« 大熊ジャパンに物申す | Main | 大和ミュージアム開館その1 »

April 25, 2005

ちょっと遅いけど川崎戦

トレンドマイクロのウィルス撃退ソフトを入れているのですが
ご多分にもれず私のPCにも異常が発生(ネットがつなげずフリーズした状態になる)し
土曜日は午前中事務所であたふたしておりました。
昼前にようやく治り安心して市場調査兼サッカー観戦に行きました。

試合に関しては結果は最高、内容は最低ですね。
勝ったことは評価しますがとてもホームチームがやるようなゲームじゃないです。
相手が横浜とか鹿島クラスの強豪であればわからんではないです。
でもエースストライカー(ジュニーニョと我那覇)のいない川崎ですよ!
もう少し戦い方なんとかならなかったのか、という思いが残りました。
ボールポゼッションは川崎が6割くらい、シュート本数も川崎のほうが多かった。
相手に少し決定力があれば、つまりエースが出ていれば
間違いなく逆の結果になっていたでしょう。

勝ったので戦犯にはなりませんが酷かったのはベットと茂原。
それからやや低調だったのは小村。
微妙だったのは2トップ(ガウボンと茂木)。
それ以外はいつもどおりのパフォーマンスだったと思います。
まずベットですが前半抑えていたのかもしれないのですが
守備はサボるは攻撃時では無駄なタッチから簡単にボールを失うわで
私が見た限り最低の出来でした。
後半は多少マシになりましたが、相手のプレッシングの餌食となってました。
積極的な仕掛けで奪われるプレーに関しては私はそのチャレンジ精神を賞賛します。
むろん自陣近くでのドリブルなどされれば罵声を浴びせますが(笑)
しかしあの試合でのベットは突破ではなくキープのドリブルで
簡単に奪われていました。
これでは評価の対象にはならないですよね。
茂原はいつも以上にパスミスが多かった。
しかも自陣近くでの“軽いプレー”から来るパスミスばかりです。
この選手は試合中に一回は必ずこういうマヌケなプレーをやってしまうのですが
もともとがテクニシャン系の選手であったので、そういう系列の悪しき遺伝子を
受け継いでいるからなのでしょうか?
後半からどちらか代えて高萩入れたほうが良いと思ったのは私だけでしょうか。

彼らの出来の悪さの遠因は2トップでボール保持ができなかったことがあげられます。
起点がガウボンだけの状況でしかも彼がベットに輪をかけてボールを取られる。
むろん前を向いてドリブルしたときはスーパーになるときもあるのですが(笑)
やはり運動量・守備の課題があるとはいえボールを保持できる上に
個人能力で突破できる前田俊介は欠かせない選手だと思います。

小村が低調と思ったのは黒津との競り合いで勝ててなかったからです。
速さの対応も問題がある上に競り合いに勝てなかったのは
コンディションの問題もあったのかもしれません。
フィードの不安もありますが池田を先発に戻してもいいのではないでしょうか?
彼のほうがまだ速さへの対応もできますし・・・

それから毎度のことですが小野監督のベンチワークもやっぱり不安です。
代えればいいってものではありませんが上記3選手の出来は褒められたものでは
なかったですし、何らかの対応をしてほしかったんですが
お決まりの後半20分交代の最後は中盤放棄の5バック。
たまには中盤の運動量をてこ入れする選手起用などあってもいいのでは?
リードされてからパニックになっての選手起用では困るんです。
選手層を厚くするという点からも高萩を使って欲しかった。
まさか浩司が復帰するまでのお飾りのつもりで洋次郎をベンチに
座らせているのではないでしょうが。

MVPは下田であるのは間違いないです。
が、主催者側は彼が脳震盪おこしたのだからインタビューなどやめてほしかった。
スタジアムDJの石橋さんが早々に切り上げてくれたからよかったけど
ああいう場合はキャプテンのカズにマイクを向けるべきでしょう。
実際カズのパフォーマンスもMVP級だったんだし。

最後にこの試合の審判は最低でした。
試合後川崎サポからもブーイングが起きてましたが
広島サポも同じ思いであったと思います。
最初のガウボンのPKも副審が旗を揚げてなかったら取らなかったかもしれないし
アフターファウルなどほとんど見逃してました。
途中審判の動きを注視していたのですが
審判自身が勝手にボールの動きを予測してしまい
ボールホルダーから完全に目を離していたシーンが多々見受けられました。

     あれじゃまともな判定などできねえよ

|

« 大熊ジャパンに物申す | Main | 大和ミュージアム開館その1 »

Comments

洋次郎は川崎戦翌日のサテ戦見る限りでは「ベンチのお飾り」になっていた影響でか調子は低調でした。川崎戦に関して小野監督が使えなかったのは仕方ないかも。
とにかく守備に遅れてレイトタックルしイエローもらったのはいつものことですが、洋次郎らしい規模の大きいボールの展開が少なかったのは残念でした。
とはいえ、実戦でないことには経験積ませられないわけで、勝ちにこだわるあまり才能が伸びる可能性がないのは見ていてつまらないし選手層も即戦力補強以外で厚くできないし。

Posted by: sw | April 25, 2005 at 08:16 PM

トラマさんコメントありがとうございました。ベットのプレーについては前半にもらったイエローの影響がかなりあったのだと思います。あれ以降退場を恐れて守備が消極的になってましたから。私は池田との交代はてっきりベットかと思ってました。
あと5バック跳ね返し作戦は二度と止めてほしいですね(笑)
審判に関しては主審もですがそれ以上にメイン側の副審が下手くそだったように感じました。
それでは今度またスタジアムでご一緒したいですね。

Posted by: アジアの大砲 | April 25, 2005 at 11:58 PM

サムウェアさん、大砲さん、毎度です。

>勝ちにこだわるあまり才能が伸びる可能性がないのは見ていてつまらないし選手層も即戦力補強以外で厚くできないし。

広島のチームの方針を考えるとやっぱり使えるところは
使って欲しいよね。
でないと育つものも育たないですよ。
この前の川崎戦はリスクが大きかったのかもしれないけど
ベットや茂原のヘタレっぷり見てると・・・
ああいう緊張感のある中で起用されれば
高萩自身の成長もより促進されて
それがチームにいい具合に跳ね返ってくると
思っているのは私だけなんだろうか?

>ベットのプレーについては前半にもらったイエローの影響がかなりあったのだと思います

実はカードをもらう前からなんとなく不安だったんですよ。
あまり競り合いに行かずに手抜きな守備だったんで。
それがイエローで加速されたんでしょうね。
主審の判定にカリカリ来ているのがよくわかったので
正直あの試合ではフルに使って欲しくなかったです。
茂原についても同様です。

>あと5バック跳ね返し作戦は二度と止めてほしいですね(笑)

無理だと思いますよ(笑)
どうも小野監督は一つの決められたパターンでしか
選手交代はできないように見えるので。
余裕があるときは決められたパターンでしか動けず
余裕がないときは全く身動きすらできない(笑)
いきなりのベタ引き5バックの守備固めよりも中盤の
運動量を増やした後に前線にスピード系の選手を配置し
最後に5バックにするほうがいいと思うんですが・・・

>審判に関しては主審もですがそれ以上にメイン側の副審が下手くそだったように感じました。

広島が前半ファールをいっぱい取られ
逆に後半は川崎がたくさん笛を吹かれたのは
二人の副審の技術力に差があるのを主審が知っていて
ああいう曖昧な判定に終始したのかもしれません(^^;

Posted by: トラマ | April 26, 2005 at 10:07 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96812/3847527

Listed below are links to weblogs that reference ちょっと遅いけど川崎戦:

« 大熊ジャパンに物申す | Main | 大和ミュージアム開館その1 »