柏木はチームに返してくれぇぇ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 04, 2006

さすがですオシムさん

オシム監督記者会見より

いや素晴らしいとしか言いようがないです>オシム監督
私のような洟垂れ小僧みたいな者が言うのも
おこがましいことですが

「グッジョブ!」

と言ってやりたいです。
このコメント記事(おそらく全文ではないだろうが)
を見たときはある意味爽快な気分でありました。

亀田の件もあって日本のスポーツ界に対して
苛立ちすらおぼえていた昨今
ある種清々しさすらおぼえましたもんね。

バカ会長川淵の苦虫をつぶしたような表情が
目に浮かぶようです。


もう一度オシム監督に言います

「GJ!」

| | Comments (0) | TrackBack (8)

左利き天国?

広島に新外国人選手が入団することになりました(中国新聞より

おそらくは右のCBに入ると思うんですけど

ってダバツさんも左利きじゃん(汗)

うーん・・・・となると盛田のポジションなんですかねぇ。

まあペトロヴィッチさんは入船を右で使おうとしてたりしてたから

それもありなんでしょうか。

で、ふと気がついたことがある

広島って左利き多くない?

FWは寿人と俊介がレフティー

MFでは浩司と柏木、さらに公太も左利き

DFでは盛田に入船、そしてダバツ・・・・・

彼らを無理やり全員使ったらどうなるんだろう?

                                                             

          前俊  寿人

    公太  浩司  柏木  駒野

           青山

      盛田  ダバツ  入船

           下田

                                                              

うーん・・・強いのか弱いのかなんとも言えないイレブンだ(笑)

まあ一度見てみたいとは思うけど(やらんでしょうな)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 03, 2006

やっぱり勘違いしてるジャイアン国家

アメリカ産牛肉の輸入問題であちらの国のおエラ方がなにやら吼えてます

ピント外れもいいとこですね。

訴訟社会のアメリカで逆に問題にならないのが不思議でならないんですが

そういう都合の悪い情報は外部に出ないように

プロテクトでもかけてるんでしょうか?

まあ日本のマスコミはこことかここみたいな

国辱放送局があるから協力はいとわんでしょう

                                                              

米国産牛肉のどこに問題があったのかを

かの長官さんは認識してないんだと思います。

「だったらお前が部位の混入した肉を食ってみろや!」

と言ってやりたいですね(笑)

まあ前にも

「自動車事故に合う比率よりも少ない」

などとおバカなことを言ってたくらいですから

まあかの国の農業メジャーから相当つかまされてるんでしょうなァ

さすが自分の都合だけ考えてそれを押し付けようとするジャイアン国家。

やることなすこと己の首を絞めていることに気がつかないんでしょうか?

                                                              

とにかく日本の消費者は

自己責任でアメリカ牛肉への対処を決めるしかありませんね。

政府がまったくアテにできないのは

首相の態度を見ればよくわかるでしょう

それで牛肉が売れなくて米国が文句を垂れても

ヘタな妥協とかされたら国民が迷惑するんですけどね。

                                                             

牛丼食いたかったらBSE発症を覚悟してお食べ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 02, 2006

今日のボクシングの試合で

試合後ジャイアンリサイタルがあったのか?

御覧になった方、教えてください

                                                

                                                

                                                

                                                     

っていろいろ情報を当たってみたところどうやら

ジャイアンリサイタルは開催されなかったんですね(残念)

で、勝っちゃったんですか?

もったいないなぁ、どうせなら

負けてボロボロになって顔面血だらけの状態になっても

T-BOLANの歌を熱唱していただき

そのすさまじき芸人魂を我々の前に発揮してくれれば

吉○興行あたりから

もっとビッグなオファーが来たでしょうに

                                                             

え?亀田って芸人じゃないの?

       

| | Comments (1) | TrackBack (0)

« July 2006 | Main | September 2006 »