« 久々に新日ネタ | Main | なんのための親善試合? »

March 30, 2006

直江兼続って実は・・・

私はけっこうへそ曲がりな上杉ファンなのかもしれない

曰く「謙信は絶対天下は取れない」

曰く「上杉軍団って本当に日本屈指の精強な軍団か疑問」

曰く「謙信って本当に戦上手だったのか?」

などなど・・・・

で、最近脳裏から離れないのが

直江兼続って実はすっごいイヤミなヤツ

だったのではないかという疑念である。

私の歴史友達の三楽堂さんが運営されている戦国群像というサイトで

直江について紹介されているコラムがあるのだが

以前は直江の気宇壮大さ、気の強さを賞賛する気持ちがあったのだが

最近はどうもイヤミにしか見えないんですよ。

で、イヤミというと やっぱりこの人

で、この人が直江を演じたら数々のエピソードはきっとこうなるかと・・・

                                                             

その1 大阪城での伊達政宗との大判話

大坂城内の諸大名詰の間で、政宗が懐中から慶長大判を取り出す。

政宗「おのおのがた、ご覧になったことはあるまい?」

大名たちはみんな珍しがって回覧していき、

やがて末座にいる兼続の前に回ってきた。

その大判を兼続は扇子ですくって、

羽根突きみたいにポンポンはじきだしたというんだね。

政宗も心中は唖然ととしただろうけど、気配りの達人だから、

陪臣なので遠慮しているんだな、と思い、

政宗「山城(兼続の官名)、手にとって見るも苦しゅうないぞ」

兼続「情けない人たちだ、大名にもなってたかだか

   大判くらいで興奮するとは。

   私はあなた方とは志の大きさが違うのです。

   だから小人の手垢のついた代物をじかに

   触れるマネなどはしたくありません」

と言ってポーンと大判を投げ返す兼続。

そしてニヤリと笑みを浮かべながらその場を立ち去っていった・・・・

                                                  

その2 直江状(の勝手な解釈 (^^;))

「大老筆頭ともあろうあなたがずいぶん細かいことに

文句をつけるんですね?

なんとまあ器の小さい人だ。

まあ私はあなたがその程度の人間であることは

ずっと以前から知ってましたがね。

そんなあなたが天下の政を動かすとは

ずいぶんと寂しい世の中になったものです。

まあいいでしょう、こう見えても私は心の広い人間だ。

許しますよ、あなたの小心ぶりを(ニヤリ)

そういえば近々息子さんと同行で

こちら(会津)にいらっしゃるそうですね。

どうぞいらっしゃってくださいな、歓迎しますよ、そして

真の男の中の男とはどういうものかを

あなた方に見せつけてやりますよ(ニヤリ)」

                                                              

そりゃこんなイヤミなヤツがイヤミ満載の書状を書いたら

家康でなくても怒るわなァ(^^;

あ、あ、直江ファンの方怒らないで~(笑)

|

« 久々に新日ネタ | Main | なんのための親善試合? »

Comments

こんにちは。直江ファンのよーぜんです(笑)
トラマさんの「直江観」には「愛」を感じますので、ちっとも怒る気になりません。
というか、私も彼にはイヤミな一面を感じます(笑)。
あの方が演じたら、本当にいや~な直江になることでしょう。見てみたい気もします。

Posted by: よーぜん | March 30, 2006 at 05:12 PM

>よーぜんさん

おバカな記事にコメントいただきありがとうございます。
直江=爽やか・男らしい
というイメージが戦国ファンの中に定着しているみたいですが
最近とある本を読んでから逆説的な見方をすると
もっと面白いことに気づいて
いろんな通説を疑いだしてきております(笑)
織田信長って本当に革新的だったのか?とか

山崎さんは残念ながら俳優を辞められたので
たぶんこのキャスティングは実現することは
まずないと思うのですが
兼続がこんなイヤミな奴だったら
逆に主君の景勝の偉大さを証明できるので
これはこれで見てみたいですね

Posted by: トラマ | March 30, 2006 at 07:38 PM

So many CEOs, owners, and presidents cannot answer the metric questions when asked. Fleshing blade can help in this regard to flesh the hide in a proper way so as to keep away the cuts & punctures which can be caused by using knife. The plastic body is also strong enough to withstand some pressure and there is hardly any notable flex when we tried to put pressure on some of the key weak design areas such as the back of the screen or the palm rests.

Posted by: harga Lenovo Lemon k3 | January 10, 2015 at 12:05 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96812/9329206

Listed below are links to weblogs that reference 直江兼続って実は・・・:

« 久々に新日ネタ | Main | なんのための親善試合? »