« ダイナや帰りマンほどではないが | Main | 監督の差 »

June 10, 2006

オーストラリア戦について考える

ドイツvsコスタリカでワールドカップ2006が開幕いたしました。

開幕戦については他所のサイトを御覧ください(手抜き)

で、日本のゲームでありますが

私の大嫌い元川女史のコラム

時々掲示板などで楽しませてもらっている

ジェレミー・ウォーカー氏のコラムを読み比べてみました。

正直どちらの意見も正しいと思います

選手個々の実績から言えば(能力とは言わない、あえて実績と呼ぶ)

オーストラリアのほうが欧州リーグでプレーする選手も多く

日本のメディアも警戒するのは当然だと思います。

ただ外から見るほど選手の能力には差が無いような気もしてます。

同じく西部さんのコラムを読んでみると面白いことが書いてありました。

ちょっと引用してみましょう。

                                                             

チーム格差が小さくなっている背景には、平均的な選手の力に差がなくなっているということがある。例えば、ドイツのフリンクスと日本の福西にどれだけの差があっただろうか。フリンクスはドイツでも有数の選手だから平均的と呼ぶには当たらないかもしれない。世界的な名声という意味でも福西とは雲泥の差がある。けれども、先日のドイツ対日本でフリンクスと福西を比較するなら、両者に差などなかった。名前が知られているか、給料をいくらもらっているか、メジャータイトルをどれだけ獲得したか、そういう選手としてのステータスには差があっても、ピッチ上での実力差はほとんどないのだ

                                                             

この意見も全くもって正しいです。

というのは昨年似たような経験をW杯予選で我々はしているのです。

そう、アウェーのイラン戦です。

必要以上に警戒しすぎてすごい後ろ向きな発想しかできなかったのですが

実際戦ってみると(負けたけど)決して恐れたほどのものではなかった。

戦い方(&出場メンバー)次第では敵地でも勝ち点を奪えた試合でした。

今回のオージー戦も同じことが言えるかもしれない。

確かにビドゥカやキューウェルはスゴイ選手ですね。

だがそれは名声がスゴイのであって実際戦ってみないと

本当にスゴイのかどうかわからない部分もあるわけです。

キューウェルはコンディションもよくわかりませんし・・・

日本も怖がっているけど相手も同じくらい日本を恐れているんです

監督ジーコを唯一評価できる点は

必要以上に相手を恐れないこと でしょうね。

警戒はしているとは思いますが、決して腰が引けた姿勢は

見せてはいない所が協会の札付き日本人監督と異なる点でしょう。

昨年のワールドユースでの×熊氏の采配などは

結局彼が選手を最後まで信じることができなかったこと

を如実にあらわしていますね。

そういえばこの大会でオーストラリアと試合してますが

熊監督の弱気な腰の引けた采配がなければ

勝っていたかもしれない試合でしたね(前俊のゴールで引き分け)

ワールドユースといえば宮本・中村・柳沢らが出場した97年も

確か決勝トーナメントで激突して見事な勝利をおさめていますね。

案外選手は我々が思う以上にオーストラリアを怖がっていないのかも。

いずれにしても

ヒディングの幻影に恐れることなく

日本チームには冷静にファイトしてほしい

|

« ダイナや帰りマンほどではないが | Main | 監督の差 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96812/10465722

Listed below are links to weblogs that reference オーストラリア戦について考える:

« ダイナや帰りマンほどではないが | Main | 監督の差 »