« 曽我町子さん逝く | Main | トリノのパターンと一緒じゃねェか! »

May 09, 2006

誰かこいんぶら監督に

リー○21を紹介してやってくれw

                                                             

冗談はさておき、コンディションの酷いのが多すぎ。

特に中澤は少し休ませたほうがいいんじゃないのか?

それにしても村井・・・事実上の終戦だな(泣)

これで三の字はますます安泰かよ(怒)

今日の試合は巻・寿人が点を取ることができるかどうか

それ以外は勝ち負けも含めて興味がなかったんですが

巻は結果を出した、寿人は残念だった・・・

しかしわからんのは玉田を引っ張っていたことだな。

まあヤツのドリブルは時折アクセントにはなってはいたが

得意の形になってもゴールの予感がなぜか沸いてこなかったのは

俺だけか?

巻ではなく玉田を外すべきだと思うのだがな。

あとこいんぶらのMFマンセー交代はもういいです。

つうか長谷部を先に出せよ、と言いたい。

阿部や福西・遠藤はあれでアピールになったと思っているのか?

サイドチェンジもまともにできないようじゃガッカリだな

結果?ああ

ストイチコフさん、おめでとうございます

それにしてもこいんぶらさんよ

こういう発言を試合後にするのはいかがなものかね?

当落線上の選手へのリスペクトを欠いた失言だと思わないのか?

まあ俺の場合、ヤツが監督になった時点から

日本代表への興味が減退したのだがな

|

« 曽我町子さん逝く | Main | トリノのパターンと一緒じゃねェか! »

Comments

これまでからもテレビで見ていて負けても悔しくなかったのですが生で見ても・・・とまでなってるとは自分でも思いもしませんでした
ゴール裏で見ててもゴール前でのワクワク感みたいなものは皆無で特に玉田のパフォはイライラ・・・
それでゴールを外したときに周りにいたギャルの悲鳴にもっとイライラ

寿人や駒野が見たくて朝早くから行きましたが・・・
朝のセルジオさんじゃないですがJリーグを大事にして欲しいです

Posted by: | May 10, 2006 at 05:32 PM

>鴎さん

別にトルシエ信者じゃありませんけど
前監督のときのほうがワクワク感がありましたよね。
しかしジーコになってそういうものが皆無。
しかも選手起用も相変わらずだし・・・

http://wc2006.yahoo.co.jp/hl?c=event&a=20060510-00000002-ykf-spo

↑は夕刊フジの記事ですがそのとおりだと思います。
それと試合後にブーイングが出なかったそうなんですが
大阪のファンの方は随分優しいというか温いんだな
と思いました。

Posted by: トラマ | May 10, 2006 at 05:38 PM

優しいというか温かいってよりも生ぬるかったですね
何本も何本もシュートを外してもリアクションは全て同じ「ギャー」ですよ
ブーイングなんて一切なくフラッシュの雨嵐でした

Posted by: | May 10, 2006 at 07:53 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96812/9995574

Listed below are links to weblogs that reference 誰かこいんぶら監督に:

» キリンカップ 日本対ブルガリア [今日を精一杯生きていこう!]
最初にFWを7~8人コインブラさん言ってたけど、結局決まってるんだろ? まあ、FW枠4人の内、決定は高原、久保、大黒でしょう?で、柳沢が間に合えば柳沢。間に合わなければ玉田じゃないの? 今回、巻がゴールしたけどよく見るとオウンゴール・・・ で、1対2で負... [Read More]

Tracked on May 10, 2006 at 12:49 AM

» 麒麟杯行ってきました [鴎3矢]
朝早くから行ってきました 純情きらり見てから行ったけれどそこそこいいところ取れた んで肝心の試合 いきなり相手の素晴らしいサイドチェンジから失点・・・ これはいいんですよ 仕方ない ただスタンドから見ていて無性に腹が立ったのはブルガリアが自陣前でボー....... [Read More]

Tracked on May 10, 2006 at 05:25 PM

» 麒麟杯 ブルガリア戦 [Foot Days]
今日、ドイツW杯まであと1ヶ月となりましたが、それに関連してかはわかりませんけど麒麟杯のブルガリア戦が行われ、1−2でブルガリアの勝利となりました。最初と最後というエアポケットに陥り易い時間帯に見事にはまってしまいましたね。GKとDFの集中がかなり切れてたのは....... [Read More]

Tracked on May 10, 2006 at 10:31 PM

» ゴールまでの険しく遠い道のり〜vsブルガリア戦〜 [キングのオキラク蹴球記]
打っても打っても上を越え横を逸れ、ボールが後方へ虚しく飛んでいく。 失点は電光石火だったのに。 あれだけシュートを打って、同点ゴールまで枠に入ったのは前半16分の阿部のシュートくらい。 CKもたくさんあったのに生かし切れなかった。 本番ではこんな....... [Read More]

Tracked on May 10, 2006 at 10:39 PM

« 曽我町子さん逝く | Main | トリノのパターンと一緒じゃねェか! »