« けっこう早い(たぶん)マックス37話感想 | Main | 微妙な試合 大分vs広島 »

March 12, 2006

大阪ダービー

BS1で後半から見ましたがあまりにも強烈すぎます。

ハットトリックを決めた2トップもすごいのは言うまでもありませんが

そこへ行くまでの流れがまたすごすぎる。

この試合の分岐点となったのはある意味皮肉なことではあるんですが

加地の負傷退場によるシステム変更でしょう。

4-4-2であったのが3-5-2となったのですが

これにより輝きを放ったのが家長であり二川であったと思います。

勝ち越しゴールのシーンの家長の突破や

5点目・6点目の二川の好パスは語るに及ばず

フェルナンジーニョのハットトリック以降はセレッソが前がかりになった

影響もあるんですが、ガンバの見事なまでのパスサッカーを

楽しませてもらいました。

即戦力CBの補強ができなかった不安もありますが

明神・加地、そしてマグノアウベスといった選手が

少しずつかみ合ってきているのかな、という印象があります。

いずれにしてもガンバの攻撃サッカーは今年も健在ですね。

                                                             

え?他に取り上げるチームがあるだろって?

相変わらずの消極的なプレーに

腹が立っているので

正直いますぐに取り上げる気になりませんでしたが・・・。

なんでボールを奪った後の動きがこうも違うのだろう・・・

まあ前節よりは守備はマシにはなったが

|

« けっこう早い(たぶん)マックス37話感想 | Main | 微妙な試合 大分vs広島 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96812/9055355

Listed below are links to weblogs that reference 大阪ダービー:

« けっこう早い(たぶん)マックス37話感想 | Main | 微妙な試合 大分vs広島 »