« アントニオ猪木酒場 | Main | 男前豆腐 »

June 20, 2006

日本代表勝利へのシナリオ(妄想編)

みんな柳沢を叩きまくってますね。

まあ気持ちはわからんでもないけど

じゃあもっと決定機外しまくってる選手、例えばF・トーレスなんてどうなのよ?

さっきチュニジア戦を見たけどけっこう外してるよw

彼が決定機を全部決めていたらスペインはコールドゲームですわ(笑)

要するにチャンスをたくさん作れたかどうかを議論すべきでしょ?

日本はあの試合マスコミやネットで騒ぐほどチャンスを作れてましたか?

はっきりいって決定機なんてほとんどなかったでしょ?

本来中盤でボールをキープしてチャンスをたくさん作るのが

ジーコが目指してたサッカーのはず。

ところがいろんな要因があってそこまでのチャンスは作れなかった。

そしてそういうチャンスに勇気を持って飛び込んでいった選手が

いたのか?いないのか?

むしろそっちのほうを議論してほしいですね。

って話がクロアチア戦の方に行ってしまいましたが

反省(批判?)は全てが終わってからにするつもりです。

まずは次のブラジル戦に勝つことを考えましょう。

                                                              

ブラジルは常識的に見てまともに行ったら勝てる相手じゃないのは

サッカーファンでなくてもわかると思います。

ただ勝負事は何が起こるかわかりません。

もしかしたら事故みたいなゴールで勝っちゃう可能性だってあるのです

アトランタ五輪のときみたいにね。

ただ運に天を任せるにはしっかり人事を尽くしてからでないといけません。

ところがジーコが人事を尽くしているように思えないんですが・・・

4バックで坪井って・・・(汗)

いや坪井個人を見ればいいDFではあると思うよ。

でもね、彼は典型的なマンマーカーでしょ?

4バックでやりなれてる茂庭のほうが俺はいいと思うんだが・・・

やはりここはアノ男が文字通り監督代行を果すしかないだろう。

アノ男とは・・・・ずばり宮本キャプテンです

特に守備面での組織作りは実質彼(と中田)の協同作業みたいな

もんなのだから

この際宮本に全権委任というのはいかがでしょう

クロアチア戦にやつれた表情を見せるくらい責任感の高い彼だから

ジーコよりもいい仕事してくれそうに思うのは俺だけか?

いっそジーコ(とその取り巻き)の食事に・・・(以下略)

                                                             

まずDF陣の選考とライン設定。

いくら攻撃的にいかないといけない状況だとはいえ

やはり守りをおろそかにしてゲームに臨んだらセルビア・モンテネグロどころでは

すまなくなるのは自明の理。

自身の経験でもどこに穴があるのかわかっている宮本監督代行

まずサントスをDFラインから外す。

そのポジションには自虐プレーが多いとはいえ

サントスよりは多少は守れるナカタコを起用する。

またDFリーダーには今後のことを考えてハワイで生き抜きしていた茂庭を指名。

右SBの加地さんを除けば180代のDF陣、高さで負ける心配はないだろう。

そして自分でプレーしないことをいいことにDFラインを普段より

5メートル高くするように茂庭に要求する。

「ハワイで生き抜きしていたことをジーコにバラすぞ!」

と脅された茂庭は仕方なく監督代行の要求を呑むことに・・・

当然中澤や加地は不安がるのだが

「神様・仏様・川口様がいるから大丈夫」

と第二戦で己のミスを帳消しにしてくれた守護神を持ち上げる。

すると案の定、川口が中澤らに

「俺に任せておけ!どんなシュートでも止めてみせらァ」

と練習でもナイスセーブを連発して

ハッスル・ハッスルしてみせた

事実彼は試合では

ロナウジーニョのバルタン星人をも惑わす宇宙人プレー

アドリアーノのゴジラ顔負けの怪獣プレー

さらにはロビーニョのエロさすら感じる変態プレー

にも動じることなく

ゴールを死守しぬいたのである(断)

                                                             

DFラインが上がるということは中盤の選手

特に軸となる中田にとっては歓迎すべきことであった。

次に宮本監督代行が思案したのが中村俊輔の体調。

彼の体調不良からくる攻撃のリズムの狂いと守備の穴を考慮した

宮本監督代行はここで思い切って

中村を外して遠藤をボランチに起用する

当然バカマスコミは『ガンバ枠発動か?』などと揶揄するのは

目に見えている。

だがそれがどうしたというのか?

遠藤は日本でも屈指のボランチ兼プレースキッカーなんだぞ!

と怒りをあらわに記者会見に臨む宮本監督代行。

この姿勢に遠藤が感動しないわけはない

事実ブラジル戦では涼しい気温もあいまって

遠藤が鬼神のごとき働きを見せたのは言うまでも無い

そして彼のFKが日本に歓喜の瞬間を呼ぶようになるとは

このとき誰もが想像していなかった・・・

                                                             

最後に手をつけたのがFW陣。

クロアチア戦でのバッシングに思い悩む柳沢を慰めつつ

より得点の可能性のある布陣を考えないといけない・・・

その命題に宮本監督代行が出した答えは・・・

巻の先発起用

ただし彼に過大なプレッシャーがかかるのを防ぐために宮本は

最後の最後まで先発FWを明らかにしなかった。

巻の先発目的は簡単である。

4年前の鈴木隆行の仕事をさせるためである

そのためワールドカップ終了後日本に戻ってから彼が

巻師匠

などと呼ばれるようになったかどうかは定かでは無い(^^;;;

彼が前線でガス欠になるまで頑張り抜いたおかげで

ブラジル守備陣が疲弊したのは言うまでも無い。

そして先発を外れたサントスに対しては

「お前は終盤の攻撃の切り札で使う!守りのことは考えるな!」

と説得し納得させるのであった。

宮本の言うとおり終盤に投入されたサントスは

普段アジア相手でも通用しない切れ味鋭いドリブルでブラジルの

ファウルを誘い遠藤のFKの機会を提供していったのである。

                                                             

日本はこの日セットプレーのこぼれ玉に反応した中田のゴールで先制。

その後しばらく耐える時間帯が続いたが

後半20分過ぎに投入された柳沢が汚名挽回とばかりに

積極的にドリブルを仕掛けてPK獲得。

これをこの日初先発の遠藤が決めて2-0。

その後は一方的なブラジルペースとなりシュートの雨あられを浴びるが

神のごとき川口の好セーブでなんとかしのぐ。

そして終盤なぜかFWに代わって投入されたサントスが

あの抜けそうにないドリブルで仕掛けファウルを得る。

キッカーはこの日絶好調な遠藤

祈りをささげる日本人の姿がモニターにうつる。

と、その瞬間・・・・・・

GOAL!GOAL!GOAL!

時計は既にロスタイムをさしていた

                                                              

ってな感じで妄想してみました(笑)

あ、そうそうジーコにはハーフタイムに相手ベンチに乗り込んでもらい

前半活躍した(?)ブラジル選手に

「俺はジーコだぞ!俺の顔に泥を塗るようなマネをするな!」

と脅しをつけてもらいましょうか(笑)

まあ追い詰められるといいゲームをするジーコジャパンの

神通力に期待しましょう

|

« アントニオ猪木酒場 | Main | 男前豆腐 »

Comments

素晴らしい提案です(笑。
あっどうも始めまして。
巻にはゴン→鈴木→巻と繋がるスーパーサブの資質があるように思われます(希望的観測)。無駄に終わるかもしれない掻き回し(人はそれを献身的プレーと呼ぶのか)で、ブラジルディフェンスを疲れさせてほしい。ひょっとするとこぼれ球が足元にってこともあるかも知れないので。

Posted by: 森と海 | June 20, 2006 at 11:49 PM

>森と海さん

はじめまして、コメントありがとうございます。
巻はゴン・鈴木の系譜を受け継ぐ選手ですね。
気持ちの見えるプレーで最後まで諦めない姿勢を
前面に出しているのが非常にいいですね。
ブラジルと同じことやってたら勝てません。
相手が嫌がることをしないと。
ということで数少ないフィジカル系の巻を
先発でガス欠になるまで引っ張ってほしいと思ってます

Posted by: トラマ | June 21, 2006 at 08:02 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96812/10610652

Listed below are links to weblogs that reference 日本代表勝利へのシナリオ(妄想編):

» 2006 FIFA ワールドカップ 1次リーグ第2戦総括 [今日を精一杯生きていこう!withゼクスのワールドカップlog]
1次リーグ第2戦が終わり、決勝トーナメント進出国も決定しだした。 以下、決勝トーナメント進出国 グループA ドイツ エクアドル グループB イングランド グループC アルゼンチン オランダ グループD なし グループF ブラジル グループG なし... [Read More]

Tracked on June 21, 2006 at 03:20 PM

» 絶句 [鴎3矢]
ジーコが柳沢にダメ出し!“奇跡”決勝TへFW陣大手術を決断! (サンケイスポーツ) だめだこりゃって感じです。 クロアチア戦での柳沢についてジーコがブラジルのテレビ局のインタビューで、「(ブラジル代表FWの)アドリアーノならインサイドで確実に決める。準備....... [Read More]

Tracked on June 21, 2006 at 10:08 PM

« アントニオ猪木酒場 | Main | 男前豆腐 »