« youtubeで | Main | ただいま新潟出張中 »

August 22, 2006

今さらながらメビウス19話感想(^^;

もうリアルタイムに放映されてる地域ではウルトラに遅い感想ですね(^^;

録画してあったのを憶えていたのですが

いろいろと所用があって見れませんでした。

ストーリーなどは詳しい部分については

タイガーさんのブログツバサさんのサイトを参照ください(手抜き)

ジョージをフィーチャーしたストーリーでしたが

彼の常人とは異なる能力を持つが故の苦悩と

人間的優しさがうまく描かれていたと思います。

リュウの「個人で競う競技をやればいいんじゃないのか?」

という発言には至極納得いくものがありましたが

やっぱりみんなで楽しむスポーツが彼は大好きなんでしょう。

というか仲間で一緒に力を合わせて成し遂げるということを

サッカーを通じて幼き頃から自然に学んでいたんだけど

あまりに突出していた能力があった故に

大人になって彼自身忘れかけていたものであったことを

GUYSのメンバーと一緒に戦ううちに思い出していったんだと思います。

                                                             

さてもう一つさりげなく注目していたのがサコミズの対応。

リュウへ諭すシーンももちろん大事でありますが

序盤のメテオールショットをジョージが使おうとした際の

「焦るな!ジョージ!まだ分析が済んでいない!」

このセリフも今回のストーリーにおいて重要だったんではないかと。

というかGUYSというチームの有り方において大事なセリフですね。

ああいった緊急の場面でもサコミズは隊員各々の役割について

重要視していたということを示していたことです。

仮にあの場面でジョージの進言を受け入れてメテオール解禁したとしたら

分析官のテッペイの立場が無くなります。

これまでに有益な分析・戦術を提案していくことで

チームに無くてはならないテッペイの存在(分析)を

今後隊員全員が軽くみてしまいかねない事態となり

結果としてチーム瓦解につながりかねない。

まあここまでサコミズがあの場面で考えていたかはわかりませんが(笑)

ジョージがメテオールショットでの攻撃を成功させたけれども

1体となった怪獣に襲撃されて負傷したシーンというのは

「テッペイの分析があってこそ自分の攻撃がうまくいったんだ」

ということを彼に認識させたことでしょう(もちろんリュウとの絆の再確認も)

ラストのジョージの発言はテッペイへの信頼を

改めて意思表示したという風にとらえるべきでしょうね。

さて次はアーストロン復活編か・・・

北陸へ出張に出ますので帰ってから見ることになるか

|

« youtubeで | Main | ただいま新潟出張中 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96812/11557595

Listed below are links to weblogs that reference 今さらながらメビウス19話感想(^^;:

« youtubeで | Main | ただいま新潟出張中 »