« October 2005 | Main | December 2005 »

November 30, 2005

来期の新戦力に・・・

サッカーカフェという掲示板で仕入れたネタですが

                                                             

J2甲府の元日本代表FW小倉隆史(32)が、今季限りで退団することが29日、分かった。日本代表でも活躍した小倉は、今季は第43節を終わった時点で8試合出場で2得点。2003年にJ2札幌から甲府に移籍してからの3年間で、ともに最低の数字だった。大木武監督(44)の続投も内定しており、来季も出場機会が望めないことから球団側は契約を延長しないことを決めた。移籍先は未定だが、小倉は「体も動くし、現役を続けられるようにチームを探しているところ」と現役続行を希望している

                                                             

個人的に好きな選手でもあるのですがガウボンがもし使えないと

判断されるようでしたらオグはいかがでしょう?

ポストもチャンスメークもできるし、トップ下に据えたら

大木さんより頑張れると思いますが

| | Comments (2) | TrackBack (0)

November 27, 2005

U-18勝利!

とりあえず勝ってよかったです。

押される展開は予想してましたが

ある意味予想通りの試合展開でした。

耐えるところは耐え、勝負に行くところは勝負する姿勢を

最後まで崩さなかったチーム全体の勝利だと思います。

はっきりいって北朝鮮はムチャクチャ強かったですね。

たぶんポゼッションでは北朝鮮のほうが上だったと思います。

マイク、安田といった交代選手がキッチリ仕事をしたし

福元、槙野を中心とした守備陣は完璧に近い仕事ぶりでした。

解説の北沢さんも褒めてましたが柏木の攻守にわたる貢献ぶりは

すばらしかったですね。

何よりもこのチームの良さは前監督のときのように

安易な放り込みを決してしないことです

まあそういうサッカーができるのは

恐ろしいほど正確なロングフィードが蹴れる

福元君がいるからですけど。

それと前チームとことなり選手間での「声」のコミュニケーションが

非常に活発なのがうれしい。

これは福元だけでなく槙野もガンガン声出してますから。

強敵相手に最後まで4バックを貫いた吉田監督にも拍手です。

来年がまた楽しみです

                                                  

最後に北朝鮮代表チームについて。

はっきりいって

一次予選で当たるようなチームではないです

選手一人一人の技術や身体能力、そしてチームとしての連動性は

まるでジェフ千葉みたいでした

少々のタックルでは倒れないFW陣、しっかりとした基礎技術。

何よりもこぼれ玉をひろいまくり佐藤勇みたく後方から攻め上がってくる中盤は

オシムサッカーとそっくりでした。

惜しむらくは(シャレじゃないよ^^;)フィニッシュの部分で落ち着きが足りないのと

阿部や森崎カズのような中盤で落ち着かせられる人材に欠けていたことでしょう。

でも・・・・まだプレーオフで来る可能性もあるよな>北朝鮮

                                                             

【おまけ】

絶対に負けられない試合だったにも関わらず

テロ朝がこの試合を中継しなかったのは

やっぱり朝鮮マンセーな局だからなんでしょうか?

どなたか答えを教えてください

| | Comments (4) | TrackBack (2)

石堀光彦の裏日記

闇の重力にとらわれし皆さん、ご機嫌いかがでしょうか。

イッシーこと石堀光彦です。

先日も報告しましたがついに影武者くんが起動しますた。

つうかちょっと前から動いてはいるんだが・・・・

                                                              

その影武者くんの玩具ともいうべきウルティノイド(闇の巨人)の

誕生秘話なんかを紹介しようか。

名前はダークファウスト、俺が地球で生み出した二番目の巨人だ。

誤解のないよう断わっておくが、生み出したといっても

俺の腹から生まれたわけじゃないからな(^^;

俺の思念の中にイメージがポっと沸いてきて

それが実在化した、と言ったらいいのかな。

こいつの黒いつぶらなお目目が

なかなかセクシーなヤツだと思わないか!

いやァ、結構な自信作だったんだよ。

ただなァ、なまじ可愛らしい姿にしちゃっただけに

どこで敵をビビらそうか悩んだんだよ。

で、思いついたのがドスの利いた声をあてること

ドスの利いた声ってなるとやっぱり

ヤ○ザとかになるんだよなァ。

だから声のサンプルを集めにナイトレイダーの職務の合間に時々

怖いお兄さん達が徘徊しているところも行ったのよ

ま、怖いって言ったって闇の帝王たる俺様から見りゃこいつらなんて

食玩以下の存在だけどな(冷笑)

ちょっとビーストをちらつかせりゃ

「ひえええええええ!ば、バケモノだァァァ!」

って腰抜けして小便ちびりながら逃げてったけどな。

だからなかなかサンプルが集まらなかったのよ。

                                                             

そんなこんなでちょっと悩んでいたときたまたまTVを見てたら

「おおおおお!この声こそ俺が探し求めてたものだ!」

というわけで善良な市民を装って

宇宙警察地球署に行ってきたんだぜ。

苦労したぜ・・・

やたらと元気にいい茶髪な兄ちゃんが付回すは

グラビアアイドルみたいな綺麗なくせに「私はエスパー」だの

「あんたの心を探る」だの抜かして手を握ろうとする女とか

そうかと思えばいきなり逆立ちして「シンキングタイムです!」などと

わけのわからん行動をするやつもいたりしてな。

ま、軽くあしらってやったけどな(笑)

                                                             

で、合ってきたのよ その人に(正確にいうと人ではないのだが・・・)

いやあ最高だったね、もう声聞いただけで俺は痺れたよ。

一瞬溝呂木みたく ただの道具にしてやろうと思ったけど

さすがにスキがなかったんであきらめたんだな。

ヤツラに悟られないようにうまく声を録音して

あとは俺の得意分野でもあるPC技術を生かして編集して・・・

こうして俺様の労作ダークファウストは生まれたんだ。

                                                              

こういった俺様の見えない苦労(?)を思い浮かべながら

闇の巨人のこれからの熱き戦いを見守って欲しい

                                                             

最後に突撃取材に協力してくれた

レイン星人のアブレラ君に感謝したいと思う。

いつかまた

地球征服フォーラムで議論を戦わせたいものだ

| | Comments (2) | TrackBack (0)

November 26, 2005

今年のJ1は最後まで熱い

1シーズン制にしたらつまらなくなる、なんて誰が言ったんでしょう(笑)

とんでもないことになってますね。

今日の結果を見ると

勝ち点2の中に5チームがひしめき合ってます

これは来週の最終節はほんと見ものです。

ビッグアーチ行かずにTV観戦をしゃれ込むかな(笑)

そんな中・・・・・・・・・・

ヴェルディ終戦(合掌)

あのヴェルディのパスサッカーは決して嫌いじゃなかったんですが

やっぱり守備力の低調さとここ一番というときの決め手に

欠けていたように思います。

ワシントンもここ数試合は無得点ですし・・・

サンフも他山の石としないとまた2002年のようになりますよ。

大吾が欲しいなァ(コラコラ!)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

November 25, 2005

ジョージ・ベスト氏逝く

マンチェスターユナイテッドの黄金期のメンバーであった

ジョージ・ベストが亡くなりました

天才的なドリブルテクニックと得点力、そして甘いルックスで

一躍大スター選手となりましたが

自己コントロール能力に欠けていたようで

選手としても、また己自身の命までも寿命を縮めてしまいました。

太く短く生きたというべきでしょうか。

謹んでご冥福を祈りたいと思います(合掌)

| | Comments (1) | TrackBack (5)

ごめんちゃい!またU-18ネタ

北朝鮮vsチャイニーズタイペイの試合がおこなわれました

結果は・・・・

5-0

なんだよ散々煽っておいて日本と同レベルなんじゃん!

って思ったそこのあなた!

大変な思い違いをしてますよ!

相手と同レベルということは

敗戦する可能性も五分五分ということです

吉田監督の懸念も現実のものとなりました。

こうなれば選手の力を信じて戦うのみです。

しかし・・・引き分けた場合、一体どういう裁定となるのでしょう?

まさか

アウェーゴール2倍ルール適用ってことないよな?

| | Comments (2) | TrackBack (1)

回復しました

先日お見舞い&励ましのコメントいただきありがとうございます。

幸い熱も下がり頭痛も無くなったのでどうやら

早期回復できたようです。

まあ自社製品をかなり活用しましたが(^^;

サッカーネタ以外の「イッシー日記」とか「新日再生プラン」

はたまた「大分・尾道仕事日記」などや歴史ネタなどを

日曜日くらいにまとめてアップする予定です。

って言い切って大丈夫か?>自分

| | Comments (1) | TrackBack (0)

November 23, 2005

U-18日本代表

5-0
得点者 河原2、森島、柳沢、梅崎

メンバーは

GK 秋元
DF 福元、青山、内田、堤(安田)
MF 梅崎、柳沢(伊藤)、柏木、森重(横谷)
FW 森島、河原

一応勝ちました。
が、やっぱり物足りないっていうか
決定機を決められなさ過ぎ。
正直あと3点は欲しかった。
柳沢が意味不明のイエローをもらってそのケアもあって
伊藤を投入しましたがかえってサイド攻撃が単調になって
この3トップは失敗に近いものがあったように思います。
攻撃陣でよかったのは梅崎と柳沢
二人とも後半は積極的に仕掛けていきました。
特に安田が投入されてからは
梅崎と安田、柳沢と内田というコンビが機能し
立て続けにゴールを奪いました。
それだけにもったいない印象が少々・・・

柏木はまあ可も無く不可もなく、バランスを考えて無難に
プレーしてました。
ミドルシュートは枠に飛ばしてね。

25日の北朝鮮vs台湾の結果次第では
27日は是が非でも勝たなくてはいけなくなりそう

と思ったら2位でも成績によってはプレーオフがあるのね

| | Comments (2) | TrackBack (1)

ウチの近くで

全国ニュースになるような凶悪事件が起きました

捜査状況からどうも愉快犯のような感じです。

矢野駅はしょっちゅう利用するのであの辺りの地理はだいたいわかりますが

殺人を楽しむような犯罪者がすぐ側にいると思うと

腹立たしいことと不安な思いが入り混じってます。

亡くなったあいりちゃんのご冥福をお祈りするとともに

一刻も早く犯人が捕まることを願ってやみません

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 22, 2005

風邪でダウンしました

更新もサッカー観戦も一人旅もできません

今から病院へ行ってきます。

昨日たくさんコメント&TBいただきましたが

レスつけられなくて申し訳ないです

| | Comments (8) | TrackBack (0)

November 21, 2005

まずはサッカーネタから

いやァ、疲れました。

おととい昨日の報告は改めてアップしますが

まずはサッカーネタ

                                                             

1.ワールドカップ予選プレーオフ

個人的にもっとも注目していた「トルコvsスイス」を見ました。

国歌斉唱での

アルパイの鬼のような形相はネタになるなァと思ってたら

ホントにネタになることやっちゃいましたね(苦笑)

なんだよ!あのハンドは!

気持ちはわからんでもないが

手ではたくことはねえだろ!

しかもこのオッサンは懲りないというかなんというか

トルコが3点目のPKを決めたあと

相手のゴールキーパーを激しく挑発してたな(笑)

トルコの最終ラインは終始不安定だったのですが

浦和を解雇されたアルパイがDFリーダーやってるようじゃ

至極納得です(^^;

スイスのFW(9番のフライ)にもう少し落ち着きがあれば

たぶん4-4になったでしょうね。

それから試合後のスイス選手のピッチからの退場の

恐ろしく早いこと早いこと(笑)

日本代表もテヘランでイランに勝っていたら

あるいは・・・・・

ピョンヤンで北朝鮮に勝ったら

同じ経験を積めたかもしれないのに

大変惜しいことをしました(爆)

                                                  

2.バルサvsレアル

実はまだ見てません。

というのはビデオデッキを修理に出してから

どういうわけかWOWOWが見れなくなりました(泣)

再度修理に出すべきか、思い切って新しいのに買い換えるべきか

判断に迷うところです。

いい商品があればぜひともご教示ください

で、とりあえず結果は・・・・バルサ完勝!イエーイ♪

これでサッカー界の正義は守られたと思っとります

次はCLで昨年のリベンジを期待したいところです。

個人的にはモウリーニョの泣きっ面を一度見てみたいので(^^;

                                                  

3.サンフレッチェ関連

現地で観戦された方の話では完敗だったようですね。

4バックだったみたいですが久保にいいようにやられたようで・・・

下田の負傷以降の悪い流れをなかなか断ち切れずに

もがき苦しんでいる様子が目に浮かびます。

いいんですよ・・・強いチームになるためには必要なことです。

この苦しみを乗り越えたときに真の強豪チームへと脱皮できるのですから。

ただね、小野さんもう優勝争いとか関係ない位置なんだから

DF陣のテコ入れをもう少し真剣に考えたほうがいいんじゃない?

来期のことなんか考えてられない!

ってのならわからんでもないけどさ。

こういう記事を見てるとなんとなくねェ・・・・・

一誠やクワシン、前俊を使ってくれたことは素直に評価したいけど

| | Comments (8) | TrackBack (7)

November 18, 2005

明日あさってと

仕事で尾道へ行ってきます。

こういう祭りに参加します。

このサイトをご覧の方でお近くにお住まいの方は

是非ともご来場くださいm(__)m

ちなみにトラマは

ニンニク入りの味噌と干し芋とゲルマニウムサポーターという

何を売りにしたいのかよくわからん売り場で

爽やかな笑顔(?)でお出迎えいたします

さあて準備準備と♪

| | Comments (2) | TrackBack (0)

November 17, 2005

本大会出場国出揃う

代表戦そっちのけで読書にふけっておりました。

一応テレビはつけてましたがほとんど見てません。

というわけで松井くん、ナイスゴール

ところでワールドカップ本大会の出場国が決まりましたね。

やっぱり注目は欧州予選の結果になるのですが

スイス 2-4 トルコ  早く試合を見たいっす!

第一戦も見ましたが両チームとも技巧に長けた好チームだったので

すさまじい打ち合いだったんでしょうね。

それと

オーストラリア、トリニダードトバコ出場おめでとうございます

| | Comments (4) | TrackBack (2)

November 16, 2005

今話題の

「生協の白石さん」

の本を買ってきました。

ブログ読むだけでもけっこう笑えるので

今晩はサッカーそっちのけで読もうと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

振り込め詐欺の手口ですかねェ(笑)

ウチの母親宛に何やら偉そうな葉書が来ました。

なんと

財務省管轄支局 訴訟管理事務局 なんだそうです

で内容とは

民事訴訟最終告知通達書

なんだって(笑)

すぐに社員から

「これって詐欺の手口ですよ!」

との指摘があり、葉書に書かれた番号をダイヤルせずに

タウンページに記載されてる国の機関(財務省)に連絡したところ

「ウチにはそんな名前の部署はありません!

間違いなくニセモノです!」

                                                             

みなさん、この手の詐欺が横行しております。

見に覚えがないと思ったら

まず信頼おける人にご相談の上場合によっては

消費生活相談や警察などに連絡されることをお勧めします

まかり間違って記載されている電話番号には

絶対かけないようにしてください!

| | Comments (0) | TrackBack (1)

November 15, 2005

エディ・ゲレーロ逝く

今朝ヤフーのニュースをチェックしていたら

エディ・ゲレーロ急逝!

私はエディは新日時代しか知らないのですが

寝てよし・立ってよし・飛んでよし、のオールラウンドな

天才肌のプロレスラーでした。

2代目ブラックタイガーとしてもマットに立ったのですが

彼がタイガーマスクやったほうが

よかったんじゃないか

そう思えるくらいの選手でした。

WWEへ行っても超一流の選手として名を馳せていたようですが

過酷なスケジュールに体を蝕まれていたんでしょうね

謹んでご冥福をお祈りします。

しかし・・・・38歳とは・・・本田美奈子さん同様に

まだ若いじゃないですか!

| | Comments (1) | TrackBack (2)

November 13, 2005

スペイン快勝

今BSでワールドカップ予選プレーオフを見てます。

スペインの快勝ですね。

ルイス・ガルシアはこの試合

3ゴール1アシスト(?)の大活躍

力関係からいえば妥当な結果ですが

ようやく本領発揮というところでしょうか。

あれだけのタレントを抱えていて当たり前といえば当たり前なんですけどね。

チェコも勝ったようですし

とりあえずホッとしているところです

                                                             

しかしですねェ・・・・

無敵艦隊復活っていう記事はいかがなものかと

今予選で問題となった決定力不足という課題に加えて

ディフェンス面での不安定さは修正は難しいんじゃないですかね。

私はマスコミが騒ぐほど今のスペイン代表を評価してません。

あれだけのタレント抱えてりゃ普通に強いだろ、と(笑)

この国は日本人が想像する以上に国としてのまとまりがない

その象徴が代表チームなのかもしれません。

まあいつもは予選だけ無敵艦隊

本大会になると沈没していたんですけど

今回は予選で沈没寸前まで行きましたから

逆の目もあるのかもしれませんね

| | Comments (2) | TrackBack (2)

石堀光彦の裏日記 

闇にとらわれた愚か者のみんな!元気にしてたかな

どうも~イッシーこと石堀光彦で~す!

一ヶ月以上更新サボってたぜ!foo!

ネクサスDVD全巻発売されちまったぜ!foo!

でもでもネクサス本発売延期されまくりだぜ!foo!

詩織の写真集を妄想するともう・・・(以下自粛)

                                                             

いかんいかん、ついつい今流行のレイザーラモンHGの口調に

なってしまったではないか(汗)

で、日記に戻ろう。

そんなこんなでペドレオンを撃退した後に

ストライクチェスターフォーメーションなるものの訓練を行なうことになった。

ここで弧門の坊やはミス連発。

当然のごとく凪は激怒しまくり。

いやァ、あのときの凪の顔は

ぜひとも良い子のみんなに見て欲しかった(冷笑)

だが弧門がなぜミスを連発したかみんな考えたことあるか?

「弧門は器用でないから」とか「配属されたばかりで慣れてないから」

と考えるのが普通だろうな。

だが実はそれだけが理由じゃないんだよ(ニヤリ)

                                                             

前日、凪に怒られまくった弧門を慰めてやろうと詩織と3人で

俺の部屋で無礼講で飲み会をやることにしたんだよ。

弧門の経歴はある程度把握していたつもりではあったんだが

TLTのホストコンピューターをチェックしていたところ

ヤツの経歴について重大な見落としがあることに気が付いた。

そしてそれを確認するために飲み会を仕組んだというわけだ。

俺は机の上に”あるもの”をく置いておいた。

そして詩織と弧門がやってきて宴もそこそこ盛り上がってきたときに

詩織がさりげなく机に目を向けるよう仕向けた。

                                                            

「ねえ、この机に置いてある模型、これどうしたの?」

「ああ、ハイテク機器ばかりいじってるからたまにはアナログも触りたくなるんでね」

「へえ石堀隊員ってそういうところもあるんですか・・・」

と弧門が感心したとき詩織が聞いてきた。

「で、この車の模型何ていうの?」

「ああ、それね流星号って言うんだよ」

                                                            

その瞬間弧門の表情はわずかながら青ざめた。

俺はその瞬間を見逃さずすかさずヤツにツッコミを入れた。

                                                            

「おい・・・どうした?ちょっと顔色を悪いぞ」

「いえ、なんでもありません」

                                                            

なんでもないはずがないだろうが(笑)

俺はさらに確信を深めるべく“とどめの一撃”を用意していた。

                                                             

「ねえ、これLOTO6じゃない?」

「ああ、息抜きも兼ねてチャレンジしてるんだが全然当たらねェんだよ」

                                                             

弧門はチャンスとばかりに顔色を戻してツッコミをかけてきやがった。

                                                             

「へえー、石堀隊員ってギャンブルもするんですか?」

「断わっておくが俺はギャンブラーじゃないぞ!

でも隊長・副隊長にはナイショにしておいてくれな(懇願調)」

                                                             

この俺様の“お願いする仕草”にまんざらでもない弧門。

フッ、こんな子供だましの芝居に引っかかるとは

ヤツもまだまだガキだな(冷笑)

俺はここでヤツを奈落の底に突き落としかねない爆弾を

用意していたのだ。

                                                             

「ねえイッシー、数字の組み合わせは・・・ってもう書いてるじゃん!

で・・・555913・・・これなんか意味あるの?」

「いや・・・特にこれという意味は無い・・・おいどうした?」

                                                            

弧門はLOTO6の数字を聞くや否や

顔を青ざめブルブル震えだしたのだ

                                                            

「え、あ、いや副隊長が知ったらなんていうか、と思って」

「なーにー、弧門隊員って案外小心者なのね(笑)」

                                                             

二人のやりとりを聞いて俺は確信した。

                                                             

弧門!お前過去にバケモノを戦ったことあるだろう

俺はヤツを正直侮っていた。

だがヤツは優しい顔をしていて実は

トンデモない歴戦の経験を持つ男だったのだ!

やはり俺の影武者に頑張ってもらうとするか

                                                           

(注)まだ4~6話の時点では「イッシー・詩織」の関係までは至ってませんが

ストーリーをわかりやすくするためあえて“イッシー”を使わさせていただきました

| | Comments (48) | TrackBack (0)

大分戦をちょっと詳しく振り返る

ビデオで確認しました。

大分のシャムスカ監督にすれば

100点満点の会心のゲームでしょう。

マグノ・アウベスの先制点以降は理想どおりのゲーム展開だったのでは。

サンフに勝つチャンスが無かったか、といえばそうでもなく

前半の20分まで、つまり先制点を取られるまでは広島のペース。

いろんな方が語っているがあそこで点を取れなかったのが

全てとも言えなくもない。

そういう意味では第一の戦犯はガウボン、次点が寿人という見方も

できないわけではない。

ただ仮に先制点を取れたとしてもそのままゲームが終了するとはとても思えない。

今のサンフは後半になると運動量が急激に落ち込んで

相手に一方的に押し込まれるのが当たり前の状態なのだ。

そういう意味ではこういう意見全くもって正しいと言える

とにかく今の広島の問題はメンタルの弱さに尽きる。

失点してしまうと俯いてしまう選手があまりにも多い。

カズや寿人の試合後のコメントにもあるように

気持ちの切り替えがチーム全体でできていない。

それから守備から攻撃へ移行する際のスピードアップが

一向に向上しないのは何故なんでしょうか?

時間が経過するにつれてパスが足元ばかりで

しかもダイレクトやワンタッチでのパス回しがほとんどなく

しかもベットの退場後は俊介の登場まで誰も個人技で仕掛けようとせず

消極的ともとられかねない内容に落ち込んでしまったのは

残念としか言いようがないです。

大木がシーズン終了間際になると査定が絡むため動きが良くなるのと

俊介が一人個人技でこじ開けようとする姿勢を崩さなかったのは

数少ない救いであったと思います。

                                                             

シャムスカマジックなどと言われている現在の大分ですが

よくよく選手起用などを見てみると

当たり前のことを当たり前のようにこなせるよう徹底させている

のがシャムスカマジックの秘密のように思えます。

守備の際にプレスをかけるのを誰もサボらない。

相手の特徴を踏まえた上でマークやプレスのかけ方を

徹底させている感もあるし(カズは完全にパスコースを消されてた)

ボールを奪った後の攻撃への移行は常にパスコースをいくつも作れるように

素早いフォローを意識させているように見えました。

それから選手の特徴をよくよく見極めているなァ、と思います。

根本や梅田、高松などが再び輝きを取り戻したのは

シャムスカ監督が彼らの個性を大事にしたからでしょう。

スペシャリストを大事にするという姿勢はもっと注目されてもいいと思う。

もちろん今の大分を支えているのは

攻守に万能の働きをする二人のボランチの献身抜きでは

語れませんけど。

                                                             

最後にこの試合の審判はかの悪名高い家本さんでした

3点目のジャッジ(茂原が引っ張られてるように見えましたが)や

4点目のPK(ジニーニョの足は根本にかかっていない)のは

誤審ととられてもおかしくないように思えました

見ているお客さん(広島サポ)の気持ちを一気に萎えさせるレフェリングは

やっぱりこの試合でも炸裂しましたね

もうこうなったら仕方ありません、

来年のワールドカップ本大会で

家本さんに笛を吹いてもらって

日本サッカー協会およびJリーグに

赤っ恥をかいてもらいたいです(怒)

あんなヘタクソなレフェリーがスペシャルレフェリーというのも

おかしな話です・・・・・

                                                             

【おまけ】

昨日神園さやか嬢が応援に来ていたそうですが

前回に続き4失点・・・・・ 

彼女にとっては運が悪いとしか言いようがない。

| | Comments (5) | TrackBack (8)

November 12, 2005

大分戦を簡単に振り返る

昨晩大分へ行ってヘトヘトになって帰ってきましたので

詳しい感想は後ほど。

今日の試合は一言でいえば

完敗・完敗・完敗・完敗だァ~

納品に出ている最中に車停めてカーナビで見てましたが

もう一言しか出てこなかったですね。

ま、観戦されたサポの皆様、お疲れ様でした。

酷い結果と内容でしたが

決してサンフを見捨てないようお願いします(懇願)

| | Comments (2) | TrackBack (4)

November 10, 2005

明日は

日帰りで大分トリニータ偵察のため大分市へ行ってきます。

今だと車で片道五時間くらいでしょうか。

時間があればマジで大分の練習を見に行きたいけれども

たぶん無理でしょう。

ちょっと心配なのは明日訪ねる相手先が

トリニータのオフィシャルスポンサーに名を連ねているため

丁々発止のしばきあいになるんじゃなかろうか(^^;

サッカーネタで盛り上げれればうれしいのだが・・・

| | Comments (1) | TrackBack (0)

November 08, 2005

相変わらずのジーコジャパン

すったもんだして対戦相手が決まった今年最後の代表戦の

メンバーと記者会見が行なわれました

この監督さんに真の競争原理なるものは

ハナから期待などしてませんでしたが

実際のメンバーを見ると多少なりともガッカリしますね。

稲本?もうこの前の試合で見たからいいだろうが!

柳沢?状態を見たいんならイタリアへ行けよ!

高原?同じくドイツ行けばいいだろうが!

加地&宮本?怪我から治ったばっかだろうが、ちったァいたわれや!

中田ヒデ&中村?所属チームでの彼らの置ける立場を考えてるのか?

                                                             

つうかこの時期にレギュラーを集めてチームを固めようとする意義が

どこにも見出せません。

どこに意義があるのかわかる方、教えてください

どの世界でも

鮮度が大事であると思うのだが・・・・・

そう考えるならば例えばFWで

巻や寿人が呼ばれないのは極めて不可解だし

いい加減

まともな左サイドバックを代表に呼んでください

| | Comments (5) | TrackBack (6)

新日本プロレスについて勝手に考える1

今現在、プロレス界は冬の時代などと言われております。

まあこの人が立ち上がるくらいですから

確かにそういわれても仕方がない面もあるとは思います。

しかしプロレス団体が全部が全部興行的に苦しんでいるのか

ということを考えるとそうでもないように思えます。

というのはノアは地方はともかく都市部は盛況ですし

旧闘龍門時代からの流れの団体ドラゴンゲートは若い世代を中心に

根強い人気を誇っているようです。

ゼロワンMAXは大谷・高岩らが中心になって盛り上がっているようですし

武藤率いる全日本プロレスも曙や佐々木健介の参戦などもあって

それなりに頑張っているようです。

そして上記のハッスル・・・・・・

PRIDEやK-1ばかりマスコミにもてはやされてますが

意外と頑張っているじゃないか>プロレス界

ただひとつ失速しているところを除いては(地方の小団体は改めて)

そう老舗の新日本プロレスのことです!

                                                            

プロレスがブームだった頃を思い出してみてください。

70年代後半から80年代が一番のピークだったと思うのですが

あの頃はK-1もPRIDEも無かったし、何よりも

プロレス団体が2ないしは3つしかありませんでした

見る側の選択肢が少ない状況でもあったのです。

例えてみれば、かつて無風状態だった

年末の紅白歌合戦の視聴率と似たようなもんです

まあ80年代前半は確かに馬場&猪木は全盛期でもあったし

鶴田・藤波・長州・天龍と期待の若手スターが次々に登場して

そりゃ確かに華やかな時代だったとは思いますよ(タイガーもいたなァ)

でもあの頃は

ゴールデンタイムで中継があったことを忘れないでほしいです

さすがにこの時代と今を比較する人はあまりいないと思いますが(笑)

でも時々いるんですよ

昔のプロレスのほうが遥かに良かったって人が(苦笑)

単純に技術的なことだけなら今のプロレスのほうが面白いけどねェ 

                                                          

たぶん90年代の新日と今の新日との比較で覇気が無い、とか

試合内容云々などと酷評されているんでしょうけど

個人個人を見てみれば

そこまでヒドイようにも思えないのですが・・・・

この団体の一番問題なのは格闘路線やら純プロ路線やらで

何でもかんでも手を広げすぎて

万事に渡って中途半端なことでしょう

そしてそれを認識しているのかしてないのかよくわからんけど

口だけは一丁前だが経営者あるいはリーダーとして

能力には甚だ疑問の残るオーナーの言葉に振り回されすぎることです

                                                           

ヘビーもありJrもあり、格闘プロもあり、純プロもあり、時々お笑いもあり・・・

まあ確かに多種多様な選手(商品)を抱えている団体ではあります。

でも中にはもう劣化して見るに耐えない商品があるにも関わらず

変化を恐れて売り場(この場合テレビなどの媒体)から外さなかったり

一番売れてるにも関わらず売り場から撤去したりなど

やってることがメチャクチャなんです(怒)

そのくせ拡大路線(大会場での開催など)に走りたがる傾向がある・・・・・

ここ数年来の新日本プロレスの状況はいろんな意味において

現在経営再建中の総合スーパーとそっくりです

そのツケを清算するのに今もがいているのが現状でしょう

(つづく)

| | Comments (5) | TrackBack (1)

November 07, 2005

嗚呼本田美奈子さん(涙)

すでにご存知の方も多いと思いますが

歌手で女優の本田美奈子さんが6日午前にお亡くなりになりました

今年の初めに体調を崩されて闘病生活に入っているという話は

聞いたことがあって、時々HPなどでチェックはしていたんですが

まさか・・・・・・(泣)

本田さんといえばはじめはアイドル歌手からスタートし

80年代半ばから歌唱力のある本格派というイメージが

小生にはあったのですが

一時期ブラウン管から見なくなったかなァ、と思ったら

なんとミュージカルにも進出されていたんですね。

晩年(というには若すぎるが)の歌を聴いてると

アイドル時代の良さをそのままに、ミュージカル女優でより磨きをかけられた

感のある歌唱力に驚きましたね。

彼女がデビューしたころはおにゃんこ全盛期だったんですが

あの手のアイドル歌手が好きになれないトラマにとっては

数少ない聴かせるアイドルだった思います。

若くして天に召されてしまいましたが

天国でもそのすばらしい歌唱力で魅せてください。

謹んでお祈り申し上げたいと思います。

合掌

| | Comments (6) | TrackBack (0)

November 05, 2005

ナビスコ杯決勝

カーナビのテレビで途中まで見ました。

すごい攻め合いだったみたいで結局スコアレス(0-0)だったといえ

攻守の切り替えの速い、面白い試合だったのではないでしょうか。

決定機の数ではガンバのほうが圧倒的に多かったように思いますが

千葉も再三カウンター攻撃を仕掛けてましたし

あわや、というシーンも何度かありました。

後半終了間際の巻のゴールが取り消されたときの

オシム監督の残念そうな顔が映し出されたときは

またなんともいえないものがありました(笑)

結局PKで最後は千葉が見事初優勝をとげたようですね。

個人的に千葉の優勝は日本サッカーにとって意義のあるものだと思います。

ガンバのサッカーが別にいかん、とかそういう意味ではなく

今後日本サッカーが進んでいくサッカーのスタイルというか

方向性を示すという意味では千葉のほうが

日本人にしっくりくるのではないかと思うのです。

今後は

オシムマジックを凌駕する力を備えたチームが

一日も早く登場することを願ってやみません。

というわけで頑張ろうな>小野さん

                                                             

ところで・・・ジーコはこの試合を見てたのか?

| | Comments (3) | TrackBack (3)

11月3日 備中高梁遠征

文化の日に市場調査と観光も兼ねて岡山県の高梁市に行って来ました。

朝早く出撃する予定だったのですが前日ここに久々に行った際に

サッカーネタから広島の市政まで激論を交わし

帰宅したのが夜中になってしまい・・・・・

つうわけで出撃したのがお昼前になってしまいました。

広島から高梁市までおよそ3時間くらいでしょうか。

笠岡ICで山陽道を降りた後は県道をひたすら北上。

最初の目的地は

_110 ポルカというショッピングセンターです

ここは天満屋が出店した店舗ですが1階の食品部門だけは

地元の共栄商事さんがテナントとして入ってます。

まあ内容としては可もなく不可もなしといったところ。

生鮮に関しては倉敷あたりから定時便が出ているようですね。

その後こんどは観光目的で備中松山城へ、と思ったのですが・・・

時間が遅くて入館できませんでした(涙)

仕方ないので適当に写真を撮影

_111 松山城の麓にある城主の館跡の現状。

 復興計画が進んでいるようです。

                                                        

                                                        

_112 わかりにくいと思いますが建物の後ろの山が

今回の陰の目的地備中松山城です。

                                                         

                                                         

_113 高梁市の古い町並みの様子。

こういった町並みは存在自体が貴重な観光資源です。

                                                          

                                                          

先週山口へ行ったときも感じたのですが

こういう山間の街の景観というのは大事にしてほしいですね。

高梁市は狭い盆地の中にある街ですが落ち着いた情緒あるところだと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 04, 2005

さてさて

このところ職場はいろんな意味で活気づいてきているようです。

前にもお話しましたが

営業のプロともいうべき方々が入社してこられて

私自身もいろいろと勉強になることが多いからです。

今まで自分一人で考えていかなければいけなかったことが

意見を聞ける人が周りにできた、ということだけでも

全然違いますね。

これまで会社を双肩で支えてきたという自負というのは私自身は

無いので妙に意地になったりすることも無いですし。

                                                             

まるで関係ないことなんですが、彼らが入社してから新たに3社と

取引することになりました(金額は少ないけどね)

この取引には上記の新入社員は全く絡んでません。

が、ここに来て立て続けに新規顧客が増えてきたのに

ある種の因果関係を考えたりしてしまいます(笑)

世の中って面白いものだな、と

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 02, 2005

ええええええ!

なんとチェルシーが負けたとか!

ついでにミランも

詳しくはこちら

| | Comments (1) | TrackBack (0)

気温の変化にご用心

朝晩の急激な冷え込みに少々滅入っております。

先日高速バスで関西へ行った際も朝はムチャクチャ寒かったし・・・

それにしてもある方から指摘をされたのだが

気づかぬうちに肉体が衰えてきているようだ(涙)

頭髪だけかと思っていたのに・・・・・

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« October 2005 | Main | December 2005 »