« マックス最終回 最速(?)感想 | Main | ネタです。本気でツッコミしないで(w) »

March 26, 2006

負の流れにはまったサンフレッチェ

昨日は急遽北九州へ出張に出ることになりまして

ホームでのガンバ戦は全く見ておりません。

というわけで試合についての詳細な感想は書きません。

ただ見に行かれた方々から

「トラマさんはある意味勝ち組だよ!」

と言われたくらいなんで、よほど夢も希望も感じられない

ヒドイ試合だったことくらいは想像できます。

これまでの5試合を簡単に振り返ると

理想を追い求めてみたけど現実が追いついていない

ことを思い知らされたのが開幕からの3試合。

慌てて現実の世界に戻ってみたけどもやっぱりうまくいかなかった

のが先週の2試合ですかね。

過去2シーズンと比べても今期は重症ですね。

なんせ土台となる守備が崩壊しているわけですから

以前今期のサンフはファウルが多いのが気になると書いたのですが

バックラインの選手が老朽化して対応が後手後手に回っているのと

中盤に運動量のある選手がいないとプレッシングができない点

これが昨日の試合を夢も希望もないものにしてしまったんだと思います。

今一度広島のサッカーとは何か?どういうサッカーをしたいのか?

選手・監督・スタッフで大いにぶちまけてほしいです。

その上でひとつひとつ課題を見つけてそれらをつぶしていく作業を

やらない限りは浮上するきっかけすらつかめないと思います。

「時間がない」とか「すぐ試合があるからダメ」とか言うなよな

そういうことを言ってる輩こそが

一番危機感を持っていないチームにとっての癌

だと認識してほしいですね(どうせチーム関係者は見てないだろうけどさ)

                                                             

最後に小野監督にふれておきましょうか。

最近読んだとあるシミュレーション小説で指揮官について一説

                                                             

「指揮官には頭の良い奴と、悪い奴の二通りあるが

頭の良い奴には先が見えすぎるのか意外に小心な奴が多い。

たぶん敵司令官も頭が良すぎるのだろう・・・」

                                                             

もうわかりますよね?今の小野監督はあきらかに前者です。

サッカー観戦仲間のSWさんも自身のブログで指摘しているが

バランスが崩れることを恐れるあまりに変化を拒むようだと

チームはますます沈んでしまいます。

マイナーチェンジでもなんでもいいです。

とにかくまず守備陣の人選から見直して欲しいです。

個人的には

オーバー30の選手は当面スタメン落ち

くらいのことをやらないとサポーターも納得しないと思う。

監督を続ける意志がまだあるいのなら

今度負けたら切腹するくらいの気持ちで

腹をくくってやってくれ>小野監督

あ、プレッシャーかけたらいよいよ何もできなくなるか(^^;

まあいいや、どうせチーム関係者は

こんなクソブログなんて見てないだろうからさ(^^;

|

« マックス最終回 最速(?)感想 | Main | ネタです。本気でツッコミしないで(w) »

Comments

本当、勝ち組です
DFラインがズルズル下がってしまうことが致命的なファウルを与えてしまうという負のスパイラルに陥ってしまった感じを受けました
小野監督が後半、交代を告げるとき以外ベンチを動かなかったのが不安です・・・

Posted by: | March 26, 2006 at 11:32 AM

>鴎さん

TB&コメントありがとうございます。
冗談抜きで小野さんなまじ戦況が読めてしまうだけに
戦い方を考えることを放棄してしまったんじゃないか
そんなことを考えてしまったりします。
それってまさに憶病な“頭のいいやつ”の発想ですよね。

Posted by: トラマ | March 26, 2006 at 02:59 PM

おめでとうございます。このクソな試合をご覧になれなくて(苦笑)。
というくらい正視できない試合でした・・・。腹は括りましたよ、最悪の事態も含めて。

プレッシャー掛けちゃうと余計硬直しますよ、指揮官は(笑)。
ってことでガンバの選手に2名ほど退場に追いやって欲しかったものですがw。

Posted by: hbk_boshoot | March 26, 2006 at 08:58 PM

>hbkさん

まあ最近キックアンドラッシュも悪くないなァ
などと思うくらいへそ曲がりな人間なんで
ドン引き穴熊サッカーを野次りながら
楽しむのもなかなか悪くはないかと(笑)

徳川家康も言ってるじゃないですか
「人生は重い荷物を背負いながら続ける旅」だと
これもまたサッカーファンの宿命だと思いましょう(^^;

Posted by: トラマ | March 27, 2006 at 12:11 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96812/9262231

Listed below are links to weblogs that reference 負の流れにはまったサンフレッチェ:

» サンフレッチェ広島−ガンバ大阪(レビュー) [鴎3矢〜栄光へ・・・〜]
Jスポーツ1で見ていましたが・・・ 今日のゲームでは今シーズン初めて3バックで臨んだ訳ですが一体何人の選手が守っていたのだろうか? 遠藤のFKは素晴らしかった しかし・・・ 後半は特に酷すぎる 前半以上にゴール周辺に選手が集まるわ、監督は交代を告げると....... [Read More]

Tracked on March 26, 2006 at 11:30 AM

» Time To Say GoodBye・・・ [Foot Days]
「こんにちは、DJのhbk_boshootです。では早速、今日の1曲目はこちら、Steamで・・・。」Na Na Hey Hey Kiss Him Goodbyeという心境です、全く(超究極劇爆呆)。何に対してかはと言うと当然、このクソ詰まんないプロとしての矜持を寿人以外から感じなかった最低の試合に対して...... [Read More]

Tracked on March 26, 2006 at 04:31 PM

» 広島 『J1 第5節 vs ガンバ大阪』 by viola [Viola Rosso Sport ]
『J1 第5節 vs ガンバ大阪』 2006年3月25日(土) 広島ビッグアーチ:1万3067人 サンフレッチェ広島 1-3 ガンバ大阪 得点:遠藤保仁(G大阪、43分)、マグノアウベス(G大阪、49分)、マグノアウベス(G大阪、61分)佐藤寿人(広島、83分) ホームでガンバ大阪(J1)と対戦しました。 今回は、下田&ジニーニョ&森崎和&ウェズレイら主力数人を欠いた影響なのか、今季初の3-5-2を採用してました。 しかし、今季最低の試合内容で、J1残留の危機... [Read More]

Tracked on March 28, 2006 at 12:15 AM

« マックス最終回 最速(?)感想 | Main | ネタです。本気でツッコミしないで(w) »