« April 2006 | Main | June 2006 »

May 31, 2006

今日の実況は?

例によって核澤氏だったようですね?

どうせ騒ぐだけだったんでしょうけど

どうでしたか?聞くに耐える実況だったんでしょうか?

| | Comments (3) | TrackBack (0)

なんでェい!つまんねェの

ライブじゃないんじゃん>ドイツ戦

もう結果わかってるんじゃんか!

つまんねェの

加地さん、怪我大丈夫かいな・・・・

ちょっとヤバイ倒れ方したよなぁ。

つうかシュバインシュタイガー空気読め(怒)

でも・・・もし加地さんダメなら・・・

松井呼ぼうぜ>ポジション違うだろ

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 30, 2006

ドイツとの練習試合について考える

うーん一番の問題は

中継がテロ朝ってことなんだよな

起きて見たいとは思うけど

あそこの中継の場合は消音にしてますので

つまらない展開だったら二度寝する可能性高し。

まあ仕上がり具合がどの程度なものなのか楽しみではあります。

DFラインの設定についてチーム内で話し合いが行われたみたいですが

こういうことって監督が基本方針を示すべきじゃないのか?

日本人の特性を考えたらヒデのいう高い位置での

守備ラインの設定のほうが正しいと思うのだが

押し込まれる展開が多いことも考えると・・・・

つうかCBが宮本じゃなくて松田とか、百歩譲っても田中誠あたりだったら

もうちょっと日本の守備も安心して見ていられるんですが・・・

世間一般で評価の高い浦和の“タナカくん”ですが

意味不明の攻撃参加が嫌いなんで

私はあまり評価できません。

つうかアイツは4バックできねェよ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 28, 2006

東南アジアで地震頻発

去年の大津波を引き起こした地震もすごかったが

昨日ジャワ島、そして今先ほどパプワニューギニアで

とんでもないクラスの地震が発生したもよう。

被害状況も大変気になるところです。

まだ傷跡が残っている状況であろうに・・・

| | Comments (0) | TrackBack (1)

May 26, 2006

お隣はなぜ騒ぎ立てるのが好きなのか

かなり長いサイトですが一応紹介しておきます。

かなり有名なサイトらしいのですが

若い人には特に見てもらいたい

それと寒流ドラマにうつつをぬかす連中にも

というわけで

こちらです

| | Comments (3) | TrackBack (0)

May 24, 2006

シアトルマリナーズ

たまには違うネタを、ということで大リーグなんかを。

イチロー、城島のいるシアトルマリナーズですがなかなか浮上しませんね。

連勝も4で止まったみたいですが

今日の試合の場合負け方が悪いです。

5-4と1点差まで追い上げているにも関わらず最後のリリーフ陣が

踏ん張りきれず結局終わってみれば14-4の大敗。

なぜマリナーズが浮上できないかというと

1.チャンスに打てない打撃力の無さ

2.先発ピッチャーの層が薄い

3.クローザーの不調

これらが絡み合ってなかなか勝ちきれない試合が続いていたわけです。

1についてはもうクリンアップ、特に4番のセクソンの絶不調が最大要因。

また本来3番打者を任せられる実力があるはずのベルトレイが

まったく鳴かず飛ばずでは・・・

ちなみにマリナーズのチーム内打点王はなんと2番のロペスw

城島以下の下位打線がチャンスを作り、イチローがつないで

ロペスがかえすというのが今のマリナーズの最も点になりやすいパターン。

個人的な意見ですがセクソンをクリンアップから落として

城島を5番に据えたほうがいいと思います。

うーん・・・でもそうすると下位打線がチャンスを作れなくなるか?

一番いいのはベルトレイが復調してくれることなんですが・・・

イチローを3番に持ってくるなんて発想は無いんでしょうかね?

2についてはマリナーズはかつては投手王国でした。

しかし近年期待の若手が伸び悩み、

未だにエースが40歳越えたモイヤーでは先が思いやられます。

3年前デビューしたマドリッチはどこへ行ったのだろう?

去年デビューしたヘルナンデスは今期は安定感が全くない。

エンゼルスから移籍したウォッシュバーンと生え抜きのピネイロ・メッシュが

踏ん張らないと厳しいですね。

でも一番不安なのは3なんです

本来のクローザーであるグアルダードが開幕当初からダメダメ君。

私が記憶している限りでも彼のせいで落とした試合が6試合はあります。

セーブポイントがついたゲームでも危なっかしい内容でしたし・・・

で、問題なのはそういう不安定なクローザーを

ずっと放置した監督の采配です

代わりとなるプッツもやや安定感に欠けますが

役割をキチンと整理すれば十分クローザーとして働ける力量を

持ったピッチャーです。

もっと早く決断していれば

少なくとも5割の成績で踏ん張れたのではないかと思います。

地元のプロの野球チームおよびサッカーチームの状態と比べても

やっぱり監督で大事だよな

と、つくづく思いますね。

そういえばサンフはこいんぶらさんの元同僚が監督になるらしいですが

シャムスカ以外のブラジル人監督は

信用できないトラマにとって

多いに不安なことであります。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

May 21, 2006

Wooをはじめて見た

両親の冷たい視線を気にせずハイビジョンのWooをはじめて見ました。

なるほど・・・いわゆる勧善懲悪もののヒーロー番組とは

全然趣が違いますね。

ドラマ部分がしっかりしている上に特撮も変に合成を使い過ぎていない。

もちろんウルトラと併行して撮影してたみたいだから

なかなか人的な問題で使いたくても使えなかった事情があるのかも

しれないが、かえってバランスのとれたドラマという感がした。

でも来週は放送無いのね(涙)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ミズキ隊員のブログ

ミズキ隊員こと長谷部瞳さんがブログを開設されました。

こちらです

マックス終了後彼女を見る機会がなかったのですが

キレカワイイ笑顔は変わってませんね(笑)

コメントは全部チェックされてうそうなので

応援メッセージなどしてあげてくださいませ(^^)

ちなみにエリーこと満島ひかりちゃんはこちらでは

中国電力の光インターネットサービス「MEGA EGG」のCMで

拝見できますね(^^)

エリーとは全然違うひかりちゃんの魅力満載です

| | Comments (2) | TrackBack (1)

のどかな風景

昨日浜田道から旧瑞穂町(現在邑南町)へいってきました

たぶんスキーシーズン以外ではそんなにお客さんが来るとは

思えないほどのどかな町でした。

途中原山トンネルというトンネルを抜けてきましたが

電灯が三分の一くらい切れてるように見えました。

もしかして心霊スポットなのか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 19, 2006

GUYSのサコミズ隊長について考える

久々にウルトラネタを取り上げます。

まあ円谷プロはいろいろと大変なようですが

ここではその話は取り上げません(正直よくわからんので・・・)

ウルトラマンメビウスの防衛チームGUYSの隊長である

サコミズ隊長のリーダーシップについて興味があるので

それについて思うところを書こうと思います。

まあ某巨大掲示板や某BBSなどではいろいろと噂のある

サコミズ隊長ですが、そのことについては触れません。

まあ楽しみはこれからということで(笑)

                                                             

サコミズ隊長は今までの防衛チームの隊長とは

少々異なるキャラクターの持ち主のようです。

一見昼行灯のような頼りなさげな印象すらありますが

さりげない行動・言葉で隊員たちを導き

結果としてGUYSというチームのポテンシャルを高めることに

成功しているのではないでしょうか

サコミズがかなり有能な人物であることは間違いありません。

ところがその有能さをひけらかしたりしてないんですね。

老子の言葉で「無為自然」というのがありますが

サコミズ隊長の隊員への接し方はまさにこの無為自然を

地でいったような感があります。

例えば第二話でなかなか新隊員の勧誘がうまくいかず

ブチギレ寸前のリュウに彼が敬愛する前隊長セリザワの言葉を引用して

まず自分がすべきことを己自身で悟らせたシーン。

また第5話でジョージがGUYSを辞めると言い出したときに

ジョージに対して一番沈着冷静に話が出来る(と思われる)マリナに

「豆切らしちゃったので」と含みある笑みを浮かべながら頼むシーン。

わかっていてもなかなかできることではありません(断)

                                                            

一方で第二話ではもうひとつサコミズが単に温厚なだけでなく

非常時の際の決断力と責任感、さらに上司の扱いにも長けた

老獪な面をも持った人物であることが描写されてます。

例のメテオールの初めての使用のときの

「今、闘っているのは全員GUYSのクルーです。

彼らの行動には私が責任を持ちます。」

上官(トリヤマ補佐官)の気質を理解した上で、さらに

上官が傷つかず、さらに上官をうまくたてていくことで

結果としてGUYSの行動の制約を減らしていこうという

サコミズの深謀がこの一言に凝縮されている

と、思ったのは私だけでしょうか?

その後第4話でのメテオール解禁の一任を取り付けたことで

サコミズの狙いの一つは一応達成されましたが

そのきっかけとなったのは第2話ですね。

                                                             

内部においてはけっして強烈なリーダーシップを発揮するのではなく

隊員一人一人の個性を尊重し、その隊員を信じ抜き

外部においては温厚な表情を浮かべながら上官へ

巧みな駆け引きをすることも厭わない

歴代の防衛チームの隊長の中でもっとも

理想的な中間管理職を具現化した人物

という評価を与えられるようになるかもしれません。

今後は歴代隊長が経験した

時として非情な決断を下さなくてはいけない場面において

決断力のあることを示すのか、あるいはGUYSの存亡の危機とも

言えるような場面での態度などを見てみたいですね。

いずれにしても話が進んでいけばより深いドラマの場面も

当然増えてくるはずなので

一週遅れな上にビデオ録画ができないという悪い条件の中でも

私はサコミズを中心にメビウスを見て行きたいと思います

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 18, 2006

19・20日と

Photo

ちょっと宣伝になってしまいますが

19・20日と広島市南区にある

産業会館(国道2号線沿いにあります)の東館で行なわれる

リビングフェア2006という展示会に

出店することになってしまい頭を抱えております。

というのは当初は健康機器だけ出品するつもりだったのが

あまりメリットがないと思われる食品部門まで参加することになり

先ほど設営に行ったのですが当方のイメージとは

まるで異なる食品関係の各社の売り場を見て

全然先方の志向とウチの商品は合わないんじゃないか、

という疑念が渦巻いているからです。

まあそうは言ってももう今さら引き下がるわけにはいかないので

結果はどうなるかわかりませんが

最善を尽くすつもりです。

時間の許す限り売り場に立っている予定なんで

もし当ブログをご覧の方でお近くにお住まいの方

また健康やダイエットを気にされる方などいらっしゃいましたら

お気軽にいらっしゃいくださいませ。

会場内にはもしかしたら

意外な掘り出しものがあるかもしれませんよ

って言ってる本人も何があるのかよくわかってませんが(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ご冥福をお祈りいたします

詳しくはこちら

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 16, 2006

代表に対するもっとも真っ当な評価

スポナビの宇都宮さんのコラムを読んで

なんか僕が思っていたことを全部書いてもらった気分です。

曰く「中澤以外高さのないDF陣」

曰く「松井を外したことの是非」

曰く「次世代の選手の選考が皆無に近いこと」

でも一番印象に残ったのは

「ジーコが賢明な判断ができるかどうかが

今回のサプライズの中身である」

ということなんでしょうね。

外野から見てるとある意味情けない話なんですが

そういう人物を据えてしまった日本サッカー協会は

猛省すべきでしょう。

仮にジーコジャパンが本大会を勝ち進んだとしても

それは結果論にすぎないわけですから・・・

どういうサッカーをやりたい、どういうサッカーにしていきたい

というビジョンをサッカー協会はこの4年間一度として我々に

示してこなかったわけですから・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 15, 2006

ドイツメンバーはどいつだ?

正直サプライズは無いと思っていたが巻ですか・・・

これは素直に歓迎したい選択ですね。

というのは本大会では劣勢になることが予想されるだけに

前線で攻守に頑張れる巻のような選手は絶対必要だと思ってました。

だけどジーコの話しぶりから彼の選出は無いと思ってたのですが・・・

久保の不選出は彼の今のコンディションを考えると仕方ないでしょう。

もっとも柳沢の選考もどうかと思うが。

逆に納得いかない選考が玉田です。

彼が活躍したのはアジアカップでそれ以外では印象に残るものがありません。

むしろフランスで奮闘している松井を選ぶべきだと思うのですが。

攻撃MFはこれ以上いらない、という判断なんでしょうけど

パッサーばかりで純粋なアタッカーがいない中盤に

何を期待したらいいのでしょう?

前回の中村&名波の落選ほどの衝撃ではありませんが

松井がメンバー入りしなかったことについては残念です。

もちろん寿人が選出されなかったことも残念ですけど・・・・・

しかしアテネ世代は駒野一人ですか・・・

まあロクにテストしてこなかった監督ですから

ハナから期待はしてなかったけれどもね

日本代表メンバー

いずれにしても本大会で旋風を巻き起こせるような活躍を期待します

| | Comments (4) | TrackBack (10)

May 14, 2006

お菓子杯新潟戦

ホームでの試合で晴れの日だったの久しぶりじゃなかろうか?

いい天気の中での観戦は紫外線が気になる方にとっては苦痛でしたでしょうが

リーグ戦のようなきついプレッシャーがないので

気楽に見れた試合でした。

_020   はるばるやってきた新潟サポのみなさんお疲れ様です

                                                          

                                                          

                                                          

_021  一方のサンフサポ。久々の好天でよかったねェ

                                                          

                                                          

                                                          

_022  後半開始のころの画像です。特に意味はありません(笑)

                                                            

                                                            

メンバーはたぶんこんな感じではなかったかと・・・

                                                            

           ウェズレイ  上野

            浩司  ベット

          服部  戸田  中里

          盛田  吉弘  八田

                下田

     

新潟は4-4-2でした。

試合はつなぐ意識が新潟のほうが高かったぶん新潟がボールを持つ展開が

多かったですが崩されたピンチは終盤くらいで

守備は安定していたと思います。

怪我したオムさんには申し訳ないが当分の間吉弘をDFリーダーに据えて

守備力を熟成させたほうが今後につながると思う。

攻撃は基本的にハーフカウンター。

ベットなり戸田なりが相手から奪ったときにはかなりチャンスを作れた。

ウェズレイが高い位置にいるため彼にボールが渡ると

かなりの確立でシュートまで持ち込めた。

ただウェズレイ・浩司以外の選手にシュートの精度が無いのと(特にベット)

サイド攻撃、とりわけ右の中里が全くチームに貢献できない状態だったため

単発に終わるシーンが多かった。

それと3DF、特に八田の無意味な蹴りこみは萎えた。

逆に意外と利いてたのが盛田のキック。

相手のプレッシャーの少ない場面でなら

ミハイロビッチ級のロングボールが蹴れるのは魅力だ。

それだけにファビーニョと激突して負傷退場したのが気になる。

いつも槍玉に挙げられる上野とベットだが今日はよかった。

前半はなかなか起点になれなかった上野だが

後半は上記の盛田のものすごいキックをきちんとトラップして

味方(確か中里だったと思う)につなげてチャンスを演出したり

際どいシュートも放ったりと、広島へ来て一番良かったのではないか。

ベットもゴール前は相変わらず冴えないが中盤では

ボール奪取やパス回しに奮闘していた(ミスパスは少なかった)

今日くらいできれば二人ともネットで叩かれることも減ると思うが・・・

逆に冴えなかったのが駒野の代役中里。

緊張していたんだろうが相手のマークすることばかりに

気を遣いすぎて周りを見ることができない上に

攻守両面におけるミスも多かったし

インパクトに欠ける消極的なプレーに終始した。

特にファビーニョが勝手に転倒したとき

お付き合いして転倒することはなかろうにw

クロスボールも加地さん顔負けのふんわりクロスで

これじゃ厳しいよなぁ、と思っていたら足をつってハンジュと交代。

期待していたのだが、これまた期待を裏切る出来。

というか期待しすぎたのかもしれない。

俺なら一誠を入れてトルシエジャパンにおける明神のような

第3のボランチ的な役割を与えるところなんだが

望月さんにはそういう発想は無いようだ。

終盤パワープレイに出ようと八田を前線に上げたのだが

最終ラインでのマークはメチャクチャになり

そこを新潟に突かれ、再三のピンチを招いたことはいただけない。

結局八田を元に戻してなんとか事なきを得たが・・・

もっともお返しに終了直前に超決定機を作った(残念)

決めろよ浩司!

まあ望月体制になって一番攻撃的な試合ではなかったかと思う。

勝てなかったのは残念だが守備に関しては

ある程度やれるという自信を持ってもいいと思う。

次は盛田以外のDFはサイドチェンジ以外は縦ポンはせずに

ボランチもしくはサイドにつなぐことを徹底させましょう。

そうすればバランスの取れたサッカーへとつながっていくと思う。

あと右サイドは一誠のほうが絶対いいと思うぞ。

つうか一誠をスタメンに定着させろや>望月さん

それからやっぱり

そろそろベンチに俊介を入れようよ>望月さん

                                                            

                                                         

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 13, 2006

国内最終戦

今日のMVPは

ヒロミ・ゴウでしょう

ぜひとも

「ジャパ~ン♪」と叫んで欲しかった

まあこんな試合やってていいのかね。

起点にもなれず走れないから守備面でも足を引っ張る久保。

唯一のドリブラーであるがことごとく相手に引っかかりまくる玉田。

一対一に圧倒的に劣勢な両サイドバック

しかも三の字は相変わらずサイドのプレーヤーなのに

中へ中へ入りたがる病気を併発しとる

まあ幾分マシではあっただろうが・・・

そしてパッサーばかりでそれでいてサイドチェンジがほとんどなく

前線へ飛び出す動きも少ないから足元パスばかりの中盤。

小野が調子が上がってきたのが唯一の収穫か?

まあ何はともあれ

眠くて眠くて仕方がありません

どうせジーコの頭の中には

欧州でプレーする選手しか入っていないんでしょうけどね

で、中澤は大丈夫なんでしょうか?

彼がいなくなったら日本の守備はいよいよヤバイです。

ま、それもこれもイザというときの準備をしなかった

監督が悪いんですけどね

                                                            

それと決定力不足の原因でFWがよく叩かれますけど

別にFWでなくてもMFの選手が点を取っても問題ないわけです。

ところがマスコミのみなさんだけでなく

こいんぶら氏までFWに責任を押し付け気味だよね。

FWが点を取れるような攻め方がチームとしてまるでできてないのに

FWの責任にされてるっていうのはどうかと思うんだが

そのくせ一番決定力がありそうな選手(寿人や巻)を

使わないのは誰の采配なんですかねェ。

                                                             

それから日テレさんは盛んにサバイバル・サバイバルって煽ってるけど

もうジーコはメンバー決めてるって言ってるじゃん

何が最終テストだ?バーカ!(涙)

                                                

そういえばフレッチャー来てたのね

| | Comments (4) | TrackBack (12)

May 12, 2006

歴史群像新書の募集欄を読んで

小生が以前から書きたいと思っていた謙信亡き後の上杉家を

題材にした作品が優秀賞を獲得したようです。

ただ選考委員の意見から推測するに

ステレオタイプな上杉家評をそのままにした作品のような予感・・・

いや別にいいんだけどね。

ちなみにトラマのほうは・・・・なかなか進んでません

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 11, 2006

うーん・・・いつの間に・・・

仕事の関係でちょこっとお付き合いのある焼き鳥屋さんの

ホームページを見つけてしまった。

焼き鳥屋「しあわせのたね」

いつも車で行くので実はこの店の料理を味わったことがない。

mixiなどでの評判を見る限りはなかなか良いようだ。

まあどっこにも出していないウチのある商品を見つけてくるあたり

かなり味にはこだわりを持ったお店という印象がある。

久々に覗いてみたくなったな

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 10, 2006

トリノのパターンと一緒じゃねェか!

昨日のビール杯を見て改めて思った

トリノ五輪と一緒じゃねェか!

マスコミは散々煽っているが

このままじゃ日本代表は惨敗必死だな(怒)

なぜ監督に対する批判をしないんだ?

いつまで大本営発表を繰り返すつもりなんだ?

マスコミだけじゃねェな、批判の対象は

あんな試合をしているにもかかわらずブーイングもしない

サポーターにもガッカリしたよ

ま、ある意味日本らしいっちゃらしいけどね

| | Comments (3) | TrackBack (0)

May 09, 2006

誰かこいんぶら監督に

リー○21を紹介してやってくれw

                                                             

冗談はさておき、コンディションの酷いのが多すぎ。

特に中澤は少し休ませたほうがいいんじゃないのか?

それにしても村井・・・事実上の終戦だな(泣)

これで三の字はますます安泰かよ(怒)

今日の試合は巻・寿人が点を取ることができるかどうか

それ以外は勝ち負けも含めて興味がなかったんですが

巻は結果を出した、寿人は残念だった・・・

しかしわからんのは玉田を引っ張っていたことだな。

まあヤツのドリブルは時折アクセントにはなってはいたが

得意の形になってもゴールの予感がなぜか沸いてこなかったのは

俺だけか?

巻ではなく玉田を外すべきだと思うのだがな。

あとこいんぶらのMFマンセー交代はもういいです。

つうか長谷部を先に出せよ、と言いたい。

阿部や福西・遠藤はあれでアピールになったと思っているのか?

サイドチェンジもまともにできないようじゃガッカリだな

結果?ああ

ストイチコフさん、おめでとうございます

それにしてもこいんぶらさんよ

こういう発言を試合後にするのはいかがなものかね?

当落線上の選手へのリスペクトを欠いた失言だと思わないのか?

まあ俺の場合、ヤツが監督になった時点から

日本代表への興味が減退したのだがな

| | Comments (3) | TrackBack (4)

May 08, 2006

曽我町子さん逝く

オバQというよりもヘドリアン女王のほうが印象に残っている

曽我町子さんがお亡くなりになりました

謹んでご冥福をお祈りします。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

May 07, 2006

フリーキック乱れ飛び

小林大吾・パウリーニョ・ファブリシオ・本田・駒野・・・

これ昨日のJリーグで直接FKでゴールを決めた選手の皆さんです。

いずれもすばらしいFKだったのですが

とりわけパウリーニョのFKは凄まじいものがありました。

横浜フリューゲルスにいたエドゥーを思い出した人も多かったのでは?

しかしこれだけ直接FKが決まったのも珍しいですね

| | Comments (0) | TrackBack (0)

望月サンフリーグ戦最終戦?

観戦仲間の多くがB6で見てたようですが

雨がすごかったので傘さしても周りの客に邪魔にならないような

席(一応バックスタンドだがアウェーに近い席)で見てました。

内容については他のみなさんが熱く(?)語っていると思うので

特に触れません。

ただ望月サンフの試合を見るというのはサポにとって

苦行といえるかもしれない(苦笑)

そんな中で終了間際の駒野のFKで勝てたのは

そんな苦行にずっと耐えてきた広島サポへの

サッカーの神様のプレゼントなのかもしれません

前節の初勝利、そして昨日のホーム初勝利のおかげで

選手に無用なプレッシャーから解き放たれるかもしれません。

そういう意味でもこの一勝は大きいですね。

しかしあの戦術はお世辞にも有効なものとは・・・

ホームゲームなのに下位の福岡にゲームを支配される展開というのは

とてもスペクタクルなものとは言えませんよね。

身近なところでキック&ラッシュを見れるとは思いませんでした(苦笑)

この後行なわれるお菓子杯では

次の監督へ実戦での参考データを提供してほしいので

先日のジェフ戦みたく

若手をバンバン使ってほしいです

槙野・柏木・青山・入船・前俊の起用を熱烈希望します。

まあ使わないだろうけどな

しかしサンフの選手の玉際での弱さはなんとかならんのでしょうかね。

この中断期間中に目一杯強化してほしいぞ。

同じ下位に沈むチームであってもセレッソや福岡・甲府は

勇気を持ってチームのスタイルを貫こうとしているのを見てると

広島の選手や監督の消極性には腹立たしさが膨らんできます。

ベテラン選手の使い方を根本的に改めてほしいですわ。

他チームがうらやむほど優秀なユース出身のタレントがいるのに

それをまったく生かせない監督・コーチ陣にずっと怒りを憶えてきただけに

次期監督はなまじサンフを知らない人のほうが

フラットな目線で見れるかもしれない

| | Comments (3) | TrackBack (2)

May 04, 2006

疲労困憊中です

一部の方はご存知ですが

というかこのオンボロブログを御覧になる方の大部分がご存知でしょうが

トラマは大変疲弊しております

肉体的にも精神的にもボロボロとまでは行きませんが

ちょっと睡眠不足な日々が続いており

更新はおろかレスポンスやお返しのTBなどがおろそかになるかと思います。

この連休期間中も夕方まで仕事があって

しかもトラマ自身が率先してやらないといけない立場にあるため

リフレッシュする時間をなかなか持てないでおります。

とか言ってて昨日久々にサッカーバーに行ってしまったんだが(^^;

日曜日はさすがに休めると思うので

それまでは満足な更新もできないと思いますので

ご了承くださいませ。

さて寝るべ(早!)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 03, 2006

よっしゃー!よくやった!(涙)

不恰好だがとにかく今は結果を出すことが大事だ!

この勢いで次の試合も頑張れ>サンフレッチェ広島

MONは下田かな

| | Comments (4) | TrackBack (2)

« April 2006 | Main | June 2006 »