« いやこういう歴史番組なら | Main | 猪木るプロレスラー(笑) »

September 19, 2005

いきなり本番でアレはなぁ・・・

昨日浦和戦を観戦に行ってまいりました。

連休ということもあって久々に2万を越える観客動員(2万6千)

ただねェ・・・

あの駐車環境の悪さはどうにかならんのだろうか?

いつもビッグアーチへ行く度にムカつくのコレである。

去年まで使えた広場が今年使えないとあったが

その広々とした空き地を見るたびに怒りがこみ上げてくるのを

抑えることができない。

なんとかならんのか?>行政よ

サンフが今後興行収入を上げていこうと思ったら

ビッグアーチの駐車場問題をクリアしないことには

99パーセント不可能だと思います!

そして試合だが・・・・

実戦で試したことのないことをいきなりやって

成功すると思ったのか(怒)

ああいう布陣をやるのならナビスコでやれやナビスコで

DF経験のないカズを最後尾に置いたら守備面でリスキーなのは

素人でもわかるやろうが!

お前は山本昌邦か!>小野監督

カズの攻撃センスをリベロで生かしたいからああいうことを

やってみたのだろうが、あのシステムやるには

いくつもの必要条件をクリアしないと機能しないんだよ

                                                 

1.一緒に組むDFが対人能力がめっぽう強いこと

2.当然のことだがリベロの選手にもある程度の守備能力が要求される

3.ボランチとの関係が整理されているか否か

                                                             

昨日の試合を見た限りでは

ぜーんぶクリアできてません!

1に関してはジニーニョはともかく西河は経験不足でお世辞にも

いい守備ができたとは言えません(先制点は彼のマークのズレが遠因)

2についても相手が悪かったのもあるが(田中達也では・・・)

カズが再三一対一の対応に追われてしまっていたし

なによりもラインコントロールがまるでできなかった。

3は茂原・ベットと役割分担は決め事があったかもしれないが

カズが最終ラインに入ったことで中盤でゲームを

コントロールできる人材がいなくなり、浦和の一方的な展開を

許してしまった。

結果、カズのオーバーラップなど当然できるような状況ではなく

かえって中盤でボールの落ち着きどころがなく

浦和のカウンターの餌食と化していた。

前半での出来の悪さが後半にも響き、彼のオウンゴールなどのミスに

つながったのではないかと思います。

ただ救いが全く無いわけではありません。

1.佐藤寿人がゴールゲッターとしての才能を開花させつつあること

2.茂原のトップ下が意外(?)なほど機能したこと

寿人の3ゴールはいずれも彼のストライカーとしての資質の高さを

まざまざと見せつけてくれましたね。

2店目3点目の飛び込みもすばらしかったですが

もっとも評価したいのが1点目のロングスローからのゴール。

往年の名手、イタリアのパオロ・ロッシやイングランドのガリー・リネカー

を彷彿とさせるストライカーであると言えます。

それから茂原はカズやベットの出来が悪かっただけに

余計に彼の奮闘ぶりが目立ちました。

トップ下に入った後半も豊富な運動量を生かして

左右両サイドに流れポイントを作り、スペースに飛び込む動きや

スペースを空ける動き、的確なパス回しなど

前半で退いた桑田やこのところ不調の大木などと比べると

遥かに希望の持てるプレーでした。

彼はもしかしたら

広島のスコールズの異名を取れるかもしれません

それだけにカズのオウンゴールとベット交代の遅れも噛んでいる

4失点目が残念でなりません。

今後は若手を少しずつ試しながら結果を狙っていってほしいです。

                                                             

最後に・・・バックスタンドの売店でCD売り場らしきところで

見かけた小柄な少女・・・・・

彼女が神園さやかちゃんだったのか?

デジカメ用意してなかったし、バタバタしてたので

確認できなかったのだが・・・・

|

« いやこういう歴史番組なら | Main | 猪木るプロレスラー(笑) »

Comments

しかし、小野チンに人間力電波が移ったとしか思えないカズリベロでしたよねm><m。普通に戦ってた方がよほど勝算あったような気がしましたが・・・。
茂原には和製スコールズとして君臨していただくとしても、宇宙開発だけは勘弁クワサイってことで(笑)。

Posted by: hbk_boshoot | September 19, 2005 at 09:58 PM

>hbkさん

小野さんも山本さんも根底にあるのは一緒。
ということは行く着くところ人間力なのです(爆)
次節の新潟戦は選手と監督の人間力が問われる戦いです

Posted by: トラマ | September 19, 2005 at 10:15 PM

あれはさやかちゃんだったはずです。
B6で応援すると言うことでしたから…

Posted by: hadaken69 | September 22, 2005 at 12:19 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96812/6013341

Listed below are links to weblogs that reference いきなり本番でアレはなぁ・・・:

» 9/18 浦和レッズ戦 感想 [「violet soul」]
優勝争いがかなり遠くなる一敗。 前半の和幸ボランチでなくリベロという戦術は失敗だったと思う。しかしそのことで小野監督を責める気にはならない。あれは実験ではなく冒険的賭けだったのだろう。でなければ後半も和幸をリベロをさせていて後半最初の反撃はなかったと思う。 和幸のこの試合の出来は悪かった。だが、彼が今年キャプテンとして後方からチームを鼓舞し懸命に戦う姿を見ている私としては彼も責める気にはなれない。この試合、客観的には「大丈夫?」とも思えるリベロをやらされたのも和幸の信頼感の高さの表れと思... [Read More]

Tracked on September 19, 2005 at 08:20 PM

» 浦和戦・・・ [Foot Days]
今日行われた広島vs浦和は3−4で浦和の勝利に終わってしまいました;>_<;。リベロ:カズという奇策のせいか開始から浦和に押されまくって、田中達也→永井の先制点となった時は「こりゃどのくらい点取られるんかいな?-_-」って溜息をついてたら、ベットのスローイ....... [Read More]

Tracked on September 19, 2005 at 09:51 PM

» びしょぬれいい気持ち。vs.浦和 05.9.18 [BROOOON!]
浦和サポはさすがでしたが やはり最後は蝉時雨でした 最初はうるさいくらいでも 慣れるとBGMですな かすかでも必死な応援でよろしいのでしょ ここぞってときにすりゃいいんでしょ まだ非力だからというわけじゃなく あれだけのサイレントマジョリティなバクスタ... [Read More]

Tracked on September 19, 2005 at 10:55 PM

» リベロ [瀬戸智子の枕草子]
先日のJリーグ第24節、広島Vs浦和戦は残念ながら広島は負けました。 しばらくは [Read More]

Tracked on September 20, 2005 at 01:51 PM

« いやこういう歴史番組なら | Main | 猪木るプロレスラー(笑) »