« 飲食について その2「肉の食べ過ぎに注意」 | Main | 加地ネタ爆裂 »

June 16, 2005

わーるどゆうす その2

はっきりいってヒドイ試合でした。

メンバーは

             平山   カレン

        家長   兵藤    中村

            梶山  小林

         水本  増島  柳楽

              西川

後半に梶山→水野、カレン→森本、家長→苔口の交代がありました。

課題があまりにも多過ぎて腹が立つ以上にあきれてしまいました。

それ以上に問題なのは監督に修正する能力が皆無ということでしょう。

あの試合で監督は勝つ気があったんでしょうか?

大熊氏は自分たちのサッカーをするという前向きな姿勢ではなく

失点するのが怖いという後ろ向きの発想でメンバーを選んでいるようです。

その典型が一番活躍していた家長→苔口への意味不明な交代でしょう。

                                                              

                                                              

日本人の身体能力では1対1で負ける場合が多いです。

だからこそ3ラインをコンパクトに保ちながら

なるべく高い位置でボールを奪って速く攻めるのがモダンサッカーだと

思うんですけどね。

ところがこのチームは後ろを取られるのが怖いばっかりに

DFラインがものすごく深い(宮本よりも深いんじゃないの?)

さらにチームの決め事で「ボールを取ったら平山へ」ということに

おそらくなっているのでしょう。

しかし日本はいつから古きイングランドスタイルの

キックアンドラッシュを志向するようになったんでしょうかね。

馬鹿のひとつ憶えとしか言いようが無い平山めがけてのロングキック。

それでも精度がよければ救いがありますが

ベッケンバウアーやクーマン級の選手はいない

のだからそんな攻撃がいつも成功するはずがないんです。

むしろ中盤の技巧派の選手(水野や本田など)が生きる攻め方を

志向するほうがこのチームに合っていると思うんですがね。

そういう意味では兵藤を重用するのもおかしいと思います。

彼はすでにオランダ戦で限界を露呈しましたが、

この試合でもまた致命的なミスを犯しました。

キープはできない・パスは不正確・当りに行っても負ける、では

代表選手の資格は無いんじゃないかと思います。

まだサンフのサテで燻っている洋次郎を使ったほうがいいんじゃない?

                                                              

                                                              

                                                              

大熊氏は前回でも長谷部のような選手を選考せず

小林大吾をどんなにいいプレーをしようとも前半で交代させるなど

技巧派選手を冷遇しているとしか思えない采配をふるってます。

同じ過ちをこの大会でも繰り返しているんでしょうか。

そしてそんな人物をユースの監督に据えたサッカー協会幹部(田島氏か)は

あの試合を見て何も感じなかったんでしょうか?

選手のポテンシャルは99年のチームに匹敵するくらいに高いものがあると思います。

ところが肝心要の監督がそれを持て余している印象がありますね。

例えるならば

キャビアと国産マツタケと松坂牛といった

最高級の具材を与えられながら

市販のカレーライスしか作れないバイトの子

ってな感じでしょうか。

まかり間違っても大熊氏に北京五輪までまかせるような愚行は

サッカー協会には避けていただきたい。

                                                             

しかし・・・ジーコの件も含めて悪しき官僚主義に染まってないか?>サッカー協会

|

« 飲食について その2「肉の食べ過ぎに注意」 | Main | 加地ネタ爆裂 »

Comments

TBありがとうございます。
私も同感です。正直選手のチョイス、戦術共に不満がどっさりです。せっかく攻撃陣にいいタレントが揃っているのにそれを巧く活かしきれない。正直前回のベスト8は坂田の反骨心が生んだものだと思っているし(もちろん選手の頑張りがありますが)、このまま敗退するようだとその責任はかなり重いですねぇ。

Posted by: myfootballlife | June 16, 2005 at 09:31 AM

myfootballlifeさん、コメント&TBありがとです。
大熊氏の代表監督としての能力には前回大会から
疑問を感じてましたが、それが確信に変わったのは
昨年のアジアユースでした。
あれだけ合宿やら遠征やらやっててできたチームが
アレでは普通誰も納得しないでしょう。
まあまだ希望はあるようですし
オーストラリアはオランダユースほども
あるいはA代表ほど強烈でなさそうなので
勝負に行って欲しいです。
その際は自分たちから仕掛ける攻撃的スタイルを
前提にメンバーをチョイスしてほしいです

Posted by: トラマ | June 16, 2005 at 11:23 AM

こんにちわ★
あなたのサイトをランキングに参加しませんか?
ランキングに参加すると見てくれる人が今以上に増えますのでお得です(^^)/
ではこれからも頑張って下さい☆

Posted by: 人気BLOGRANK | June 16, 2005 at 06:40 PM

 TBありがとうございます。
 監督の采配もですが、プレーの質の低さにがっかりでした。日本代表のいい流れを彼らは受け継げるのでしょうか。

Posted by: くろ | June 16, 2005 at 07:33 PM

TBダブってしまいました。1つは削除していただきたいです。
と思ってましたが、ダブってないですね…
すでに削除していただいていたのでしょうか?お手数かけました。
申し訳ございませんでした。

ホント、トラマさんやと同意見です。
不満だらけであきれて何も言えないを通り越して、諦めの境地に入ってしまいました。
フル代表も含めて、協会のゴタゴタに慣れてきている自分が怖いです…
次節は勝つしかないので、是非とも積極采配に期待したいです…

Posted by: kumaniax | June 16, 2005 at 07:51 PM

くろさん、kumaniaxさん、コメントありがとうございます。
アノ程度の試合しかできないのであれば仕方が無いと
割り切れるのですが
選手のポテンシャルを考えるとアレが全てではないです。
そのポテンシャルを引き出せないチーム作りしかできない
のであれば大熊氏は監督失格と言わざるを得ないでしょう。
そもそも大学生をチームの中心に据えること自体が
間違ってますね。
平山抜きでチームを作るべきなのにそれをしなかった
ツケが来ているように思えます。

彼の采配の特徴はテクニシャン軽視ですから
次も水野・本田・前田の扱いは変わらないと思います。
何が熱血監督だかねェ・・・

Posted by: トラマ | June 17, 2005 at 09:04 AM

コメントありがとうございます。まぁ正直平山の高さばっかの攻撃はいただけないですな。彼の足元の巧さが活かされないし…で、あとは起用法については後半水野もなんか違うような気がします。結果を出しているのだからそろそろ先発起用でいくべきだと思います。まぁ監督の長所が熱血っていうのもどうかと。

Posted by: K | June 17, 2005 at 11:03 AM

tbありがとうございました。
大熊じゃなくてゴリさんが監督だったら全然違ってたんでしょうけど、そうなったらサンフユースがやばくなるんで-_-。
田嶋は何も感じなかったんじゃないですか、高校の後輩を守るためなら・・・。むしろ選手が悪いとか平気で言いそうで><。
食材ネタは同意できるくらい笑えましたよ^^!!!

Posted by: hbk_boshoot | June 17, 2005 at 08:11 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96812/4575766

Listed below are links to weblogs that reference わーるどゆうす その2:

» 消化不良のドロー [サッカー道]
後半残りわずか、最後に切られた交代のカードは家長に代え苔口でした。 苔口の投入がどうこうではなく、何故家長の交代だったのか首を傾げてしまいました。 オランダ戦でも左サイドでポイントを作っていましたが、この日はキックオフ直後から左サイドをドリブルで駆け上がり攻撃への意志を強く感じさせてくれました。 オランダ戦では明らかに足が止まっての交代だったので肯けましたが、今日は正直得点を放棄したのではと思ってしま�... [Read More]

Tracked on June 16, 2005 at 09:31 AM

» ワールドユース ベナン戦を見て [秘境へようこそ]
アフリカ人相手にテクニックでなくフィジカル重視のメンバー選考なのかね?森本優先で前田俊介使わないだろうとは思っていたが、交代3枚目がこの日よかった家長と苔口って萎えるわ。ほかにもJリーグで旋風起こしているジェフでレギュラーの水野をスタメンで使わないとか。...... [Read More]

Tracked on June 16, 2005 at 09:38 AM

» ワールドユース 日本×ベナン [a fruit knife and a boy]
 ていうかこの世代も3-4-1-2かよ!最初は日本が押し気味かな?でもロングフィードが多くてパスがつなげない。しかも中盤で奪われてカウンターから先制されてるし。。その後の家永のクロスは平山にドンピシャだけど枠を捉えず。梶山のミドルはおしいけど弾かれる。  後半は途中出場の水野がペースを作る。家永がドリブルで切れ込んでゴール前でファールゲット。このFKを水野が綺麗に決める。家永のクロスからカレンのシ... [Read More]

Tracked on June 16, 2005 at 10:27 AM

» FIFAワールドユース選手権 オランダ2005 6/15 [F.C. ル・デーモン・ノア]
なんとか引き分けに持ち込んだ日本。最終戦オーストラリアに勝てばかなりの確率で決勝トーナメントに行けるでしょう!イタリアは2連敗でかなり厳しい状況になりました。 1次リーグ  第2節 日本 vs ベナン    0   1st   1   【日】水野    1   2nd   0   【ベ】マイガ    1   Total    1 日本代表出場メンバー ... [Read More]

Tracked on June 16, 2005 at 01:15 PM

» ●FIFAワールドユース選手権●日本×ベナン 本当に勝ちたいのか? [気ままなNotes...]
 FIFAワールドユース選手権大会オランダ2005の予選第2戦。初戦でオランダに完敗した日本は、初戦でオーストラリアと引き分けた西アフリカのベナンと対戦。身体能力で上回る相手に対し、苦戦し先取点を奪われるも、セットプレーから何とか同点に持ち込み、1−1で勝点1を取るにとどまった。   日本 1 − 1 ベナン わからん!   大熊監督は勝ちたいと思っているのか?  監督の意図した選手が、結局十分な活躍... [Read More]

Tracked on June 16, 2005 at 02:10 PM

» ワールドユース グループリーグ第二節 日本vsベナン [ZEROの領域]
結果から言うと1-1の引き分けです。 ん~・・・、ベナンはそんなに強くなかったと思うんですけどね~(;´Д`) アフリカらしい身体能力の高さ、球際の強さはありましたが、ビックリする程ではなかったし、技術は完全に日本の方が上でした。 それでもドローに終わってしまった原因は⑨平山へハイボールを当てるサッカーに固執してしまったことでしょうね。 オランダ戦と同様のサッカーだったわけですが、実力上位のオランダ相手なら仕方なかったと思うんですよ。 でも、この試合は中盤を省略せず、しっかりボー...... [Read More]

Tracked on June 16, 2005 at 05:37 PM

» ワールドユース ベナン戦 [クマー!な生活。]
 決勝トーナメントへの道に暗雲が立ち込めるように鳴り響いた試合終了の笛。痛い引き分け。身体能力では劣っていたけど、技術では日本のほうが上だった。だけど、試合内容は引き分けてもしょうがないようなものだった。  ベナンの選手の運動量が多くてチェックが厳しかっ... [Read More]

Tracked on June 16, 2005 at 05:37 PM

» 雑なプレーの結果 ワールドユースサッカー 日本×ベナン [くろグ]
 前の試合、日本はオランダに1-2と惜敗した。予選リーグ突破のためには、この試合 [Read More]

Tracked on June 16, 2005 at 07:32 PM

» ワールドユース第二戦について、、、 [Kの一日を振り返る日記]
 さて今回はベナン戦について語りたいと思います。  相手はやはり身体能力が高く攻撃もそれに依存した場面が多かった気がします。確かにむらのある攻撃でしたがここぞというときはすばやく攻めてくるので危ない場面も何度かありました。... [Read More]

Tracked on June 17, 2005 at 12:03 AM

» サッカー選手紹介 [フットボールニュース]
川口 能活 生年月日 1975年8月15日 ■身長・体重 179cm78kg ■ポジション GK ■所属 ジュビロ磐田 ■代表歴 U-20日本代表(92年)、U-22日本代表(94年)、日本代表(97年〜) ■個人 1995年 Jリーグ新人王 2001年 コンフェデレーションズカッ... [Read More]

Tracked on June 17, 2005 at 11:10 AM

» WY ベナン戦・・・ [Foot Days]
はじめに、この試合ビデオに撮っただけでまだ見てませんが、それを前提に書くことをご了解ください。     途中で不覚にも寝てしまいましたが、寝てしまってよかったような試合だったみたいで・・・。 今朝ネットで見て1−1という結果は「想定の範囲内」とし... [Read More]

Tracked on June 17, 2005 at 08:11 PM

« 飲食について その2「肉の食べ過ぎに注意」 | Main | 加地ネタ爆裂 »