« トランス型脂肪酸について | Main | コンフェデを見て »

June 22, 2005

わーるどゆうす その4

ふう・・・眠い・・・疲れた

あ、そうそう選手・応援に行かれたサポーターの皆様

お疲れ様でした

ゴールを死守し、何度もピンチを救った西川くん、お疲れ!

相手エースのマークに頑張った柳楽くん、お疲れ!

めずらしく高めのライン設定した増島くん、お疲れ!

SBなのにCBのカバーまでこなした水本くん、お疲れ!

常に仕掛ける姿勢をしめしてくれた家長くん、お疲れ!

中盤でボールをおちつかせようとした梶山くん、お疲れ!

トリッキーなプレーで相手を恐怖させた水野くん、お疲れ!

流れに乗れなかったが得点の匂いのした前田くん、お疲れ!

シュートがことごとくポストに嫌われたカレンくん、お疲れ!

                                                  

あれ?何人か抜けてるか・・・まあいいや。

試合内容は前半は互角、後半はやや押されながらも一進一退といったところ。

水野・家長・梶山が絡んだ攻撃は見るべきものがあった。

カレンもよかった、ただ運が無かったのが残念。

たぶん前半からボールポゼッションで互角以上だったのは

この試合がはじめてじゃなかろうか?

後半も膠着しながらも悪くは無い展開だった。

それが変わったのは家長が下がってからだ。

交代した前俊には罪は無いと思う。

またカレンがポジションを変更してくれたために守備面での

破綻は無かったが攻撃面で一番機能していた左サイドのアタックを

自ら放棄した形になった。

さらに窮地に陥れたのは

水野→兵藤の交代だろう。

むろん運動量が落ちていたのもあったんだろうが

だったら今大会ヘッポコな兵藤ではなく本田だろう。

結果攻めきれず逆にモロッコのきわどい攻めにさらされた。

終了間際の失点に絡んだのは兵藤。

水本が彼のバックパスに激怒したシーンがあったのですが

ここから相手にボールを奪われあの失点シーンにつながりました。

                                                             

今大会はじめて自分から仕掛けるサッカーを展開できただけに残念。

ただ結果として自ら放棄する形となってしまったのが悔やまれます。

そうです、あきらかに監督の采配ミスなんです!

まあ監督がヘッポコでも勝てるチームにならないといけないわけですね。

A代表みたいな感じに

いずれにしても大熊監督では世界では戦えません!

この現実を日本のサッカーに関わる人(ファンも含む)に認識させたこと。

これが一番の収穫かもしれませんね(^^;

|

« トランス型脂肪酸について | Main | コンフェデを見て »

Comments

試合後のインタビューを見る限りは
大熊氏はこの後も監督を続ける、という意志は
無さそうですな。

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/japan/wy/column/2005/200506/at00005143.html

多少なりとも責任を感じているようで・・・

Posted by: トラマ | June 22, 2005 at 09:44 AM

大熊のおかげでジーコが名将に見えてきましたヽ(;´Д`)ノ
ある意味、兵藤が可哀想に思えるような采配でしたね…。

Posted by: はたとも | June 22, 2005 at 10:53 AM

ギリシャ戦の記事TBありがとうございました。
WY無念です。ちょっと選手がかわいそすぎませんか?!
発端は大熊監督を選んだ協会ですよねェ・・・

Posted by: myfootballlife | June 22, 2005 at 11:17 AM

>はたともさん

コメント&TBありがとうございます。
実は私も同じこと思いました(笑)
あれじゃまだジーコのほうがマシですね。
アノ人って基本的に何もしないから(笑)
大熊の場合選手を追い込む自爆采配ですからねェ。
しかも一向にチームのコンセプト見えなかったし。

>myfootballlifeさん

コメント&TBありがとうございます。
大熊批判および協会批判至極もっともだと思います。
サッカー協会自体が責任逃れのお役所体質に
なっているような感じがしたんですが・・・
ケットシーさんのところで大熊さんについて
面白い表現をされてる方がいましたね。

「大艦巨砲主義の海軍がゼロ戦や有酸素魚雷といった
新兵器を与えられたけど全くつかい状況に似てる」

ってな感じで(笑)
確かにその通りだと思いますね

Posted by: トラマ | June 22, 2005 at 12:25 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96812/4658251

Listed below are links to weblogs that reference わーるどゆうす その4:

» ワールドユース モロッコVS日本 大熊システムに撃沈 [のぶたと南の島生活in福岡]
【前半戦】 GK:21 西川周作 DF:2 水本裕貴、4 小林祐三、5 増嶋竜也(cap)、16 柳楽智和 MF:7 梶山陽平、8 中村北斗、12 水野晃樹、17 家長昭博 FW:9 平山相太、11 カレン・ロバート で試合がスタート、カレンは噂通り右ハーフとFWの中間地点でプレーし、平山のワントップで試合に入りました。 まず、大熊が最後まで信じたのでしょう平山相太・・・カタール大会でも判っていたことですが、... [Read More]

Tracked on June 22, 2005 at 09:49 AM

» ワールドユース・日本0-1で敗退 [タイトル未定2]
日本、ロスタイムに痛恨の失点! 20歳以下によるサッカーの世界ユース選手権第8日は21日、当地などで決勝トーナメント1回戦4試合を行い、日本は0-1でモロッコに敗れ、2大会連続のベスト8進出を逃した。... [Read More]

Tracked on June 22, 2005 at 10:08 AM

» ワールドユース お疲れさん [秘境へようこそ]
いやぁ、モロッコの決勝点入った瞬間に思わず喜んでしまいましたよ!なぜって?せっかく来月頭に柏まで遠征いくのだから、前田を生で見たいじゃないですか!というのもあるが一番はこれなら文句なしで大熊未勝利でクビだろ!是非近いうちにFC東京の次期監督になってFC東京...... [Read More]

Tracked on June 22, 2005 at 10:56 AM

» ワールドユース 決勝トーナメント一回戦 日本vsモロッコ [ZEROの領域]
得点を奪うことはてきなかったけれど、今大会で最もいい内容の試合だったと思います。 酷い試合の連続でグループリーグを突破しながら、いい試合をして一回戦敗退・・・。 これもサッカーですね・゚・(ノД`)・゚・。... [Read More]

Tracked on June 22, 2005 at 10:58 AM

» モロッコ戦後 大熊監督会見 [サッカー道]
どうしても納得できません。選手はこの大会一番のパフォーマンスをしたことは間違いないと思います。選手はきっと、この悔しい思いから今後貴重な経験に変えてくれるに違いないと思います。 しかし・・・モロッコ戦後 大熊監督会見 をどうとらえたらいいのでしょうか。 >「毎日の練習やJリーグの環境、試合経験の差も感じた部分ではある。」 WYで通じた部分と足りない部分に対する大熊監督のコメントの返�... [Read More]

Tracked on June 22, 2005 at 11:17 AM

» ワールドユース日本敗退。 [りゅうちゃんミストラル]
オランダで開催のワールドユース。モロッコ戦は終了直前に失点して日本は敗退した。オランダに比べたらモロッコは勝てる相手だった。それだけにこの結果は残念。私としてはドーハよりもバルセロナオリンピック予選(クアラルンプール)での韓国戦を思い出す。あの時も終了...... [Read More]

Tracked on June 22, 2005 at 11:49 AM

» ワールドユース 日本 vs モロッコ [外資系OLな生活]
結局、3時20分に起床。眠い目をこすりながらTVに向かう。窓の外を除くととなりの家の電気がついてる。うーん、おとなりさんもこの2週間頑張ってるなぁ。と少し励まされた気分になり、ゲームを観戦。 水野初スタメン。過去3戦よりはチーム全体的に動きはよいような感じはするものの、相変わらずミスが多い。またしてもイライラな気持ちがふつふつと沸き始める。特に平... [Read More]

Tracked on June 22, 2005 at 01:00 PM

» ワールドユース2005日本ロスタイムに失点.モロッコに敗れる [Trace Am's Life to Success]
オランダで開催されているサッカー・ワールドユース選手権2005.世界24カ国から20歳以下の選手が戦うこのワールドユース.日本はグループリーグで,オランダ,ベナン,オーストラリアと戦い,未勝利だが2位で決勝トーナメントに進出した.ここまでの戦いについて,・オランダ戦についてはワールドユース選手権2005開幕戦『... [Read More]

Tracked on June 22, 2005 at 03:22 PM

» ワールドユースをスタートに… [東京スロー&アクティブライフ ]
日本、モロッコにロスタイムで得点を許し敗戦。 深夜3時半テレビ中継開始ということ [Read More]

Tracked on June 22, 2005 at 04:36 PM

» ワールドユース 決勝T1回戦 モロッコ戦(エンスヘデ) [taka-czblog]
わずか勝点2で奇跡の決勝トーナメント進出を決めた、日本U-20代表。 グループA〜Fの上位2チームと成績の良かった4チーム(ドイツ、イタリア、チリ、トルコ)の16チームで争う決勝トーナメントだが、勝ち星なしでコマを進めたのは日本だけ。こんな屈辱的なことはないでしょう。実力を証明するために是非、今回は勝って欲しいです。いや、必ず勝て!(←強制)w 【オイラの勝手な予想】 3-2で日本が勝ちます。ゴールは水野、梶山、前田。 完封が難しい日本だけど、点の取り合いになったとしても負けるなよ、ってかんじです... [Read More]

Tracked on June 22, 2005 at 05:54 PM

» 【U-20ワールドユース】ニッポン敗れる。 [徒然なるにたろう]
昨晩の夜、ワインを1本飲み干したせいか、夜は汗が止まらず寝苦しかった。 朝、目を覚ますと4時30分。あ、そういえばワールドユースの試合やってる時間かな?と思い、テレビをつけるとちょうど後半のキックオフ。 後半開始当初は拮抗した試合だったと思う。お互いボールのキープ力が今ひとつで中盤はボールの奪い合いの修羅場。 しかし、徐々にモロッコに押され始め、決定機を何度も作られる。 「あ~ダメだこりゃ、負けだな」 と確信して、後半終了を待たずにまた眠りに就く。 朝、起きてニュースを見ると、やはり敗戦。しかも... [Read More]

Tracked on June 22, 2005 at 08:41 PM

» モロッコ戦 [Foot Days]
こんな早朝にモロッコ戦前半途中から見ましたけど・・・。   結果は勝ち点2のチームが勝ちあがろうなんて虫が良すぎますから仕方ないにしても、勘のいい皆さんは大体あの瞬間で負けを悟ったと思いますよ。 そう、   水野out→H藤in   の瞬間に。 &nbs... [Read More]

Tracked on June 22, 2005 at 09:33 PM

» ワールドユース 日本 0 − 1 モロッコ [サンフレッチェに夢中になったり,呆れてしまったり]
広島FMのゴールの放送の中で,ボランチの小林が練習中に足を痛めたので,もしかしたら吉弘の出場があるかもしれないという情報が流れたため,少し期待しながら夜中の3時半に起きた。 残念ながら,小林は元気よくフル出場し,吉弘の出番はなかった。 試合も残念な結果で... [Read More]

Tracked on June 22, 2005 at 09:35 PM

» Wユース、モロッコ戦を終えて [珈琲もう一杯]
何とも悔しい結果。モロッコには特別な脅威など全然感じなかったのですが…。今大会初めて 前半から積極的な姿勢が見られ、惜しい場面も作り出していた。ただサッカーに判定勝ちはない。 勝てる試合だっただけに残念ですし、がっかりです。 この試合を見て感じたのは、平山の能力が落ちてるなということ。空中戦は制していたものの、 楔のボールを全くキープできず、攻めのかたちを作れな�... [Read More]

Tracked on June 22, 2005 at 10:25 PM

» 世界ユース日本vsモロッコ(Morocco) [研究、サッカーいろいろ日記]
今回はユース戦の中継までNHKでウインブルドンの中継を見ていました。 やっぱりシャラポワ強いですよ。 かなりワンサイドなゲームでちょっと見てる側からすると面白く無いような気もしました。 また、先日の全仏で優勝したエナン・アーデンが破れるという波乱がありました。 日本人選手は最近杉山の調子が上がらないのが気になりますし、調子が良かった森上が初戦敗退してしまったのも残念です。ただ、そんな中、新鋭�... [Read More]

Tracked on June 23, 2005 at 02:53 AM

« トランス型脂肪酸について | Main | コンフェデを見て »