« 昨日のラトビア戦を少しマジメに振り返る | Main | トップ下に求められる資質とは »

October 09, 2005

映画版「蝉しぐれ」

ネタバレが入りますので、蝉しぐれを未見の方は見ないでください。

                                                           

今日さっそく蝉しぐれを見に行って来ました。

感想は・・・原作をとことん忠実に再現していることを期待されてる方は

ちょっと肩透かしを食うかもしれません。

というのは尺の関係もあるのですけれども

けっこう抜けてる場面が多いのです。

矢田作之丞の妻の話、御前試合でのやりとりと秘剣村雨の伝授、

さらにお家騒動の内幕の説明などがカットされておりました。

ただそれが悪い、というわけではありません。

この映画版蝉しぐれの見せ場は文四郎とふくの交流と

失われつつある日本の原風景にあるのですから。

                                                            

配役は良かったと思いますよ。

個人的な採点ですが95点はあげられると思います。

特に少年少女時代を演じた二人(文四郎=石田卓也、ふく=佐津川愛美)は

大変良かったですね。

周りを固める緒方拳などのベテラン俳優もいい味を出してました。

マイナス5点としたのはストーリー上重要な役でもある

小和田逸平と島崎与之助の配役を逆にしてほしかったことです。

ふかわくんの方がひ弱な与之助に合っているように思ったんですけど。

                                                             

ストーリーは文四郎が染五郎さんに代わってから

加速度的に進みます(笑)

前半の山場でもある助左衛門の死からふくと文四郎の別れまでは

ほぼ原作どおりの展開でありますが

その後の御前試合→家禄復活以降は原作すっ飛ばしまくり(笑)

尺の問題で泣く泣く切ったシーンも多々あるのではないでしょうか。

ただそれらを補ってあまりある映像の美しさはよかった。

日本の自然の風景をキレイに撮っておられたと思います。

                                                             

セットもTV版以上に凝っていたように思います。

ひとつだけツッコミを入れさせてもらえれば

海坂藩の城を彦根城ではなく他の城でやって欲しかったことですね。

海坂藩は出羽庄内藩が元ネタとされてますが

東北地方には彦根城のような総石垣作りの城はほとんどありません。

白河小峰城と盛岡城くらいでしょう。

白虎隊で有名な会津若松城にしても独眼龍伊達政宗の本拠仙台城にしても

石垣は一部しか使われておりません。

できれば土塁で築かれた城(高田城とか江上館など)を使って欲しかったけど

いい画が撮れる城跡が無かったのかもしれませんね。

                                                             

いずれにしてもいい作品であるとは思うので

ご覧になられてはいかがでしょう

|

« 昨日のラトビア戦を少しマジメに振り返る | Main | トップ下に求められる資質とは »

Comments

お久し振りです、TB有り難う御座いました。

藤沢周平作品はお好きですか、私しゃチャンバラが好きなんですが、山田洋次監督の「たそがれ清兵衛」が良かったですね。
あの映画は、藤沢周平の短編小説「たそがれ清兵衛」に「竹光始末」を足して出来上がった山田洋次「たそがれ清兵衛」でした。
黒土三男監督の蝉しぐれは藤沢周平の蝉しぐれから、封建時代の身分制度に縛られた文四郎とふくの心情をお家騒動に絡めて描き出し「七人の侍」を少し振りかけて作り出されていましたね。下手なタレントが出演して居たのはご愛敬として、黒土三男映画蝉しぐれとしては、まあまあでした。
来秋にはキムタク主演で藤沢周平作品の「武士の一分」が映画化されるようなので今から楽しみにしています。

時代劇には殊の外厳しい海老名でした。

Posted by: 海老名誠 | October 15, 2005 at 06:29 PM

海老名さん、お久しぶり&TBありがとうございます。
蝉しぐれに関して言えば昨年放映されたTV版が
思った以上に出来がよかったので
どう乗り越えていくのか、という不安があったのですが
ストーリーは尺の問題もあったので
逆に映像(自然の風景や俳優を綺麗に撮ること)の美しさで
勝負した、という印象を持ちました。
まあお笑い芸人二人は置いておいて
キムタク時代劇は意外と面白いかもしれませんね。
彼が演じた織田信長も結構サマになってましたし・・・。

上杉党のトラマとしては「密謀」か「漆の実のなる国」
のどちらかを映像化してほしいんですが(笑)

Posted by: トラマ | October 15, 2005 at 07:14 PM


I just wanted to say thank you for all.my ex lover is back now. That very
powerful spell to STOP THE DIVORCE - and get my ex husband back - as you
claimed.email him for help at d.rrivershebalisthome@gmail.com Thank you for all your help.Anna Korkova, FL, USA

Posted by: Anna Korkova | April 28, 2015 at 08:49 AM


Dee Macmillan


Although my husband thinks I’m a bit wacky (well, maybe more than a bit), I
believe in the powers of the mind and that some gifted people can definitely
affect the lives of others.Over the past year or so, I felt gloomy much of the

time. It was as if a stormy cloud was hovering overhead, drowning my hopes and
aspirations.I believe my aura needed to be cleansed, and when I explained this to
my husband he snickered and patted me on the back. Well, I asked you to fix my
aura, and it’s as if someone wiped the dark haze that had been enveloping me.
I truly believe that a person’s attitude can be affected by things we can’t see
or understand. And all I can say is thank you, dr.kokotemple My head is clear and
I’m not worried about the inconsequential things anymore.As for my husband: well,
he loves my new attitude and says he doesn’t care how it happened, he’s just glad
it happened.thanks to a spell caster how helped me out once again thanks.contact
this man now for help as well email dr.kokotemple@gmail.com

Posted by: Dee Macmillan | April 28, 2015 at 08:52 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96812/6321134

Listed below are links to weblogs that reference 映画版「蝉しぐれ」:

» 映画「蝉しぐれ」 [海老名誠の身辺雑記]
藤沢周平の時代小説を映画化したんですが、やはり先日読んだ原作とは少し違ってました。 映画の中に奉納試合が無かったので、興津新之丞が登場しない。 秘剣村雨の伝授場面がないので、加治織部正が登場しない。 杉内道蔵が登場しないので、ふくが大八車を押し、欅御殿へ乗り込むときに布施鶴之助が居ない。 後半の山場、秘剣村雨で刺客を倒す場面もない。 と云うように、長編の多くの部分を削って作られていますが、2時間の映画に収めるにはやむを得なかったんでし... [Read More]

Tracked on October 15, 2005 at 06:45 PM

» 蝉しぐれ [たつし’s くま・シネマ倶楽部]
品川プリンスシネマ。黒土三男監督。市川染五郎主演。(すいません,『せみ』の字がで [Read More]

Tracked on November 14, 2005 at 09:31 PM

« 昨日のラトビア戦を少しマジメに振り返る | Main | トップ下に求められる資質とは »