« これでいいのか?>米産牛肉輸入 | Main | 結局 »

January 07, 2006

高校サッカー 野洲vs多々良

いい試合でした。

結果は1-0で野洲が勝ちましたがどっちが勝ってもおかしくなかったです。

ポゼッションで勝る野洲に対して

ダン・石田の2トップを中心とした逆襲速攻の多々良

両チームが演出したチャンスの多さからすると

1点しか入らなかったのが不思議なくらいです。

評判の野洲高校のサッカーがどうなのか興味深々だったので

仕事サボって(今もサボっているが^^;)見たのですが

一人一人の技術・戦術眼の高さはピカイチじゃないですかね。

プレッシャーがもっときつかったらどうか?という興味もありますが

広島ユースやガンバ大坂ユースと試合をしたら

どんな試合になるんだろう、と考えてしまいました。

滋賀県は以前も草津東高校が技巧的なサッカーを見せて

準優勝しましたが、地場のクラブと一体となった育成に加えて

ガンバユースなど対戦相手に事欠かない環境が

レベルアップに貢献しているようです。

ドリブルや意表をつくパスなど攻撃面ばかりに目が行きがちですが

野洲の一人一人の守備意識の高さも目を引きました。

攻守の切り替えの速さこそが野洲サッカーの生命線のような気がします。

フィジカル・技術に優れる鹿児島実業との決勝は面白いものになりそうです。

個人としてはサイドの乾くんに目を引かれました(青木くんもすごいけど)

とにかく攻撃の際は味方がボールを失う心配などしてないかのように

攻めあがっていくスタイルはオシムサッカーに通じるものがあるのでは?

                                                             

それから多々良学園、いいチームだったですね。

学校が無くなるかどうかの瀬戸際で頑張る姿は

99年の横浜フリューゲルスとダブらせてしまうわけですが

高松、中山、中原といった大型ストライカーを輩出してきたチームらしく

今回も二人の大型ストライカーを中心としたカウンター攻撃は迫力あったし、

またキャプテン菅田や平間といった中盤の選手の技巧は

野洲ほどではないにしても高いものでした。

強豪チームを次々と撃破してきた実力はフロックではありません。

負けて悔しいだろうけど、君たちは本当に頑張った。

胸を張って堂々と山口へ戻ってきてください

|

« これでいいのか?>米産牛肉輸入 | Main | 結局 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96812/8045696

Listed below are links to weblogs that reference 高校サッカー 野洲vs多々良:

« これでいいのか?>米産牛肉輸入 | Main | 結局 »